5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

憲法破棄国民運動

1 :朝まで名無しさん:02/07/23 09:58 ID:kNoVpbjq
占領下に強制された現憲法は向こうである。
国会で憲法破棄決議を行なうよう求めよう。

http://www.fsinet.or.jp/~kouin/Ron1.htm

2 :朝まで名無しさん:02/07/23 09:59 ID:kNoVpbjq
向こう→無効

3 :( ・∀・) ◆3xsuyxaw :02/07/23 10:03 ID:YNtO6eI9
>>1のリンク先の人は基地外ですか?

ともあれ、ニュース論議より政治思想板向きなんで移動してください。
http://tmp.2ch.net/sisou/

4 :朝まで名無しさん:02/07/23 10:03 ID:kNoVpbjq
>>3
ハァ?
キチガイはあんたやろ?
それとも法学を勉強したこともない(できない)馬鹿かな。

5 :朝まで名無しさん:02/07/23 10:08 ID:l2GpQN62
1頭おかしいよ?

6 :朝まで名無しさん:02/07/23 10:09 ID:kNoVpbjq
>>5
ヲマエガナー

7 :大天才様1号 ◆UNKO4Ceo :02/07/23 10:23 ID:97JRCJnK
蜂月革命

8 :段造:02/07/23 10:27 ID:bMRG2NBc
無効だとすると過去50年間に成立した法律とか、なんやらが
総て無効になりかねない。
だから、日本人の手で憲法を作り直すべし。

9 :朝まで名無しさん:02/07/23 11:34 ID:eLY38fM7
教育基本法とかは無効でよいでしょう。
憲法に基づきとか書いてない法律はそのままでいい。

10 :朝まで名無しさん:02/07/23 12:18 ID:iB0+5z2G
条文になくても日本の法律は全て憲法の規定によって承認されるので、全て憲法が
法令の基礎となります。でも憲法全部破棄するのは大変だよ。

11 :朝まで名無しさん:02/07/23 12:45 ID:Aup1jsM3
性善説に基づいた刑法は全面改正せよ。

12 :朝まで名無しさん:02/07/23 13:02 ID:l06PbKLv
>>10
今の憲法に変わったときもそのまま残った法律もあるでしょ?

13 : :02/07/23 13:55 ID:xo4M8Ass
白雉が立てたスレは向こうです

14 :朝まで名無しさん:02/07/23 14:01 ID:IC3U10Ar
>>13
ただしい日本語も使えない人がつけたレスは正しい日本語を使っていない
憲法と同じで無効です。

15 :朝まで名無しさん:02/07/23 14:04 ID:hBhxh+W/
>>14
たとえば>>1とか?

16 :朝まで名無しさん:02/07/23 14:50 ID:sry1jckh
住基ネット不参加、違法の可能性=福田官房長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020723-00000586-jij-pol


17 :朝まで名無しさん:02/07/23 19:45 ID:qTWSUrLO
そうか、なるほど。

18 :朝まで名無しさん:02/07/23 21:00 ID:IC3U10Ar
石原新党は実行する気だな。

19 :2代に渡る下僕・福田官房長官 :02/07/23 21:08 ID:pqxLFH74
主権者・国民の自由と尊厳は国家よりも
下僕たる公務員の効率よりも遥かに重い。
当然である福島県矢祭町。
http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/maturi/m20011029k.html
住基ネット
日本の主権者である住民を登録するなど、ふざけるな。
放っておくとすぐ勝手に暴走する全公務員の登録監視こそが急務である。
今は政治権力を社会的自治権力に吸収していく方向を追求すべき時代なのだ。
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/ja/lex/97-1/nakata.htm
http://www1.odn.ne.jp/~assembly/column2/column/column0010.html
http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/892.html
地方が国を飲み込むための第一歩を開始しなければいけない。
<住基ネット>個人の尊厳は効率よりも国家よりも重い。福島県矢祭町が離脱表明 全国で初
 福島県矢祭町(根本良一町長)は22日、8月5日から稼働する予定の
住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)から離脱する意向を県に伝えた。
離脱を表明したのは全国の自治体で初めて。
県は、週内にも町長から事情を聴くため職員を派遣する。
同町は、この日から始まった住基ネットの仮運用にも参加していない。(毎日新聞)



20 :朝まで名無しさん:02/07/23 21:27 ID:d1+OPqTT
>>1
分かるよその気持ち。廃棄しても何も問題ないだろう。
誰かがやらなきゃね。

21 :朝まで名無しさん:02/07/23 22:17 ID:t1Z6xSb9
中学校とかでは、現行の日本国憲法は素晴らしいって習うけど、
実際の所、今の憲法においては、
基本的人権の殆どが「公共の福祉」(=政策)に反しない範囲でしか
保障されてないから、
実質的に人権保障のない危険な憲法だといえる。
だから、護憲とかって声高に叫ぶ人は、
そういうことも充分考慮して欲しい。


22 :朝まで名無しさん:02/07/23 22:21 ID:B7jwZYB8
>>19
>主権者・国民の自由と尊厳は国家よりも
>下僕たる公務員の効率よりも遥かに重い。

官吏・公吏は陛下の下僕です。
そして、彼らの給料は国民が払っているので、効率化しないと
結局国民が損します。
それとも君は調べられて困ることでもやっているのかね?

>>21
無制限の自由や平等の保証が如何に恐ろしいかわかっていない
この様な勘違い野郎を生んだ憲法は確かに破棄すべきかも。

23 :21:02/07/23 22:37 ID:t1Z6xSb9
>>22
本来普遍的なものである人権や平等の概念が、
政策という、時の政府の都合により左右される危険性を指摘しているのであって、
誰も、自由・平等の無制限の保障を謳っている訳ではない。
「勘違い野郎」は、君だよ。

24 :朝まで名無しさん:02/07/23 22:45 ID:aPWd15Ru
国民投票やってみたい

25 :朝まで名無しさん:02/07/23 23:06 ID:VrEq4NVm
>>23
人権や平等が普遍的?
では、国によってはポルノを売る自由が認められているから
イスラム国でも認められないといけないんだね。
居住の自由は例えそこに道路をつくる必要性が強くても、その土地が
公共的な使い道がないときと同じくらい尊重されないといけないんだね。

こういうことにも気がつかないような勘違い野郎を生んだ戦後憲法は
破棄されるべき。

26 :朝まで名無しさん:02/07/23 23:13 ID:8Re1N2dF
>>23
> 本来普遍的なものである人権や平等の概念が、

フランスで発明されたんだけど。

27 :朝まで名無しさん:02/07/23 23:16 ID:q18i2rWj
>>25
その通り。しかし表立ってそう言える政治家は殆どいない
のがもどかしい。

28 :マック憲法前文:02/07/23 23:19 ID:inKmUXUN
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫
のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が
国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託による
ものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利
は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くもの
である。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するので
あつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと
決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、
ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

29 :朝まで名無しさん:02/07/23 23:27 ID:hhIx2yQQ
憲法「破棄」で、「改正」じゃないのは、憲法不要論と考えていいの?
憲法が必要か不要かを論じてもいいですか?


30 :朝まで名無しさん:02/07/23 23:54 ID:q18i2rWj
>>29
私は>>1ではないが、良いんじゃないですか。むしろそれが本論。

31 :朝まで名無しさん:02/07/24 07:14 ID:/SDKrgmP
日本人に主権が存在しないときに
「決意した」「信ずる」「誓ふ」などと民政局に勝手に書かれちゃってるよ。


32 :朝まで名無しさん:02/07/24 08:29 ID:jkCvFJUk
現行憲法を破棄して、あとどうするの?

@帝国憲法に戻す
A帝国憲法に戻した上で同じ国会で直ちに改正する
(帝国憲法は国会の2/3で改正可能)
Bまったく新しい憲法をつくる
Cイギリスのように明確な憲法は持たない

さあ、どれがいい?
おれは日本の歴史を考えるとAだな。
帝国憲法には見るべきところが多くあるし、あれを出発点にして
問題のあるところは改正していけばよい。

33 :朝まで名無しさん:02/07/24 09:05 ID:KG6dwMtM
>>21
人権が内在的な制約をうけるのは当然だろ。
なんでそれで現憲法が「人権保障のない危険な憲法」となるのか意味不明。
大丈夫か?

34 :朝まで名無しさん:02/07/24 09:23 ID:gPWdR+OQ
公共の福祉自体が人権保護なんだが。

35 :朝まで名無しさん:02/07/24 09:52 ID:jkCvFJUk
>>34
いいこと言った!


36 :朝まで名無しさん:02/07/24 11:35 ID:wY0+Rguv
>>34
結構、そういうふうに勘違いしている人が多いよね。

37 :朝まで名無しさん:02/07/24 11:37 ID:x9cZlSEh
>>32
2がよい

38 :朝まで名無しさん:02/07/24 11:39 ID:qG0DRMpQ
憲法は国際的な信認の基礎にもなっているから、そっちの面でも改憲は結構大変なんだけど。
極端な話一気に対外評価が失墜することもありうるよ。
改憲議論はいいと思うが政府はすぐなんとか審議会の秘密主義で片付けようとするからなあ。

39 :朝まで名無しさん:02/07/24 11:39 ID:MClv0Z/h
>>26
発明されたのではなく発見されたの

40 :朝まで名無しさん:02/07/24 12:34 ID:ly4EqFVn
>>36
確かに法益保護と人権保障は二律背反。
でも法益を保護し社会秩序を維持することで国民は自由に暮せる。

結局、どんな憲法でも法解釈でバランス取るしかないと思うな。

41 :朝まで名無しさん:02/07/24 21:25 ID:WNqZDaGB
>>32
Cイギリスのように明確な憲法は持たない

だな。理由は今の日本人にまともな憲法を作る力はないと思うから。
余計ひどくなってしまう。

42 :朝まで名無しさん:02/07/24 21:53 ID:z7nsxnnG
破棄論者は、国民の憲法制定権力を盗むつもりですか?
国民主権を否定するつもりですか?
国民を信じられないのですか?

43 :朝まで名無しさん:02/07/24 22:03 ID:7lCyeDC6
自民党が悪いんじゃないよ、みんな憲法が悪いんだよ
だから政権を変えずに憲法を変えよう。


44 :朝まで名無しさん:02/07/24 22:12 ID:DxjRA1I7
押しつけられた憲法だとは思わないし
一概にクソ憲法だという気もないけどさ

たとえ素晴らしい憲法だったとしても
独立後に自分たちで作り直さなかったのは不甲斐ないと思うよ。

45 :朝まで名無しさん:02/07/24 22:13 ID:RthRb+m2
そのうえ糞だし。

46 :朝まで名無しさん:02/07/24 22:17 ID:xDGvy4bx
>>42
>破棄論者は、国民の憲法制定権力を盗むつもりですか?

そんなもんいらん。

>国民主権を否定するつもりですか?

「国民」の定義次第だな。

>国民を信じられないのですか?

これも「国民」の定義次第だな。

47 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:17 ID:w2s2TSxQ
>>42
日本民族の憲法制定権が奪われているので回復するのです。
明治憲法は日本民族が自ら創った国民憲法だったが今の憲法は
GHQが造った舶来憲法。
日本民族の手に憲法制定権を取り戻すため、占領憲法を破棄しよう。

占領憲法を肯定する人は我々日本人の憲法制定権を奪ったままにしておくつもりですか?

48 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:29 ID:wY0+Rguv
>>47
明治憲法もプロイセンのパクリだったような気が..

49 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:33 ID:+e7QJh60
42は馬鹿だね。
日本国憲法では国民に憲法制定・改廃の権利があるんだよ。
制定・改廃の権利。意味わかる?

50 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:33 ID:rSmz3B9D
>>47
憲法制定権うんぬんということは改憲ということ?
何のために憲法が必要なの?

51 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:37 ID:DAWFjAM6

戦後憲法が舶来の押しつけだから無効だというなら、
戦後の歴史は全て無効、なんだろなあ。

>>1よ、君が生まれたこと、君の生育歴は全て無効だ(藁。

52 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:40 ID:2LetLleW
>>51
押し付けっていうか、違法だから無効なんだよ。
ハーグ陸戦法規違反。

53 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:41 ID:DAWFjAM6

「制定権」云々を叫んでる奴は、もう少し頭使えば?
歴史なんて所詮、結果の産物。民族が自ら制定したものが
必ずしも良いものになるとは限るまい。

問題は内容だろう。どの条文を改廃すべきかを逐次述べるべき。
少なくとも明治憲法に逆戻りするのはイヤだね。


54 :朝まで名無しさん:02/07/24 23:44 ID:agyDdlnk
9条を訓示規定として解釈すれば
いいだけじゃん

55 :桜川忠七:02/07/24 23:45 ID:CUZb7YYY
帝国憲法から日本国憲法に替わるにあたっての手続きは正当なものだったが、
内容的にはまったく違うのだ。つまり実質的にはGHQの民政局25人が
一度破棄して制定し直したのと同じことなのだ。
そしてこれを日本政府が受け入れず、改正の議決をしないという選択肢はなかった。


56 :42:02/07/25 00:27 ID:WJqA7jIM
>>46
憲法制定権力がないと、憲法を変えられないよ。
国民・・国籍法見てね。
>>47
GHQは原案の原案書いただけだよ。それに今でも憲法制定権力は日本国民にあるんだけど。奪われてないよ。
さらに言えば、アメリカの共和党政権は日本が憲法を変えることを願っているよ。
>>49
おっしゃる通り、制定改廃の権利は国民にある。国会にあるのではない。
破棄を主張する人は、国会の議決だけで破棄が可能と考えてるんじゃないの?
>>55
他の選択肢はあったよ。知ってるんでしょ。

憲法に問題があるなら、改正すればいいだけ。
俺も、9条の改正には賛成。


57 :桜川忠七:02/07/25 00:32 ID:WueXKjhb
>>56
他の選択肢って何?

58 :朝まで名無しさん:02/07/25 00:37 ID:yeEGYxQ6
憲法は国会で過半数の賛成で破棄できます。
日本人による日本人のための自主独立の憲法を制定しよう。

59 :朝まで名無しさん:02/07/25 00:38 ID:WJqA7jIM
東京裁判の被告人に陛下を加えること。
うろ覚えだけど、中国とオーストラリアが主張したんだと思う(違ってたらごめん)。
「もしこの憲法用いなば、天皇の地位請け負わず・・」
アメリカはこれを阻止してくれた。

60 :朝まで名無しさん:02/07/25 00:47 ID:yeEGYxQ6
現憲法の改正は手続きが大変で現実的でない。
立法府の国会で法律に関するすべての決議ができるのだから、
まず破棄し、その後、新憲法を制定すればよい。
今の日本はものごとを難しく考えすぎ。実行あるのみ。
国会議員は高額な給与を受け取っているのだから、しっかり
仕事をしてほしい。

61 :朝まで名無しさん:02/07/25 00:50 ID:WJqA7jIM
改正は手続き自体は簡単。

改正案を作る(両院の三分の二)。
国民投票法を作る。
国民投票する。

62 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:01 ID:SXsNrtG5
別に「押し付け憲法だから」破棄するなんておおざっぱな議論しても
あんまり意味ないじゃん。
改正したい所があるならその部分を改正できるように頑張ればよろしい。

63 :日本人:02/07/25 01:18 ID:hs3gRmo0
「押し付け憲法だから」だからいらないんだよ。
「改正したい所があるならその部分を改正できるように頑張ればよろしい。」
なんておおざっぱな議論してもしょうがないよ。
国際法を無視して作った憲法なんだから。
まず押し付け憲法を廃止して大日本国憲法にもどして
現代に合うように修正していけば良いでしょう。





64 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:24 ID:3PgEhGsD

>>63

「押しつけ」なものは憲法以外にもたくさんあるぞ(藁。
それら全てを「押しつけだから」ってやり直してたら
一体どうなることやら・・・。

見方によれば(賛同しないけどさ)PCやネットやOSだって
アメリカ資本(ゲイツ)の押しつけだろうに。
嫌なら回線切って(以下略。または国産OSのトロンを使おうw

65 :???:02/07/25 01:32 ID:LhdKJXbJ
MacやWindowsは現に自分の好みで選んでいるじゃないか。
それと憲法の形成過程を見たらとても同一視などできない。


66 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:36 ID:3PgEhGsD

>>65
まあ、喩えだよ。その手の潔癖主義は政治にとって有益ではないだろ。
(つーか、マックかウィンでなく、トロン使いなさいってw)

政治は常に結果である。と思う。
下手な精神主義はいらない。


67 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:37 ID:iPFeBfc1
>>63のようなことを言う人間に限って、日本が韓国に進出したのは良いことだったとか言う。

68 :nanasi:02/07/25 01:50 ID:eZt9GVg1
 押し付けと言えばそうだけど、それでもこれまで何となく上手くやってこれたから
押し付け論で改正云々はどうかと思う。平和憲法だから変えてならんとか言うのも、
アメリカの庇護の下でという前提を無視している。法律論は分からんので飛ばすけど、
護憲勢力は米帝主義からの脱皮みたいなことをセットにして昔から言ってるが、「米帝」から本当に
「脱皮」したら日本は独立国として機能しないと思うから、憲法論議も55年体制から進化しても
いいと思う、と思ったりして。

69 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:53 ID:uvCU/z90
しかしな
ここのは保守反動というやつが多いな
徴兵でもなんでもやってくれ

現状で日本国憲法を考えるといっても
だめそ
小泉、マキコなんかがいる政府だし国会だ
おそろしいものができるぞ
自衛隊幹部なんかよろこんじゃってよろこんじゃって
好戦まるだしになるな

70 :日本人:02/07/25 01:57 ID:hs3gRmo0
>>64
低い低いレベルが低いぞ。
憲法は国の基本やろ。
自分で考えんでどないするねん。
押し付けられてええもんと悪いもんが
あるちゅうこともわからんのか。
>>67
お前の意見もレベルが低いぞ。
歴史や国際政治に言い悪いなんか無いぞ。
まず国益ありきだろ。
権謀術数渦巻く国際政治で67のようなこと言ってたら
独立が危うくなるぞ。

71 :nanasi:02/07/25 01:59 ID:eZt9GVg1
>>69
憲法論議になるとどうしても9条とか出てくるから、軍事論議→タカVSハト(又は、保守VS革新)
になるけど、保守反動→徴兵やら好戦のキーワードが出てくるようだと、あんたは自分の言う
保守反動の裏返しでしかないから思考的には「保守反動」に似たり拠ったりと思うけど、と思ったりして。

72 :朝まで名無しさん:02/07/25 01:59 ID:ikF02G22
>>61
それのどこが簡単なんだか。

73 :日本人:02/07/25 02:27 ID:hs3gRmo0
>>71
それは、何とかの一つ覚えというやつですよ。
ものごとを多面的にみられず、
善悪で考える人たちです。
すごく耳がいいようで「軍靴の音がする」と
誰も聞いたことがない音が聞こえる部族の人たちです。

74 :朝まで名無しさん:02/07/25 02:49 ID:iXZDiPoJ
憲法は変えなきゃだめです。
現実問題として不都合が多すぎる。



75 :朝まで名無しさん:02/07/25 20:58 ID:yjoI0v+p
改憲とか言ってる奴はなぜ憲法なんてもんが必要なのか述べよ。

76 :朝まで名無しさん:02/07/25 21:31 ID:yjoI0v+p
ageー

77 :朝まで名無しさん:02/07/25 21:52 ID:IsguuXOX
どうでもいいけど基本的人権っつーのを限定させるべきだな。
国に逆らう権利は与えるな。

78 :朝まで名無しさん:02/07/25 22:03 ID:yjoI0v+p
>>77
同意だな。公共の福祉が制限するとか言ってる奴は「公共の福祉」の定義を
言って欲しいものだ。

79 :朝まで名無しさん:02/07/25 22:38 ID:yeEGYxQ6
憲法は普通の法律と同じ過半数の賛成で破棄できるのだから、
さっさと破棄議決をして、ます。日本人による日本人のために
造った新しい平成憲法を制定すべき。


80 :朝まで名無しさん:02/07/25 22:39 ID:yeEGYxQ6

>>79すまん、訂正する。

憲法は普通の法律と同じ過半数の賛成で破棄できるのだから、
さっさと破棄議決をして、日本人による日本人のために造っ
た新しい平成憲法を制定すべき。


81 :朝まで名無しさん:02/07/25 22:42 ID:Q/xYwh+2
>>80
なぜ憲法が必要なんだ?

82 :_:02/07/25 22:57 ID:y09RmerC
>80 お前の脳内では「民主主義」も「人権尊重」も押しつけられた物だから
ハンターイ、なわけだな。

ははは……(乾いた笑い…

83 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:04 ID:krAJd32p
>>82
そうじゃないだろ。民主主義の意味も人権の意味も考えずに徒に尊重する
のがおかしいということだろ。

84 ::02/07/25 23:11 ID:YpTLeGOs
>>1
>占領下に強制された現憲法は向こうである。

そうこっちのは関係ないね(w

85 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:14 ID:Nsrf+6n7
この国で人権や民主主義が尊重されたことなんてあったか?

86 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:16 ID:krAJd32p
>>85
だから、民主主義、人権の定義から始まらなければそう言ってもしょうがないんだよ。
まだ日本語になってないということ。

87 ::02/07/25 23:22 ID:YpTLeGOs
民(たみ)が主(あるじ)と言うけれど
選挙で直接政策を選べる訳じゃないもんなぁ

88 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:25 ID:krAJd32p
>>87
というか、民が主であると自体がおかしくないか?
俺には民は神であると言ってるように聞こえる。

89 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:29 ID:8TM3KL3w
なにげ「日本民族」の定義もあいまいな現状だったりする罠。ひひひ

90 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:33 ID:C89rWSNk
Vox Populi
Vox Dei

91 :朝まで名無しさん:02/07/25 23:50 ID:3PgEhGsD

>>86
定義から始めて・・・で、改憲して、で、
民主主義や人権ってのが定着したりする見通しがあるわけ?

そゆうのを精神主義と言うのだと思うよ。



92 :朝まで名無しさん:02/07/26 00:03 ID:VQc2bpyx
>>91
>民主主義や人権ってのが定着したりする見通しがあるわけ?

「何が」定着する見通しなのですか?
それがはっきりしなければ定着した方がいいのか悪いの分からないでしょ。
民主主義ってなんですか?

93 :朝まで名無しさん:02/07/26 00:14 ID:52dl3cn8
>憲法は普通の法律と同じ過半数の賛成で破棄できるのだから、
一応ツッコンデおくけどさ。
明らかに誤りなのだが。

それと、
>さっさと破棄議決をして、日本人による日本人のために造っ
た新しい平成憲法を制定すべき。
どういう方法で?国民投票かい?



94 :朝まで名無しさん:02/07/26 00:17 ID:6SJbFFK7
外圧でどうにでも形を変える
不思議な国。
いざとなると脈々と続く秘訣を自らのDNAに刻み込んで
いるのかもしれない。

95 :朝まで名無しさん:02/07/26 00:19 ID:TxJoYHGX
>>1
自由・民主主義国家アメリカ合衆国さんがその当時12歳であった日本の為に
作ってあげた憲法の破棄後、
>>1さんは、日本を北朝鮮みたいな専制君主国家にするつもりですか?
自由・民主主義の西欧留学経験がある天皇・皇族がそれを許しませんよ!


96 :朝まで名無しさん:02/07/26 00:30 ID:lN0Mkbd+
1689年イギリス権利章典
このとき、ロンドンはオランダ軍が占領中
1875年フランス第三共和制
普仏戦争敗北後、プロイセン軍がパリを包囲する中で誕生

別に、新憲法が成立するような政体の変化がある場合、
外国の意向が反映されていることは史上珍しくない。
アメリカ主導で作られたその一事をもって無効云々いうのは早計だろう
少なくとも天皇制が残されたことで日本のアイデンティティは守られたと見るべきだろう

97 :朝まで名無しさん:02/07/26 01:10 ID:VQc2bpyx
自分で物事を決められない国にアイデンティティも何もないと思うが。
まあ、中身や成立過程以前に、憲法そのものがいらないのでは?
というのが最大の疑問だな。

98 :朝まで名無しさん:02/07/26 03:17 ID:J8JjHbTs
>>96
しかしナポレオン軍によってヨーロッパ各地に憲法が押し付けられた結果、
その反省をこめてハーグ陸戦条規では占領国への憲法強制を禁じたので
はないのかい

99 :朝まで名無しさん:02/07/26 03:39 ID:ZGg+/Kqx
>>98
>ハーグ陸戦条規では占領国への憲法強制を禁じたので
>はないのかい

有色人種は適用外である事が暗黙の了解と思われ・・・・。

100 :nanasi:02/07/26 04:00 ID:MlLk7PfZ
護憲派が改憲派を反民主主義とか言ったり、その逆に改憲派が護憲を左翼と罵ったりするのは
いい加減辞めて欲しい。我々下々のレベルではある程度仕方ないかも知れんが、政治家や知識人と
言われる人がそのレベルでしか憲法論議を行わないのは、「民主主義的に」問題じゃないか。
 改憲論議をすべきかどうかをまず国民投票すべきじゃないか?あほな意見だとは思うが、
現行憲法の是非は左右の各代表の新聞アンケートでその新聞の論調にあった結果が発表される程度だ。

 バカボンのパパ的に改憲には国民投票が必要だけど、改憲のための国民投票の是非を問う国民投票を
行うべきか否かの国民投票くらいならやるべきだしやれるだろ。

101 :朝まで名無しさん:02/07/26 05:02 ID:YViuWQm2
>>100
別に改憲論義や憲法改正には反対じゃないけど。
個々の条文についてプライバシー権を明示するべきかとか、
9条について社会実状に合うように改正するべきか、とか
そういうふうに個別的に論議するのは良いと思う。
でもここの改憲論者って「押し付けられた非民主的な憲法だから全部破棄」って
考えじゃん。
まともな改正議論じゃないでしょ。

102 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:28 ID:WtWaOeFO
>>101
> まともな改正議論じゃないでしょ。

改憲議論よりまず、憲法が必要か否かの議論だろう。
スレタイからしても。

103 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:44 ID:mAYyiOAf
今の憲法にはもう無理がある
プライバシー権という新しい概念も
13条の幸福追求権にその根拠を求めている(こじつけみたいなもの)
「公共の福祉」という言葉も日本人にはわかりにくい(日本語ではない)
憲法を日本語で書き直そうという学者さんもいるらしい
そろそろほんとに憲法改正してもいいとおもうよ


104 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:47 ID:PSSHy3Oa
>>102
それじゃあますます下らない議論だな。
憲法がいらないなんて本気で言ってるんだかネタなんだか。

105 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:51 ID:WtWaOeFO
>>103
それって結局権利概念を拡張するっていうだけじゃないの?

106 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:53 ID:WtWaOeFO
>>104
憲法がなくて何が困るんだ?

107 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:53 ID:lFsbmrWT
憲法九条を破棄して戦前の大日本帝国を見習おう。戦前はアメリカに負けないように空母多数、戦艦多数、戦闘機多数を日本は所持していた。
現代日本も戦前日本を見習ってアメリカに負けないように、核ミサイル数千発、空母多数、戦闘機、爆撃機、戦車多数を保持しよう。
憲法九条はアメリカが日本が再び軍事大国になりアメリカに対抗するのを恐れて日本に押し付けたもの。アメリカにだまされないように弾道核ミサイルを数千発持とう。

108 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:55 ID:jbcVTLIK
>>102
そのとおり。
憲法が必要か不要かが問題だ。私は憲法およびその他の法律は不必要だと思っている。
その理由は、憲法があるからこそ改憲か護憲かの不毛な議論が起きたり、裁判所や検察庁
などの法務官僚に物事を決めて貰うという、考えない人間を生み出してしまうからだ。
憲法さえなかったら、憲法論議なんて起きることはない。常に今何が必要なのかという議
論ができ、結論に従ってテキパキと物事を進めていくことが出来る。
改憲などという、なんの解決も生み出さない堕落した思想は、他人に判断をゆだねようと
する自立心欠如からくる。


109 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:56 ID:PSSHy3Oa
>>106
成文憲法でやってるのにいきなり憲法無くしたら困るじゃん。


110 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:58 ID:WtWaOeFO
>>109
なぜ困るの?

111 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:58 ID:PSSHy3Oa
>>108
マジで言ってんの?
極論すぎない?
法律いらないなんて。
それで人権は守られるの?

112 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:00 ID:epP0BWlc

>核ミサイル数千発、空母多数、戦闘機、爆撃機、戦車多数を保持しよう。

現在、これだけの不況と国政赤字で、かつ公共投資の害悪が叫ばれている中、
それはあまりに非現実的すぎるというか、破産確実。

また、とりわけ空母は、現代戦略上、金がかかるだけで無意味以外のなにものでもない。

どー考えても現実にそぐわないと思うぞ。

113 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:02 ID:PSSHy3Oa
>>110
もういいよ

114 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:02 ID:WtWaOeFO
法律はいるけど憲法はいらないだろ。なんの役にも立ってない。
憲法がなくなって困るのは誰だ?

115 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:07 ID:mAYyiOAf
>>114
法律は憲法に違反しないように作るでしょ?
憲法がなければとんでもない法律できちゃうかもよ
「虫歯もってる奴は死ね」とか

116 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:07 ID:sxDygU91
>>111
人権を守れという憲法があっても、国を守れと
という憲法でなければ人権は守れない。

117 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:07 ID:lFsbmrWT
>>112

それじゃあ、核ミサイル数千発だけにしましょうよ。兵隊さんの数も増やす必要はないし、空母みたいに維持にお金もかからないし。
核ミサイル数千発もてば、今みたいにアメリカにペコペコ頭を下げる必要もなし。憲法九条はアメリカが日本が再び軍事大国になり
自分たちの脅威になることを心の底から恐れたから現憲法に無理やり挿入された。アメリカにだまされないように。

118 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:08 ID:jbcVTLIK
>>111
世界の国には憲法や数々の法律があるが人権が守られているとは言えないない現実を考えると、
憲法や法律が人権を守るために役立っているとは考えられない。人権を守っているのは、法で
はなく人々の精神、心じゃないかと思う。憲法とか法律とかでなく「約束」程度のもので十分
だと思う。


119 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:09 ID:WtWaOeFO
>>115
そうかな?そんな極端な法律つくる奴はいないと思うが。
そもそも立法に対するそういった不信感があるなら
なおさら改憲どころじゃないな。

120 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:10 ID:PSSHy3Oa
>>116
ハア?
何言ってんの?
だから憲法いらないってことになるのか?
激しく意味不明


121 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:11 ID:WtWaOeFO
>>118
>人権を守っているのは、法で
> はなく人々の精神、心じゃないかと思う。憲法とか法律とかでなく「約束」程度のもので十分
> だと思う。

それは完全に性善説にたたないと・・・


122 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:13 ID:mAYyiOAf
>人権を守っているのは、法ではなく人々の精神、心じゃないかと思う。
>憲法とか法律とかでなく「約束」程度のもので十分

それは不文憲法というのでは?


123 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:17 ID:epP0BWlc

>>117
「核ミサイル数千発」もちょっと多過ぎだろうよ。。。

だいいち、現時点で既に日本は世界的に見れば軍事的大国さね。
だけれどアメリカには逆らえないのが現在の情勢。
アメリカは自分の覇権を脅かすものを許容する国ではない。

下手に核武装してアメリカに逆らい、北朝鮮と同じように
経済封鎖の下、飢餓に苦しむはめになるのは俺は嫌だがな。


124 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:21 ID:epP0BWlc

「憲法」がなければ、司法の独立、が成り立たない。
(違憲審査権など。いわば立法府=議会からの相対的自立)

勿論、司法の独立などいらない、という言い方もあるだろうけれど、
先進国はたいてい導入している政治制度であって、
こうしたチェック機能がなければ神聖政治と同じ。

125 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:21 ID:yWcoRc2m
>>118
>人権を守っているのは、法ではなく人々の精神、心じゃないかと思う。
でもさ、それを文章にしたのが憲法なのではないの?
罰則があるわけでもないのだし

126 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:22 ID:sxDygU91
>>120
人権は国が保障する。
その国がなければ人権は守れないってこと。
人権を守れとはいっても国を守れといわない憲法は
無い方がいい。

127 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:25 ID:WtWaOeFO
>>124
> 「憲法」がなければ、司法の独立、が成り立たない。

判例が司法の独立に役立つんじゃないの?

128 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:25 ID:lFsbmrWT
>>120
賛成。早く憲法九条を破棄して、アメリカとロシアに負けないように核ミサイル数千発を持つべし。
憲法九条は日本が再び軍事大国になるのをアメリカが心の底から恐れて無理やり挿入したもの。
そんなものさっさと破棄しようよ。アメリカにだまされてはいけない。

129 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:26 ID:PSSHy3Oa
>>126
つまり現行憲法は「国を守れ」とは言ってないから
人権は全然守られていないわけ?

妄想はやめてよ。

130 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:26 ID:epP0BWlc

>>126
国家と社会(公共圏)は原理的に別である、
というのが近代社会の基本的原則。
人権を保障するのは国家(国権)ではなく、
通常、公共圏の問題だよ。

国家に対する忠誠か、
公共圏に対する義務か、
諸先進国が何をうたっているかを一度調べてみてごらん。

一般には公共圏に対する義務(納税、遵法、兵役など)が重要であって、
「国家への忠誠」ではない。


131 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:29 ID:epP0BWlc

>>127
その判例が依拠する自立的な柱が必要なんだよ。
でなければ例えば時々の政権に都合のいい判例ばかりが出ることを
くいとどめる術がない。

132 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:33 ID:jbcVTLIK
>>126
あまりに当たり前すぎるので言うのをやめようとは思ったが、一応言っとく。
国があっても人権が保障されるとは限らないぞ。国を守るかどうかということと、人権が保障されるかどうか
ということは関係ない。


133 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:37 ID:WtWaOeFO
>>131
> でなければ例えば時々の政権に都合のいい判例ばかりが出ることを
> くいとどめる術がない。

判決を制限するのが判例ではないのですか?

134 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:42 ID:mAYyiOAf
>>132
国を守れなければ人権も守れないというのは正しいと思う
でも国を守れない憲法ならいらないってのは極端すぎだね
だいたい憲法ってのは文になってるものだけでなくて
イギリスのように文になってない憲法もある
「人権を守っているのは、(中略)人々の精神、心」
とおっしゃるようにこれも憲法なわけだね

憲法がいるかいらないかっていったら
やっぱいるでしょ



135 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:43 ID:sxDygU91
>>129その他
人権は誰が守る?
国無くして守れるのか?
パレスチナではどうだ?
北朝鮮が日本Bを支配した時は?
国を守ることが人権よりも上だと思うが?

136 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:45 ID:epP0BWlc

>>133
しょうもない反論になるけれど、
その判例が時の国権から相対に自立的である根拠は?

裁判官、とりわけ最高裁のは誰が任命してる?

137 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:49 ID:epP0BWlc

>>135
「国を守る」の定義があまりにも曖昧だよ。

国=国土なのか?国権なのか?それとも?
きちんと述べなければ、「国を守る」=時々の国権に無条件に従う、
の意にもなってしまう。そこらへんがごっちゃごちゃ。

要するにあれだろ、自衛権を持てということだろ?





138 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:50 ID:WtWaOeFO
>>136
> しょうもない反論になるけれど、
> その判例が時の国権から相対に自立的である根拠は?

判例はその国の歴史の中で積み重ねられてきたものだから
その積み重ねが根拠です。

> 裁判官、とりわけ最高裁のは誰が任命してる?

首相?よく知らない。

139 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:53 ID:epP0BWlc

ついでに言うと、>>135

国土の自衛は必ずしも国権に賦与されるべきものでもない。
通常は公共圏=社会がそれを保持し、国家(国権)に「委託」する、
というのが近代社会の原則だ。


140 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:56 ID:mAYyiOAf
>>138
じゃあ一番最初の判例が
とんでもないものだったらそれ以降の判決は
その判例に制限されることになるわけだけど
それでいいの?

141 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:57 ID:epP0BWlc

>>138
で、そうすると、例えば「この判例に従うとまずい、変えていこう」
(変わった例でいえば尊属殺人の刑の重さとか)
っていう場合、どうするの?

現行の場合、「憲法の精神に照らして」とか、まあ憲法を変えたりして
判決を変えていくことが出来るけど、判例の積み重ねだと
(現在もだいたいはそれでやってはいるけどね)
どうやって変えていくことが出来るのだろう?

142 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:57 ID:WtWaOeFO
>>140
そんなこと言ってないんだけどな。

143 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:58 ID:sxDygU91
>>137
>「国を守る」=時々の国権に無条件に従う、の意にもなってしまう。

そうだよ。
時の政権に従って無条件に国を守るべきだ。

144 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:00 ID:pfpkuD4+
>>143
あほすぎるね。病院逝った方がいいんじゃない


145 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:02 ID:sxDygU91
>>139
その近代社会の原則は国を亡くした国民にとって
どれほどの意味があるのだろう?

146 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:02 ID:lFsbmrWT
いろいろ議論するより、さっさと国会で憲法九条破棄の審議をして国民投票をしたらいいじゃん。
そもそも憲法九条は日本が二度とアメリカに逆らえないような国にするために無理やり押し付けたもの。
早く憲法九条破棄してアメリカの属国状態を脱出すべし。核兵器多数あればアメリカ従属外交を止めて
自主外交もできる。大日本帝国憲法はよかった。

147 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:05 ID:epP0BWlc

>>143
そろそろ馬脚が現れた、としか言いようがないな・・・。

そもそも「人権」とか「民主主義」というのは、
国家から相対に公共圏(社会)が自立する、
すなわち国家に対して無条件に従属しないことを前提にして
はじめて生まれるものなんだよ。

したがって、「国家への忠誠」が近代法制の中にないのは当たり前。

自衛権と国家(国権)への忠誠ははっきりいって別問題。
そもそもその、時の政権が君の言う売国的姿勢だったらどうするね?
その場合でも、絶対に服従するんだな?
こういう場合に、時の政権を交代させる可能性を持つためにも、
国家(国権)からの公共圏(社会)の自立が必要なんだよ。


148 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:08 ID:sxDygU91
>>144
時の政権は国民が作ったものだ(日本ではね)
国を守るために、国民の代表が決定したことに
従うことになんの文句があるという?
非常時には条件闘争など受け入る暇はないぞ。

149 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:09 ID:epP0BWlc

>>143
すなわち143よ、君は自民党に絶対服従してなさい、ってこった。

150 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:10 ID:vduUxtRC
>>147

滑稽だよ。古くさいな。



151 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:11 ID:WtWaOeFO
>>141
それはやっぱり最終的には立法側で判断するほかないんじゃないですか?
ただし、立法する上でやはり判例を尊重しながら、それと現実的利益との比較考量。

152 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:11 ID:epP0BWlc

>>150
君もね。どうぞ現在の自民党の施策にマンセーしといて下さい。


153 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:13 ID:epP0BWlc

>>151
それができるなら、いまの慣行に縛られる
「官僚の腐敗」なんておきないと思うんだが・・・。

154 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:15 ID:sxDygU91
>>147
>「国家への忠誠」が近代法制の中にないのは当たり前。

そんなことを言っているのではない。
共に戦えといっているのです。
国民の代表の指揮のもとにね。

>時の政権が君の言う売国的姿勢だったらどうするね?

それは売国政権と戦うのである。
憲法には保護されずにね。


155 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:16 ID:mAYyiOAf
>>151
法律を作るのも
判決を下すにも
何か基準が必要じゃない?
作る人が好き勝手にやっていいもんじゃないでしょ?
その大元が憲法だとおもうんだけど

156 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:21 ID:epP0BWlc

>>154
君の言うこと(国家への忠誠)をそのまま実行すればそうなるよ。
自民党への絶対服従。対米従属、親アジア路線の遵守。
自民は正当に選挙で選ばれた現在の与党だが?

で、だからそれは憲法自体の問題ではなく、第九条の話でしょ?
自衛的戦争を認めろ、そういうことじゃないのかね?

157 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:22 ID:WtWaOeFO
>>153
そういう傾向はあるでしょうね。ただし、そのときの国民の要望に従っていれさえすれば
よいというものでもないでしょう。慣行に従うから腐敗するということではないので。
私の頭にあるのはイギリス式の不文法なのです。
なぜ不文の方が良いかというと国の基本方針をある一時代の人間が決めて
しまうのはおかしいと考えるからです。
国とは過去・現在・未来という時間軸の中で捉えなければならないと思うから。

158 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:24 ID:WtWaOeFO
>>155
> その大元が憲法だとおもうんだけど

その憲法をだれが何を基準に作るのかということなんだけどね。

159 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:26 ID:sxDygU91
>>156
国防の義務を謳えってこと。
人権は国の元に庇護される。
人権を守るには国を守ることが第一ってこと。

160 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:27 ID:mAYyiOAf
>>157
不文でも「憲法」なのでひとまとめにして考えてました
成文憲法でも時代によって憲法改正すればいいじゃないですか?
日本の憲法はそう簡単に変えられませんけど


161 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:28 ID:epP0BWlc

>>159
何度も書かせないでよ。
たとえば「兵役の義務」はそれでいいでしょ。
でも、それと「国家への忠誠」は別なの。わかる?
そこらへん、はっきりしといてちょうだいな。

162 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:30 ID:n7/Oob5e
1はキチガイ

163 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:31 ID:WtWaOeFO
>>160
> 成文憲法でも時代によって憲法改正すればいいじゃないですか?

いや、そうではなくて時代によってころころ変わらないようにするための不文です。
基本方針は過去に比重を置かなければいけないのではないですか?
人間は全知全能ではないので。

164 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:33 ID:mAYyiOAf
>>163
人間は全知全能ではありませんが(笑
なぜ過去に比重を置くのですか?

165 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:35 ID:9O/62In3
時代によって憲法をころころ変えたほうがいいんじゃないの?
フランスはそういうやり方でうまくいってるよ。

166 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:37 ID:sxDygU91
>>161
「国防の義務を負う」、それだけでいいんでは?
国家=自民党ってことはないだろう。

167 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:40 ID:WtWaOeFO
>>164
正確にいうと現在に比重を置かないということです。
現在世代の幸福だけ考えて政策を行うと未来世代に悪影響を与えるとも
限らない。だから「過去の教訓を参照しながら」という意味です。
要するに人間なんてそんなに進歩するもんじゃないという人間観です。

168 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:42 ID:WtWaOeFO
>>165
> 時代によって憲法をころころ変えたほうがいいんじゃないの?
> フランスはそういうやり方でうまくいってるよ。

うまくいってるかどうかを判断するのは難しいと思いますよ。

169 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:42 ID:mAYyiOAf
「過去の教訓を参照しながら憲法改正」
でよくないですか?

170 :朝まで名無しさん:02/07/27 02:49 ID:WtWaOeFO
>>169
> 「過去の教訓を参照しながら憲法改正」
> でよくないですか?

ああ、それなら同意です。ただし私のようにその時代の人間を信じていないものにとっては
不文の方が望ましく感じる。

171 :170:02/07/27 02:50 ID:WtWaOeFO
「その時代」というのは今の時代のことを言ってます。

172 :朝まで名無しさん:02/07/27 03:05 ID:N40Kb4XA
>>1を筆頭に現行憲法を廃棄する事を企む奴は、
下記の憲法第一条をも否定しているのだろう。
そうならば、天皇に代わって、
自分たちがヒットラーや金日成の様な独裁者に成る事を願っている輩だ!

現行の日本国憲法の第1条〔天皇の地位,国民主権〕
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

173 :朝まで名無しさん:02/07/27 03:11 ID:N40Kb4XA
>>1を筆頭に現行憲法を廃棄する事を企む奴は、 下記の憲法第13条を否定しているので、
自分たちがヒットラーや金日成の様な独裁者に成って
我々日本国民を奴隷にする事を願っているのだろう、無知故の妄想としてな。

現行の日本国憲法第13条〔個人の尊重,生命・自由・幸福追求の権利の尊重〕
 すべて国民は、個人として尊重される。
生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、
公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

>>1を筆頭に現行憲法を廃棄する事を願う者達は、
13条が謳う様な人権思想をバカの一つ覚えで嫌うから、
彼らを、人間としてでは無く、動物として動物愛護センターへ収容すべきだ。

174 :朝まで名無しさん:02/07/27 03:12 ID:sxDygU91
>>172
あほくさー

175 :朝まで名無しさん:02/07/27 03:17 ID:r7ndovoT
もっと右に!もっと右に!

176 :朝まで名無しさん:02/07/27 17:41 ID:z/soItid
とりあえず
憲法がいらないなんていうのは
基地外の主張だというのはわかった

177 :名無し:02/07/27 21:15 ID:EXSlDcxN
>1憲法破棄賛成です。
旧憲法も破棄されました。

現憲法で利益を上げるのは外国です。破棄反対者は外国人かその手先の売国奴
です。

破棄して、自衛権を明記した憲法に変えましょう。自衛権に基づく
国民国防訓練制度が国民としての自覚、道徳の確立、その他もろもろ
の良い効果を生みます。今の腐敗や混乱は国防義務が無いことから起きています。
破棄しましょう。


178 :朝まで名無しさん:02/07/27 21:24 ID:k8cgx3M1
破棄じゃなくて改正じゃ駄目なの?

179 :朝まで名無しさん:02/07/27 22:17 ID:+ESu5VAx
日本はアメリカに作り直された国で、今もアメリカによって
生かされている国だ。
だから他力(アメリカ)本願頼みの思考停止となり国家意識が希薄
となって国益を損ねる結果になっている。
他力本願の最大のものは押付け憲法であるから、一刻も早く破棄し
自主憲法を制定して自主独立の国家意識を高めるべきである。

180 :朝まで名無しさん:02/07/27 22:29 ID:ueB2eXX8
>>179
そうなんだけどさ、今の日本人に立派な憲法を作る力があると思う?

181 :朝まで名無しさん:02/07/27 22:55 ID:+ESu5VAx
>>180
そだね。
言ってはみてもどうせだめなんだろうなあって・・・
これこそあきらめからくる他力本願の思考停止ってことかも。

182 :朝まで名無しさん:02/07/27 23:01 ID:PQfUEL0n
>>180
だからといって現行憲法のままでいいとは思わない


183 :段造:02/07/27 23:02 ID:4vh5iZh7
とにかく、第一歩を踏み出すことが大切かと。

184 :朝まで名無しさん:02/07/27 23:53 ID:nRPEFSTs
>>177
兵役の義務がある国が全てまともだとでも言うのか(w
お前らが大嫌いなお隣の国は兵役の義務があるけど、国民に道徳があり腐敗も
存在しないのか?

185 :朝まで名無しさん:02/07/27 23:57 ID:epP0BWlc

戦後、日本はまがりなりにも成功してきたはず。

それをとんでもないへたれのように言う発想こそ反日的。

などと書いてみた。

186 :朝まで名無しさん:02/07/28 00:44 ID:7BPpnieq
改正は嫌、破棄でなければならない、と言う人には、
何らかの隠された意図があると思う。
それを見抜く力を持とう。


187 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:01 ID:DT2I0WlY
>>184
>お隣の国は兵役の義務があるけど
もし兵役義務がなければ腐敗はもっと深刻ってことに・・・

188 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:11 ID:wfO7SkOg

>>187
兵役が腐敗の源泉だったりするのは
あちこりのスレで言われていることだよ。

189 :名無しさんの主張:02/07/28 01:15 ID:PtTEOKJX
>>186
> 改正は嫌、破棄でなければならない、と言う人には、
> 何らかの隠された意図があると思う。
> それを見抜く力を持とう。

漏れはそう言う人だけど、意図は改正では現行憲法を認めていることになるのと
そもそも成文憲法は必要ないだろ、というもの。

190 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:19 ID:8r+LIVg8
>>186
隠された意図は無いでしょう?意図は明白と思いますが。
改正が必要とは、つまりあの文書を憲法と認めることです。
認めるからこそ改正となるわけだ。
しかし端から憲法と認められないという立場だから「破棄すべし」
ということになる。

191 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:19 ID:uN2AaMHk
>>189
成文憲法が必要ない理由は?日本にはコモンローに該当するような概念はないぞ。

192 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:25 ID:wfO7SkOg

>>190

あの憲法を「ほんとうに認めない」というのは実際問題、現実的じゃない。
戦後半世紀、まがりなりにも憲法に沿って各法律は施行され、
諸制度は実行されてきたわけだから、全否定、というのは
戦後社会の全否定だよ。

193 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:27 ID:Ig1KqAnO
しかしバカだね。
「とにかく第一歩を」って法治国家を放棄することが
第一歩かよ?(藁
対案示せないから破棄っていうのは、モロに頭のわるい
ウヨ厨のジレンマまるだしだね(藁

194 :名無しさんの主張:02/07/28 01:29 ID:PtTEOKJX
>>191
> 成文憲法が必要ない理由は?日本にはコモンローに該当するような概念はないぞ。

ガイシュツだが判例でどうよ。

195 :名無しさんの主張:02/07/28 01:32 ID:PtTEOKJX
>>192
> 戦後半世紀、まがりなりにも憲法に沿って各法律は施行され、

それは形式的な話であって現実には憲法を無視して各法律が施行されてきた
ということでしょう。9条と自衛隊の関係なんて象徴的。

196 :186:02/07/28 01:50 ID:7BPpnieq
>189>190
憲法を認めたくない、と言うことはかまいません。
認めたくないからこそ変えようと主張されるのでしょうし。
私が問題にしているのはその方法なのです。
破棄論者の皆さんは、憲法を変えるために国民投票を認めているのでしょうか。
国民の過半数の賛成、という要件を認めているのでしょうか。
これを認めるのなら、その呼び名が改正でも破棄でもかまわないのですが。
しかし国民投票を認めない、と言う考えには断固反対です。

197 :朝まで名無しさん:02/07/28 01:53 ID:m4v0H0Jq
>>194
その判例の背景には憲法があるでしょ

198 :189:02/07/28 01:58 ID:PtTEOKJX
>>196
認めたくないということじゃなく占領下での憲法制定は無効だということ。
当然、改正条項も無効だから国民投票はする必要がないんじゃない?
でも国民投票をしてもいいんじゃないかな。
今のままでいいって言うんならしょうがない。

199 :189:02/07/28 02:01 ID:PtTEOKJX
>>197
そうかな?憲法なんて違憲審査くらいしか出番なくない?


200 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:01 ID:DT2I0WlY
>>196
国民のほとんどはあなたと同じ断固反対って言うでしょう。
国民投票をせぬ改憲なんてまったく非現実です。

201 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:03 ID:XI0PsW0y
>>199
すべての法律は憲法に違反しないように作られてるからだよ

202 :189:02/07/28 02:10 ID:PtTEOKJX
>>201
そんなことないよ。強いて言えば「現実」に違反しないようにつくられている。
作る方もバカじゃない。

203 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:33 ID:uN2AaMHk
>>202
憲法に違反しないように作ることと現実に違反しないように作ることは同時に
成り立つ。

204 :189:02/07/28 02:38 ID:PtTEOKJX
>>203
現実を見ると憲法は無視されているも同然でしょう。
まず現実に合うように法律を作り、その後でそれに見合うように
憲法解釈を都合よく行ってるだけでしょ。
そんな憲法いらないなぁ。

205 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:46 ID:XI0PsW0y
>>204
いや、99%は無視されていないと思うよ
微妙な1%を解釈しているにすぎないと思うけど

206 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:48 ID:PtTEOKJX
>>205
そうなんですか?むしろ重要な法律には戦前からのものが多くないですか?

207 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:50 ID:XI0PsW0y
>>206
戦前も憲法はあったわけだし

208 :206:02/07/28 02:50 ID:PtTEOKJX
>>205
あ、立法の話でしたね。スマソ

209 :206:02/07/28 02:55 ID:PtTEOKJX
>>207
そうですね。しかし今例えば憲法を廃止した場合、すべての法律が無効と
なってしまうと思いますか?私にはそうは思えないのです。

210 :朝まで名無しさん:02/07/28 03:03 ID:XI0PsW0y
>>209
ならないよ、うん
俺の感覚では憲法はの「法律の法律」、「法律のルール」だから、
ルールが無くなっても法律は変わらないと思う
ルールが変わったら、それに合わして法律を変える必要があるけど


211 :朝まで名無しさん:02/07/28 08:37 ID:2FDtgKND
ふ〜ん憲法破棄を言ってる奴らって憲法改正の国民投票も認めないで
本当の破棄を主張してるんか。
それだと俺はもうついていけないな。

212 :朝まで名無しさん:02/07/28 09:30 ID:DIaU0Eez
今の日本人に憲法改正の力は無いと思います。
しかし、そのうち改正でなく破棄されるべきということが大多数の国民
に理解されるようになるでしょう。
何十年か後には破棄されると思います。

213 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:14 ID:8ZYO+TFx
破棄より停止の危険性もあると思うが。



214 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:23 ID:Sie/DnNt
>>210
> >>209
> ならないよ、うん
> 俺の感覚では憲法はの「法律の法律」、「法律のルール」だから、
> ルールが無くなっても法律は変わらないと思う
> ルールが変わったら、それに合わして法律を変える必要があるけど

じゃあ、やっぱり憲法がなくなっても構わないんじゃないかな。

215 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:37 ID:fFg/rtaW
>>214
今までの法律については問題ないけど、これから新たに作る法律または法律の改正に関しては
どんなむちゃくちゃな法律も作れるようになってしまう。
まあ、それは極端だとしても、憲法というルールが無くなってしまえば
毎回新しい法律が国民の権利を侵さないかどうかという余分な審議が必要になって
(たとえば今の憲法が無くなったら、予算を組む度に天皇制や軍備について必要かどうか議論しなくてはならない)
効率が悪いと思うけど

216 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:39 ID:DMswT/dz
憲法いらないという奴は
北斗の拳がだいすきなんだろ

217 :西川のり子:02/07/31 00:49 ID:QYTpHzme
現行憲法が廃棄され別の憲法ができた場合
憲法違反となる法律が廃止される。
現行憲法下では違憲立法審査権とか
国会とかで法律の改廃が議論されると思うが
新憲法が違憲立法審査権とか立法権とか
を認めないというものであれば廃止の仕様もない。

218 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:55 ID:Sie/DnNt
>>215
いいんじゃないですか、議論すれば。緊急を要するかどうかにもよるけど。
国会議員は国会で議論するのが本分だと思うな。
憲法って言ったって所詮ある時代の人によって作られるものでしょう。
それに則ったからといってどうだって言うんですか?
ある時代の一握りの人によって作られるものより歴史の中で蓄積されてきた
判例や慣習の方が重要だと思うのです。
何を言いたいかというと憲法自体を制限するものが必要ではないかということです。
その時代の国民の好き勝手に憲法を作って良いのでしょうか。

219 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:58 ID:A/CVTd8+
>>218
判例?(プ

220 :朝まで名無しさん:02/07/31 01:13 ID:fFg/rtaW
>>218
>国会議員は国会で議論するのが本分だと思うな。
それは当然だが、時間には限りがあるので、毎日毎日同じ事を議論することになったら時間の無駄では。
憲法というルールを決めておけば、普段はそれに従って余分な議論をしなくていいし
議論がしたければ、憲法改正の時にすればよい。

>ある時代の一握りの人によって作られるものより歴史の中で蓄積されてきた
>判例や慣習の方が重要だと思うのです。
それを明文化したら憲法になると思うけど

>何を言いたいかというと憲法自体を制限するものが必要ではないかということです。
>その時代の国民の好き勝手に憲法を作って良いのでしょうか。
それは国民の良識でしょう。
その時代の憲法に影響されるのはその時代の人たちなのだから、問題ないのでは?
昔の人が変な憲法を作ったとして、今の人が改正すればいいのだし
未来の人がどう改正しようと今の我々には関係ないと思うけど。

221 :朝まで名無しさん:02/07/31 14:14 ID:1k7BDGl0
まずは日本が独立国にふさわしい軍事力を持つ必要がある。


222 :名無しさんの主張:02/08/02 23:23 ID:pONmsn+/
>>220
> それは当然だが、時間には限りがあるので、毎日毎日同じ事を議論することになったら時間の無駄では。
> 憲法というルールを決めておけば、普段はそれに従って余分な議論をしなくていいし
> 議論がしたければ、憲法改正の時にすればよい。

憲法にこう書いてあるからこうなんだ、というのは議論ではない。
その人の考え方の根拠が憲法だということになってしまう。

> それを明文化したら憲法になると思うけど

それではそのときの国民の好き勝手さが除かれる保証がない。

> それは国民の良識でしょう。

良識には期待できない状況でしょう。

> 昔の人が変な憲法を作ったとして、今の人が改正すればいいのだし
> 未来の人がどう改正しようと今の我々には関係ないと思うけど。

どうも自分の世代だけよければ、という風に読めてしまう。
国は自分の生前にも死後にも存在するものだからそういう訳には
いかないでしょう。歴史の連続性があってこそ国家なのではないか。

223 ::02/08/02 23:23 ID:g0ZTmm0S


224 :朝まで名無しさん:02/08/02 23:33 ID:ucFbQ/1Z
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1028217985/l50
自由放任教育の私立を正常化するために文部省私学監督官制度を創設する運動

225 :朝まで名無しさん:02/08/02 23:35 ID:NZ7U+oWH
>>222
>それではそのときの国民の好き勝手さが除かれる保証がない。
憲法が無いほうが好き勝手になる可能性が高いと思うけど。
現憲法だって根本規範っていうか憲法自身をしばる法律とかの
考えを取り入れた上で明文化してるんだし無くしたほうが
自分勝手な運用がなくなる、となるとは思えない。

226 :朝まで名無しさん:02/08/03 00:10 ID:4YgpVuFi
>>225
> 現憲法だって根本規範っていうか憲法自身をしばる法律とかの

この「根本規範」が重要だと思うのです。今現在巷で見られるのは
こういうものを無視して憲法の字面だけでものをいう連中でしょう。
私にはそういう連中が無視できない。
成文というのはそういうものを必然的に生み出しませんかね。

227 :朝まで名無しさん:02/08/03 00:34 ID:Qy8vrGLL
>>226
>成文というのはそういうものを必然的に生み出しませんかね。
そうかな。
もともと慣習とか条理じゃ不安定で権力者に恣意的に利用される恐れがあるから
文書の形にするのが望ましいってんで、成文化したのが始まりだと思うし。
自分は慣習条理判例より改正には国民の同意が必要という形の
硬性憲法で人権保障を宣言した方が無茶し辛くていいと思う。


228 :朝まで名無しさん:02/08/03 10:11 ID:hY/XUe+v
>>226
それは、字面しか読まない、まあ、一言で言えば馬鹿と
いいように解釈されながら、そういう抜け道を防ぐように改正できない日本国憲法の問題であり
憲法そのものの問題ではないのでは?

229 :朝まで名無しさん:02/08/11 18:18 ID:bHvKgyaM
憲法破棄派は維新政党新風に投票しましょう。

230 :朝まで名無しさん:02/08/13 22:25 ID:lbg+BsB9
帝国憲法が原点だな。
今のは基本的に無効。

231 :朝まで名無しさん:02/08/13 22:27 ID:knX1Ii/l
>>230
十七条憲法の方が古いぞ。
それに帝国議会でも現行憲法の国会でも廃止の法案が成立していないからまだ有効のはず

232 :西川のり子:02/08/14 00:51 ID:AKFB2AaQ
>>230
現憲法の制定文を見るとちゃんとした
手続きで帝国憲法は廃止になり日本国憲法が
公布、施行されていることがわかる。

233 :朝まで名無しさん:02/08/14 07:06 ID:JJp+IpGg
>>232
それが占領下で行われているずら。

234 :朝まで名無しさん:02/08/17 13:38 ID:mV1qMw6B
age

235 :朝まで名無しさん:02/08/17 15:18 ID:OU2/PpLt
人民主権=DQN主権。
戦前のように枢密院や貴族院がDQN院(衆議院)を牽制しているほうが良い。

236 :平成攘夷軍:02/08/17 15:53 ID:WdZIlW7g
「もはや戦後ではない!」
新たなる有事のために、まずは「治安維持法」の制定が必要である。
(大正14年4月22日、法律第46号)
第一条 @国体を変革し又は私有財産制度を否認することを目的として結社を組織し
   又は情を知りて之に加入したる者は十年以下の懲役又は禁固に処す。
    A前項の未遂罪は之を罰す。
第二条 前条第一項の目的を以って其の目的たる事項の実行に関し協議を為したる者
   は七年以下の懲役または禁固に処す。
第三条 第一条第一項の目的を以って其の目的たる事項の実行に関し協議を為したる
   者は七年以下の懲役又は禁固に処す。
第四条 第一条第一項の目的を以って騒擾、暴行その他生命、身体又は財産に害を加
   ふるべき犯罪を扇動したる者は十年以下の懲役又は禁固に処す。
第五条 第一条第一項及び前三条の罪を犯さしむることを目的として金品其の他の財
   産上の利益を供与し又は其の申し込み若しくは約束を為したる者は五年以下の
   懲役又は禁固に処す 情を知りて供与を受け又は其の要求若しくは約束を為し
   たる者亦同じ。
第六条 前五条の罪を犯したる者自首したるときは其の刑を減軽又は免除す。
第七条 本法は何人を問はず本法施行区域外に於いて罪を犯したる者に亦之を適用す。
   付  則
 大正12年勅令第403号(治安維持の為にする罰則)は之を廃止する。

 *これこそ国家の危機における必要な予防策である!手を拱いていては遅い!


237 :朝まで名無しさん:02/08/17 16:05 ID:1N9vAoR2
>>236
おまえの発言も制限されるぞ

238 :朝まで名無しさん:02/08/17 16:39 ID:iibVOzna
腐れデムパは無人島に逝って一人でやってくださいな

239 :_:02/08/17 17:46 ID:tNM5KKsD
今現在憲法破棄、憲法改正することは断固反対する。
なぜなら政権に公明党が存在するからだ。

外国人参政権やなにやら変な憲法にされそうで怖い。
単独政権で売国奴のみ落選が一番良いのだが

240 :名無し:02/08/17 17:59 ID:0a+7gUy9
>1 廃棄賛成。
>239 自衛権を明記するので公明党は反対するはず。
それに現憲法でも公明党による売国は可能です。


241 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:01 ID:rRa579lt
>>238
そうだ。
国民主権とか馬鹿なこといってる奴は日本から出ていけ。


242 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:02 ID:4plW0J3T
何でもいいから、『変更』が簡単なものにしてくれ。
法律が『神聖化』されるなんて、近代国家じゃねえよ。

243 :名無しさん@3周年:02/08/17 18:04 ID:tNM5KKsD
>>240

憲法に明記されるのとは威力が全然違うのだよ。
可能不可能のレベルでなく。
国民主権が憲法にかかれているから外国人参政権は問題外で処理できるの。

244 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:07 ID:ldw2Vpyq
>>237
> >>236
> おまえの発言も制限されるぞ

神の国発言のときは殆ど言葉狩りの様相だったな。

245 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:10 ID:jFylunCm
治安維持法が必要だ!とか嬉しそうにいう人はいつの時代にもいるけどねえ。
まあ、俺は権力側だからいいけど(w

246 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:34 ID:uUz2u1Sj
自由な社会こそ活力ある社会だって。
戦前のような社会で外国への侵出が禁止されれば
超閉塞社会になると思うよ。

247 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:37 ID:rRa579lt
>>246
自由とは退廃を伴うものだ。
その退廃が抑圧を生んでいる。
適度な規律ある国家の方がのびのびと暮らせるのではないか。

248 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:43 ID:uUz2u1Sj
>>247
>>適度な規律ある国家
無理。今までそんな国は存在したことないでしょ。

249 :朝まで名無しさん:02/08/17 18:44 ID:Y/IqZlv0
>>242
そうだ、そうだ!ええこと言った!
なにがホシュピタルだ!ふざけてんのか〜!


70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)