5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

デジフィルの正しい遮断特性を真面目に考えるスレ

1 :FIR:02/01/29 15:12
もはや枯れた技術になりつつある16bit/44.1kHz。
シャープロールオフ、スローロールオフ、近似曲線補完式...。
いろいろあるが、ここで結論を出しとこう!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:14
オーバーサンプリングをしないこと

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:17
>>2
なんで?

4 :1:02/01/29 15:18
ちなみにてっちゃんお断り

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:19
セータの様にシャープで且つ、遮断特性が良い(確か140dB程)方がワディアの様にスローロールオフより、今となっては自然な音になる様に思う。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:20
>2
オーバーサンプリングしなかったら、素敵な高域が……

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:20
こばたも、19歳看護婦もお断りだー!


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:21
1fsノンオーバーサンプリングが最高に決まってるダロ、ボケエ!

・・という意見は、この手のネタを振ると必ず出てくるデフォルト値と言っていいでしょう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:23
シャープとスローの切り換えのついた機械で実際に試した人のカキコを大量に求む。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:25
>9
アナログフィルタでも良い?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:27
スローだとインパルス応答でプリポストエコーが出ないという話はよく聞くが、
そもそも録音の段階で帯域制限かましてる以上、この主張は怪しい。

インパルス(的な音)を普通にA/D変換したらどんなデジタル信号になるのだ?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:30
>>11
A/D変換器にもよるでしょ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:36
>>12
まあそう言わんと一例でいいから教えてよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:40
帯域制限かましてなければ、一瞬全桁が1になって次のデータは全桁0でしょ。
帯域制限かましていれば、LC直列回路に直流流して過渡電流をみるような信号になるでしょ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:47
>>14
ゆっくり上がって、いっぺんマイナスまで下がって、それから0に戻る?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:48
直流パルスなら、マイナスには下がらないよ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:49
それを再びD/A変換したらインパルスが復元されるのか?
わけねーな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:51
D/A変換の理論としては復元される。でもフィルタのついたD/Aでは復元されない。
が正しいと思う。

19 :18:02/01/29 15:52
もち、帯域制限のないA/Dでインパルス録った状態ね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:54
結局、1fsだと、アナログフィルタのカットオフ周波数が低くなるので、
どうしてもインパルス過渡応答に弱いんだよね〜。
何でかって?LPFってL成分なんだから。
まぁでもそんなインパルス信号を記録した音楽CDって無いんじゃないかな?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:57
矩形波をデジタルで記録したCDを使ってプレーヤーの出力をオシロで見ると、
オーバーサンプリングのD/A搭載した機器の方が、プリポストエコーの出が少ないのがわかるよ。
聴覚にはどう影響するのかな?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 15:58
A/Dの段階で、インパルスは帯域制限されてなまったインパルスになる。
ただしD/Aの遮断特性が合っていれば、なまったインパルスはほぼ正確に復元される。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:03
>22
んなこたぁ無い。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:03
録音からCD製作過程での帯域制限の仕方って、そんなにバラバラなのか?
当然、20kHz強で切ってるんじゃないのか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:05
大体はA/Dの性能限界で帯域制限が勝手にかけられてるゾ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:06
>>21
ノンオーバーサンプリングでも矩形波だとプリポストエコーが出る?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:08
>>26
アナログフィルタにもよるけど、急なアナログフィルタだと、派手に出るよ。
素敵な高域を垂れ流せば出ないけど。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:09
>>26
プリポストエコーは周波数特性に依るものだから、ノンオーバーサンプリングの様に遮断特性が20KHzに近い場合、盛大に出ると思う。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:10
>25
んじゃあどういう帯域制限がかかってるかは
ソフトによっててんでバラバラってこと?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:11
>29
いや、最終的には大体が44.1kHzのA/D変換だから、特殊な処理をしていない限り
ばらつきは無いでしょ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:12
テチャーンが書きたがってうずうずしてるよ(藁

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:14
ノンオーバーサンプリングのCDプレーヤを改造してもう一つバッファをつけて、
緩いアナログLPFかけて、プリポストエコーが少ないっ!って喜んでたら、
ツィータが……。それからはオーバーサンプリング機器ばかり使ってます。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:14
結論として、スローロールオフに伴う素敵な高域は、
元々のデータには含まれてない単なるノイズってことでいい?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:15
テチャーンはこのスレには永遠にOFF LIMITS!


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:17
>>33
補間データをノイズと考えれば、そうかもな。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:17
>33
そそ。そういうこと。でもサンプリング倍率上げていけば、素敵な高音も緩いアナログフィルタで削れるから、
結局、オーバーサンプリングすると良いと言うことになるね。理論的には。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:21
とにかく22.05kHzより上の「情報」はCDには入ってないんだよ。
無いものは無いとしてスパッと切るか、何らかの想像を働かして
補うかという考え方の違いさね。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:25
階段を削るという意味では、補完再量子化、オーバーサンプリングは後者だね。
でも、階段を削った方が、アナログ的で原音には近いという考え方が主流だね。

39 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:26
>インパルス(的な音)を普通にA/D変換したらどんなデジタル信号になるのだ?

 これは帯域制限インパルスですから、A/D変換回路がdCSやウルトラアナログ、
そして旭化成・シーラスロジックなどのオーバーサンプリングな場合は・・・・・・

 初期振動・後部振動がちゃんとあるインパルスになります。

 松下電器で制作した3Aテストディスクには、帯域制限インパルスが収録されてます。


40 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:31
>セータの様にシャープで且つ、遮断特性が良い(確か140dB程)方が
>ワディアの様にスローロールオフより、今となっては自然な音になる様に思う。

 セータのDS pro Rrimeを測ってみたことありますが、8fs帯域内の阻止
帯域減衰量は−140dBもありませんでした。−90止まりだったのですが、
2倍オーバーサンプリング領域ではー70dBってところでした。

 この「−140dB」というのは、セータの使用したDSP(モトローラ56×××)
が24bit固定小数点演算であったところから、単に掛け算した結果の−144
dBとの話が流れたものです。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:35
なんだか理論ばっかりなのでたまには音の話。
漏れの耳には、スローロールオフの方がどうしても音がボケて、
あるいはにじんで聞こえる。「音束の拡散」を感じるのはむしろスロー。
なぜだろね?


42 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:36
>D/A変換の理論としては復元される。でもフィルタのついたD/Aでは復元されない。
>が正しいと思う。

> もち、帯域制限のないA/Dでインパルス録った状態ね。

 A/D変換時に、プリフィルタによって帯域制限をしないと、通過帯域の信号が折り返し
ますので、大きな歪になります。

 従って、「帯域制限の無いA/D」というのは存在しません。


43 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:40
>結局、1fsだと、アナログフィルタのカットオフ周波数が低くなるので、

 いいえ。カットオフ周波数は、オーバーサンプリングDACと同じ周波数です。

 CDプレーヤー出現時代の1982年頃多くリリースされていた1fsDACは、
イメージ成分と通過帯域が周波数的に近いので急峻なLPFにしないといけ
なかったのです。カットオフ周波数というのは遮断特性ではなく、−3dB減衰
する「肩」の周波数のコト。

 覚えておいてね。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:41
>39
その初期振動・後部振動があるインパルスを再びオーバーサンプリングでD/Aしたら
さらに初期振動・後部振動が増えるわけ?

45 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:46
>結論として、スローロールオフに伴う素敵な高域は、
>元々のデータには含まれてない単なるノイズってことでいい?

 単なる・・・ではないね。通過帯域と関係してます。

>補間データをノイズと考えれば、そうかもな。

 えぇっ!????? 何それ???????? 「補   間    デ   ー  タ   ぁ  ?」

 これは、「イメージ成分」ダヨ。

 覚えておいてね。

 

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:47
このスレ、いつテチャーンが乱入してくるかドキドキしながら見てるよ。
スリルあるね!

47 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:47
>とにかく22.05kHzより上の「情報」はCDには入ってないんだよ。

 入っているCDもあるんですヨ。

 だから、例のインパルスになるんでしょ?

 覚えておいてね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 16:51
>>45
補間データと、イメージ成分の違いとは?
オーバーサンプリングの場合、データとデータを埋めるのは補間データとばかり思っていた・・・


49 :てっちゃんではないよ:02/01/29 16:53
 あー ココの認識は、間違ってますヨ。 「階段を削る」という部分。

>階段を削るという意味では、補完再量子化、オーバーサンプリングは後者だね。
>でも、階段を削った方が、アナログ的で原音には近いという考え方が主流だね。

 キミは、デジタル符号の連続したデータを、ちゃんとしたポストフィルタで補間すると、
綺麗で美しいアナログ信号に戻る・・・・という基礎を知らないんだね。
 
 初期振動・後部振動が、ちゃんと存在するインパルスが連続したときのコトを想像
してみて欲しいんだけど、キミには無理かな?

 初期振動・後部振動は、次のインパルスの波形に重なって行くよね?

 そーすると、どーなるのか想像してみてちょ。


50 :ダイハツのエンジンは大丈夫かぁ?:02/01/29 16:58
>「音束の拡散」を感じるのはむしろスロー。
> なぜだろね?

 音束の拡散って、ダイハツのエンジニア(モドキ)の人の迷言でしたね。

 そーいう考えだとすると、音楽を収録してA/D変換器内部でプリフィルタを掛けて
折り返しノイズを防止するために帯域制限した途端に「拡散」するんぢゃないの?(笑)

初期振動・後部振動は、次のインパルスの波形に重なって行くよね?

 そーすると、どーなるのか想像してみてちょ。

初期振動・後部振動が、ちゃんと存在するインパルスが連続したときのコトを想像
してみて欲しいんだけど、ダイハツ勤務のお兄さんには無理だったようです。



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:10
 あ、そうそう! 思い出したぁ!

 このお兄さん。 「波形が歪んでいて階段状態になっていても、聴いた時には
ちゃんとしているから良いのだ!」と主張してました。 階段に見えてしまうのは、
イメージ成分が信号に重畳している結果だけど、どーせ、このイメージ成分は
人間の耳には聞こえない筈の帯域だから、そんなに気にしなくとも良いのだ!
という血迷いコトを逝っておりました。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:17
>>47
きちんとA/D変換された音楽CDの話だぜ?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:23
イメージ成分というのは、不定形の量のようなもの。
あえて比喩的に言えば、元データが本質的に含んでいる不確定性に他ならず、
それを具体的にどのような形で取り出すかはアーキテクチャしだい。
それらのアーキテクチャの得失を議論してる。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:23
>>52

 うん。 そう。 きちんとA/D変換された音楽CDでも、22.05kHz以上の帯域が
記録されて(データの並び方が問題なのヨ)しまって、その部分が折り返してしまって
いるという音楽CDがあるんです。

 これはテストCDではありません。

 96kHz24bitのハイサンプリング・ハイビット収録をして、バカな編集作業をした結果
こういうトンデモナイCDソフトが出来上がりました。

 さて、ここで問題です。

 このバカは、どんな編集をしたのでしょうか?

 どーやってfs変換をしたのかしら?
 どーやってbit数を切り詰めたのかしら?


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:26
>53

 あのー。

 おにいさんは、イメージ成分を「取り出す」んですか?

 取り出すとアルファ波が誘起されるとかですか?

 私は、イメージ成分は「遮断」したいんですけど。


56 :53:02/01/29 17:31
>>55
いやいや、例えばノイズシェーピン愚で超高域にシフトしておいてから
遮断するといったような話。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:34
>54
単純に間引きした

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:37
>>56

 はぁ? A/D変換の話?

>ノイズシェーピン愚で超高域にシフトしておいてから遮断する

 って、普通のA/D変換回路が、そーだよ。

 でもね、この場合のシェーピングノイズはね、「イメージ成分」ではないんだよ。
 これは再量子化ノイズ。

 ノイズシェーピン愚で超高域にシフトしておいてから遮断しないで、100kHzまで
再量子化ノイズを撒き散らすという新フォーマットって何だか知ってる?



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:37
>>57

 正解!


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:38
>>57

 その場合のデータ列を想像してみて!

 22.05kHz以上の成分が、そのCDに記録されているでしょ?


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:39
>>54
そのCD聞いてみたい。名前知ってんなら教えてちょ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:40
>>57

 同一データが連続して、次に1LSBだけ立ち上がる(もしくはたち下がる)でしょ?


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:41
 うん。 じゃ、メールアドレス教えてちょ。、


64 :61:02/01/29 17:46
あいよ

65 :61:02/01/29 17:49
間違えた


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:54
この人、ずーっと勘違いしているね。勘違いというよりも誤解かな?

大阪の人! デジフィルの語長が長いことと、デジフィル前のデータ列を修正する回路と
混同してますから、誰か教えてあげてください。

http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/denon.htm


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 17:56
 それからね、ハイビット・ハイサンプリング収録でもないけど、問題の多いCDソフトも
あるよ。

 ヘンテコリンなデジタル卓で取った音源。


68 :下記文章の間違いを訂正せよ(時間20分配点20点):02/01/29 18:06
現在生産されている、CDプレーヤーのほとんどの製品には、DAコンバート
後のアナログ信号に混入するサンプリング周波数(44.1KHz)を
         ^^^^  ^^^^^^^^^^^^^^^^
CDの再生上限である20KHz以上で除去(遮断)するために必要な
          ~~~~~~~~~
「アナログ・ローパス・フィルター」の負担を軽減するためコンピューター
                           ~~~~~~~~~~~~~
のデジタル演算を用いて「サンプリング周波数のオーバー・サンプリング
(倍率変更)」を行い、サンプリング周波数をさらに高域(高い周波数)へ
追いやって「アナログ・ローパス・フィルター」の負担を軽減する目的の
「デジタル・フィルター」が搭載されています。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~
「オーバー・サンプリング」を行う際に、例えば倍率を4倍とする場合には
時間軸方向に「4倍の伸張」が行われるため、オリジナルのBitに加えて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~         ~~~~~~~~~~~~~~~~
「新たに3つのBitを作りだす/補完データーの生成」をおこなわねばな
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~     ~~~~
りません。この時に、オリジナルデーターが「電圧方向/量子化ビット方向」
に対して、「16Bitデーターの最小のビット」である「1Bit」の変化
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     ~~~~~~~~
であった場合には、「16Bit精度/65,536ステップ」ではそれ以上
               ~~~~
のステップがないため「補完」が出来なくなります。
           ~~~~
 この問題に対し、デジタルフィルター内部で「量子化ビット方向の伸張」
                  ~~~~  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を行い、擬似的に「16Bit」を更に細かいビットである「20Bit〜
24Bit」への変換を行えば、「補完データーの生成」は可能となります。
        ~~~~      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この「補完データー」の作成方法には様々な方式があり単純に「オリジナル
   ~~~~                        ~~~~~~~~~
Bit」を直線で繋いだ線上に近い位置に「補完データーを生成」する
~~~~~~  ~~~~~~~~~~~~        ~~~~     ~~~~~
「直線補完方式」や「前後のデーターとの整合性を考えた数学的なアルゴリ
                   ~~~~~~~~~~~~~
ズムによる補完データーの生成方式」(有名なものでは、スプライン補完を
     ~~~~                   ~~~~~~~~~~~~~
行うWADIAの”フレンチカーブ・アルゴリズム”)などがあります。


69 :下記文章の間違いを訂正せよ(時間20分配点20点):02/01/29 18:06
 ビクターは「K2・プロセッシング」という方式で、デンオンは「アルフ
ァ・プロセッサー」という方式で独自の補完方式を実用化しています。
               ~~~~~~~~~~~~~
 これらの方式は、サンプリング補完を行う際にCDの上限である「16
         ~~~~~~~~~~~~~~~
Bit精度/65,536ステップ」から更に4Bit(8Bit)細かい
信号を作りだし「20Bit/1,048,576ステップ(24Bit/
16,777,216)」更にきめ細かな補完を行うことを目的としたもの
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
です。

 また「デジタル・フィルターの演算回路に新たなプログラム」を付け加え
ると、「CDの録音上限の20KHz以上の周波数を人工的に作りだす」
ことが可能となり、パイオニアは「レガート・リンク」という名称で「CD
   ~~~~
には録音されていない20KHz以上の音声成分を再生時に付け加えること
                       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
が可能」とカタログに明記しています。
~~~~~~
 しかし、「人工的に作りだされた音(補完データー)」が、本当に「元々
                  ~~~~
あった音のように聞こえて音質を改善」できるのでしょうか?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 18:09
よほど恨みが深いんだね。気持ちはわかるよ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 18:18
これについてはがんばってくれ。相手はしろーとじゃないんだしね。
結果(音)がどうであれプロのうんちくにフローがあるのはあこりばと
一緒で抹殺されても仕方がない。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 18:21
今さら補完式DACを組み込んだTEACは末期的だな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 18:45
しょせんCDはCD,素直に枯れた技術(=o/s)で聞いてろってこった.
その範囲内でも間違いなく音の良し悪しはあるんだし

74 :ぜったい出来ませんです。:02/01/29 18:55
しかし、「人工的に作りだされた音(補完データー)」が、本当に「元々
                  ~~~~
あった音のように聞こえて音質を改善」できるのでしょうか?

ぜったい出来ませんです。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 21:49
それが好みに合うことはあるかもな。
新潟非精密も高音は悪くない気がするし。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 22:35
正しい遮断特性なんてねーよ。ヴァカ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 00:03
じゃあ「俺の好きな遮断特性」でもいいYO!

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 00:06
140dBでは無くて、90dBだと言われたセータですが、遮断特性は高い方が好き。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 03:32
きちんとA/D変換された音楽CDでも、22.05kHz以上の帯域が
記録されて(データの並び方が問題なのヨ)しまって、その部分が折り返して
いるという音楽CDがあるんです。
それから、ハイビット・ハイサンプリング収録でもないけど問題の多いCDソフト
もあるよ。ヘンテコリンなデジタル卓で取った音源。
バカな編集作業をした結果、こういうトンデモナイCDソフトが出来上がりました。

 同一データが連続して次に1LSBだけ立ち上がる(もしくはたち下がる)。

その場合のデータ列。 22.05kHz以上の成分が、そのCDに記録されて
いるでしょ? A/D変換器では、そのプリフィルタによって帯域制限をしたけど、
デジタル編集の段階で、語長を単純に切り捨てたりする過程があると、この様な
データ列になります。 

 同一データが連続して、次に1LSBだけ立ち上がる(もしくはたち下がる)と、
その部分は、折り返しひずみが発生します。

 以上が再量子化に伴う歪の発生プロセスだったのですが、この話と、WADIA
やノーオーバーサンプリングDACで過小ローパス特性の場合に発生するイメージ
ノイズが通過帯域の信号に漏れて発生する問題とは、話が違うので気をつけて下さい。
 こちらの方は、正しい遮断特性(通過帯域内=フラット/イメージ=充分に遮断)
で、データ列を補間していないから歪んでいる訳。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 03:35
>78へ

 正しい遮断特性というのはね、通過帯域内=フラット/イメージ=充分に
遮断、ということだよ。




81 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 03:40
人工的に作りだされた音というのは、デジタル編集の段階で、語長を単純に
切り捨てたりした結果、同一データが連続して、次に1LSBだけ立ち上がる
(もしくはたち下がる)という部分でしょ?

 折り返しひずみが発生してますよ。この部分。CDソフト上に、そのような
状態で記録されているのは、一体、どうすれば良いの?

 ポストフィルタ側でWADIAの様な補間をしても問題は解決しないよ。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 03:45
>78へ

 正しくない遮断特性というのはね、パイオニアの初代レガートリンクコン
バージョンのように通過帯域内=フラットではなくて、20kHzあたりの帯域で
約3dBも信号レベルが減衰してしまっていて、22.05kHz以上のイメージも
=充分に遮断されていない、ということだよ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 03:48
 正しくない遮断特性でデジタルデータ列を補間すると、アナログ信号は
どんな風に歪むのか判ってますか?


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 04:14
 ところで、さっきから、データ「列」って言っているの、気になる?

 デジフィルの正しい遮断特性を真面目に考えるというのはね、「補間」と、
いう仕組みを考えるというコト。(補完じゃないヨ)

 これは、PCMの基礎。標本化間隔で有限語長で表現されたデータが
連続している訳だけど、ここをローパスフィルターで補間するわけ。

 ここで思い出して欲しいのは、良く出てくる「インパルス波形」。

 これは、データ列としては、しばらく同一データが連続していて、いきなり
立ち上がって、再び、同一データが連続する・・・・というデジタル信号を
アナログに変換したときの波形。

 A/D変換器を用いた場合には、折り返し防止用プリフィルタで、録音する
信号を帯域制限するので、上記のような、同一データが連続して、いきなり
立ち上がって・・・・なんてことはない。フィルタを掛けると、例えばFIR
フィルタならば初期振動と後部振動が観測できる。

 ということだとすると、音楽をA/D変換したデータ列というのは、どう
なっているのかな? データの一個一個は、「インパルス」として分解して
考えると、どんな風のインパルスだったんでしょ? (この部分でインパルス
という表現は、本当は可笑しいんだけど、判りやすいので、そう書くよ)



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 04:23
 ところで・・・・・・

 シャープロールオフ特性のデジフィルが載っているDACでも、20kHz
近辺の周波数帯域で数dB減衰しているやつがあるけど、主にこの原因は
アナログLPFとDACのアパーチャによるもの。
 
 正しい補間・・・・を考えるならば、この部分(アナログフィルタ)の
正しい補間も考えないとダメだよね。

 正しい補間をしていないから高域信号が減衰する訳。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 04:44
> しかし、「人工的に作りだされた音(補完データー)」が、本当に「元々
>あった音のように聞こえて音質を改善」できるのでしょうか?

可能性は大いにある。
だから俺は脳味噌を巧妙に誤魔化す「補間」方法を常日頃から考えている。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 13:51
サンプリング下げて10kぐらいにして
遮断特性変えて実験してみりゃわかる
18kぐらいまで十分人間でも聞こえるからね

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 14:55
たぶんてっちゃんじゃないよさん、
面白いし役に立つけど、すごい時間にカキコしてるね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 16:14
あげとこ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 18:37
 1秒間に44100回標本化を行うと、その「標本点」と、その次の「標本点」は時間的に離散してますよね。
 振幅は16bitで表現されるので、その分解能は全振幅(フルスケール)の1/65535で表される訳だよね。

 ここで、上記の「点」と「点」を定規で結ぶと思っているからD/A変換されたアナログ信号は階段が付帯
するんだよね・・・・・・・・・ なんて誤解している人多いみたいね。誤解してる人は、どんどん標本化周波数
を高くして、量子化bit数も多くすると、碁盤の升目が密になってくるからアナログ信号の階段も小さくなる。

 で、勘違いしている人は、ちょっと下記のことを考えてみてね。

 WADIAをはじめ、多くのメーカーがインパルスの波形を掲載している訳だけど、あの波形が連続したら、
どんな波形になると思う? そして、いろんなメーカーがいろんな回路を提案してるから波形も様々だね。

 ここで、いろいろなD/A変換ユニットでテストCDのインパルス波形を再生すると、こんな風になってるヨ。

1)オーバーサンプリングデジタルフィルタを積む普通のCDプレーヤー「シャープロールオフFIRフィルタ」
 −−−>初期振動〜っぅぴろろろろろろ+パルスがぴゅっ!+後部振動びろろろろろろ〜ん

2)WADIA、Pioneer初代レガートリンク、LUXフルエンシーを代表とする「スローロールオフFIRフィルタ」
  −−−>初期振動ちょっぴりアリ+パルスがぴゅっ!+後部振動ちょっぴりアリ

3)CD初期1982年発売のノーオーバーサンプリングCDプレーヤー「シャープロールオフIIRフィルタ」
  −−−>初期振動なし+パルスがぴゅっ!+後部振動びろろろろろろ〜ん

4)楠さんとかイルンゴ、47研のノーオーバーサンプリングDAC「ヘンテコリンIIRフィルタ」
  −−−>初期振動なし+パルスがぴゅっ!+後部振動なし

 重要なところはね、インパルス波形の初期振動と後部振動の部分は、その標本点の前の標本点に
重なってゆくわけだよね。同じく後部振動の部分は、その標本点の後の標本点に重なっているわけね。

 上記1)〜4)のインパルスを出力するDAC回路の中で、どれが最も綺麗なD/A変換アナログ信号
が出てくると思う?

 ヘンテコリンな特性のIIRフィルタだと、いきなりドぴゅっ!と白い液体が飛び出して来るから、コレが
一番気持ち良いとか思っている人居るのかなぁ・・・・(笑

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 18:49
 あー。ここからが重要な話。

 どぴゅっ!の前のっぅぴろろろろろろとか、後ろのびろろろろろろ〜ん という部分は、次とか
前のどぴゅっ!に重なるよね?

 ということは、フルスケールの1/65535の16biの振幅分解能で記録された「点」というのは、
D/A変換された後のアナログになった信号の波形の上には居ないよね?

 判る? この部分?

 ちゃんと補間すると、「どぴゅっ!」・・・「どぴゅっ!」・・「どぴゅっ!」なんて音にならずに、
「点」と「点」の間も信号が存在するんだけど、「っぅぴろろろろろろ」とか「びろろろろろろ〜ん」
がある方が良さそうだと思わない?

92 :油にうぇーぶな人:02/01/30 19:01
 チャンネルデバイダ-っちゅうモノを使っている人が居ればヤッて欲しいんだけど、
楠さんとかのノーオーバーサンプリングDACで、テストCDのインパルス波形を再生
して、そのアナログ出力をチャンネルデバイダ-のウーハー用端子のインパルスを
観て欲しいんだけど。

 ノーオーバーサンプリング機の出力端子では後部振動は無かったんだけども、チャ
ンネルデバイダー通過後は、びろろろろろろ〜んっていう後部振動が付帯しているよ。
 つまり帯域制限を受けたから、そういう風になった訳。

 「音束の拡散」とか、訳のわからない寝言を言っていると、マルチアンプシステムの
ウーハー出力は音束が拡散するって電波状態になるかも・・・・

 そうではなければ、後部振動がびろろろろろろ〜んと続く波形を見て、ウーハーの
コーン紙が揺れて止まらない!なんて心配するのかなー?
 でも、このびろろろろろろ〜んっていう信号は、スピーカーのコーン紙の動きをマイク
ロフォンで収録した波形ではないんだよね。不思議だなぁ・・・・ ってか(笑)



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 19:07
しかし、いくらぱそこん音痴とはいえ、よくここまで読みづらいカキコが
出来るもんだなぁ、どーせてちゃーんのことだから、一太郎for Winでも
使ってせっせこ書いて、こぴぺぐらいは知っているからおもむろにこぴぺ
しているんだろうけど、文字数の設定くらいちゃんとせーよオマエ。

まぁ、読み手のことを全く考えない点では首尾一貫していて、それだけは
ホントに感心するよ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 19:12
このスレって
内容はともかく誰に対して発言してんのか分かんない書き込みが多いし
意図がわからない問題が出されるし、なんか病気っぽい。

全部1人でやってるのなら、かなり危ない。
病院いったほうがいいよ、マジで。

95 :包茎波くん:02/01/30 19:42
ボ、ボクはヘンテコリンでもいーから

いきなりドぴゅっと逝きたいぞーーーだってそーゆー音だもん


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 20:03
>>94
つーか、完全に精神障害者と思われ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 20:19
とにかく一台作ってみなよ。
1FSDACを。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 20:25
このスレ、7割くらいテチャーンのカキコだな。
早く氏んでくれと言いたいよ。

99 :91:02/01/30 21:13
>>92
うずうず炒ってないでフィルタのインパルス応答計算して
カックンに畳み込めばいいんじゃないか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 23:49
> 90
文字だと分りにくいから、
図にしてくれ。画像で表せるとなお好いな。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 10:34
ちゃんと補間すると、「どぴゅっ!」・・・「どぴゅっ!」・・「どぴゅっ!」なんて音にならずに、「点」と「点」の間も信号が存在するんだけど、「っぅぴろろろろろろ」とか「びろろろろろろ〜ん」がある方が良さそうだと思わない?
ヘンテコリンな特性のIIRフィルタだと、いきなりドぴゅっ!と白い液体が飛び出して来るから、コレが一番気持ち良いとか思っている人がそこに居る。
こういうのは経験不足の若い厨房特有な考えだな。自分だけが気持ちよくなってやんの。そーいうのを自己満足っていうんだよ。
ちなみに、「とにかく1台つくってみなよ」には恐れ入った。おいらは1982年発売のCDプレーヤーのLPFを外したんだよ。そんな、阿呆なDACなんて作るだけ金の無駄。試聴した結果の話をしてんだよ。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 10:36
>>96

 臭いから朕糟を洗ってください。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 10:37
>>96

 キミは包茎


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 13:01
では、テチャーンという人にアドバイスを。

当分はオーディオのことやDACのことなど考えないようにすることです。
何か他の趣味を見つけ、心から楽しむよう心がけてください。
オーディオ以外の趣味でも粘着したくなりだしたら、また別の趣味を見つけ
ましょう。そうすれば心安らかで健康的な生活が送れるはずです。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 13:30
クロジェネスレから、相変わらずの「知ったかコンテスト」 若しくは
究極の「木を見て森を見ず」対 至高の「木を見て森を見ず」。
82−86はここでは珍しく技術的には解ってる奴らしい。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 14:08
ばーか。

なにも分かってねぇから、評論家ごっこしてごまかしてやんの。

何が内容はともかく、だ? あほー。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 14:15
稀にみる良スレであるな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 15:17
>>105
わかってるかぁ?

84の
> A/D変換器を用いた場合には、折り返し防止用プリフィルタで、録音する
>信号を帯域制限するので、上記のような、同一データが連続して、いきなり
>立ち上がって・・・・なんてことはない。フィルタを掛けると、例えばFIR
>フィルタならば初期振動と後部振動が観測できる。

ことが大半だが、たまたま原信号が1/2 fsで帯域制限されたインパルスであり、
その極点がADCのアパーチャに入った場合にはこの限りではないよ。ゼロが続いて
いきなり1サンプル立ちあがり、またゼロが続く。まあこんなのは、学生実習
レベルのADCシミュレーションで一発よ。うちの学科じゃあ、デルタシグマでも
やらせているけどね。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/31 16:12
結論が出たみたいだね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 01:06
> 109
おれには何の議論をしているのかも分らんかった。

フィルタリングの特性の話ならもう少し表現を考えてほしいな。
理論を展開する前に現象を如何にして解析・表現するかが重要だと思うよ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 01:10
おらおら、あっち池!
屁理屈こねて人の仕事のじゃますんじゃねぇよ、給料泥棒が。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 12:34

オ〜イ続きを書いてくれよ〜めげずにさぁ

>補間方法を常日頃から考えているエライ人


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 13:03
>>110
わからんのはあんたのオツムのせいで書き手の責任ではないよ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 13:21
なんでもいいけどDE●ONのCD、もうちょっとマシな音になんないの?
セトリングてっちゃん!

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 13:38
てちゃーん・うざいよびっち・せとりんぐすきー(藁

116 :彼、ずいぶん若いんだね:02/02/01 14:31
>115

 チンカスクサイヨアラッテタモレビッチオンナノコニモテナイダロクソヤロウハハヤクシネッテンダビッチ

117 :彼、ずいぶん若いんだね:02/02/01 14:33
いきなりドぴゅっ!と白い液体が飛び出して・・・・・・・

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 14:34
この板の文系の人たちって、どうしてまともな技術論にそういう反応するの?
ワカラン

119 :彼、ずいぶん若いんだね:02/02/01 14:36
ちゃんと補間すると、「どぴゅっ!」・・・「どぴゅっ!」・・・「どぴゅっ!」なんてならずに・・・・・・


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 14:38
>>118
この板全部読んでないだろ?


121 :彼、ずいぶん若いんだね:02/02/01 14:39
>その極点がADCのアパーチャに入った場合


 あー。 そこ!間違ってますヨ!


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 14:40
>>118
この板では、

わからない → 書き手が悪い、あるいは既知外

が正しい思考パタンです。

123 :北陸の苦学生?:02/02/01 14:42
>うちの学科じゃあ、デルタシグマでもやらせているけどね。

 ぷっ(笑)


124 :ほんものの北陸の苦学生:02/02/01 14:44
この板の人たちって、どうして仕組みの話に抽象的な答えで反応するの?












それはね・・・・・・・・・・・・・・・・
























バカだからですYO

125 :ほんものの北陸の苦学生:02/02/01 14:46
その場合のデータ列。 22.05kHz以上の成分が、そのCDに記録されて
いるでしょ? A/D変換器では、そのプリフィルタによって帯域制限をしたけど、
デジタル編集の段階で、語長を単純に切り捨てたりする過程があると、この様な
データ列になります。 

 同一データが連続して、次に1LSBだけ立ち上がる(もしくはたち下がる)と、
その部分は、折り返しひずみが発生します。

126 :工房大師:02/02/01 14:48
CDソフト上に、そのような状態で記録されているのは、一体、どうすれば良いの?

ポストフィルタ側でWADIAの様な補間をしても問題は解決しないよ。

127 :工房大師:02/02/01 14:50
インパルス波形の初期振動と後部振動の部分は、その標本点の前の標本点に重なってゆくわけだよね。同じく後部振動の部分は、その標本点の後の標本点に重なっているわけね。

128 :文系:02/02/01 14:50
折り返しひずみって、なんで折り返しっていうの?

129 :工房大師:02/02/01 14:58
ナイキストを挟んで折り返しちゃうから。


130 :工房大師:02/02/01 15:03
折り返しひずみとイメージ成分の垂れ流しは違うから気をつけてね。

ヲレは理系だ!とか逝っている割に、トンチンカンな話をしていて「うちの学科じゃ・・」
なんて偉そうに語っているアホが居る。

コイツは何も判ってないから設問に対する答えはもちろん、話題に対しての受け答え
が出来んのだ。ディスカッションを妨害したり、チャチを入れる理由と言うのは、文系
の分際で理系の我輩よりも仕組みを理解しているヤツが居ると悔しいからなんだよ。


131 :自称理系:02/02/01 15:05
> A/D変換器を用いた場合には、折り返し防止用プリフィルタで、録音する
>信号を帯域制限するので、上記のような、同一データが連続して、いきなり
>立ち上がって・・・・なんてことはない。フィルタを掛けると、例えばFIR
>フィルタならば初期振動と後部振動が観測できる。

ことが大半だが、たまたま原信号が1/2 fsで帯域制限されたインパルスであり、
その極点がADCのアパーチャに入った場合にはこの限りではないよ。ゼロが続いて
いきなり1サンプル立ちあがり、またゼロが続く。まあこんなのは、学生実習
レベルのADCシミュレーションで一発よ。うちの学科じゃあ、デルタシグマでも
やらせているけどね。

 ぷっ(笑)


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:15
ヤレヤレ、テチャーン普段の狂態に輪をかけて物狂おしいカキコ続けているね、
よほど口惜しいのだねぇ・・・可哀想

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:18
てちゃーんは仕組みを誤解しているからねぇ・・・・

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:20
>文系の分際で理系の我輩よりも仕組みを理解しているヤツが居ると悔しいからなんだよ。


 あー。 そこ!間違ってますヨ!


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:32
理系とか何とか逝ってんなら数式出して議論してけろ。
「ぴろーん」とか「どぴゅと」かじゃ、技術屋のオレでも何書いてあるのか
さっぱ分からんのよ。

136 :自称理系:02/02/01 15:33
ヲレは何も判ってないから設問に対する答えはもちろん、話題に対しての受け答えが出来んのだ。

口惜しいぃいいいいぃ

137 :自称理系:02/02/01 15:34
ヲレは何も判ってないから設問に対する答えはもちろん、話題に対しての受け答えが出来んのだ。

いつもの口癖。

「理系とか何とか逝ってんなら数式出して議論」



138 :文系:02/02/01 15:40
数式出して貰っても僕には判らないヨ。そもそも、このスレは僕たちを啓蒙するための板でしょ?

だから、カタログに掲載されている写真なり図をやさしく説明してくれる看護婦さんキボンヌ。

自称理系さんたちの、「ヲレは何でも知ってるんだぞー」「ヲレは文系よりもアタマが良いんだぞー」
とか、もう聞き飽きたYO。もしも、本当にあんたが物知りでアタマが良いのならば、何故、
話に沿った解説なり説明が出来ないんですか?




139 :文系:02/02/01 15:41
>>133 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :02/02/01 15:18
>> てちゃーんは仕組みを誤解しているからねぇ・・・・

 どこがどう誤解しているのか説明してYO

 出来ないの?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:43
漏れも文系だけど、経験上、話が通じないのは大抵聞き手の側の問題だな。

141 :工房大師:02/02/01 15:46
親切に間違いを教えてくれた人には、「あ り が と う !」って明るく言おうよ。

 自称理系みたいに誤魔化しちゃダメだよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:46
そうそう。ある程度のところまでは自分で勉強するぐらいの姿勢がないとね。

でないと、厨房1年の数学で方程式がわからないからってキレて教師殴って
坂を転げ落ちるようにグレてくヤンキー坊どもとおんなじになっちまうよん。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 15:49
えぇっ、てちゃーんて、キレて教師殴って坂を転げ落ちるようにグレて
きたんですか・・・・なっとく

144 :以前の自称理系の説明はね・・・・:02/02/01 15:50
11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:27
スローだとインパルス応答でプリポストエコーが出ないという話はよく聞くが、
そもそも録音の段階で帯域制限かましてる以上、この主張は怪しい。
インパルス(的な音)を普通にA/D変換したらどんなデジタル信号になるのだ?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:30
>>11
A/D変換器にもよるでしょ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:40
帯域制限かましてなければ、一瞬全桁が1になって次のデータは全桁0でしょ。
帯域制限かましていれば、LC直列回路に直流流して過渡電流をみるような信号になるでしょ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:48
直流パルスなら、マイナスには下がらないよ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:51
D/A変換の理論としては復元される。でもフィルタのついたD/Aでは復元されない。
が正しいと思う。

19 :18 :02/01/29 15:52
もち、帯域制限のないA/Dでインパルス録った状態ね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:54
結局、1fsだと、アナログフィルタのカットオフ周波数が低くなるので、
どうしてもインパルス過渡応答に弱いんだよね〜。
何でかって?LPFってL成分なんだから。
まぁでもそんなインパルス信号を記録した音楽CDって無いんじゃないかな?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 15:57
矩形波をデジタルで記録したCDを使ってプレーヤーの出力をオシロで見ると、
オーバーサンプリングのD/A搭載した機器の方が、プリポストエコーの出が少ないのがわかるよ。

145 :整理屋:02/02/01 15:52
この板の議論の焦点は、予め帯域制限されたデジタル信号を復調するのに
どういう遮断特性が「正しい」かという点にあると思われ。

これまでの前部/後部振動悪玉論はそのへんを度外視してきてるので。

146 :以前の自称理系の説明はね・・・・:02/02/01 15:53
33 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 16:14
結論として、スローロールオフに伴う素敵な高域は、
元々のデータには含まれてない単なるノイズってことでいい?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 16:17
>>33 補間データをノイズと考えれば、そうかもな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 16:17
>33 そそ。そういうこと。でもサンプリング倍率上げていけば、素敵な高音も緩いアナログフィルタで削れるから、
結局、オーバーサンプリングすると良いと言うことになるね。理論的には。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 16:21
とにかく22.05kHzより上の「情報」はCDには入ってないんだよ。
無いものは無いとしてスパッと切るか、何らかの想像を働かして
補うかという考え方の違いさね。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/29 16:25
階段を削るという意味では、補完再量子化、オーバーサンプリングは後者だね。
でも、階段を削った方が、アナログ的で原音には近いという考え方が主流だね。

147 :以前の自称理系の説明は:02/02/01 15:54
全部、デタラメだっただろ?

「ヲレは理系だからいつも正解!」なんて偉そうに逝ってんじゃねぇーYO


148 :それに引き換えこの説明は・・・:02/02/01 16:01
A/D変換時に、プリフィルタによって帯域制限をしないと、通過帯域の信号が折り返し
ますので、大きな歪になります。従って、「帯域制限の無いA/D」というのは存在しません。

43 :てっちゃんではないよ :02/01/29 16:40
>結局、1fsだと、アナログフィルタのカットオフ周波数が低くなるので、

いいえ。カットオフ周波数は、オーバーサンプリングDACと同じ周波数です。
CDプレーヤー出現時代の1982年頃多くリリースされていた1fsDACは、
イメージ成分と通過帯域が周波数的に近いので急峻なLPFにしないといけ
なかったのです。カットオフ周波数というのは遮断特性ではなく、−3dB減衰
する「肩」の周波数のコト。

 覚えておいてね。

45 :てっちゃんではないよ :02/01/29 16:46
>結論として、スローロールオフに伴う素敵な高域は、
>元々のデータには含まれてない単なるノイズってことでいい?
単なる・・・ではないね。通過帯域と関係してます。

>補間データをノイズと考えれば、そうかもな。
えぇっ!????? 何それ???????? 「補   間    デ   ー  タ   ぁ  ?」
これは、「イメージ成分」ダヨ。

 覚えておいてね。

47 :てっちゃんではないよ :02/01/29 16:47
>とにかく22.05kHzより上の「情報」はCDには入ってないんだよ。
入っているCDもあるんですヨ。だから、例のインパルスになるんでしょ?

 覚えておいてね。


49 :てっちゃんではないよ :02/01/29 16:53
 あー ココの認識は、間違ってますヨ。 「階段を削る」という部分。

>階段を削るという意味では、補完再量子化、オーバーサンプリングは後者だね。
>でも、階段を削った方が、アナログ的で原音には近いという考え方が主流だね。
キミは、デジタル符号の連続したデータを、ちゃんとしたポストフィルタで補間すると、
綺麗で美しいアナログ信号に戻る・・・・という基礎を知らないんだね。
初期振動・後部振動が、ちゃんと存在するインパルスが連続したときのコトを想像
してみて欲しいんだけど、キミには無理かな?
初期振動・後部振動は、次のインパルスの波形に重なって行くよね?
そーすると、どーなるのか想像してみてちょ。

50 :ダイハツのエンジンは大丈夫かぁ? :02/01/29 16:58
>「音束の拡散」を感じるのはむしろスロー。なぜだろね?

音束の拡散って、ダイハツのエンジニア(モドキ)の人の迷言でしたね。
そーいう考えだとすると、音楽を収録してA/D変換器内部でプリフィルタを掛けて
折り返しノイズを防止するために帯域制限した途端に「拡散」するんぢゃないの?(笑)
初期振動・後部振動は、次のインパルスの波形に重なって行くよね?

 そーすると、どーなるのか想像してみてちょ。

初期振動・後部振動が、ちゃんと存在するインパルスが連続したときのコトを想像
してみて欲しいんだけど、ダイハツ勤務のお兄さんには無理だったようです。



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 16:03
確認するとですが、

・インパルスっぽい信号を帯域制限かましてA/Dすると前部・後部振動のあるデジタル信号になる

・これをトランスバーサルなデジフィルでD/Aすると、デジタル信号に含まれる前部・後部振動に
 由来する新たな前部・後部振動が時間軸上で重なり合って、結果的にかえって元のインパルスっぽい
 波形が復元される

でいい?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 16:35
だめ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 16:39
ジャドウナルノ?

152 :畳み込み積和:02/02/01 17:44
>>149
>>148
インパルスっぽい信号を帯域制限かまして・・・・
帯域制限すると→標本化関数に近似のカーブになることでしょ
話がまわりくどい
それがフィルタのインパルス応答とコンボリューションされただけ


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 17:53
つうか、なぜいまさらそんな当たり前のことをくどくど書くのかねぇ? てちゃーん
て人は。荒らしてるつもりか?

154 :文系:02/02/02 12:50
>標本化関数に近似のカーブになる

もっと判りやすく説明してください。





155 :工房大師:02/02/02 12:53
152の人は・・・・・

聞いたコトがあるコトバを羅列しているダケだね。そんなんじゃ説明になっていないYO!

自分だけが理解しているのならばマスターベーションになるけど、あんたの話は論点の
解説にもなってない。従って、「白い液体」は飛ばんのだ!


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 13:18
うーんと、てちゃーんの話の特徴だなぁ、論点の解説にもなってないてのはさ。

157 :俺もそう思う:02/02/02 14:07
152の人は・・・・・

聞いたコトがあるコトバを羅列しているダケ。そんなんじゃ説明になっていない。

ちなみに152は、てちゃーんでは無いのでは?

    これは北陸君か?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 14:24
ざっと読んでみたんだけど、気になることがある。

Tさん
>A/D変換器を用いた場合には、折り返し防止用プリフィルタで、録音する
>信号を帯域制限するので、上記のような、同一データが連続して、いきなり
>立ち上がって・・・・なんてことはない。

に対してHさんは「この限りではないよ」と言っている。
一体どちらが正しいのか、だれか教えてクレ!!

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 14:51
帯域制限フィルタを通してA/D変換したときに、....0000x0000....という
ようなサンプリングデータとなるような条件は存在するかってことですか?
(ちなみにxはA/D変換時の量子化語長で表現することのできる零以外の
値)。

存在します。

160 :158:02/02/02 15:11
>>159
レスありがとうございます。よろしければも少し教えてほしいのですが。

Hさん
>たまたま原信号が1/2 fsで帯域制限されたインパルスであり、
>その極点がADCのアパーチャに入った場合

これは正しいのか、また他にも条件はあるのでしょうか。
159さんがHさんだったら意味がない問いなんですが・・・。

161 :19歳看護婦A:02/02/02 18:59
患者さん!患者さん! ダメよ。 そんなコト逝っちゃ! 

>帯域制限フィルタを通してA/D変換したときに、....0000x0000....という
>ようなサンプリングデータとなるような条件は存在するかってことですか?
>(ちなみにxはA/D変換時の量子化語長で表現することのできる零以外の
>値)。

>存在します。


 ここは帯域制限したんでしょ?

 ごく軽いアナログLPFとデジタルフィルタのFIR折り返し防止用プリフィルタで帯域制限後、
   A/D変換したときに、データ列はゼロからいきなり立ち上がるなんてことは無いわよ。
   せっかく帯域制限しても、あなたが言うように....0000x0000....というようなデータとなるんじゃ
   帯域制限していることにはなら無いじゃないの

    あんたは音楽信号の入力レベルが1LSBの振幅だった場合は、そうなるんだぞー!
   なんてアホな考えはヤメなさいよ。

そもそもアナタは、知ったか病で入院中だったでしょ! まだ完治してないワね。 先生に言っておくから。
あとで、お尻にキツーイお注射するから準備しておいてね。

162 :Fight!:02/02/02 19:20
 一通り読んでみて、少しは解ったような気はするが、釈然としない。
 インパルス応答特性は、解説的には便利なのだろうが余りにも特殊。

 そこで、ネタふりで申し訳ないが、提案を一つ。三角波だ!
 三角波は、デジタル的な直線波形をしていて、DACのフィルター特性を見るには
使えるんじゃないかな。バイオリンやピアノも三角波の成分が多く含まれているし。

矩形波(方形波)は
  ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
──┘ │ │ │ │ │ │ │ ┌─
    └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ 
で、三角波は
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/
だ(当たり前だ!)。どちらも直線で構成された人工のデータ(手でも書ける!)。
そして、どちらも周波数成分として22.05kHzの壁を突破し
無限に高い周波数成分を有している(自分で作って周波数特性を見てみよう)。
違いは、矩形波が電圧レベルの変動が急激で異常な特性を持つため、DACの動作として
無理がある(スピーカーやアンプにも無理がくる)。
三角波は電圧レベルの変動は段階的で無理が無い。(フィルタリングも簡単に出来そう?)。

 さあ、理想のDACとは、この三角波をどのようにフィルタリングするものでしょうか。

 素人考えでも、波形の頂点は丸まっては行けない事だけは
解るんですね、これが。三角形は角が尖がっていないと三角じゃないジャン。
 ところが、一般的なフィルタを使うと頂点は行儀良く丸め込まれてしまい、
正確な三角波では無くなる。滑らか!滑らか?

 ここら辺りの違いは、実際に音楽を聴いて音の質感に現れるので、
本質的に重要な問題ですよ。無限に広がる三角波の周波数特性をどう処理するか、
腕を振るって欲しい。
 検討を祈るぜ!(正直なところ、正解が俺もわからんのだ)

163 :162:02/02/02 19:23
しまった、フォントが等幅じゃないじゃん。
コピーして見て下さーい。(ま、想像つくよね)

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 19:36
19歳看護婦Aと言うのがてちゃーんさんなのですか。どうやら皆さんの
言っている通り、真性の精神障害者のようですな。

165 :158:02/02/02 19:39
>>164 あの〜ちょっと黙っててもらえます?

>>161
19歳看護婦Aさん、ありがとうございます。
Tさんが正しいということですね。
ところで、

Tさんは
>折り返し防止用プリフィルタで、録音する信号を帯域制限するので
と述べてます、一方で

19歳看護婦Aさんは
>ごく軽いアナログLPFとデジタルフィルタのFIR折り返し防止用
>プリフィルタで帯域制限後

と言ってますが、これは同じことなんですか?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 19:43
やー、ジサクジエン派のテチャーン頑張ってるNE!! 

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 20:56
>162

>さあ、理想のDACとは、この三角波をどのようにフィルタリングするもので
>しょうか。

まずは この三角波は周波数特性無制限な頭の中で合成された
理想波形なので そのままでは オーディオ用DACの評価には使えない。
最初に 22.05kHzの帯域制限をかけたフィルタを通した後に
データ化します。そのデータ波形をDACに通したときの出力波形が
全く同じ波形になれば誰も文句を言うまい。
当然だが 理想的な三角波にはならないと思う。



168 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 10:36
三角波は、22.05kHz以上の成分が含まれてしまっています。
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 10:39
>帯域制限フィルタを通してA/D変換したときに、....0000x0000....という
>ようなサンプリングデータとなるような条件は存在するかってことですか?
>(ちなみにxはA/D変換時の量子化語長で表現することのできる零以外の
>値)。

>存在します。

 間違いなのであれば、ハッキリ訂正して下さい。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 10:47
>まずは この三角波は周波数特性無制限な頭の中で合成された
>理想波形なので そのままでは オーディオ用DACの評価には使えない。

 DAC(再生側のポストフィルタの伝達特性の確認)の周波数特性や
高域信号帯域での歪みの少なさなどの評価には、167さん言われるトコロの
「無制限な頭の中で合成された理想波形」は、使うことができます。
 しかし普通、三角波は使いません。
 その理由は、その三角波が、どのような特性を有していたのか?に関して
あらかじめ判っているか否か?ということが問題です。三角波の振幅が違う
と特性が違うので、その三角波を再生しても、再生側の機器の評価を行う
ことができないからです。

 いわゆる無限インパルスレスポンスを測定するのは、上記の評価ができる
からです。





171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:16
三角波は、22.05kHz以上の成分が含まれてしまっています。
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/

三角波は、22.05kHz以下の帯域でも、再生側機器の評価を行う場合に
様々な問題点が含まれます。


矩形波(方形波)も、22.05kHz以上の成分が含まれてしまっています。
  ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
──┘ │ │ │ │ │ │ │ ┌─
    └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ 

 三角波や矩形波の基音が何Hzなのかを特定したとしても、基音に対する
調波が存在するので、再生側機器の歪みのチェックには使えません。三角波
や矩形波を再生してf特を測っても正しい結果になりません。
 正弦波を使えば、その単一周波数の振幅レベルや歪みを把握できますが、
DC〜22.05kHz帯域でのf特のフラットさを測定するには測定作業
能率や精度に問題があります。

 そこで、インパルスレスポンスをチェックする訳です。

 初期振動・後部振動が付帯しているインパルス応答波形の周波数成分を
チェックすると、DC〜22.05kHz帯域のf特はフラットである事が
判ります。

 デジタルストレージオシロスコープで波形そのものを見て、初期振動・後部
振動が、ノーオーバーサンプリグ・ノーLPFDACで再生した時に、全く
初期振動・後部振動が無い、もしくはワディアのように少ないと綺麗な波形だ
と勘違いしている方々が多いようです。
 そのような再生波形の周波数レスポンスを測ってみれば、DACユニットの
周波数特性に問題があることが判ります。
 
 あなたの装置で、あなたの耳で、綺麗な音で聴こえれば良いだろ?という
場合は、他人の装置と他人の耳で、どんな音で聴こえたのか?意見を伺う必要
があると思います。

 世の中には、ヘンテコリンな補間を行うと、変な音に聴こえることを気付く
装置や耳もあります。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:20
>やー、ジサクジエン派のテチャーン頑張ってるNE!! 

 どの発言と、どの発言が同一人物なのですか?


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:22
>>折り返し防止用プリフィルタで、録音する信号を帯域制限するので
>と述べてます、一方で

>19歳看護婦Aさんは
>>ごく軽いアナログLPFとデジタルフィルタのFIR折り返し防止用
>>プリフィルタで帯域制限後

>と言ってますが、これは同じことなんですか?

 同じことです。



174 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:27
>>折り返し防止用プリフィルタで、録音する信号を帯域制限するので

 これはA/Dコンバーターに於けるLPF全体の話です。

>>ごく軽いアナログLPFとデジタルフィルタのFIR折り返し防止用
>>プリフィルタで帯域制限後

 これは、現在、多く使われているA/Dコンバーターの、実際の仕組みを
説明したものです。(ΣΔ変調+オーバーサンプリングデジタルフィルター)
(現在のA/Dコンバーター)

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:40
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/

>一般的なフィルタを使うと頂点は行儀良く丸め込まれてしまい、
>正確な三角波では無くなる。滑らか!滑らか?

 「頂点は行儀良く丸め込まれてしまい」という部分は間違ってます。
「滑らか!滑らか?」というコトバを書いているので、「一般的なフィルタ」を
使うと、「三角波の頂点は行儀良く丸め込まれて正弦波になる」と思っているでしょ?

    ★質問1★ 「三角波の基音は何Hzだったの?」

    ★質問2★ 「DACのLPFって何Hz以上をフィルタするの?」

    ★質問3★ 「リンギングが付帯するのは、行儀良く丸め込まれてしまう
           という表現で間違ってないですか?」

 


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:45
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/

自然界の音波が、もしも上記のような波形だったとしても、録音の時に使った
A/Dコンバーターの段階で、上記のような波形は帯域制限によって違った
波形がCDソフトに記録されている、ということを判っていないと勘違いの元。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 11:54
>バイオリンやピアノも三角波の成分が多く含まれているし。

 録音の時に使ったA/Dコンバーターの段階で、三角波のような波形は
帯域制限によって「行儀良く丸め込まれた波形」がCDソフトに記録されて
いる、ということを判っていないと勘違いの元。




178 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:03
フィルタによる位相回転のことはどうなってんの?

179 :19歳看護婦A:02/02/03 12:05
>実際に音楽を聴いて音の質感に現れるので、本質的に重要な問題ですよ。
>無限に広がる三角波の周波数特性をどう処理するか、腕を振るって欲しい。

 ちょっとっ!そこのアナタ! 実際に音楽を聴いて音の質感に現れたの?

 CD盤に記録されていないヘンテコリンな波形がお好みなの?

 CDを制作するときに切り捨てれれてしまった超高域成分は大切なのだから、
ヘンテコリンな補間を行うDACユニットで超高域成分らしきものが出てくる・・・
なんて勘違いしていないわよね?

 超高域成分は大切だ!なんて逝っているのならば、超高域成分のちょっと低い
周波数帯の(16kHz以上22.05kHzの帯域)音は、振幅レベルや歪み
が付いても、何で気付かなかったのかなぁーーーーーーー

 ワタシ アナタの耳って不思議だわ。

 超高域は聞こえたのに、16kHz以上22.05kHzは聞こえなかったの?




180 :19歳看護婦A:02/02/03 12:08
 出来損ないの重いアナログフィルターを使わずに、オーバーサンプリング
デジタルフィルタに頼るのは、フィルタによる位相回転が問題だからよね。



181 :19歳看護婦A :02/02/03 12:11
> 出来損ないの重いアナログフィルターを使わずに、オーバーサンプリング
>デジタルフィルタに頼るのは、フィルタによる位相回転が問題だからよね。

 DACもADCもね。



182 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:21
三角波の好きなひと、
0.811, -0.090, 0.032, -0.017, 0.010 すべて奇数次
って知ってる?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:28
   /\      /\       
__/  \    /  \    __
      \  /    \  /  
       \/      \/

  ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
──┘ │ │ │ │ │ │ │ ┌─
    └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ 

 デジタル再生の場合、「標本化周波数」というのがあるけど、上記の波形は
デジタル機器で再生できましたか?



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:34
で、30番ほど前からやり直しだな。
どうせ、雨で暇なんでしょ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:43
デブ長江の相手をしてやらなくとも。
MJ不買ね。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 12:47
デブがフーリエ失点のか?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 13:01
>>183
波形の繰返し周波数が何分の一fsかを言わないと答えようがない。
アナログ機器では再生できるの?

188 :158:02/02/03 18:24
>>173
>>174
よくわかりました。ありがとうございます。ところでさらに疑問が出てきました。

>ごく軽いアナログLPFとデジタルフィルタのFIR折り返し防止用

ここでアナログLPFを使うのがなぜだかわかりません。
もしかしてこれがHさんの「インパルスの極点がADCのアパーチャに入った場合」に
対処するためなのですか? よろしければ教えてください。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 18:39
ありゃ? もしかして、テチャーンは、A/D変換した結果が...000x000... (ただし
xはADCの量子化語長で表現できる範囲の零以外の数値)となる条件が、まだ
わからないの? つうかアンタは耳学問だからねえ、しょうがないかな?


190 :喫煙所分室:02/02/03 20:45
テチャーンは 位相忘れて 再試験

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 03:14
>188 

 ここはA/D変換器の話。

 今の現実のA/D変換器の標本化周波数は、CDの64倍ないし128倍程度。
 通過帯域を20kHzだとして、それ以上の成分が折り返して来るとイヤだから、A/D変換ICに入力する前に
緩いアナログLPFでフィルタリングする訳。

 P.S 189は、どーしようもない糞バカだね。
     そんな条件ねぇーよ。 バーカ。

     悔しかったら何か言ってごらん。「抽象的なコトしか書けないアホーは逝ってよし」



192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 06:53

    ★質問1★ 「三角波の基音は何Hzだったの?」

    ★質問2★ 「DACのLPFって何Hz以上をフィルタするの?」

    ★質問3★ 「リンギングが付帯するのは、行儀良く丸め込まれてしまう
           という表現で間違ってないですか?」


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 11:33
(クスクス)

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:01
デジフィルはデータ捏造器。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:20
デジフィルレスの1FSは、だから音が良い。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:25
テチャーン何か反論ある?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:36
回答期限は今日の午後一時だYO!!

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:49
「I/V変換器のコンデンサー値を求めよ」とか恥ずかしいこと逝ってる
奴が何で偉そうに問題だすんだよ! アホが。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:51
>>198
禿げ動(クスクス)

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 12:53
つうか、ほんとにてちゃーんてゆう人だいぶん頭おかしいよね?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 15:59
おーい、1時はとっくに過ぎてるぞー。
早く芸をやってくれ、オレを笑わせてくれ。そうだな、
「I/V変換器のコンデンサー値を求めよ」
の解説でもしてみせろ(クスクス)


202 :畳み込み積和:02/02/04 17:50
>>157
>>154
>>155
>>156
デノンをやめたてっちゃんとか言う
メーカー崩れの人間ではない

周波数軸で帯域制限(矩形の形状)を行うと
時間域では標本化関数(sin(X))/X)てことになるんでしょ!
信号がフィルター通過することは 時間域で畳み込み積分すること。
フィルタの時間域の特性はインパルス応答と言う。
フィルタにインパルスを入力した時の出力のことだよ。
論点はない 教科書どうり どこでものってるとうり






203 :158:02/02/04 18:13
>>191
レスありがとうございます。

>>板汚してる人
あまり陳腐な言葉で煽ると、反っててっちゃんと言う人を有利にしませんか?
私ように今までの経緯を知らない人間は、煽ってる人に問題ありと見てしまいます。
間違っていると主張するならば、少なくとも108さんのように具体的な例を挙げるべきだと思いますが?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 20:56
>>202
99にがいしゅつ。(贋91)

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 20:57
呆痴プレイの203(クスクス)


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 21:16
やや。
このスレでは(クスクス)がはやっている?
た、たいへんだ!駆除せねば!

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 21:23
サキニテチャーンヲクジョシテクレYO!!

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 21:33
2月24日に京都市国際交流会館に田中洸人氏が来ます。
http://www.astroarts.co.jp/news/2002/02/01lecture/index-j.shtml
http://nara.cool.ne.jp/mituto

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/05 01:54
 なんだ、全然マトモニ答えている人間がいないじゃないか。甘すぎる。
 取り合えず、ADCについて言及しておこうかな。

 三角波のすばらしい特性のおかげで、ADCの前段にLPFは不要である。
22.05kHzの周波数成分が存在することが明らかであるにもかかわらず、
LPFいらずでADCに入力できる。まさに手品のようなことだが事実だ。

 三角波の基音は何Hzか? 音として聞いて心地よいのは 2756.25Hz が
良いんじゃないかな。でも、設問の趣旨とは直接関係無い。
 2.7kHzというと高音域に入るが、DACによって音の響きの差は歴然とするよ。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/05 03:43
>>209 そんなことどうでもイイからはやく逝ってくれ>テチャーン


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/05 19:22
>209

 あーぁ・・・・・ 日本は大丈夫か?


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/05 19:25
どーかな? ナガエの頭ほど日本はまだ狂っちゃないと思うんだけどnE!!

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/05 20:03
>日本はまだ狂っちゃないと思うんだけど
お幸せな人なんですね



214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 12:57
>三角波のすばらしい特性のおかげで、ADCの前段にLPFは不要である。
>22.05kHzの周波数成分が存在することが明らかであるにもかかわらず、
>LPFいらずでADCに入力できる。まさに手品のようなことだが事実だ。
詳細な説明をきぼう!

215 :こんぼりゅーしょんさむ:02/02/06 14:33
>>209
>>214
●AD DA とも基本は同じ
アナログ波形 と 三角波 をコンペアユニットに入力すれば
PWM波形さ Wをデジタルでカウントして単位時間当たりにならべれば
PCM だな



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 15:00
どうでもいいけど、SBM処理されたCDは音がいいね!

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 16:48
>214

 折り返しノイズって知ってる?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 17:01
>>217
おっ、やっと出てきたな。早く芸をやってくれ、オレを笑わせてくれ。
とりあえず
「I/V変換器のコンデンサー値」
を求めてくれ(クスクス)

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 20:23

>どこに帯域制限とありますのん?

 には、ワラタよ(笑)




220 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 15:07
テチャーン逃げたのか? 相変らずだnE!!

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 19:45
>>220
きゃはは、てちゃーんなら、じだんだ踏んでくやしがっとったぜー漏れ見たんだYO!!

222 :ようぼうの厨房ちゃんへのお質問:02/02/09 09:57
>>209
>22.05kHzの周波数成分が存在することが明らかであるにもかかわらず、
> ....
>三角波の基音は何Hzか? 音として聞いて心地よいのは 2756.25Hz が
三角波には偶数高調波成分があるんでちょうか?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/09 12:59
> 209
結局、デジフィルは無しが一番だと言いたい訳?
オーバーサンプリングもハイビット化も無意味?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/09 13:07
>どこに帯域制限とありますのん?

 には、ワラタったってよ(笑)




225 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/17 01:23
ほれ、あげてやるぞー。
早く転職してくれ。


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 02:16
おらおら。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/24 05:07 ID:Q1g6Stuk
ほげ

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)