5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

これどうおもう?あるメールマガジンから

1 :なにさま?:02/02/08 20:53
ケーブルの話ね。

>次にノイズや音質の変化があるのかないのかが問題となりますが
これについては何回も交換して自分の耳で確かめられるほかに
方法が無いと思います。その際友人や雑誌の記事は参考程度に
とどめた方がいいですね。とくに雑誌の記事はあてになりませんよ。
記事を書く人はそれで飯を食っていますので、取り上げる製品の
悪口は書けないですし、まして変化が無いと言う記事ばかりでは
読者もそのうちにその雑誌を買わなくなってしまいます。それに雑
誌社はスポンサーがみんなオーディオのメーカーですので、その製
品が売れるように書かなければなりません。誠実に記事を書く
人もいますが、なかなかそんな人には雑誌社も記事を任せられま
せんので・・・・難しいところでしょうね。

自分の耳が一番頼れることになります。でもそれってかなり先入観
が左右しますので何回もテストされた方がいいです。そのうえで間
違いなく音の良いケーブルに出会うことができたら、それが自分に
とってベストです。
一番音質を左右するのは、ケーブルでもパーツでもアンプでもなく、
ソースです。これあたりまえです。同じ演奏でもCDのレーベルや
録音技術者によって音質はころころかわります。その次に変わるのが
スピーカーでしょうか。アンプやCDプレーヤによって音質が変わるのは
ごくわずかかまたは全く変わらないことも多いです。ただしこれはブライ
ンドテストの場合で、ふつうの比較でしたらころころと音質が変わります。
(間違いなく変わったように錯覚します。)
ですからケーブルの違いを問題にし、ケーブルに何万もお金をかけるの
でしたら、その金でコンサートのチケット代に使って自分の耳を肥やすか、
自分の好きな演奏・好きな録音のCDをたくさん買う方が得策と思います。
つまり、自分の耳を肥やし、自分の好きな演奏・録音のCDが決まって
から、ケーブルに手を出さないと、自分の好みの音質の方向性が決まっ
ていないと、ふらふらと迷うばかりでかえって高いケーブルを何種類も買って
損をすることになると思います。
  ぼくの場合は何度もブラインドテストをして、本当は変化が無いと
気が付きましたので、馬鹿らしくなってやめました。でもこれはぼくの場合で
す。人によっては変化が聞き分けられることがあることも否定出来ませんので、
是非何度も視聴されるといいでしょう。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 20:55
こんなスレの2をゲットしてもなあ・・

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 20:56
そうだね。名スレの2をゲトしたいものだね!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 20:57
糞スレたてんなゴルァ!!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:03
結局
「自分の耳では音の違いが全く理解できません」
ってことを、もったいつけて偉そうにいってるだけね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:03
別になんとも思わん。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:24
>>1
ケーブルでかなり変わることもあるし、ほとんどないときもある。
これは、個々の機材の内部の電線の素材をあれこれいじるのと同じ。
無限にある機材の組み合わせによってほんとにケースバイケース。
そういうプロセス自体に興味を見出すか「損」だと思うのかは人それぞれ。
オーディオを音楽を聴くための手段だと思う人もいるし、変化そのものを楽しみたい人もいる。
個人的には、ケーブル類に足突っ込まない方がコストは安いとは思うが、
そういう価値観もまた人それぞれ。
ただし、このメールマガジンの人が「本当は変化がない」と本当に感じているのなら、
まあ、彼の耳についてはよろしくないんでしょう、とはいえます。
で、>>1さんはどう思うのよ? もしかして同じ人?


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:29
アンプやCDPがブラインドでは、ほとんど変化がないって、
あんた、その自信は、自分が耳クソだという証拠だぞ。1さん。
アンプ変えて、窓ガラスがびりびりと鳴るようになったのも、錯覚かなあ。
我が家の場合。以前のアンプだとどんなに音量あげても、そこまでの
低音はでなかったのに、1さんの意見だと、勘違いらしい。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:31
CDのレーベル、録音、マスタリングの仕方で一番音が変わるのは同感。
何故皆これをあまり話題にしないのか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:38
>>1のメルマガ=ジッタ氏

11 : :02/02/08 21:40
>>9
個人的には、どのCDが音がいいか?ということより、
気に入ったCDを以下にいい音で聴くか?の方が重要だと思うので。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:42
>>1
>>9
オーディオが音楽に従属してたのは過去のこと。
だから例えば、「レコード演奏家」といった思想も折衷的なものである。
オーディオとは、電気的音響倫理が音楽から独立する意志そのものなのだから。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 21:43
>>12
かみ砕いて書いてくれよ!

14 :12:02/02/08 21:58
例えば、
映画は現実の反映でない。反映しててもいいが、そうでなくてもいい。
映画はフィクションであり、オーディオもまたフィクションである。
映画のクオリティというのは、いかに現実に似てるかということでもなく、
また、いかに現実を料理しているかということでもない。
映画には映画の、物理的・人的・経済的・社会的制約があり、
そのフレームの中で「映画」というジャンルの可能性を新しく発見し続ける、
そのことのみが「映画」を生かす。
「オーディオ」もまた、同様の制約の中で、機械を使った疑似音響発生装置としての、
フィクショナルな可能性を見出すことのみが「オーディオ」を生かすのである。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 22:18
>>9 AD変換とDA変換は対称のものだから、マスタリングの
品質と再生側のDAコンバータの品質は同レベルの影響度といえ
そう。 レーベル、録音まで言ったら演奏そのものの方が
重要だ。 =11と同意

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 22:20
>>9
同感、だが、話題にしてどうする?
そこらへんにはフツー、関係者以外タッチのしようがない。

17 :15:02/02/08 22:37
結局、オーオタはマスタリングまでは興味を持つべき。
現在リマスタリングが流行しているようだし、
リマスタリングされたCDと元々のCDの音の違いの大きさに
気付いてない人も多いんじゃないかな。
>>12はスレ違いでしょう。

18 :11:02/02/08 22:39
>>17
リマスタリングにも一応興味はあるが、
だからといって同じCDを買いなおす気にはなれんし。
違うリマスタリングのCDが併売されてれば気にする程度だ。

19 :12:02/02/08 22:42
「演奏」そのものが「オーディオ」と切り離すことができない、というのが現在の状況。
ミクシングし、カットアップし、さらに編集を重ねる、
そんなことが当たり前。いわゆるクラシックでさえも。
では「オリジナル」の演奏とはどこにあるのか?
すでに何十年も前に、例えばグールドが提示したこのような問いを、多くの演奏家も聴衆も
無視しているか忘れている。
今、オーディオ、あるいは広く「複製」のテクノロジーといってもいいが、
それは音楽だけでなく、美術や文学も含めて現在の文化そのものと不可分に結びついている。
そんな中で、「オリジナルの演奏」と「オリジナルを(悪い意味でなく)不正確にコピーした
CDなどのメディア」と、「それを(悪い意味でなく)不正確にコピーするオーディオ」を別の
次元のものとして語るのは杜撰としかいいようがない。これらは一体である。

20 :12:02/02/08 22:55
>>17
「オーオタ」であることにプライドをもつのは喜ばしいが、
その手のプライドが、自称「演奏家」のプライドと同種
でないことを祈る。

21 :15:02/02/08 23:06
>>20
プライドなんか持ってないよ。
独り言を書き込んでるあなたは、カキコ演奏家かな?


22 :12:02/02/09 00:53
は。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/16 21:25
?age

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/16 21:55
>>1
かわいそうにね。

>>12
その考え方って、流行る前に終わったんだと思っていた。
一時的なアンチテーゼとしてしか機能しなかったんじゃなかったっけ。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)