5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【恐怖】本当は怖い「物の名前」の由来

1 :名無しさん:02/07/23 02:43 ID:yjKYG8KI
昔、飢饉とか続くと農民は何もする事が無かった。
娯楽の無い時代に暇な人間がやる事といったら一つだけ。
当然当時に避妊具なんてのは無いから子供が出来てしまう。
しかし、飢饉続きで自分たちが食うのも大変なのに子供まで
育てられない・・・というケースも多々あり、そういう場合は
生まれた子の顔に濡らした布を被せて殺したりしたらしい...。
そして、せめて供養の為にと作られたのがこけし人形の起源
であるそうだが。
本来の用字は「子消し」と書く・・・。

他にも童謡「かごめかごめ」の由来などを書き込む予定。


2 :朝まで名無しさん:02/07/23 02:48 ID:C4D7j/lq
このあたりじゃないかな。

 民俗・神話学
 http://academy.2ch.net/min/

 古文・漢文
 http://academy.2ch.net/kobun/

3 :朝まで名無しさん:02/07/23 05:41 ID:mNczG7jp
2chの夏、厨房の夏。

4 :なろ:02/07/23 13:23 ID:cUk4bNJp
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=Ryuji

5 :大天才様1号 ◆UNKO4Ceo :02/07/23 13:32 ID:97JRCJnK
「2ちゃんねる」という名前は、
若くして亡くなった兄を悼むために、ひろゆきがつけたのです。

幼かったひろゆきには、お兄さんが寝ているように見えたのですね。

6 :朝まで名無しさん:02/07/23 13:37 ID:rjccUj1G
雪女伝説。河童伝説。座敷わらし伝説。
東北には悲しい伝説があるね。

7 :朝まで名無しさん:02/07/23 13:39 ID:6b/qIfy2
コケシ=子消し は学校で教えてくれないからな。

8 :朝まで名無しさん:02/07/23 13:48 ID:vLcSjdln
洋モクのラッキーストライクが原爆ってのは本当なのか?

9 :朝まで名無しさん:02/07/23 16:54 ID:z1LEaxOJ
>>8
戦前からあるし。

10 :朝まで名無しさん:02/07/26 07:15 ID:qkNLh8xs
>>8
違う違う。
「ラッキーストライク」って言うのは、大東亜戦争当時、米国の煙草会社が前線で日本軍と
闘ってゐる米兵(特に航空兵)の士気を鼓舞するためにデザインされた銘柄で、「憎っくき
Japを出来るだけ沢山の銃弾を浴びせることが出来ますように」と言うことで敵国日本の
国旗日の丸のデザインの真ん中に「Lucky Strike!」と書いたものです。

そんな忌まわしい過去を持つ煙草の銘柄を、デザインそのままにいけしゃあしゃあと輸出す
る米国の傲慢、厚顔無恥。
そんな煙草を馬鹿ヅラ晒して買って吸う日本人の、これまた無知蒙昧。

私の友達にこれを吸っていたのがゐたのでこの話をして説得したら、早速次の日「Came
l」に替えてゐました。…、せめて国産にしろ、アホ。

11 :朝まで名無しさん:02/07/26 07:21 ID:N8hvC65n
>1
本筋とは違うが。
避妊具は数千年前に既にあったことが確認されてるぞ。

12 :朝まで名無しさん:02/07/26 09:51 ID:DO3SklSA
>>10
ラッキーストライクは西部開拓時代の金鉱で、金脈を探しあてたときに言う言葉だよ。
で、地図にマルを書いて「Lucky Strike!」って書くんだよ。

いいかげんなヨタ話書き込むところを見ると北の潜入工作員かな?
日米が反目して一番利益があるもんな(w

13 :朝まで名無しさん:02/07/26 09:53 ID:pWcylwEE
いろはにほへとも随分と胡散臭い由来があるんだよな。

14 :朝まで名無しさん:02/07/26 09:56 ID:pWcylwEE
まあ正露丸なんて好きだな。日露戦争の時に兵隊に持たした整腸役!

15 :朝まで名無しさん:02/07/26 10:00 ID:swwdhMuR
>>12
恐るべき洞察力、感服しました。

16 :朝まで名無しさん:02/07/26 10:03 ID:yMbN9DaD
週刊少年ジャンプの「ジャンプ」の由来↓

 カ ツ ア ゲ  さ れ る と き ジ ャ ン プ さ せ ら れ る

恐ろしい〜!

17 :大天才様1号 ◆UNKO4Ceo :02/07/26 10:56 ID:jViuXZXH
お酒を造ることを「醸す」(かもす)って言うでしょ?
なんでこう言うか知ってる?

古代日本ではね、お酒を発酵させるのに麹とか無かったの。
で、お酒を造るためにはまずお米を炊いて、そのお米を斎戒沐浴した処女がね、
口に入れて、グチャグチャになるまで噛んでね、それを壷の中にペッと。
で、その壷に封をして、しばらくすると口内細菌?の働きでアルコールが
生まれて、それがお酒になったわけです。

グチャグチャになるまで噛む、の「かむ」が動詞化して「醸す」になったわけですね。
唾とタン入りです。キモイですね。


18 :大天才様1号 ◆UNKO4Ceo :02/07/26 11:02 ID:jViuXZXH
噛むが動詞化して、っていうのは変か。

噛むが転じて、くらいに変えて読んどいて。
バーイ。

19 :ダレチリョ ◇N0Plfghk:02/07/26 11:05 ID:qD9zgc+r
>17
酵母菌ですな。テキーラはトウモロコシに唾かけた後、足で踏んで作ってたそうだ。

20 :朝まで名無しさん:02/07/26 11:09 ID:bEob6fUc
>>17
まだ、どっかの未開拓の地では、その手法が酒を作るのをTVで見たな。w

21 :朝まで名無しさん:02/07/26 11:20 ID:fjoBFyLN
>>17
処女の唾液なら漏れはキモくないぞ。

22 :大天才様1号 ◆UNKO4Ceo :02/07/26 11:29 ID:jViuXZXH
処女の唾液でも、コップに注がれて「さあ、飲め」なんて言われたら嫌なものだよ。
書いててオエッとなっちゃった。

ああ、そうそう。
よく手練手管って言葉使うけど、手管って実に下品な言葉なんだよね。
遊女が男性のチンコをしごくために使ったのが手管。手で作った管だよね。
お前たちも毎日お世話になってる、アレですよ。すごいテクだ。

あんまり公の場で使わないほうが良いかもね。

23 :朝まで名無しさん:02/07/26 11:30 ID:KsHyEx2A
>21
ブルセラショップみたいに写真つきならいいけどねぇ・・・
山田花子みたいな奴かもわからん。

24 :朝まで名無しさん:02/07/26 23:22 ID:btOarQ3b
「いやあ遊園地に行く予定だったのに雨で流れちゃってさー」

「流れる」って流産のことだったのな。ショック。

25 :(´(x)`)クマー:02/07/26 23:25 ID:5udJ2fQl
コピペ

ラッパのマークの正露丸は終戦まで征露丸と表示されていた。
これは日露戦争において帝国陸軍の下痢止めとして開発された
薬に、ロシアを倒すという意味で「征露丸」と命名したものな
である。木口小平という名前の兵隊は、銃弾を何発も体に受け
ても死ぬまで進軍ラッパを吹き続けた。その進軍ラッパがあの
正露丸の「ラッパのマーク」になったのである。これほどの深
い物語性を持つ下痢止めが他に存在するだろうか? 

全然怖くないけど、まあ。

26 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:08 ID:P+jZSprO
>>25
こういう出鱈目って、たいていサロンのバカが丁稚ageるんだよな

27 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:10 ID:wb/5z/hJ
馬鹿はお前だこの馬鹿。>>26
http://www.pure.co.jp/~society/seirogan.htm

28 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:12 ID:BtFrSAL8
少年マガジン → 少年漫画人から

29 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:13 ID:dM0J9S1v
かごめかごめの由来きぼんぬ

30 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:21 ID:5q9UPDCV
四国は死国だった。

31 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:38 ID:5WXKo9Ql
>>25
いや、征露丸→正露丸は有名だよ。

32 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:42 ID:WC6FpgdD
Marlboroの話は?
パッケージを逆さにすると黒人の首吊りってやつ。

33 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:46 ID:5WXKo9Ql
>>32
マジかよ!画像画像・・・・・・

よくわからんが・・・・・どこに黒人?
http://members.aol.com/lfm1/images/marlboro.jpg

ついでにこんなのも。
http://umitzer.sitemynet.com/mynet_resimlerim/marlboro.jpg

34 : :02/07/27 00:49 ID:WBwEUqS8
>>29

かごめかごめ (籠女=妊婦)

かごの中のとりは (胎児)

いついつでやる (いつ出てくる?)

夜明けの晩に  (夜明けで晩=ありえない世界=死後の世界)

鶴と亀がすべった (鶴亀=めでたいもの それが(すべった)=流産)

後ろの正面だぁれ (後ろをふりむくと。。。水子の霊が!)

他にもあると思うけど一応知ってるとこだけ。


35 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:50 ID:WC6FpgdD
>>33
わざわざそんな画像を・・・・ワラタけど。
逆さにすると「l」と「b」の文字が黒人の足に見えて、
「m」が白人の足に見える。
んで、kkkが絡んでいるとかいないとか。
よく酒の上の話に出てくるんだけどな。うんざりするくらい。

36 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:52 ID:mAYyiOAf
かごめかごめの由来いくつか聞いたことあるけど
鶴と亀が滑ったの解釈はみんな同じなんだな(笑

37 :朝まで名無しさん:02/07/27 00:52 ID:WC6FpgdD
あとMarlboroはなんかの文字の略で、
Manなんとかかんとか・・・だったようなきがする

38 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:13 ID:OW5az/h8
黒人の足・・・うーん・・・むずかしい・・・>>35

39 :(´(x)`)クマー:02/07/27 01:18 ID:E5vfzi5E
>>31
ですね。

40 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:18 ID:+iUIU46V
>>29
おれが聞いたことあんのは

かごめかごめ 

籠の中のとりは (籠の中に入って死刑執行を待ってる江戸時代の咎人=とり)

いついつでやる (いつになったら死刑執行=ころされるんだ?)

夜明けの晩に  (今の朝八時くらい)
 
鶴と亀がすべった (鶴と亀=長生きの象徴、それがすべる=ころされる)

後ろの正面だあれ(首が刎ねられ、後ろが見える 後ろの正面の人=死刑執行人)

41 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:20 ID:WC6FpgdD
>>38
逆さにしてMarlboroの文字を親指あたりで隠すと、
黒人の足がニョッキリと・・・

42 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:21 ID:EkXgEjll
電動こけしにそんな由来があったとは・・・・

43 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:21 ID:9NCfwiTk
>>36
別の由来キボンヌ

44 :朝まで名無しさん:02/07/27 01:37 ID:+1wV3Ag2
「鶴と亀とつ〜ぺった〜♪」
じゃなかったかな?
意味は分からないけど。

45 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:12 ID:boKqYnHF
つーぺったー、でレスがとまるという罠。

46 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:24 ID:afrr3+cg
1797年の『諺苑』に、この唄の元となる唄が収録されている。
200年前は、「鶴と亀がすべった」ではなく「つるつる つーぺったー」
ですな。

47 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:29 ID:boKqYnHF
ほえー。まじすか。>>46
意味的には「鶴が滑った」ってことなのかな?

48 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:39 ID:ypM8LNnU
つるぺた


49 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:56 ID:46f00LbX
かごめ かごめ
かごの中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀がすべった
うしろの正面、だあれ

向こうの山で 鳴く鳥は
信心鳥か ニワトリか
銀三郎のお土産に 何と何とを買ってきた
金ざし かんざし 買ってきた
納戸のおすまに置いたれば きうきうネズミが引いてった

鎌倉街道の真ん中で 一抜け 二抜け 三抜け さくら
さくらの下で文一本ひろった
あくしょ あくしょ 一本よ


50 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:58 ID:boKqYnHF
>>49
これまじで全文なの?
初めて知った・・・・・。

51 :朝まで名無しさん:02/07/28 02:59 ID:OJ/+o03d
こけしをアソコに入れるのは供養ですか?

52 :朝まで名無しさん:02/07/28 03:04 ID:QjcBYmnF
夜明の晩っていうのは「夜明時の終わり頃」つまり朝方だね!

53 :朝まで名無しさん:02/07/28 03:04 ID:XV2g58Fh
>>17
そいえば、「はじめ人間ギャートルズ」で
そんなシーンあったような。

54 :朝まで名無しさん:02/07/28 03:14 ID:p6jQzBH4
辞書引けば載ってることを高尚な知識を伝授するかのような
トーンで語るうんこ萌え

55 :大天才様1号:02/07/28 03:43 ID:XkDN09g2
ものの名前の由来について独自のソースがあるわけじゃないんだから、辞書
調べれば載ってるのは当たり前じゃん。学校教師が生徒に教えるのも、
たいていは辞書に載ってるようなことだよ。

まあ、こんな当たり前なカキコが、高尚な知識を伝授しているように見えたと
したら、それはひとえに俺の知性と能力と人格と頭髪のなせる業だね。

56 :朝まで名無しさん:02/07/28 11:29 ID:aliDnpjP
頭髪・・・・・

じゃ「髪は長〜い友だち☆彡」ってのも。
怖くは無いが・・・・。

57 :朝まで名無しさん:02/07/28 11:48 ID:HrIE5mHb
バカチョン(カメラ)

バ カ=馬鹿
チョン=朝鮮人

馬鹿でも朝鮮人でも使えるほど操作が簡単な(カメラ)

58 :大天才様1号:02/07/28 11:49 ID:XkDN09g2
いやさ、昨日美容院に行ったから。

59 :朝まで名無しさん:02/07/28 11:57 ID:UR0N29CK
もっとおせーて

60 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:01 ID:aliDnpjP
>>57
まだそんな駄法螺を信じてる奴がいるのかよ・・・・

「ちょん=馬鹿」という言葉は江戸時代からあるので、朝鮮などは無関係です。
関係あると聞かされて信じてる人が物凄く多いみたいだけれど。
つうか朝鮮人の煽りに乗せられ過ぎだよ。

現代語に訳せば「馬鹿馬鹿カメラ」って感じかな。
あとチョンマゲとかチョンの間とかのチョンも朝鮮人とは無関係です。

「バカでもチョンでも」って言葉は東海道中膝栗毛なんかにバンバン出てくるよ。
ちなみに1802年の本れす。

61 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:07 ID:52zIkOIB
1の説は本当か?確かにそうやって新生児を殺したというとこ
まで理解出来るが、その子の供養の為に造った木製の人形
を「子消し」なんて言う物騒な名前つけるものだろうか??

それはともかくこの手の話キモち悪くて好き。

62 :こういうのも拾った:02/07/28 12:13 ID:52zIkOIB
<由来C こけし>

かわいそうなんだよ、これがまた。

昔、それはそれは貧乏な時代に貧乏な村がありました。
それでも何とかかんとか畑を耕し木の実を採ったりして暮らしていました。
けれど、長雨や日照り、台風や地震などの天変地異で自然界が大騒ぎすると、
当然その村の食料や水は絶やされてしまいます。そこで、昔よくあったら
しい「口減らし」です。

その村では小さな女の子が対象になりました(多分老人も)。

ああ、ついにその日です。可愛い我が子を捨てに行かなければならない
母親は、いつまでもその子を偲ぶためにと、木片でその子にそっくりな
人形を彫りました。

「口減らし」→「子消し」…です。

だからなんですよ、特に東北地方が有名な<こけし>が殆ど

女の子なのは。


63 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:16 ID:oEVI9Cid
>>60
朝鮮も江戸時代にはすでにありますが?


64 :  :02/07/28 12:16 ID:dczyX4p0
で、その“子消し”を使ってオ○ー二を・・・。
セ○−スをしなくなってまた子消し。

65 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:22 ID:xGyZURy0
1の話はあずみで読んだことあるけど、いろいろ説はあるらしい。
そんななかでこんな異説もあるってかんじだった。

66 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:39 ID:52zIkOIB
「うんこ」の由来聞きたい・・

67 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:39 ID:aliDnpjP
>>63
「チョン」が「朝鮮人」を指すようになったのは、1980年代末だといわれている。
ちょうど電波左翼が差別語狩りを始めた頃だよ。

もちろん太平洋戦争中の日本で「チョン」といっても純粋に「馬鹿」の意味しかない。
もともと日本語の「ちょん」には「馬鹿」という意味しかないからね。

蛇足だが「ちょん髷」・「ちょんの間」・「ちょん切る」などのチョンは、
「僅かな」という意味の別の言葉だ。
まさか武士の魂たる髪型に朝鮮人の別称は使わんだろ。

じゃあ朝鮮人を侮蔑的・差別的に呼ぶときはなんと呼んでいたのかというと、
「ヨボ」という言葉を使うのが普通だった。おじいちゃんに聞いてみな。
ちなみに侮蔑的な意味が無い呼び方は「鮮人」。

68 :朝まで名無しさん:02/07/28 12:53 ID:aliDnpjP
つうか激しくスレ違いスマソ。

69 :朝まで名無しさん:02/07/28 13:35 ID:Pb0TFnAR
少年漫画人 → 少年マガジン

70 :朝まで名無しさん:02/07/28 13:55 ID:4psmmAAJ
>>67
>「チョン」が「朝鮮人」を指すようになったのは、1980年代末だといわれている。

少なくとも25年前も「チョン」「チョンコ」「チョンコロ」は
朝鮮人を指す差別語として存在していた。こちらは奈良県どす。

71 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:03 ID:wAF7FRPx
まんこの由来を教えてください。

72 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:03 ID:BeAXjzOX
日本人がチョンに朝鮮人って言うと怒られるんでしょ?
「韓国人」とか「北朝鮮の方」とか言わないと。
キムチも昔は朝鮮漬けと言われていたが、差別的な雰囲気があるので
消えていった。
朝鮮戦争とか朝鮮半島以外は朝鮮の文字は使えないのか?

もうめんどくさいからチョンでいいよ。

73 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:13 ID:uvwVdw7z
>>70
ツッパリ・ハイスクール・ロックンロールの頃には既に使われていたね。
漏れも朝鮮人高校のことを「チョン高」って呼んでた記憶あり。
でもこれって明らかに新出のツッパリ用語のはずなんだけど・・・・・。

ボンタンとかヨーランとかと同じ生まれだと思う。

74 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:15 ID:WVqGhYUS
>>70
普通に考えたら、
中国人を指す蔑称の「ちゃんころ」と紛らわしくて使えないような気もするが。
つうか、一緒くたにしてない?>奈良県人

もちろん「ちゃんころ」は、北京語で「中国人」を「ちゃんぐおれん」と発音する
ことからできた悪意の無い呼び方。
でも語尾が「ころ」なんでスンナリ蔑称化して現在に至る。
こっちは明らかな蔑称だよ。

75 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:20 ID:N7dZHnYJ
「かごめかごめ」っていうのは、かごの中の鳥が外に出たくって、
「この、かごめ!かごめ!」と、憎しみをこめてかごを蹴る話かと思っていた。
鳥とは実は胎児や囚人のことだったとしても、やっぱりそういうことかな?


76 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:28 ID:82DHPBbf
この時期、どんなスレでもキムチ臭くなるという罠。

77 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:33 ID:82DHPBbf
      +         +     +
  +                  アハハハ
.       ∧_∧  +.  ∧_∧     +
オメンカエセヨー< ´∀`>    (´∀` )
      (つ  つ     (つ  つ (´ー`)
.   +  ( ヽノ      ( ヽノ        +
      し(_)      し(_)

78 :朝まで名無しさん:02/07/28 14:37 ID:nrAc6EB6
      +         +     +
  +                  アハハハ
.       ∧_∧  +.  ∧_∧     +
メンカエスニダー< ´∀`>    (´∀` )
      (つ  つ     (つ  つ (´ー`)
.   +  ( ヽノ      ( ヽノ        +
      し(_)      し(_)


79 :朝まで名無しさん:02/07/28 17:53 ID:zUCyOELj
>>67&>>73が正解だな。
真相はこんな感じか。


「ちょん」は「馬鹿」あるいは「僅か」の意味のみ(70年代末まで)

新ツッパリ語「ちょん=朝鮮」生まれる(80年代初め)

差別語狩りのターゲットに(80年代末)

本来朝鮮には無関係の「馬鹿でもチョンでも」も巻き添えを食う

80 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:01 ID:Dtl/wLAN
「バカチョン」という表現はそんなに古くないよね

81 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:09 ID:SqOyCJlr
>そんなに古くないよね

明治の2,3年の小説に「馬鹿でもちょんでも」の表現があるね。
120年程度かな。

82 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:16 ID:Dtl/wLAN
いや、「バカチョン」という短縮形がさ、

83 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:18 ID:zNfyaNyc
>>67ID:aliDnpjP
お勉強になりますた。

84 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:24 ID:euMDgkXi
俺は名古屋だったが、70年代終盤、たしかに朝鮮学校のことをチョン高と呼んでた。
しかしその頃の俺は小学6年ー中学。ツッパリとは縁もゆかりもなかった。
だから、
>新ツッパリ語「ちょん=朝鮮」生まれる(80年代初め)

には疑問が残る。そもそも、ツッパリ用語ってのは「ボンタン」「ドカン」「マブイ」
「シャコタン」等、「クルマ、オンナ、ツッパリファッション」に関わるものが
殆どで、その中に「朝鮮人に対する別称」が入っているのはあまりにも不自然では?


85 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:33 ID:zUCyOELj
>>81-82
「馬鹿でもチョンでも使える○○」という表現は無茶苦茶古い。
マジで江戸時代だろ。>>60によれば1802年で既に使われてる。

「バカチョン○○」という短縮表現は、オートフォーカスカメラの出現の時に生まれた。
一時期オートフォーカスだけでなくパンフォーカスカメラもバカチョンカメラと呼ばれた。
ってことは1970年ぐらいかな?(カメラ史は詳しくないのでスマソ)

どっちも朝鮮とは関係ないよ。純粋に「馬鹿」の意味。

86 :朝まで名無しさん:02/07/28 18:49 ID:zXmmxyYC
>>84
いや蔑称でもないんだなー。
ツッパリ語としての「ちょん」はかなり尊敬語的な意味だと思うよ。

例えばツッパリ語の「ちょんばっぐ」は朝鮮高校の奴らが何故か革カバンを
ペシャンコにつぶしてたのを指す言葉だよ。
しかもそれがクールでカッコいいので、日本人ツッパリも真似したんだよ。
   例:「お、ヒロシ、そのチョンバッグ渋いじゃねえか」

同様にツッパリ語の「ちょんコート」もやや尊敬語。黒長のコートね。
   例:「お、トオル、そのチョンコート渋いじゃねえか」

ツッパリ語としての「ちょん」は、強くてカッコいいことだったんだよ。
理由は朝鮮高校の奴らは鬼のように喧嘩が強かったから。
板橋区加賀あたりのおじさんに聞いてごらん。

87 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:03 ID:iy5jMrWA
>>84->>85
もともとあった日本語のチョンと「ちょん=朝鮮」の掛詞じゃないだろうか。
カメラの場合、バカでもチョンと押せば写るの掛詞。
今でも普通の会話で使うな。「カメラ持ってきた?」「うん、バカチョンだけどね。」
不良の隠語で、少なくとも70年代半ばにはチョン靴、チョンバック、チョンパンっての
があった。(東京だけかも?)先の尖った靴、ペチャンコの学生鞄、頭突き。
悪い冗談以外では使ってはいけない言葉だと思う。


88 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:04 ID:IIZAi1MI
ちょんばっぐとかちょんコートって初めて聞いたな

89 :84:02/07/28 19:05 ID:euMDgkXi
>>86
ほー、「ちょん」が尊敬を込めた呼び名とは・・・目からウロコだわ(w
ま、俺自身は「チョンバッグ」も「チョンコート」も聞いたことないけど、
人によっては使ってたのかねー。

で、板橋区に朝鮮学校があるんだ。知らなかった。
実は俺も板橋在住なんだな、これが(w
もっとも3年ほど前に引っ越してきたばかりだけど。

90 :86:02/07/28 19:18 ID:zXmmxyYC
いや、かく言う日本人の俺も「チョンコート」着てたんだ。
工房のとき買って浮かれたもんだわ。
「どう?渋い?強そう?」

もちろんチョンが朝鮮人を指すのは勿論承知済み。
差別・侮蔑のニュアンスは全く感じてませんでした。
ちなみに山形県です。(朝鮮高校は存在しません)

>>89
板橋の朝鮮中高等学校はJR十条駅の南西200mぐらいのとこにあるよ。

91 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:19 ID:e448kt2Z
「チョンガー」って独身の男性を指す言葉なんですが、知ってますか?
あまり聞き慣れないんだけど、柄の悪い中年のおばはんとかが使っています。


92 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:23 ID:JqcADyLa
>>91
最近はあまり使わないね

93 :86:02/07/28 19:26 ID:zXmmxyYC
>>91
70−80年代には日本全国で使ってた。
つうかもっと古い隠語かもだ。

もともとは外国語のはず。(朝鮮語?)
意味は「独身男」そのまんまだったはず。

94 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:44 ID:e448kt2Z
>>93
全国で使われていたのでしたか…知らなかった。
あまり、感じのいい言葉じゃないので使ったことはないです。
ヤンキーって昔、流行ってましたが、ちょん靴とかは知りません。
「なめんなよ」って猫が族の格好した写真や筆箱、下敷きとか
学生時代、一時、皆持っていました。
その「なめんなよ」も流行ったね。

95 :朝まで名無しさん:02/07/28 19:55 ID:XNTVJcQJ
>>94
ニダーのつま先が尖がってるのは、ちょん靴の影響なんだよ。

あと、漏れの故郷では「チョンガー」は健全な言葉でしたよ。
80年代後半の話だけど、高校の独身教師の同盟が「チョンガー会」だった。
校長も訓辞で「チョンガー会のメンバーも早く嫁もらえ(w」って言ってたし。

メンバーに朝鮮人がいた訳ではないですよ。もちろん。
チョンガーという言葉自体に暗い響きは全く無かった。
もちろん独身筆頭の先生には悲壮感が漂ってはいたが(w

96 :名無しさん:02/07/28 20:00 ID:bLfGbolS
いろはにほへと
ちりぬるをわが
よだれそつねな
らんうじのおく
やまけふこへて
あさきゆめみし
えひもせす

いろは歌は通常7文字ずつに区切られて記されている。7文字ずつに区切られたこのいろは歌に目を移していただきたい。
各行の最後の文字を縦に続けて読んでみていただこう。

「とがなくてしす」と読むことができる。
これは「咎無くて死す」と読め、つまり「罪が無くて死んだ」という意味に読める。

97 :34歳 ◆Rg4xmClA :02/07/28 20:02 ID:cVTTfUfE
「ちょん」は「ちょんの間(ま)」が由来。
簡単に書くと、江戸時代に歌舞伎、芝居等で休憩時間の始まりと
終わりに拍子木を鳴らした。この休憩時間が短く、拍子木の音が
「ちょ〜ん」と聞こえたので、短い時間の事を「ちょんの間」と
言うようになった。「バカチョンカメラ」は「バカでもちょっと
の時間で撮れる」の意味であって、バカでも朝鮮人でも撮れると
言う意味ではない。マスコミが「バカチョンカメラ」を放送禁止用語
にしる必要は本当は無いのである。

98 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:03 ID:WxOs7ZTe
かごめの考察
http://www5.pobox.ne.jp/~kochou/koten/kagome.htm

99 :大天才様1号:02/07/28 20:03 ID:XkDN09g2
>>96
ちなみに、その表の左から2行目を立て読みすると、
「ろりだんまさひ」
これは「ロリ男まさひ」と読め、つまりマサヒコがロリ男であるという
ことを示していると解釈できる。

100 :34歳 ◆Rg4xmClA :02/07/28 20:04 ID:cVTTfUfE
しまった。クセがでて「しる必要は」と書いてしもうた。
「する必要は」です。

101 :大天才様1号:02/07/28 20:06 ID:XkDN09g2
>>100は(以下略

102 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:07 ID:WxOs7ZTe
ちょんの考察
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/chon.html

103 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:10 ID:uAnnf7nQ
「てるてる坊主の歌」も3番ちょっとブラック。

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
いつかの夢の 空のよに
晴れたら金の鈴(すず)あげよ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
私の願(ねがい)を聞いたなら
あまいお酒を たんと飲ましょ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
それでも曇(くも)って 泣いたなら
そなたの首を チョンと切るぞ


104 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:12 ID:YbzkaAf0
薄消しビデオの中の女の子が使ってる電動子消し・・・

実は、、、たいへん怖いエピソードが・・・(恐怖

105 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:37 ID:xbGs5jMa
>>97
そう。その通り。
「僅かな時間」という意味が一番古い。
同時に時間の概念を抜いた「小さいもの・僅かなもの」という意味も生まれ、
チョンマゲ・チョン切るになる。(それまでは普通にマゲと呼んでいた)
「チョンと座る」、なんてのも「小さくなって座る」という意味で使われるようになる。

さらに昔は知能の高さ・低さを表現するのに「長い・短い」という概念を使ってた。
「知略に長ける」なんかに名残が残ってる。
で、知能の低い奴=知能の短い奴=「ちょん」と使われるようになった訳だ。

ここまでは朝鮮人とは全く無関係なのだが、
70−80年代の不良用語で初めて「ちょん」=「朝鮮」がつながる事になる。
もちろんたまたま発音が同じだっただけのことなのだが。
古い「ちょん」と不良用語の「ちょん」を無理やりつなげて初めて「朝鮮人=馬鹿」という
意味が生まれることになるのだが、これをもって「馬鹿でもチョンでも」という表現を
朝鮮人差別用語だとするのは、かなり無理がある。

従って、「チョンバック」、「チョンコート」、「馬鹿でもチョンでも」、「バカチョンカメラ」
などの言葉は、全て「朝鮮人=馬鹿」の概念とは無縁であることが分かる。

106 :名無しさん:02/07/28 20:38 ID:bLfGbolS
三宅島は昔、御焼島と表記されていたらしい。
つまり、昔からよく噴火する島だったのかもしれない。

107 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:42 ID:dOLp+fkI
「ガチョーン」は
その場の空気をガッと摑んでチョーンと引くが由来。
真空状態ができるから素人がやるとかなり危険らしい。

108 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:45 ID:tU8qnsIl
>>103
テルテル坊主の唄にまで「チョンと切る」が(W

つうか翌日雨だったら首切るのが普通だろ?
消防だった漏れは、ばあちゃんに言われて嫌々切ってたけど。
みんな首切って無いの?

109 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:45 ID:X8I2m7Bi
なかなか面白い名スレだが、ちょっと板違い・・・・・・
ま、文化系の板でやっても誰も見ないからこれでいいのかも?

110 :朝まで名無しさん:02/07/28 20:59 ID:tU8qnsIl
>>97
「チョンの間」はその後、遊郭なんかの待合室のことを指すようにもなった。
要するに「ちょっとの時間いる部屋」ってこと。
この場合は「床の間」なんかの「間」の意味だけどな。

111 :NN:02/07/28 21:02 ID:RiSEiagt
>>108 数発殴ってから切ってましたよ

112 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:05 ID:qj4nWS7Q
>>96
全然違うよ、こうだろ。

いろはにほへとちりぬるを
わかよたれそつねならむ
うゐのおくやまけふこへて
あさきゆめみし
えひもせす(ん)


113 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:06 ID:tU8qnsIl
>>111
厳しくしとかないと次も怠けるから、ってばあちゃんは言ってた。

114 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:12 ID:3lZk+PYI
>>112
読み方は確かに七五調なんだけど、書き方に関しては
>>96
が正しい。
赤穂浪士の忠臣蔵は歌舞伎では
「仮名手本忠臣蔵」
仮名手本とはいろは歌の事
昔の人達は「とがなくて死すのこと」常識として知っていたんだよ

115 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:24 ID:/ppc7MC5
「チョン」を嘘八百で擁護(?)している輩がいるが、
江戸時代からチョンは朝鮮人を示す語としてあった。
語源は朝鮮(半島発音でチョソン)そのもの。
「ちょうせん」という発音に比べおかしかったので「チョソン→チョン」が茶化して言う言葉になった。
もちろんそれ以前に日本語にも「チョン」という言葉はあったが、それとは全く別物。


116 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:31 ID:SbnDaQD5
このスレおもしろい

117 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:34 ID:lbWahEpT
>>115
そりゃ初耳だ。ソースは?
明日図書館に行くんでついでに調べてくるよ。

っていうか、その「チョン」には「馬鹿」とかいう意味は全然無いんじゃないの?
チョソンという発音そのものなんだし。
「アメリカン」を「メリケン」と呼ぶのと何も違わないのでは?

118 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:46 ID:uCi8mjih
>>115
おれ写真屋だけど「バカでもチョイの間に撮れる」でバカチョンと
昔から聞いてるよ。
その説、被害者意識丸出しの朝鮮民族が言ってるだけでないの?
だいたい江戸時代に朝鮮の存在を意識してたのか〜???
中国を意識してたのならまだしも当時の朝鮮は中国の一部以外の何
ものでも無かったと思うのだが?

119 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:46 ID:E/6TBAlg
「かごめかごめ」 の解釈について

籠目紋=ダビデの紋章 → 日ユ同祖論

って話、誰か聞いたことないかな?

120 :太郎:02/07/28 21:47 ID:vwEkpLee
色は匂へと散りぬるを
我か世誰そ常ならむ
有爲の奥山今日越えて
浅き夢身し酔ひもせす

121 :朝まで名無しさん:02/07/28 21:47 ID:gyf9qLWf
「バカチョンカメラ」の話は、「韓国人の日本偽史」に書いてあったはずだ。
疑問なら読まれよ。

122 :朝まで名無しさん:02/07/28 22:06 ID:bBzBV45R
>>115
朝鮮人の蔑称は古来から「ヨボ」だよ。
1960年ぐらいまでは一般的だったらしい。
その後急速に消えた。

語源は朝鮮語の「ヨボ」=おい、と呼びかける場合の呼び声。
朝鮮人が互いに「ヨボ、ヨボ」と呼び合っていることから、こう呼ぶようになった。
もちろんバリバリの蔑称。

現代では「ヨボヨボのじいさん」などの表現で、僅かに残っている。
「朝鮮人」という本来の意味は消え、「非常に弱い」という意味だけが残ったということだ。

(戦後の一時期は「三国人」とも呼ばれたが、これは蔑称というよりも朝鮮人たちの
要望によって作られた区別語みたいなものらしい。つまり敗戦国民ではないぞって事)

123 :朝まで名無しさん:02/07/28 22:23 ID:Mos/6j4H
生まれ、生まれ、生まれ、生まれ、生まれて
生の始めに暗く

死に、死に、死に、死に、死に、死んで
生の終わりに冥し

              空海

124 :朝まで名無しさん:02/07/28 22:26 ID:uCi8mjih
>>122
ふと思ったんだけど、「ヨチヨチ」って纏足してた娘さんが語源じゃないよね。
いやま〜、まさかと思うんだけど気になったもんで。
知ってたら教えて下さい。

125 :朝まで名無しさん:02/07/28 22:28 ID:tx3lGKTq
>>123
縦読み・・・・・じゃないよね?

126 :朝まで名無しさん:02/07/28 22:34 ID:tx3lGKTq
>>124
やっぱ、良し良し→ヨチヨチなんじゃない?
我が子の一歩一歩を励ます感じの親心というか。

127 :山本秀雄:02/07/28 22:55 ID:96EG387P
たしかに昔から日本では「首をチョンと切る」なんて言い方をしていたので差別用語
ではないと思うけど… ウオンの下の位って「チョン」だろ?日本人が円って呼ばれ
ても腹は立たないと思うけどなぁ

128 :朝まで名無しさん:02/07/28 23:01 ID:tlgNGC4m
かごめかごめ (囲め、囲め)

かごの中のとりは (籠=乗り物、とり(のような生き物)

いついつでやる (いつ出てくる?)

夜明けの晩に  (夜明けで晩=ありえない世界=別世界)

鶴と亀がすべった (鶴は千年、亀は万年=千年万年が滑った。タイムスリップ)

後ろの正面だぁれ (後世からやってきたのでは?)


129 :122:02/07/28 23:09 ID:M2kuIKXF
朝鮮がらみの同音異義語の混乱については、
戦後に朝鮮人が漢字という文化を自ら捨てたのが遠因かと。

ハングル文字は表音文字なので、同じ発音の言葉の意味の違いは区別できないハズ。
だから「ちょん」の付く言葉でマイナスイメージのものは、
なんでもかんでも「朝鮮人を指す差別語だ!」と勘違いしているのだろう。

まあハングルという言語の問題ですね。

130 :これも怖いよ〜!解説キボンヌ!:02/07/28 23:15 ID:BWXkZral
とおりゃんせ、とおりゃんせ

ここはどこの細道じゃ

天神様の細道じゃ

ちょっと通してくだしゃんせ

御用の無い者通しゃせぬ

この子の七つのお祝いに

お札を納めに参ります

行きはよいよい帰りはこわい

こわいながらも、と〜お〜りゃんせ〜、とおりゃんせ〜♪

131 :朝まで名無しさん:02/07/28 23:26 ID:j6B1HraA
蔑称として「馬鹿でもチョンでも」と使う時の「チョン」は
「長吏坊(ちょうりんぼう)※別表記あり」だよな、あくまで本来は。
「ちょんの間」は古い言葉だが、蔑称としてメジャーになった事はない。
勿論、朝鮮人を「チョン公」などと呼ぶことは語感からあった。が、
もともと「馬鹿チョン」を放送などで「全国的に」自粛したきっかけは
部落差別反対の運動家から(解同とか)。このスレで「80年代の左翼の言葉狩り」
云々の記述があるが、激しい抗議が行われていたのはもうちょっと古い。
でも2ちゃんの影響か、今では「チョン」といえば真っ先に「朝鮮人」となってる
(詳しくはワカランが2ちゃんの中だけが主な舞台かも知れない)。

ま、侮蔑的ニュアンスで使ったら、追求された時に言い訳ができないのは一緒だが。



132 :131:02/07/28 23:30 ID:j6B1HraA
補足。だから「昔から日本で使われていた『単なる馬鹿』の意味」
というのが一番近い。勿論、語源は部落蔑視の用語だが、使うときの意味はそう。

133 :朝まで名無しさん:02/07/28 23:54 ID:VhgLDYkM
>>131-132
な・る・ほ・ど〜!長吏坊か!

つまり部落開放同盟が頑張り過ぎたせいで、「馬鹿チョン」のチョンの語源が断絶しちゃってるんだ。
だからはっきりと朝鮮人に「違う!長吏坊だ!」と断言できないことになっちゃってるのか。

しかも横では、何も知らないツッパリ達が朝鮮高校を「ちょん高」とか呼んでるし、
どうしても朝鮮という意味にとられがちになっちまうな。

いや、いい説だ。非常にありそうな説だ。ルーツも古いし。
というかマジでこれは本命の説になるのでは?

134 :チョソ:02/07/28 23:59 ID:EcFl2oBI
なるほど

135 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:03 ID:qc0QkBIl
「シャボン玉とんだ」の歌は、作詞された方(名前忘れた)のお子さんが、
生まれて間もなく亡くなったので、その事をうたった歌だと私は聞いています。
戦時中かどうかは知りませんが、確かそういう内容の歌だと思います。
特に怖い歌ではなく、悲しい歌なんだなあと思ったのを覚えています。
(学校の先生に教わった気がします)

「かごめかごめ」は流産の唄というふうに聞きました。「かごのなかのとりは、
いついつであう」というのは、お腹にいる赤ちゃんがいつ出てくるかということで、
「夜明けの晩に鶴と亀が滑った」というのは、夜明けにおめでたいこと
(その象徴として鶴と亀)が滑った、つまり流産したということです。
この唄は流産の唄というより、女郎さんの唄だと聞きました。
この唄が出来た頃は、たぶん女郎さんの存在というのも身近な事で、
別に変な唄というわけではないのだろうと思います。

私は「とうりゃんせ」の唄のほうが気になります。ただ、「マザーグース」にしろ
日本の童謡にしろ、割と今の私達にすると不気味な唄が多いなあと思います。
きっと今よりも、「死」とかそういった、今ではタブー視されているものを
日常とて捉えていたのでしょうね。

かごめは、籠女の意味で、何かの事情で座敷牢に閉じ込められた少女のことだと
聞いたことがあります。 流産の歌は確か「シャボン玉とんだ」だったと思います。
シャボン玉が胎児で、「屋根まで飛んで」、つまり生まれそうなところまでいっのに、
「壊れて消えた」、流産してしまったという意味だったと思います。
最後の「風風吹くな」のところは、たしかこの歌が作られたのが戦時中で、
周りに満ちている暗い雰囲気を表わしている、と聞いたことがあります。

童謡「赤とんぼ」は第二次大戦での日本の敗北を歌ったものだったそうで。
曰く、『夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われてみたのはいつの日か』赤とんぼとは
ゼロ戦のことであるとか。
『十五で姉やは嫁にいき お里の便りも絶え果てた』姉やは学童疎開、
もしくは従軍しており、検閲のため手紙が来ないとか。

136 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:05 ID:qc0QkBIl
>>130
http://homepage2.nifty.com/osiete/s360.htm


137 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:12 ID:8q49B2zJ
>>135
赤とんぼはもっと古い歌なんじゃないかな?
良く知らないが。

ちなみに第二次世界大戦中の「赤とんぼ」といえばこれ。戦闘機じゃなくて練習機です。
 ↓
日本陸軍 九五式一型乙中間練習機 (別名:赤とんぼ)
http://www.hm3.aitai.ne.jp/~shingo01/96sen.htm

138 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:16 ID:p4F4DntR
>>135
しゃぼん玉は野口雨情の作詞だよ。
亡くした娘さんへの想い出が後年詩になったとか。
詩は確か大正10年前後くらいだったと思う。
父親の娘への気持ちが痛いほど伝わって来て、
ほんとに切なく、寂しい (/_;)


しゃぼん玉飛んだ 屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで  壊れて消えた

しゃぼん玉消えた 飛ばずに消えた
生まれてすぐに  壊れて消えた

風 風 吹くな  しゃぼん玉飛ばそ

139 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:16 ID:lL6YAYgA
>>99
不覚にも大笑い

140 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:17 ID:qc0QkBIl
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%80%96%E3%81%84+%E7%AB%A5%E8%AC%A1&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

141 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:18 ID:YV8WIFyc
>>119
それってでっち上げだよ。
かつて日本とユダヤを叩くために強引にこじつけた話。
まだ信じている人がいたとは。。。

142 :138:02/07/29 00:21 ID:p4F4DntR
>>135
あと、赤とんぼも大正時代にできた曲のはず。
戦争関係の話は後付けの理屈では?

143 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:27 ID:8q49B2zJ
>>135
赤蜻蛉:作詞は1921年、作曲は1927年だそうです。
戦前らしいです。大正と昭和の境目ですね。

http://www.bepro.co.jp/htmfiles/guide/tokusen_html/bunka/tokusen_bunka2.html

144 :143:02/07/29 00:33 ID:8q49B2zJ
>>135
まあ、実際太平洋戦争当時に童謡「赤蜻蛉」を口ずさむ人々の心の中は、
間違いなく学徒動員の家族や戦闘機のことを想っていたろうけど。

童謡ってのは、そうやって歌う人の心を写すからこそ愛されるんだよね。

145 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:34 ID:qc0QkBIl
>>144
キレーに〆てもらえてうれすぃ。

146 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:47 ID:jc4IuRqG
赤い靴履いてた女の子
異人さんに連れられて行っちゃった

消防の頃は異人さんに連れられて女の子が海外に移住するんだと
思っていたが、これは”からゆきさん”の事だと後で知った。

147 :143:02/07/29 00:52 ID:8q49B2zJ
漏れも>>146と同じ経過を経て、更に詳しく調べてみたら、
日本人の少女が宣教師の養子になって海外移住したことを歌った歌だということを突き止めたよ。

結局、女の子=少女が正解だったみたい。

148 :143:02/07/29 00:54 ID:8q49B2zJ
童謡「赤い靴」のモデルについてはこれを参照してくれ。
とにかく悲しい話なのは間違いない。

http://www.fuji.ne.jp/~yasuonod/tkdhsongs/akaikutsu02.html

149 :朝まで名無しさん:02/07/29 00:58 ID:ygKGzcRu
グリーングリーンは
戦争に行くパパが息子に
語っている歌らしい・・・
別に怖くないけど・・・

150 :(´(x)`)クマー:02/07/29 01:02 ID:iW1ymeKI
>>149
なんだっけかなあ……
そのネタ知らずに詩を馬鹿にしまくってた批評サイトを見掛けたことがあるよ。
ちょっぴりムカツイたね。プニュ( ´ー`)σ)Д`)

151 :143:02/07/29 01:04 ID:8q49B2zJ
すまん>>147を訂正。正確には、

日本人少女が宣教師の養子になって一緒に米国に帰国したはずなのだが、
実は帰国する寸前に病に倒れ、寂しく死んでいったということを知る由も無い実の母に、
「あの子はきっと今頃アメリカで元気に暮らしているんだよ」と慰めるような歌。

あぐぅカナスイ・・・・

152 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:06 ID:m9tAOeSa
昔、池上遼一がアピルって漫画かいてたなぁ

153 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:07 ID:fY2nOUZU
テルテル坊主もなんか怪しい


154 :チョソ:02/07/29 01:08 ID:O1M12QRG
>>151
奥が深いのネ−

155 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:10 ID:EjrAPcnw
てるてる坊主はその形状からして怖い

156 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:11 ID:dYr6xn1F
>>141
たしかにオモロイな(w
昔、アメリカでピー・アンド・ジーが「商標に666の柄が見えるぞ」って
宗教団体に難癖つけられて、商標変える羽目になったという噂を思い出した。

157 :143:02/07/29 01:13 ID:8q49B2zJ
>>153>>155

テルテル坊主については、>>103>>108>>111をご覧あれ〜。

158 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:16 ID:EjrAPcnw
童謡じゃなくてあの形状になった由来とかどうなの?
誰か知らんかな〜

159 :143:02/07/29 01:22 ID:8q49B2zJ
明らかに坊主が首吊り状態だしねー。>>158

昔、日照り続きの村で生意気な僧侶を軒先に吊るし上げて、
「仏力で雨降らせろてみろやゴルア!降らなかったら首切るぞ!」ってやったら、
見事に恵みの雨が降った・・・・・・・とか?

なんかそんな話がありそうな予感・・・・・・・・・。ガクブル

160 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:24 ID:yhhzAf1+
カゴメカゴメって明智光秀と関係があるんじゃなかった?

161 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:24 ID:EjrAPcnw
>>159
想像力に完敗
今度怪談話とかで使わせてもらうよ

162 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:32 ID:c50EmMFm
てるてる坊主の由来は中国の掃晴娘(サオチン ニャン)人形だといわれる。


163 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:34 ID:GgDV//9p
医者と税理士、あと、弁護士。

 サービス業でカネとって困っているひとの役に立つと……。教科書には出てるだろ?

 困っている人が……かねなかったら、殺される。


164 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:35 ID:dYr6xn1F
巣鴨プリズンで処刑された戦犯60名の「60」と、
跡地付近に建ったサンシャイン60の「60」と
因果関係は、やっぱあるのかね・・・・。


165 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:35 ID:EjrAPcnw
ダルマも怖い。

166 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:36 ID:8q49B2zJ
照る照る坊主情報
キタ━━━━━━(・∀・)━━━━━!

掃晴娘人形の悲しい物語キボンヌ!>>162

167 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:38 ID:c50EmMFm
ロンドン橋落ちたの歌詞は
London Bridge is broken down,Broken down, broken down,
London Bridge is broken down,My fair lady.
なんだが、最後のladyはロンドン橋架け替えの際、人柱となった処女のことらしい。

168 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:40 ID:dYr6xn1F
直接関係ないけど、来週のNHKアーカイブスは
「巣鴨プリズン取り壊し」の再放送である由。

169 :チョソ:02/07/29 01:47 ID:O1M12QRG
怖いよー

170 :朝まで名無しさん:02/07/29 01:54 ID:8q49B2zJ
>>164
なるほど・・・・・先人達の礎の上に戦後の復興の象徴を・・・・か。
ありえなくもないし、漏れがビルの設計者だったらやるかもな。
55階でもなく72階でもなく、ちょうど60を狙う辺り・・・・・・。

確信犯と見た!>サンシャイン60

171 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:05 ID:QBCxd0P0
「こけし」は元来、東北地方の子供達の玩具であった「ろくろ製の木人形=木這子(きぼっこ)」であるが、
その素朴で美しい描彩ゆえに収集家が現れ、やがて大人の鑑賞用収集対象物となっていった。
この「木這子」は「きぼこ」「きっからぼっこ」「きでこ」「でこやや」「でくのぼう」「きなきなぼう」
「こげすんぼう」「こけす」など、東北地方の土地により様々な名称で呼ばれていたが、
昭和15年の鳴子大会で、「 こけし 」という呼び名に統一されたのである。


>>1 は話としては面白いけど、コケシのコは子じゃなくて木のことだろ。
東北の間引きは史実としても、コケシは子消しじゃないよ。

172 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:08 ID:s1tZzCXL
饅頭もコワイ。

三国志知ってると分かると思うけど。

173 :164:02/07/29 02:09 ID:dYr6xn1F
>>167 これは、歌の最後で「愛しい人よ・・・」と呼びかけてるということなのかな。

処刑跡地は(公園の中で誰でも見られるが)なかなかの心霊スポットらしい。
碑が立ってるな。


174 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:09 ID:ygKGzcRu
>>東北地方の子供達の玩具であった

そうなの?でも、間引きした子供の代わりに作ったって聞いたことある・・・
東北って結構暗黒だよねー・・・


175 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:09 ID:XGtBH76I
>>172
「ここらで渋〜いお茶がこわい」とかじゃなくて?

176 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:09 ID:8q49B2zJ
>>171
オーウ!真実とは厳しいものだな!
まあそういう突っ込みも勉強になるのでOK!

漏れも昔「子消し」だと聞かされて信じてたクチだ。

177 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:13 ID:8q49B2zJ
>>172
なにげに饅頭には「頭」って字が入ってるな・・・コワー
よろしかったら詳細キボンヌ

178 :172ではないが:02/07/29 02:17 ID:p4F4DntR
>>177
三国志に出てくる饅頭の起源。
少なくとも三国志演技には出てるが、
これが史実かどうかは分からん。

「饅頭」(まんじゅう)は和菓子の筆頭だが、その由来の一つに。
「三国志」に登場する軍師「諸葛孔明」が作らせたと云う説がある。
それは「孔明」が孟獲と云う敵を征服した際に、それまで神に人身御供を捧げていたことを廃し、人の代わりに羊の捧げよと命じたそうです。
この習慣が、やがて麺の中に肉を包んだ「饅頭」(まんとう)の発明になったと云われてます。今の「肉まん」のようなものだそうです。

179 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:21 ID:ibQSNA9/
「ドナドナ」
強制収容所に送られる様を描いたと言われる。


なんか本とか出てた覚えがある。

180 :無名:02/07/29 02:22 ID:7QKvzj0n
>>178
俺が聞いたのは、渡河の際に36人の人頭を捧げなくてはならないという川で、
諸葛亮がリアル人頭の代わりに小麦粉で作った頭を代わりに捧げたという話。

181 :朝まで名無しさん:02/07/29 02:31 ID:8q49B2zJ
>>178>>180
どっちの説でも、やはり人間の頭を意味する言葉だったのか・・・・・
食い物の名前にしては不気味だもんね。>饅頭

182 :朝まで名無しさん:02/07/29 14:04 ID:g4c5mJ/3
>>179
ある晴れた昼下がり市場へ続く道 
荷馬車がゴトゴト子牛を乗せていく
もしも翼があったなら楽しい牧場に帰れるものを
ドナドナドナドナ悲しみを乗せて
ドナドナドナドナ母が命

俺はこの歌は、ベトナム戦争の反戦ソング(子牛=新兵)だと
教わった記憶があるが、いったいどっちが正しい?

183 :朝まで名無しさん:02/07/29 15:40 ID:PoNWM86P
俺はこけしを電動で動いて女を喜ばす道具だと思っていたよ。
まさか、土産物屋で売っているとは!


184 :朝まで名無しさん:02/07/29 16:08 ID:HmNPHmqP
>182
作られた背景は>179が正しいです。
ただしベトナム戦争時ジョーンバエズが反戦ソングとして歌いましたので
あなたの言うことも正しいです。
ちなみにジョーンバエズは国外追放処分にあっています。

185 :朝まで名無しさん:02/07/29 16:15 ID:9Q5fAvbG
サントリーという名前は鳥井さんが作ったからなんだってね。
おそろしぃ〜。

186 :朝まで名無しさん:02/07/29 16:16 ID:9Q5fAvbG
ブリジストンは石橋さん。
おそろしぃ〜。

187 :朝まで名無しさん:02/07/29 16:38 ID:QR3Kw0R+
ちょと見てない間に
バカチョンカメラの話が消えている。
みんな冗談を言っているんだと思っていたが
バカチョンはvacatioのもじり

マジレススマソ



188 :朝まで名無しさん:02/07/29 16:48 ID:s1tZzCXL
>>97の方が説得力がある。

189 :ur:02/07/29 16:56 ID:H1Oa8Jam
地名は古代朝鮮語の名残りが残ってるとか。
特に西日本に。
奈良は朝鮮語の国というコト。

190 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:02 ID:s1tZzCXL
納豆と豆腐が逆ってのはウソだと聞くが、どうしても納得がいかない。


191 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:06 ID:9Q5fAvbG
>>187
そのもじった「バカチョン」の「チョン」が何かで話し合ってるのでは?

192 :187:02/07/29 17:13 ID:QR3Kw0R+
>>191
× vacatio
○ vacation

素直に読んでばかちおん

ただ語感の問題としてバカは馬鹿
チョンは「チョンの間」と考えていた人はいるかもしれないが
真剣に意味を考えながらもじるか?

いや、スレ名が「由来」なので、後からこじつけてもべつにかまわないんだが

193 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:13 ID:9Q5fAvbG
チョンは朝鮮・韓国の差別語か
http://sunak2.cs.shinshu-u.ac.jp/~nakano/misc/lang35.html

194 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:23 ID:s1tZzCXL
わからん。
「ばかちおん」ってなに?

195 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:24 ID:7d4RfHCd
>>181
両方とも同じネタだよ。


中国の三国時代、蜀の諸葛亮(あざなは孔明)という人が、
孟獲と言う人を征伐した。
孟獲は蜀の南方で異民族を率いて反乱を起こしていた。
(もっとも孟獲の側から言うと独立戦争なのだろうけど)

で、結局、孟獲は戦いに負けて諸葛亮に降伏。
諸葛亮は、以後、反乱しない事と税を納める事を約束として
孟獲たちの自治を認める。

そして、戦いの終わった諸葛亮は蜀に帰ろうとする。


196 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:24 ID:7d4RfHCd
その途中、瀘水という川に差し掛かった時、
異変が起こって砂石が飛んで進めなくなってしまった。

その時、同行していた孟獲が
「49人の人の頭と黒牛白羊を祭れば収まる」と。

新たに人を殺すのは良くないと考えた諸葛亮は
小麦粉で人の頭に似せた物を作り、中に牛羊の肉を入れて
代用とし、それを祭ると、瀘水は静まった。

諸葛亮は、この代用品を饅頭(まんとう、と読む)と名付け、
これからは人の頭ではなく饅頭を祭るように、と言い残した。

197 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:24 ID:7d4RfHCd
これが饅頭(といっても中華まん)の由来となり、
中国では諸葛亮が饅頭の発明者という事になっています。

もっとも、これは伝説であって、実際に饅頭を発明したのが
誰かは分かっていないようです。

この話は伝聞とか小説の三国志演義には載っていても、
歴史書には載っていません。

とはいえ、諸葛亮は創意工夫の才能があり、様々な発明をした
という事は歴史書にも載っているので、
そこから饅頭伝説(?)が生まれたのだと思います。

198 :朝まで名無しさん:02/07/29 17:35 ID:sT5dBRp1
日本で何でも空海の手柄にしちまうのと同じだね>孔明と饅頭

199 :朝まで名無しさん:02/07/29 19:12 ID:baZrf/8I
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1027929128/l50
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1027915192/l50

-----------------------------------------------------

日本ではボランティアという言葉が
金を使うべきところに
金をケチる為の口実にされています。

ケチった分は馬鹿右翼や悪徳国家に流れたり
政治家の私利私欲のために使われようとしています。

騙されてはいけません。

また、国内を優先すべき事項が圧力によって
海外を優先されています。

対外援助よりも国内の困窮者救援を
変な公共事業よりも教育・福祉を


-----------------------------------------------------


200 :朝まで名無しさん:02/07/29 20:32 ID:YSflt57V
>>187はネタだよね?

なんかVacationこそがバカチョンの正当な由来だ、とも読めるので。
マジレスとか言ってるし。

そもそもオートフォーカスやパンフォーカスのカメラを指す言葉として、
なんでVacationが出てくるのよ?休暇カメラ?
そんな意味を込めて呼んでる人なんてこの世にいるの?

201 :朝まで名無しさん:02/07/29 20:45 ID:IF5Q3/es
花一匁はがいしゅつですか?

202 :朝まで名無しさん:02/07/29 20:50 ID:q+QuttZ4
>>162>>166
照る照る坊主の元になった掃晴娘人形の由来は、
中国・北京の伝説のようです。ちょっと悲しい伝説です。

掛掃晴娘の由来
http://members.tripod.co.jp/huameizi/text02/qingniang.htm

203 :187:02/07/29 21:01 ID:QR3Kw0R+
>>200
本当にネタではない。マジレスなんです。
今、休暇カメラなんて意味込めて読んでるヤいないと思うんだけど

ワシは43才
バカチョンカメラができたのが昭和40年代中頃

要するにバカチョンカメラのリアルタイムなのさ

そのころは未だカメラは高級品(から普及品になる程度)のころで
でも、めんどくさい構成は不要、細かい手入れはいりません
お休みの日にカメラを持っていって家族を写そう
っていうコンセプトの商品がでたのさ
そう、vacationn カメラ

ただし、今、ググルしたんだけど、ソースは見つけられませんでした
でもマジだよ、俺はリアルタイムの人間じゃ!




204 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:05 ID:uZzLQfQ0
>>201
教えて。

205 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:22 ID:nnmbbDe1
>>203
おぉ、リアルタイムで見て来た方なんすね。
説得力あると思います。 ようはバケーションカメラが読み方間違えてバカチョンと
呼ばれるようになったと理解しちゃって良いんですよね。
その説信じます。つか後でソース探すけど。(w
似たような話、他でも聞いたことあるから納得出来る。
今までチョイの間説支持者でしたが変説いたしますた。

206 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:23 ID:ZzfwiB1V
ここは民明書房かムーですか?



嘘だらけじゃん

207 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:27 ID:q+QuttZ4
>>203
リアルタイム世代に敬意を表して物語風にしてみたよ。

「バカでもチョンでも」という古い言葉とは全く無関係に、
「バカチョンカメラ=Vacation Camera」というキャッチコピーが世に出たのが40年代中頃。
バケーションカメラ。なかなか粋な呼び方だ。
新しいコンセプトには、やはりアルファベットの「Vacation」の方が似合う。

しかし、いざ世にキャッチコピーが出回ると、
誰も「バケーションカメラ=お気楽カメラ」とは呼ばずに、
「バカチョンカメラ=馬鹿でも撮れるカメラ」と呼ぶようになってしまった。
そう、古来からある「馬鹿でもチョンでも」という言葉の短縮形として認識されてしまったのだ。
なんという不運!

苦悩するコピーライター。「俺の意図とは違う・・・・・」
しかし一人歩きを始めた言葉と意味を押さえつけることもかなわず、
「まあ・・・・当たらずとも遠からずか・・・」などと諦めていたら、
今度は「朝鮮人差別ニダ!謝罪と賠償〈略)」と責め立てられて、泣きっ面に蜂。
まこと世の中は思い通りには行かんものじゃ。

・・・・・・・って感じですか?

208 :207:02/07/29 21:31 ID:q+QuttZ4
すまん訂正。上から3行目。

×「バカチョンカメラ=Vacation Camera」
○「バケーションカメラ=Vacation Camera」

209 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:34 ID:Bi9dkiSI
>>206
そんなこと言ってないで、具体的に指摘&訂正してくれよ。
説得力さえあれば支持得るかもよ。

つうかこのスレではツッコミ大歓迎ですよ。

210 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:43 ID:ZzfwiB1V
こけしの話も、かごめかごめの話も、あとから作った都市伝説みたいなものだよ
こけしの歴史は200年程しかないんだけど、その頃の文献に>>1の言うような話が存在する
ならソースを見せて欲しい

211 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:45 ID:fLjFYJf5

「抜き差しならない」という言葉は
膣痙攣で抜けなくなっちゃった緊急事態を表す!!
ある意味恐い!!

本当かなあ?単なる冗談?
ちなみにソースは開口健の文章
ほかにも「本腰を入れる」はアレをアレにぶち込む事とも書いてあった。


212 :朝まで名無しさん:02/07/29 21:57 ID:13dUXraU
>>205
冷静に考えてみたら・・・・・・・・どっちも正しいんじゃないか?

カメラメーカー側は「VACATION-CAMERA」と売り込んだが、
無知蒙昧にしてヘボン式ローマ字読みがやっとな世間の人々は
「バカチョンカメラ→馬鹿でもチョンでも使えるカメラ」と勝手に理解して、
やがてそれが主流になってしまう。現在でも後者の意味で残っている。

しかもどちらも「簡単操作のカメラ」を指す言葉として意味が通っている。(W

なんでこう思ったかというと、
むかし海の家のジュースの自動販売機に「JUSU」と手書きペイントされていたのを
思い出したから。英語をローマ字読みしちゃう人もまだまだ多い時代だったのでは。

213 :212:02/07/29 22:05 ID:13dUXraU
あ、つまり世間で言う「バカチョンカメラ=馬鹿でもチョンでも使えるカメラ」の
チョンの由来は、チョンの間・長吏坊・馬鹿、で間違いないのでは、ってこと。

>>187の話を聞いてると、要は「意味がすり替えられてしまった」ってことだよね。

214 :205:02/07/29 22:23 ID:nnmbbDe1
>>212
禿同。それが当たりなんじゃ無いかな? 
昔の人でスイッチの「on」を「no」だからダメとかぬかした人知ってます。(w
これ↓なんかがバカチョンの由来なのかな?
http://www.americaslibrary.gov/pages/jp_vacation_camera_3.html
ここ↓は日本名逝くしだけどPerfect Vacation Cameraとか書いてありますね。
http://www.epinions.com/elec-review-215B-48BE1E-388DE209-bd3
もしかすると海外ではVacation Cameraが一般的なのかな?
諸説あって良く判らんバカチョン論争もVacation Cameraが決定的に思えて来ました。
もちっと調べてみます。
あ、それからバカでもチョンでも撮れるって話の基は萩本欽一さんのCMが決定的だっ
たのかもです。微かに記憶に残っていますが、コニカのC35のCMで『も〜、バカで
もチョンでも撮れちゃうのよ〜』ってのがあったような覚えが。(うろ覚え)


215 :朝まで名無しさん:02/07/29 22:25 ID:5MfA1GKx
>>210
>>171で既に論破済みみたいだよ。

216 :朝まで名無しさん:02/07/29 22:43 ID:EmJQo/+L
ぬおおおー!
バカチョン論争が新展開を見せている!
しかもこれはかなり信憑性が高そう!
しかも過去レスでの指摘がすべて矛盾無くつながりそうだ!

すべての複雑怪奇な物語が白日のもとに晒されるのも近いかも?
ガンバレ!ガンバッテクレ!

217 :朝まで名無しさん:02/07/29 22:56 ID:EmJQo/+L
あのーもしかしてそのバカチョンカメラが出た頃、

V・A・C・A・T・I・O・N〜楽しいな!
待・ち・遠・しいのは〜夏休〜み!

って歌、流行りませんでしたか?
しかもその歌、今でもカメラのドイのCMに使われてるんですけど
もしかしてバケーションとカメラは切っても切れない深い関係があるとか。。。。。


218 :朝まで名無しさん:02/07/29 23:09 ID:5oCk7/LD
ミッ シ ン グ ・ リ ン ク = 欽 ちゃ ん 説 、浮 上

219 :朝まで名無しさん:02/07/30 00:06 ID:+tiN/Okr
悪いけど、バケーションの方が後付けの様な気がする。

220 :朝まで名無しさん:02/07/30 00:19 ID:JmX0jxjR
「バカチョンカメラ 萩本欽一」でググッてみますた。
http://isweb24.infoseek.co.jp/area/nobitama/nobi-sabetu.htm

冒頭に件のCMについて書かれていますね。やはり当時は有名だったようで。
残念なことに後半は「バカチョン=馬鹿でも朝鮮人でも」と思い込んでいるようですが(W

やはり欽ちゃんがA級戦犯なのか?????

221 :220:02/07/30 00:35 ID:JmX0jxjR
>>219
いや、「vacation camera」でググッてみなよ。無茶苦茶ヒットするよ。
どうやら海外では「バケーションカメラ」って呼ぶ習慣が昔からあったみたい。
これはマジで間違いなさそうだ。

1970年当時から日本のカメラはドイツと並んで世界最高水準だったし、
メーカーは当然その習慣を知ってるだろうし。
おそらく「vacation camera 」っていうのが本来の狙いだったのは間違いなさそうだ。

むう〜。
正確に言うと、欽ちゃんCMのシナリオを作った広告代理店の暴走の可能性が大だな。
メーカー側は「vacation camera」で行きたいって言ってるのに、
それじゃ一般人に分かり難いってんで洒落で「馬鹿でもチョンでも〜」に変えちまった。
こういう悪乗りは広告業界じゃありがちだろう?

まさか・・・・・・・・・・・電○とか博○堂とかじゃねえだろうな?

222 :朝まで名無しさん:02/07/30 01:17 ID:zbwTMtF/
部落差別問題→広告屋の陰謀→民族差別問題か。
展開としてはオモロ過ぎ。でもチョウリンボウって暫くぶりに聞いたなぁ・・・・。

どっかの地方の数え歌か民謡でそれが出てくるのがあって、
新聞広告のクイズ問題にその歌詞が全体そのまま掲載されて揉めた話を聞いたことある。

223 :朝まで名無しさん:02/07/30 01:32 ID:/zczZWS6
くびちょんぱ くびちょんぱ くぅびくぅび ちょんぱ くびちょんぱ
トンボモノーで くーび ちょ ん ぱ♪

って、昔はやって、くびちょんぱ人形もってたけど、
ある日突然放送禁止になり、くびちょんぱ人形も日の目を
見ることができなくなった。

これはいったい、どの筋の圧力があったのか、知りたい、、、
25程前か

224 :朝まで名無しさん:02/07/30 01:58 ID:JmX0jxjR
>>222
漏れも非常にオモロイ展開だと思うよ。正直興奮する。
なんかジグソーパズルの全てのピースが見事にはまった様な感じ。

海外では簡単操作のカメラをVacationCameraと呼んでいた。

Vacationをローマ字読みっぽく読むとバカチョンと読める。

古い日本語の「馬鹿でもチョンでも〜」の短縮形みたいにも聞こえる。(驚いたことに意味も近い!)

広告代理店がそれを利用して洒落の効いたキャッチーな欽ちゃんCMを作る。

世間は「馬鹿でもチョンでも使える簡単操作カメラ」と理解し、大流行。

たまたまその頃、「朝鮮=チョン」という若者語が蔓延している。(蔑称というほどのものではない)

たまたまその頃、部落開放同盟がチョウリンボウを起源とする「馬鹿でもチョンでも〜」という言葉を狩る。

たまたまというか必然というか、部落開放同盟は在日朝鮮人の差別解消をも頑張っていた。

ここで初めて「馬鹿でもチョンでも〜は朝鮮人は馬鹿であるという意味だ」という誤解が世間に生まれる。

部落開放同盟はこの誤解を訂正せずにうまく利用し、目的達成する。

以後「バカチョンカメラ」という言葉は朝鮮人差別語としてタブーに。

225 :朝まで名無しさん:02/07/30 02:12 ID:JmX0jxjR
>>223
ドリフの奴だな(w
「ちょんぱ」が無茶苦茶怪しいんだが、何かの差別語なのだろうか・・・・?

226 :朝まで名無しさん:02/07/30 02:42 ID:wuHQ1NI4
onelittle twolittle threelittle Indian
fourlitte fivelittle...
tenlittle Indianboys

インディアンの子供達が一人ずつ処刑される歌だと聞いたことがあります。


227 :朝まで名無しさん:02/07/30 04:30 ID:iNHsbAW7
「とうりゃんせ」はBと関係があると聞いたことあるけど

228 :朝まで名無しさん:02/07/30 05:44 ID:/IUqBB90
>>168
12月23日(いまの天皇誕生日)に東条英機らのA級戦犯が処刑された。
これを知ったときはゾクっとしたね。


229 :朝まで名無しさん:02/07/30 06:14 ID:G//UsSjI
サンシャイン60ができた時高層ビルが一つだけたってる様を
さして墓石のようと言われたものだとのエビスヨシカズか
エモトアキラ情報あり

230 :  :02/07/30 07:23 ID:JZqPO9Ex
首塚・・・やめた。祟られそうだ。

231 :朝まで名無しさん:02/07/30 08:30 ID:LjxD93HJ
みんな話の論点がずれてきてるぞ。
カメラ名の由来ではなく、「バカチョン」の由来じゃないのか?

232 :朝まで名無しさん:02/07/30 09:36 ID:V9/GktOz
>>228
戦犯を起訴したのは4月29日、つまり昭和天皇の誕生日。
占領軍がどういう意図を持っていたかは明らか。

233 :朝まで名無しさん:02/07/30 11:12 ID:6YEIOR+R
>>108

俺が消防のころの話(実話)

明日は遠足だ、というのに、その日の夜は雨が降っていた。
なんとか晴れて欲しかったので、テッシュでてるてる坊主を作って、2階の外ベランダにつるした。

その結果、次の日はいい天気だった。
遠足から帰ってきてベランダを見ると、ぬれてびしょびしょになったてるてる坊主があった。
俺はそのてるてる坊主をベランダから下の庭に投げ捨てた。

その日の夜は大雨だった。

234 :朝まで名無しさん:02/07/30 11:17 ID:2SSo8hPO
めんおーるうぇいずりめんばーらぶびこーずおぶろまんすおんりー

235 :名無し:02/07/30 11:28 ID:qNm77Ipo
>232 日本が武器を置いてから,占領軍は丸腰の日本人を逮捕して殺した。
それが裁判の形を偽装した。
日本人の祝日に処刑して殉国者の慰霊も皇室のお祝いもできないようにした。
許せない。実に卑劣だ。

日本の終戦は敗戦以来7年のちの昭和27年だ。
8.15は終戦記念日ではない。降伏と武装解除の日だ。


236 :205:02/07/30 12:50 ID:eQ35KPSO
214で萩本欽一さんのこと書いたけど、記憶違いかも知れない。
http://www.konica.co.jp/showroom/50ys/1970/1974.html
 ↑ ここ見ると井上順さんがCMやってますね。(汗;
なんか、微かな記憶で自身無いんだよね。

>>221.>>224
だいたいおおまかな流れはそんな感じだと思います。
たぶん最初にメーカー側がvacation cameraで売り出し、箱か宣伝物に「vacation
camera」と表記したものが「バカチョンカメラ」で定着したものと思われ。
最近の例だとLinuxの読みが「りなっくす」「りぬくす」「らいなっくす」でバラバラ
だったように英語標記の読みが混乱するのはままあることですから、>>224氏の
>古い日本語の「馬鹿でもチョンでも〜」の短縮形みたいにも聞こえる。(驚いたこと
>に意味も近い!)
で決定的に定着しちゃったんじゃ無いでしょうか?
あとはメーカー側がvacation cameraと表記していた時期があれば確定で良さそうに思
えます。 引き続きもう少し調べてみます。

237 :えICBM:02/07/30 14:40 ID:cycC1hPx
vacation cameraをgoogleで調べたらいっぱいヒットしたというレスがあったが間違いでは無いのだろうか?
確かにヒット数は多いがほとんどがvacationとcameraは別れててvacation cameraではとても少なかった。
少ないvacation cameraの意味はAF小型カメラやデジカメを指しているものが多かったが。

vacation cameraという言葉はあまり普及していないことからvacation camera説は信憑性が低いのでは無いだろうか?

238 :えICBM:02/07/30 15:06 ID:cycC1hPx
AFカメラが出だした頃の相性はジャスピンだそうだ。

>Konica C35 AF(ジャスピンコニカ)・・・1977年発売
>世界初、自動焦点調節機能(AF)の商品化で衝撃的に登場。愛称の「ジャスピン」が
>AFカメラの代名詞となる。引き続き宣伝活動に井上順さんを起用。TVCMの「ピンボ
>ケさんさようなら…」は流行語となった。

http://file2.kabegami.com/p/c3.pl?k=1259&c1=35&c2=13

確かケンなおこも出てたCMだったと思うが、ジャスピンは今でも覚えてる。
しかしいつの間にバカチョンになったのだろうか?

239 :朝まで名無しさん:02/07/30 16:35 ID:AlmJLXxB
>>237
vacation cameraは英米独の検索で一件もヒットしなかった。
海外ってどこの国なんだろうね?
VACATIONって曲が弘田三枝子でヒットしたので、よほど悪意がない限り
バカチョンって読めるわけない。
ONEをオネって読む人がいないのと同様に。

240 :ut:02/07/30 16:48 ID:zT3zSOE/
>>235
以前から815を終戦記念日としているのを
誤魔化しと言う点で、禿同です。
アナタの言われるように敗戦記念日です。
しかし、丸腰の日本人を殺したというので
驚いたがA級戦争犯罪人のコトですね。
東条さんは日本人にも戦争犯罪を行ったのです。
たとえば、国民を戦争へとアオッテ、多数の若者を
靖国の英霊にして、親兄弟母子のその後数年の
生活を不安にさせた罪!
そして一般国民をWW2中、飢餓状態にした罪など。
東条さんなどが絞首刑にされて大喜びした日本人は
多いのです!!


241 :朝まで名無しさん:02/07/30 16:58 ID:VzIce3au
>>240
>東条さんなどが絞首刑にされて大喜びした日本人は多いのです!!

共産党員な。


242 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:00 ID:eEK0ko1M
>240
国家に対する敗戦責任ってことですね。
いや、当時は国家=天皇だったから、天皇に対する敗戦責任だ。
だから天皇が「いいよいいよ、許してやる」と言えば責任は消滅したのだ。
実際に昭和天皇は東条英機らを哀れんで
「私が退位するということで、収められないだろうか」
と言っていたそうだ。



243 :187:02/07/30 17:06 ID:q6Ygd8Sd
バカチョンはvacationだと言いだしたものです。
今でもかなり自信を持っています。
海外にvacation cameraの用語があるかどうかは知りません。

しかし、本当にソースがでてこないのよ、これが。
メーカがわざと社史から抹殺してしまったのかと思うくらい。

ただ、「ばかちょん」「バカチョン」でググルと
差別用語です、とか、反対にこのバカチョンがという馬鹿にする使い方以外では
バカチョンというとまず99%カメラのことに限定されます。
(もちろんバカチョンなソフトとかバカチョンな形というような例外もありましたが)

これは「バカ」「チョン」という用語とは別に
「バカチョンカメラ」という用語があったことの傍証にはなるのではないでしょうか。
カメラ以外にバカチョンを使う例ってありますかね?




244 : :02/07/30 17:07 ID:g3VcD2BK
一般国民を、飢餓状態にした罪 って
ホントに苦労したのは戦後と聞いている
三国人が暴れて備蓄食糧を強奪したからだろ
それを不法占拠した駅前の一等地で売りさばき
暴利を得たんだろ ホタルの墓 でも
戦時中は一応飯が食えていた が戦後飢えて死んだ

245 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:15 ID:AlmJLXxB
>>243
厨房の時の英語の先生の口癖が「このバカチョンが!」だった。
それは70年代前半のことで先生は大正の終わりくらいの生まれだった。

246 :えICBM:02/07/30 17:18 ID:cycC1hPx
>>243
バカチョンはバカでもチョンでもの略です。
チョンには複数の意味があり、短い(時間)、愚か者、チョンガー(非妻帯者=半人前)、朝鮮人の意味があるそうです。
詳しい解説があります。
http://homepage2.nifty.com/chegerau/mail2/text/19981119.txt

バカでもチョンでもがAFカメラの代名詞になったのは>>220が言うように萩本欽一CMが原因ではないだろうか?


247 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:20 ID:Nv8npMNm
>>245
武田鉄也みたいだなw

248 :段造 ◆GgjIjHuI :02/07/30 17:20 ID:9VDG7/pg
天皇の責任
1)外国に対する責任→無し。負けたから責任が問題になっているだけ。
            勝っていたらアジア開放の英雄。
           有ったとしても、とっくの昔に終わっている話。
2)日本に対する責任
 負けたから、という問題はあるが、負けるような戦争をした、そんな状況に追い込まれた
責任、というのは考えられる。
  @日本国家に対する責任(天皇=国家、ではない。天皇は期間に過ぎない。)
  A日本国民に対する責任
 →
 個人的には腹を切って欲しかったが、半世紀経っても責任を追及する動きは大勢を
 占めるに至らなかった。日本人は責任を追及しない、と決めたのではないか。
 黙認したのではないか。
  

249 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:25 ID:Nv8npMNm
戦後A級戦犯として処刑された軍人、政治家は連合国によって戦犯と
して決め付けられた。日本人が選んだわけではない。
もっともその中には日本国民に対しての罪を負ったものもいたが
中には無実のものもいたのだよ。

250 :チョソ:02/07/30 17:26 ID:D1OrnGLF

       ∧_∧
       ( ´Д`) < 馬鹿サヨの荒しで怖い話が聞けないよ
      /    \        
   _  | |     | |_..∬
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 旦.\
 ,/ \\            \
/   \|=================|
\    ノ    こたつ     \

251 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:28 ID:Nv8npMNm
>>250
だれがサヨだゴラァ!!糞チョンが!!
でもなぜ戦争責任の話になってるんだろうなw?

252 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:29 ID:THxo3yMM
東条に開戦の責任があることは本人も認めている

アメリカからの兵糧ぜめにあい、突破口として開戦したとしても
物資は当然、開戦時から全面的に不足し
軍部も「北だ!」「南だ!」とまとまらず
東京裁判で述べられた「共同謀議による侵略」の
「共同謀議」さえ成立していなかった

陸軍官僚の暴走に天皇は最後まで和平を望むが
押し切られ開戦。

東条は陸軍大臣時代に出した「戦陣訓」で
「生きて虜囚の辱めを受けず」の一言を明文化し
太平洋戦線、中国大陸で多数の玉砕、餓死、自殺者を生じた。
(民間人も含む)
東条本人は米軍に戦犯逮捕される直前、ピストル自殺を試みるも
心臓をはずし、生還し裁判にかけられた。

一方、捕虜の取り扱いにも「国際法を遵守せず」との国内通達を出し
戦後、多数の一般兵士の戦犯者を生じた原因を作った。

でも、これらの責任を東条本人は自覚していた。

歴史的真実として、戦後すぐに東条家には多数の脅迫がかけられ
家族は苗字を変え、潜伏。
東条処刑後も、家族が様々な嫌がらせを受けていたことは知られている。


253 :朝まで名無しさん:02/07/30 17:30 ID:+tiN/Okr
ん?
東条?天皇責任?
どこに「物の名前」があるんだ?

254 :朝まで名無しさん:02/07/30 18:15 ID:V9/GktOz
A級先般の処刑から遺体処理までを取り仕切ったのは、GHQの
ウォーカー中将。
処刑のちょうど3年後の同じ日、そして時間も同じ午前零時、
突然の交通事故で帰らぬ人となった。
・・・怨霊のなせるわざか。

255 :チョソ:02/07/30 18:19 ID:D1OrnGLF
>>254
ちょいとチビリました

256 :朝まで名無しさん:02/07/30 18:21 ID:01cQ/4Oy
スレ間違えたかとオモタぞ。
関係ない議論は他所でやれ。

257 :朝まで名無しさん:02/07/30 18:45 ID:cSQuuojD
Canon Powershot A10 & CP 10 Printer Combo
This is the ultimate family vacation camera combo.


http://cameras.about.com/library/weekly/aatp021202a.htm

258 :朝まで名無しさん:02/07/30 18:46 ID:cSQuuojD
Perfect Vacation Camera

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%22vacation+camera%22&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=

259 :えICBM:02/07/30 18:58 ID:cycC1hPx
>>258
""でくくればよかったわけだね。
始めて知ったよ、ありがとう。
確かにたくさんあるある。
意味的にもコンパクトAFカメラってとこだね。

260 :朝まで名無しさん:02/07/30 19:03 ID:q6Ygd8Sd
>>258
""vacation camera"ね。
うーん、勉強になった。
な〜るほど〜

261 :朝まで名無しさん:02/07/30 19:19 ID:q6Ygd8Sd
で、えICBMさんが認めてくれたので
バカチョンカメラの話は終了、ってことでいいのかな?
別に続けてもいいけれど

個人的には出かけて消えた「花いちもんめ」なぞ希望

262 :段造 ◆GgjIjHuI :02/07/30 19:25 ID:9VDG7/pg
人買い、子供を売り買いする時の唱、って聞いたけど。


263 :段造 ◆GgjIjHuI :02/07/30 19:27 ID:9VDG7/pg
あと、女郎に売られていく娘の唄だっていう説も。
 花=娘
 匁=重さの単位 グラム幾ら?
        

264 :えICBM:02/07/30 19:38 ID:cycC1hPx
>>261
いや、まてまて。
あくまでもvacation説の矛盾点が一つ消えただけだよ。
初期のAFカメラ国内向け宣伝等にvacation cameraを使ってるかどうかは今のところわからない。
逆に言えば、このことを説明できたら信憑性がぐっと増す。

265 :朝まで名無しさん:02/07/30 19:42 ID:tWrK3Yoj
>>258は逆成臭いぞ。
「バカチョン」に「Vacation」当てただけと思われ。

266 :187:02/07/30 19:52 ID:NZrP5+tk
>>264
おっしゃるとおりです。
本当にソースが見つからない。
てか、たかだか30年前の話なのに
俺以外のリアルタイム人間がでてこない。
2chって40代以上立ち入り禁止か?
ってそんなこたぁないよね。

>>265
あんたは過去レスを読め。

267 :えICBM:02/07/30 20:00 ID:cycC1hPx
>>266
vacationがバカチョンに似ているという書いてるHPは幾つかあった。
だから安易に否定できる説ではないと思う。
しかしいまいち肯定する材料が少ないのもまた事実。

けど、私としてはきんちゃんバカでもチョンでもCM説を支持だな。
けどホントにそんなCMがあったのか?という疑問は大いに残る。
なんとなく記憶の片隅にあるのだが、定かではない。
ちなみにvacation cameraは全く記憶に無かったりする。

268 ::02/07/30 20:01 ID:ZhYHyv+0

もう、なんでどんな話題でも朝鮮の話になるの!?
うんざりだ。。



269 :朝まで名無しさん:02/07/30 20:02 ID:9pfqUCjN
>>240=ダンペイ
プププププ

270 :朝まで名無しさん:02/07/30 20:07 ID:UdDW0bav
バカチョンカメラというのは
オートフォーカスではなく
オートアイリス(自動露出)のカメラのことでは?
77年ごろにはもう「バカチョン」は
言葉狩りにあっていたような気がするが?

271 :朝まで名無しさん:02/07/30 20:17 ID:cSQuuojD
>オートフォーカスではなく
>オートアイリス(自動露出)のカメラのことでは?

どうもそうみたいだね。


272 : :02/07/30 20:22 ID:+T66hqkn
なんか素人の出鱈目ばっかり。

273 :朝まで名無しさん:02/07/30 20:50 ID:C0Z1L6br
お歯黒

江戸時代の既婚者はお歯黒といって歯を黒く塗っていた。
未婚者と違い、私は大人ですよというアピール。
しかし、この慣習はどうやら縄文時代から続いていたようだ。
ただし縄文時代は黒色を塗っていたのではなく歯を櫛状に削ったり
抜歯して口の中が黒く見えていた。

それが時代を下り黒色に着色するように変化してきたようなのだ。

274 :朝まで名無しさん:02/07/30 23:20 ID:stxNHAzv
>>272
うそはうそであると・・・(以下略

275 :朝まで名無しさん:02/07/30 23:30 ID:Grxcq9UF
バカチョン論争も佳境のようだね(w

自動露出機構のついたカメラを指すVacation Cameraという言葉があったこと、(今でも一般的)
「馬鹿でもチョンでも撮れるんです!」というTVCMが70年代に確実に存在したこと、
同時期に部落開放同盟が言葉狩りに暗躍していたこと、(水平社活動全史を調査中)、
そして現在ではそのCMがあったこと自体がカメラメーカー公式HPからは完全に抹消されていること、

どれも殆ど間違いない事実だ。
確かにあったものが不気味なほど完全に消されている。

あと調査すべきは、
「井上順のジャスピンコニカCMとバカチョンCMとの関係(バージョン違いの可能性)」
「問題の焦点となるバカチョンCMの画像・記録・思い出の探索(ポスター限定のセリフかも)」
「当時の新聞などにバカチョン言葉狩り論争の記録は無いか?」
・・・・・・・・・・・・・・・・かな?

#ちなみにジャスピンコニカのCMは、今でもたまに「懐かしのTVCM特集番組」に出るね。
#あと海外では最近は「Vacation Camera」と同義の「Point & shoot Camera」が主流です。

276 :愛国技術屋 ◆zpm17oUM :02/07/30 23:37 ID:wJA4I/TM
バカでもチョンでものチョンはちょんまげ、つまり武士出身の何にも出来ない奴、
見たいな意味だったと効いたことがあるが。

277 :あびき:02/07/30 23:54 ID:CRuyB4kg
>>66「うんこの由来」

マジレス。
うんこを出そうとして踏ん張るときに「う〜ん」というから。
「こ」は「どじょう子鮒っ子」とかいう「こ」と同じようなもの。

278 : :02/07/31 00:01 ID:MQD2ksVb
俺は昔から「ちんたら走るな!」の「ちんたら」を
チンコをたらす=ぶらぶら、と解釈してるんだけど、あってるかな?

279 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:21 ID:KrU92LlA
>>278
チンドン屋が楽器を鳴らしながら町を練り歩く様からきた表現だ、と聞いたことがある。
「♪ちんたらたららら〜ちんたった♪」

280 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:42 ID:D/s4JAeY
おれ、てっきりバカチョンって
「バカちゃん」がなまってバカチョンに
なったと思ってたYO

281 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:48 ID:b2v/LN8A
通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

−−
作曲されたのは明治時代、本居長世という作曲家。
もともと存在する民謡、詩に曲をつけていた人
「とおりゃんせ」自体も、古くから伝わるものだが、時代と共に歌詞(意味も)変わってきている。
現存する物も、作曲するときに本居自身が少し手を加えたということらしい。

天神の意味するものは、学問の神「菅原道真」
http://www.kgef.ac.jp/ksjc/ronbun/910540y.htm

これも何説かあって、自分が聞いたことあるのはリンクの解説と少し違って

間引きが多かった当時、7歳を迎えることが出来る赤子というのは希であり、たぶんに漏れず
この母親も子供を失っている。
7つのお祝いというのは、この水子が生きていれば7つになっていた、
というのは、天神様の細道というのは黄泉の道を表す言葉でもあるということから。
御用の無い物は、そのまま、生きた人間を意味する。
死んだ子供に会うのは簡単だ、だが・・・

当時多かった、死んだ子の歳を数える女性の悲哀を詠った歌。


282 :朝まで名無しさん:02/07/31 00:51 ID:KrU92LlA
>>236
欽ちゃんCMの件だが、カメラメーカーだけがCM作成元とは限らないぞ。
そう、当時破竹の勢いだったカメラ量販店のCMの可能性もある。
ビックカ○ラ・ヨドバ○カメラ・カメ○のドイあたりが怪しいかもだ。
ん・・・・・?
カ○ラのドイが出たのはこのスレで2回目か?(>>217

                         ま・・・・・・・・・まさか・・・・・・ガクガクブルブル

283 :朝まで名無しさん:02/07/31 01:04 ID:39kEF+RB
以前盲人用の音の出る信号機から流れていたのがこの「通りゃんせ」の曲だった。
だから音の出る信号機を設置しよう、というチャリティ運動の名前が「とおりゃんせ基金」
しかし、歌詞にある「いきはよいよい帰りは怖い」が不適切とのクレームがどっかからあり、
今ではピポピポ言うだけの寒い信号機になってしまったとさ。


284 :朝まで名無しさん:02/07/31 01:05 ID:ZQ39nOEF
おめこ(関西弁)の由来
さかのぼること1800年ほど前邪馬台国の女王卑弥呼
は即位と同時に人々の前には姿をあらわさず、なんかの
建物にこもってしまった。そこでシャーマンとして人々
を支配していたらしい。人々は一目でも卑弥呼に会いた
いと思ったがかなわなかった。そこで世の男たちは見た
いけどなかなか見せてもらえない女の陰部を「ひみこ」
という隠語でよんでいた。それが訛って「おめこ」となり
今でも関西地方に脈々と残っているのである。このことは
邪馬台国畿内説の重要な根拠のひとつとなっていることは
研究者の間では常識となっているが、事柄が事柄だけに一
般市民にはあまり知られていない。


285 :チョソ:02/07/31 01:08 ID:DYmiz2bf
>>283
確かに不適切だなW

286 :朝まで名無しさん:02/07/31 01:10 ID:287cBfNN
弘田三枝子のVACATIONがヒットしたのは1962年らしいです。時期的に近いかも。
http://www.rcc.co.jp/release/2002/0620_1.htm

287 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:14 ID:E6gzHA9U
みんな、暗い話に持って行き過ぎ。それだと、どんな歌でも暗い話にできる。

俺は、「かごめかごめ」のユダヤ説バージョン知っているぜ。
「通りゃんせ」の最後の歌詞の部分の本当の意味も知っているぜ。

288 :287:02/07/31 02:17 ID:E6gzHA9U
誰か、「君が代」の訳を教えて。おそらくユダヤが浮かび上がるはず。

289 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:18 ID:39kEF+RB
かごめかごめの謎は、日光東照宮にあり。徳川埋蔵金を示すもの也。

290 :287:02/07/31 02:30 ID:E6gzHA9U
>>289 ブー。「かごめかごめ」はそれ以前はるか前からある。

いろはにほへとも知ってるよ。

291 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:37 ID:qah1DNI4
ところでお前らなんでそんな事しってるんだ??

白状汁!

292 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:38 ID:+mPgPITu
井上順が混じってるんだろ。

293 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:39 ID:b2v/LN8A
カゴメって、

一人の子を囲んで回っていたら、そのうちケチャップになってしまいまったという話だろ

294 :287:02/07/31 02:54 ID:E6gzHA9U
まず、「いろはにほへと」から、並べ方は >>96 で正しい。

訳は、「いちよらやあゑ、いえす、とかなくてしす」
   「一 神 ヤハウェ イエス 咎無くて死す」

咎→罪 「いえす」は >>96 で言えば、L字読み。





295 :朝まで名無しさん:02/07/31 02:57 ID:39kEF+RB
いろはうた詠みたるは、柿本朝臣佐留也。

296 :朝まで名無しさん:02/07/31 09:55 ID:fndxfpUd
いろはにほへと
ちりぬるを
わがよたれそつねならんうゑのお
くや
まけふこへてあさきゆめ
みしゐひもせす

一行目は、「一枠マミ」
二行目は、「ロリがヤケ死」

訳は、
応援していたマミたんが一枠でミス妹に出馬。
しかし、はかなくも落選してしまったことに、ヤケ死にしてしまった
ロリの悲哀を歌の中に隠して詠んだ歌である。

297 :朝まで名無しさん:02/07/31 11:03 ID:VghsgEj7
http://www.du-ub.com/servlet/ivc.search.DetailDownLoadSearch?dlid=20020621175623

>>286
ここで弘田三枝子のVACATIONの視聴ができる。
聴いたことない人はどうぞ。
「バカチョンカメラ」の発売時期よりずっと古い。
それから、欽ちゃんCMってのは記憶がないな。
それに当時は「コント55号」だったのでピンのCMに出ただろうか?



298 :朝まで名無しさん:02/07/31 13:28 ID:ekj28xFn
バカチョンあきた

浅く広く「物の名前の由来」が知りたいでーす

299 :朝まで名無しさん:02/07/31 13:29 ID:ekj28xFn
つーか、

「バカチョン」て

【恐怖】でも「本当は怖い」でもねーし

300 :朝まで名無しさん:02/07/31 13:43 ID:b2v/LN8A
はるか昔、神話の時代。

薔薇には名前がなかった。
また花の色も、白しかなく、とげも無かった。
しかし太陽神の子、アポロンが勤めを終える頃(毎日太陽を馬車に乗って引っ張るのが仕事)、
毎日目にするバラ園は、真っ赤な薔薇で埋め尽くされていた。

ただ、それはアポロンの夕日を浴びて赤く見えていただけだった。
それからなんだかんだで物語は続いて、最終的に、そのバラ園を手入れしていた美少女の
血によって、薔薇は赤くなる。
また、自分の命を賭けてアポロンへの愛を示したことから、花言葉は「愛」を表すように。

そしてアポロンはその大事な花に彼女の名前を付け、ローズと呼び、また、茎にトゲをつけ、
誰の手にも犯されないよう守るようにした、とさ。



真実味3%の悲しい名前の由来物語でした、ハイ。

301 :朝まで名無しさん:02/07/31 15:50 ID:rQMRpgJy
>>293
ワラタ

302 :朝まで名無しさん:02/07/31 15:50 ID:rQMRpgJy
>>296
(・∀・)イイ!

303 :朝まで名無しさん:02/07/31 19:16 ID:H94UukgV
>>298-299
すまんなー。
専用スレ立ててもいいんだけど、テーマがテーマだけに馬鹿サヨ馬鹿ウヨだらけになっちゃうこと必至。
それにこのスレ、適度に電波ネタとか混じっててさ、いい感じの隠れ蓑状態なんだよ。

なるべく邪魔にならないようにするからさ。我慢してくれよ。な?   m(_ _)m オナガイシマス

304 :朝まで名無しさん:02/07/31 19:39 ID:Ewb7WkZe
って
バカチョンの話はまだまだ続くの?

まあ、続けるのはいいとしても
隠れ蓑でもいいから
物の名前の由来の話を
もう少しネタふれって下さい。


305 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:09 ID:Ewb7WkZe
このスレでいいのかはともかく
花いちもんめってどういう風に遊ぶんですか
ガキのころは
ほしいっていわれた子とほしいっていわれた子に
お手伝いがついて人間綱引きだったんです。
で、小学生のころ引越をしました。
そしたら、ほしい子とほしい子のじゃんけんになっちゃってて

最近聞いてみるとみんなじゃんけんで
人間綱引きなんて話はないんですけれど

地方により違うんでしょうか?


306 :えICBM:02/07/31 20:11 ID:V9bOneaG
バカチョンの話しはネットにある情報は出尽くした感じだね。
これ以上の議論は新しい情報が無ければ進まないだろう。

307 :303:02/07/31 20:19 ID:H94UukgV
うむ。>>304
怖いってのとは違うかも知れんが、ひとつネタ振り。

「鉄アレイ」の「アレイ」は、新聞などでは「亜鈴」と表記する。
亜という字は「出来損ない」とか「よく似た」の意味なので、これだと「鉄製の鈴もどき」となる。
実はこれは全くの間違い。(後で説明するが意図的な漢字のすり替えによるものである)

正しくは「鉄唖鈴」と書くのだそうだ。
意味としては「鉄製の鳴らない鈴」となる。
「唖」という字は「聾唖(ろうあ)」の「唖」であり、これは口偏に亜と書くので「口にあって口にあらず」、
すなわち「口のきけない者」を意味する。
そう、新聞社が「唖鈴」から「亜鈴」に表記変更したのは、身体障害者差別用語の匂いを嫌ったからだ。

では「鉄製の鳴らない鈴」とは何か?
中身の詰まった鈴である。さぞかしズッシリと重いだろう。
これを棒の両側に付ければ、ボディビルディングに最適な「鉄唖鈴」になること間違いなし。

何よりの証拠に英語で鉄亜鈴は”Dumb Bell(ダンベル)”という。Dumb=オシ、Bell=鈴。
実は「鉄唖鈴」は外国語の訳語だったという訳だ。

・・・・・・・・・お後がよろしいようで。

308 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:23 ID:JM+yTUGa
>>307
ほ〜うっ


309 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:25 ID:y7EO3MRp
ボクシング

今ではスポーツとなっているが、古来中国では撲針具と書き、針をつけたグローブでの
お互いの命を賭けた殴り合いだった。
by「民明書房」

310 :チョソ:02/07/31 20:37 ID:2IguaKmD
>>309
民明書房は無しの方向で

311 :303:02/07/31 20:40 ID:H94UukgV
>>309-310
いやワラタ。「良い隠れ蓑」になってるし(w

312 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:50 ID:y7EO3MRp
名前の由来とはちと違うが

麻雀、何故に東西南北が逆なのか。
それは、実は神から見た視点であり、神が地上を見下ろしながら楽しんでいるゲーム、
それが麻雀だと、ある本で読んだことがある。

日本でも、神から見た視点でつけられた名前というのは、やはり存在する。
「水無月」「神無月」がそれ。

水無月、日本ではまさに梅雨時であり、まさに一年で最も水が多いとされる月であるのに係わらず、
何故に「水無」月なのか、それは、天から水が無くなる月という訳である。

同じく神無月、この月は神が地上に降りてくる月(出雲の国)である。
人間からみたら、神が地上にいる月であるにも係わらず、神無月というのはやはり、
神の国から神がいなくなる、とういうことだ。


313 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:53 ID:C4PgTf3r
神無月は、日本全国の神が出雲の国に出張するから
地方に神がいなくなるからだって小学校の先生に聞いた。

314 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:57 ID:y7EO3MRp
>>313
俺も昔はそう思っていました。
近年ラジオで、上のコトを聞いたとき、こっちの方になんとなく傾倒してしまいました。


315 :朝まで名無しさん:02/07/31 20:59 ID:MdcEzEYA
ロシアのウラジヴォストーク(ウラジオストック)

これはロシア語で東を征服するという意味です
日本は征露丸を正露丸に改めましたが、
ロシアは依然として日本を征服しようとしてるんかい

316 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:07 ID:TCtN8i5b
>>312
間違いだと思う。

そもそも水無月は旧暦の7月から8月にかけてのこと。決して梅雨時ではない。

神無月も>>313が正解。

麻雀も、東南西北を呼ぶ順番と、ゲームの順番(左回り)を一致させた結果だと言う説が有力。

317 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:08 ID:TCtN8i5b
>>316
× 旧暦の
○ 旧暦で

318 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:18 ID:9cQK47/v
うーん。
天から地上を見下ろしたとしても、東南西北の逆転は辻褄が合わないような気が・・・・・。
みんなは納得した?漏れだけ馬鹿?

319 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:26 ID:y7EO3MRp
>>318
見下ろしてるんじゃなくて、天井(雲)に逆さに座ってる姿を想像してください。

俺はその説を見たとき、「おぉ、さすが中国、神のゲームとはスケールでけぇなぁ」
と思ったけど、超マイナーな説みたいね。


320 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:28 ID:9cQK47/v
おお!納得!
神は逆さ吊りなんだな!>>319

321 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:35 ID:9cQK47/v
つうかなんで神は逆さ吊りなんだ?

「東家」ってのは「自分の向いている方向が東」ってことなのでは?
これなら地図的にも正しい東南西北になるんだけど。

           北
    
          南家
           ↓

 西  東家→      ←西家  東

           ↑
          北家

           南

322 :朝まで名無しさん:02/07/31 21:43 ID:y7EO3MRp
ていうか、、、何でって俺もわからん。
たった今、更に別の説を見つけた。

−−

中国では、方位は一般に東南西北と呼称される。
これは中国では方位にも位階があるからである。
東は太陽の昇る方角で第一位、南は東の次に暖かい方角で第二位、西は太陽の沈む方角で第三位、
北は一番寒い方角なので第四位となる。そこで風位は東北西南でも西北東南でもなく、東南西北と呼称される。
そして麻雀の親順もその風位順に従い、東南西北で移動するようになった。
また古代中国では人が左方向に移動するのは左遷として格下げを意味した。
そこで親の移動には左遷を嫌い、右方向に移動したと思われる。
プレーヤーは車座になっているから、親が右方向に移動すれば結果的に左回りとなる。
この左回りに親が移動する状況でゲームしているところへ風牌が誕生した。
そこでそれまでの習慣どおり東南西北を左回りに当てはめた。
すると麻雀の方位は、結果的に現実と逆回りになってしまった


323 :321:02/07/31 22:00 ID:9cQK47/v
あうー。よく考えたら席順はこうだった。
「向いてる方向説」は玉砕ですね。スマソ。
やっぱ>>322みたいなややこしい歴史がありそうな気が。

           北
    
          北家
           ↓

 西  東家→      ←西家  東

           ↑
          南家

           南

324 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:00 ID:C4PgTf3r
世界には地図を上から見下ろしただけでなく
下から見上げたように書く国もあると聞いた事があって
それだと思ってたよ。

325 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:34 ID:PN1VttUO
トランプのジョーカーのことババって言うじゃん。
それってジャイアント馬場からきてんのかな?

326 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:36 ID:kBoN2UxK
>>325
ぜったい違う。

327 :謎 :02/07/31 22:44 ID:27iTvuQm
どうして
東海林と書いて
しょうじ って
読むの????
なぜ

328 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:46 ID:w19kHNan
>>325
関西弁のババじゃねーか? 知らんけど・・。

329 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:48 ID:VlIq2f/m
>>327
http://www.home-tv.co.jp/gimon/00428/index2.htm

330 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:48 ID:VyxXe7L+
山形秋田に東海林という地名があり、そこの庄司が
東海林を名乗って、それがごっちゃになったためと
いう説がある。
だからなのか、山形では東海林はそのままとうかい
りんと読む。

331 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:53 ID:VlIq2f/m
>>330
あ、そうなんだ。
リア厨の頃、漏れのクラスに東海林(とうかいりん)って女の子がいたわ。
もちろん秋田。わりと仲良しだった。

大学入ってから知り合った東海林さんに当然のように「とうかいりんさん」と呼びかけたら、
まるで白痴でも見るような目で見られた記憶あり。
ついてねえー。(泣

332 :えICBM:02/07/31 22:53 ID:V9bOneaG
熊本には、ぼした祭りなんてのがある。

333 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:55 ID:CtDqzV9E
とりあえず、「本当は怖い」ってのきぼん。

334 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:55 ID:zq5qhyQe
大強姦民国の童謡

てごめてごめ (籠女=妊婦)
かごの中のとりは (胎児)
いついつでやる (いつ出てくる?)
夜明けの晩に  (夜明けで晩=ありえない世界=死後の世界)
鶴と亀がすべった (ツルツルの亀頭=めでたいもの それが(すべった)=流産)
後ろの正面だぁれ (後ろをふりむくと。。。水子の霊が!)


335 :朝まで名無しさん:02/07/31 22:57 ID:HeLsyusr
ラッキーストライクの語源については以下の信ぴょう性が高い。

なぜ今の白地に赤丸のパッケージになったのか・・・。
 噂では、第二次世界大戦のとき、アメリカ軍が日本軍と戦うときに、機体の
 日の丸を狙えば、命中しやすく、しかも日の丸の所が、燃料タンクだったから
 狙って打って
 「lucky strike!」
 という事で白地に赤丸のデザインになったと聞きましたが、
 本当のお話は・・・
 昔のパッケージと現行のパッケージデザインが大きく違うところは、
 昔は緑色のバックに金色の縁の赤丸でした。
 現在の白地のデザインに変更したのは、1942年。
 第二次世界大戦に突入し、パッケージに使われている緑の塗料に含まれる
 「チタン」金色に含まれる「青銅」を軍需物資として供給したためなんですね。
 お陰で色んな噂が出ていましたがこれは本当のお話です。
 (タバコ博物館で知りました。)
 ちなみに、ラッキーストライク」は日本への原爆投下を記念して作られたと
 いうのは、ただの噂でラッキーストライクの発売は1871年です。

「チョン」が1980年代からなどと、明らかな間違いを書く輩がいるので注意が必要。


336 :朝まで名無しさん:02/07/31 23:07 ID:ipPYM3AE
呉智英の受け売りをする奴がいるな。誰とは言わんが。

337 :朝まで名無しさん:02/07/31 23:16 ID:77aWu/O5
>>335
どの意味の「チョン」のこと?

>>336
カタい事言うなよー。嘘じゃないんだし(w

338 :朝まで名無しさん:02/07/31 23:23 ID:y7EO3MRp
ラグビー
今となっては、立派なスポーツ、しかし発祥は「ホントは怖い」そのもの。

元々は、羅倶美偉(らぐびぃ)と書く。
古代中国では、対戦国お互い全員が劇薬を飲んだ。
これを飲むと通常成人の場合、20分で死にいたるという。
助かる道はただ一つ、解毒剤を二十分以内に服用することである。

解毒剤を相手陣内にある箱に入れ、その箱の鍵を鋼鉄製の球の中に入れる。
この球を奪い合い、早く鍵を開け解毒剤を飲んだ方が勝ち。
もちろん,負けた方は全員死亡するという、国を賭けた争いが、この発祥である。


出典は・・・ゴメンね、もうやめます、ハイ。
息抜きに。

339 :朝まで名無しさん:02/07/31 23:23 ID:ipPYM3AE
まあどうでもいいけどさ(ww

340 : :02/07/31 23:23 ID:mC30dOzk
>>329
勉強になりました
ありがとう

341 :朝まで名無しさん:02/08/01 00:21 ID:fgyT+pYK
>元々は、羅倶美偉(らぐびぃ)と書く。
………。

漢字なのか。

342 :朝まで名無しさん:02/08/01 01:26 ID:FDmNuptG


343 :朝まで名無しさん:02/08/01 01:30 ID:FDmNuptG
>>335
コピペ
本当はアメリカのゴールドラッシュの時に
金脈を掘り当てた時に「ラッキーストライク」って言ってたのが語源

344 :朝まで名無しさん:02/08/01 02:35 ID:1vZpKm1t
現在、「バカチョン」とは余り言われないが、「バカチン」とはよく言う。
数年前のログインで、副編集長のマッチー松本が「バカチン市国」というコラムを持っていた。
「バカチョン」と「バカチン」の間に何か関係はあるのか?

345 :朝まで名無しさん:02/08/01 04:17 ID:82l0DfKw

>>344

武田鉄也の金八先生が「こ〜のバカチンがあ〜」ってよく言ってたねえ。

346 :番組の途中ですが名無しです:02/08/01 04:45 ID:LDmfNtIt
ニポポ人形について誰か教えてくれ

347 :朝まで名無しさん:02/08/01 06:46 ID:JxW8KpTE
ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」とは、リンチに遭った黒人が木に吊されている
様を歌ったものだが、まあこれは歌を知ってる人ならみんな知ってる。

348 :朝まで名無しさん:02/08/01 07:25 ID:1r1wG6aQ
>>347
美味しんぼに出てたな。

349 : :02/08/01 11:14 ID:TL4G40NJ
>>338
ラグビーの発祥はそんな話じゃないよ。

有名な話だけど。

サッカー(フットボール)から派生したってのは知らない?

350 :朝まで名無しさん:02/08/01 12:29 ID:7wXlp2Bf
>>349
その程度のこと338が知らないと思って書き込んでるお前がばーか。
なあ338よ。
お前の出典だと、ゴルフの起源は古代中国で呉流布が始めたんだよな(藁。

351 :_:02/08/01 12:38 ID:j4U+KpWv
酒池肉林も三国志系列じゃない?
酒は酒だが肉は美女の肉だったと言う話

352 :朝まで名無しさん:02/08/01 12:42 ID:ceEp0ZL8
カバとトットで「カバトット」って昔ありましたね…


353 :朝まで名無しさん:02/08/01 13:27 ID:oF8T15Zm
>>351

んなこたない。肉は動物の肉。

354 :朝まで名無しさん:02/08/01 13:48 ID:rpwCwNg+
んじゃ恐い話。醤油のルーツ。
http://www.kikkoman.co.jp/soyworld/museum/rekishi/print_rekishi.html
『■しょうゆのルーツ、中国の「醤」
しょうゆは日本で発展した発酵調味料ですが、そのルーツを探ると、中国の「醤」(ひ
しお)にたどりつきます。』
中国の「醤」(ひしお)は人肉製。確か孔子も大好きだったはず。


355 :朝まで名無しさん:02/08/01 14:07 ID:+Uw2bE0F
>>351
中国では昔、妻子を殺してもてなすのが最高のもてなしだったから、
その解釈は正しいんじゃないかな。
中国の古典を読めばわかる。たくさんの人間が食われてる。

356 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:03 ID:oF8T15Zm
>>355

>中国では昔、妻子を殺してもてなすのが最高のもてなしだったから、

それはいつの時代?何に書かれていること?


357 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:08 ID:mrhC04MA
>>355
貧しい家の娘が「偉い人がウチにくるのに食べるものが無いから」と
自ら鍋に飛び込んだという話が美談(孝行娘の)として伝えられてるね。
原典は忘れた・・・・スマソ

358 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:08 ID:oF8T15Zm
酒池肉林の出典は史記。紂王の放蕩ぶりを表した
”酒を以て池と為し、肉を懸けて林と為し、 男女をして裸にして其の間に相逐わしめ、長夜の飲を為す。”
から来ている。この肉が人肉だって解釈は初めて聞いたぞ。誰がそんなこと言ってるんだ?



359 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:09 ID:mrhC04MA
>>356 でしたね

ついでに、、、「何て良い娘なんだ」と感動しながら
親父とお客さんは、その娘を食べました・・・・とさ

360 :_:02/08/01 15:12 ID:e7+vTwb8
酒池肉「林」だから納得できそうな話だよな、と思うのだ

361 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:13 ID:oF8T15Zm
>>359

すまんが出典が明らかでない限り信じられない。


362 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:14 ID:Sc+P6Y6x
>>354
日本の醤油の起源は、味噌を作るときに桶に残った廃汁。
味噌を広めた坊さまが、たまたま舐めたら美味かったという偶然の産物。

363 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:14 ID:mrhC04MA
酒池肉林はともかく中国では昔から食ってたみたいだね

子供を殺して塩漬けにして親に送る・・・とかさあ!
あ!もちろんいやがらせの為ね!

>>361
有名な話だから調べりゃすぐに出てくると思うよ
まあ信じなくても君の勝手

364 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:15 ID:oF8T15Zm
調べりゃすぐに出てくるのなら、すまんがちょっと調べてみてはくれまいか?


365 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:19 ID:Dt6WNsSj
>1
それくらい知ってるっての。

366 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:22 ID:slWYxC6N
こけしについて
Q;こけしのいわれは?
A;こけしは、江戸時代東北地方より生まれ、場所によっていろいろな
呼び方がありました。木で作った人形からきた木偶(でく)系(きでこ、
でころこ、でくのぼう)、這い這い人形からきた這子(ほうこ)系
(きぼこ、こげほうこ)、芥子人形からきた芥子(けし)系(こげす、
けしにんぎょう)などその産地によって呼び方は違っていましたが昭和に
入ってから「こけし」と呼ばれるようになってきました。

Q;こけしの起源は?
A;主に貧しい山村でおもちゃを持たない子供たちに作り与えた木の人形
が始まりという説ともう一つの有力な説は東北地方の山村の民族的信仰説
でたとえばオシラ様のような土着的信仰偶像と関係があったという説、
あるいは「ホウコ」が東北の山村でこけしに変化していったという説です。
ただしこの起源に対しての明確な答えは出ておりません。
尚、こけしが「子消し」から変化したもので間引きの際その子供の霊を
慰める為にこけしを作ったという説を聞きますがこれは根も葉もない
俗説です。

こけし業者は否定してるけど・・・
ttp://www.usaburo.com/nQ&A.htm

367 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:23 ID:mrhC04MA
>>364
出先なので現在手元に資料無し

368 :朝まで名無しさん:02/08/01 15:28 ID:Dt6WNsSj
つーか知ってることバッカなんだけど。
それも間違ったままとか・・・・・・。
リア厨には新鮮?!

369 :大天才様1号:02/08/01 15:52 ID:5vowD7TI
把酒倒滿在大池子裡,稱為「酒池」;把大量的肉串豎在地上,稱為「肉林」。
然後要男男女女,赤裸著身子在裡面追逐嬉鬧。

370 :朝まで名無しさん:02/08/01 16:07 ID:ObHd3A3R
民明書房のどこ見りゃいいの?

371 :朝までこけしさん:02/08/01 17:16 ID:nN2SfMc7
いろんな本が出てるのねー。
次はどれの話する?
http://www.geocities.co.jp/Playtown/9445/o1.html

372 :338:02/08/01 17:28 ID:7ObJ6lJo
まさか、マジレスがくるとは・・・
時代というか、自分の歳を感じた瞬間でした。

ちなみに、「マジレス」というのは、古代中国では「魔時霊素」と書き、嵐を呼ぶ呪文とされていた。
もちろん、この荒らしを回避するための呪文というのも存在する。
最近ではもう使われてるところを見ることがなくなったが、「御前藻那」というのがそれである。

出展・・・二番組

373 :朝までこけしさん:02/08/01 17:31 ID:toXrdBPb
俺的にはモンゴル勢がツボだ。

ドスコイ・カーン

ドザイ・モーン・・・プ

374 :朝まで名無しさん:02/08/01 17:54 ID:q8v43oB9
かつて徳島の田舎町で家庭教師をしていた青年がいた。
教えていた子供の名前は太郎君。
将来の夢が学校でいちばんの成績を取ることだった太郎君。
しかし太郎君はその夢を叶えることなく、亡くなってしまう。
青年はその時泣きながら、
「太郎君、僕が必ず君を一番にしてあげるぞ!」と霊前に誓う。

その後、日本語ワープロソフトを作りあげた青年はそのソフトに
日本で一番のソフトになるように、「一太郎」と名付ける。
その青年こそ、だれあろう、ジャストシステムの創業者である。




375 :朝まで名無しさん:02/08/01 17:57 ID:+BSamIut
なんだか民明書房的デタラメ薀蓄スレに変容しているな。

376 :朝まで名無しさん:02/08/01 17:58 ID:txXnjqpr
>374
一太郎は一番じゃないけどな

377 :朝まで名無しさん:02/08/01 18:16 ID:Ld0kRE/o
♪新宿西口駅の前〜
  真ん中通るは中央線〜

ってヨド○シカメラの曲あるじゃん。
あれって実は差別の曲で、南米かどっかで歌うと殺されると
友達がしきりに言ってたのだけど、詳しいこと知ってる人いる?

378 :朝まで名無しさん:02/08/01 18:20 ID:Gtfajxiw
かごめかごめ とおりゃんせ ばかちょん こけし でここまできたのかよ。
では、お題

花いちもんめ について

買って嬉しい花いちもんめ
負けて悔しい花いちもんめ
となりのおばさん ちょっと来ておくれ
鬼が怖くて行かれない
お布団かぶって ちょっと来ておくれ
お布団ボロボロ(びりびり)いかれない
(略)
あの子が欲しい
あの子じゃわからん
(略)
相談しよう そうしよう

花街に売られていく 遊女の歌だと聞きました。
大人になって、よく読みこむと確かに・・・

379 :朝まで名無しさん:02/08/01 18:56 ID:sIMqi3oO
>>377
リア小の頃、同じ曲に違う歌詞(日本語)を習った記憶あり。
1980年代初め頃。

一人と一人が腕組めば〜(まあるい緑の山手線)
たちまち誰でも仲良しさ〜(真ん中通るは中央線)
みんなみんな集まれ〜(新宿西口駅の前)
みんなで歌え〜(カメラはヨドバ○カメラ)

なんとなく、もっと遥かに古い海外の歌のような気がする。
南米説ってのもあるのか。

380 :朝まで名無しさん:02/08/01 18:58 ID:tdYCU6+v
>>315
ロシア(というかソビエト)は伝統的に南下政策をとる。
これは寒いからだともいえるけど、実際には不凍港がほしいという
実務的な理由もある。
アフガン侵攻も根っこにはこれがある。
で、ウラジオストックは初の不凍港で、そういう意味では東を征服し
たといえなくもない(かも)。
ウラジオストックが本当に不凍港といえるのかというのはさておいて。

381 :朝まで名無しさん:02/08/01 19:11 ID:+BSamIut
>>377
おたまじゃくしは蛙の子
なまずの孫ではないわいな
(以下略)
が、元の詩じゃないのか?これも替え歌なのか?

382 :377:02/08/01 19:21 ID:Ld0kRE/o
>>379
南米じゃなくて、イソディアソだったかもしれない。
気軽に海外行って歌えないね。もっとも歌う理由ないけど(w

>>381
初めて知った。それが本当の元ネタなのかな?

引き続き情報キボンヌ

383 :朝まで名無しさん:02/08/01 19:48 ID:+BSamIut
こんなの見つけた。元はアメリカの民謡らしい。
http://www.interq.or.jp/japan/k3j/children's%20song/animal%20song/otamajyakusi.htm

384 :朝まで名無しさん:02/08/01 19:53 ID:8Oe1YVRC
ラーメンの汁を飲むのに使うレンゲ、私の家ではチリレンゲと
呼んでいた。社会に出てチリレンゲと呼んだら馬鹿にされた。

だが、レンゲの名の由来は、蓮華の花びらが散った形だからだと
この前テレビでいっていた。
だから正式名称は「チリレンゲ」でよいのだ。

バカにした連中!どっちがバカだ!土下座しる!!

385 :朝まで名無しさん:02/08/01 19:54 ID:sIMqi3oO
>>335
「Lucky Strike」という「言葉」は石油採掘関係で正しい。
「幸運」とはまさにこういう種類の状況で使われるし。
(機銃掃射が日本機に運良く当たってラッキー♪なんてのはいくら能天気なアメ公でも言わない)

いやしかし、よりによって1942年にデザイン変更してまさに日の丸にするとは・・・・。
1941年に真珠湾攻撃でボコボコにされてるからねー。
「日本憎し」の感情と全く無関係とも思えないんだけど・・・・・・・。

デザイン変更前のラッキーストライク
http://www.anbhf.org/graphics/lucky.jpg

デザイン変更後のラッキーストライク
http://www.hdg.de/Final/images/pic2765-0.jpg

零式艦上戦闘機二二型
http://www.asahi-net.or.jp/~la3k-kmt/astroboy/zero3.jpg

99式艦上爆撃機
http://saiwm.com/val/pear5.jpg

おまけ(太平洋戦争を激しく意識したポスター)
http://www.geschenkboutique.com/images/Art_mittel/29-lucky.jpg

386 :朝まで名無しさん:02/08/01 19:57 ID:q8v43oB9
>>377

おたまじゃくしの歌は、原曲を「白人讃歌」と言って
白人がどれだけ優れているかを歌ったもので、
歌詞の中には、黒人や黄色人種に対する偏見と差別が溢れまくっている。
3番の歌詞の中に、「日本人は小さくて薄汚い」という歌詞があり問題になった。

387 :朝まで名無しさん:02/08/01 20:00 ID:sIMqi3oO
是非、英語歌詞の全文キボンヌ>>386

388 :朝まで名無しさん:02/08/01 20:06 ID:Gpkj96Vj
普通歌われている「十人のインディアン」
http://www.interq.or.jp/japan/k3j/other%20song/jyuuninnoindhian2.htm

マザーグースの十人のインディアンが歌われている歌
http://www.stmarymead.com/jp/indians.html
「マザーグース」の項
(゚∀゚)アヒャヒャ

389 :朝まで名無しさん:02/08/01 20:18 ID:qr/KqMVY
>>388
最後の"He got married"は「結婚した」って意味ではないのれすか?
しかも全部"little nigger boys"になってるし・・・・・。
マザーグース版は本当にこうなの?つうか、ネタHP?

390 :朝まで名無しさん:02/08/01 20:33 ID:wLbRI9WA
誰か[ずいずいずっころ橋]の起源をご存知ですか?茶壷に追われて(茶壷??)抜けたらどんどこしょ??
意味が全くわかりません

391 :388:02/08/01 20:34 ID:Gpkj96Vj
(゚∀゚)アヒャヒャ・・・・・

(゚∀゚)ハッ!!
もうちょっと調べてみたらこんなページがありまつた。
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~katsurou/rare/andthen.html

>クリスティ研究家G・C・ラムゼイ氏によると、童謡「Ten Little Niggers」は
>1864年にアメリカで作詞され、1868年にイギリスで改作されたそうです。
>1960年代まで黒人を見かけることのめったになかったイギリスでは、
>「Niggers」と言う言葉に偏見の意味があるとは誰一人思わなかったらしく、
>クリスティもその例外ではなかったでしょう。
>1940年、大西洋を渡ってアメリカで本書が出版された際、
>「Niggers」に代って「Indians」が採用された理由はただの思い付きだったようです。
>アメリカにはすでに「Ten Little Indians」という別の童謡が存在しており、
>それを意識した結果であったのも事実でしょう。
>イギリス版の童謡には実際二種類あり、
>クリスティが幼い頃はもう一つの「一人が結婚して、誰もいなくなった」
>という歌詞の方が一般的だったらしく、戯曲ではこちらをエンディングとして採用した話は有名です。

だそうなんで、回線切って「got marriedじゃない方」をするのはカンベソ。

392 :朝まで名無しさん:02/08/01 20:42 ID:qr/KqMVY
>>390
現代でいえば、パフィーの「アジアの純真」みたいなもんで、意味は殆ど無い。

393 :朝まで名無しさん:02/08/02 00:57 ID:c2uAgZZR

 た ば こ 博 物 館 必 死 だ な (藁

394 :朝まで名無しさん:02/08/02 01:00 ID:u/R+SPuX

 こ け し 製 造 業 者 必 死 だ な 〈藁

395 :朝まで名無しさん:02/08/02 02:10 ID:sWG7SlSS

か ご め  必 死 だ な 〔藁

396 :朝まで名無しさん:02/08/02 19:15 ID:tDI28Diu
ヨド○シの歌は
グローリ グローリ ハレルゥーヤ

あとで
ごんべさんの赤ちゃんが風邪引いた
っつうのも有ったっけ。

397 :朝まで名無しさん:02/08/02 19:58 ID:ho0GC9eZ
そこで慌てて湿布した、だっけ?>権兵衛さん

398 :朝まで名無しさん:02/08/02 20:35 ID:tDI28Diu
>>397
あたりっ!

399 :朝まで名無しさん:02/08/02 20:42 ID:ISVKlh9s
“すっとこどっこい”“てやんでぃべらぼーめ”“おとついきやがれ”・・
江戸っ子ってDQNだね(w

400 :朝まで名無しさん:02/08/02 20:59 ID:19YntyYK
「立川のブラインド」って
直訳すれば「立川のめくら」だよな

401 :朝まで名無しさん:02/08/02 21:08 ID:cojZtZkN
昔、アグネスチャンが歌った「ひなげしの花」と言う歌があったが
古代中国では、「虞美人草」と書いたらしい。(今でも書くのかも知れんが)

時は戦国時代、漢王劉邦に追い詰められた項羽が、烏江にて果てる前に
項羽の正室である虞美人が自決した。
やがて廻ってきた春、その地に端麗な花が咲いた。
人々は、この花を虞美人草(ひなげし)と呼んだ。

おわり。(怖くなくてスマソ)

402 :朝まで名無しさん:02/08/02 21:37 ID:dVAsnAja
>>390
茶壷とは、将軍へ届ける高級茶の入った茶壷のことです。
江戸城下では、将軍へ届ける茶壷は、大名行列同様の行列をしましたので
茶壷の行列が来たら、土下座拝復する必要がありました。
うっかりしたことをしたら、茶壷に対する不敬罪で斬殺される可能性があったので
人々は茶壷行列から逃げました。
「茶壷に追われて」
とは、そういうことです。
「どっぴんしゃん」とは、戸を閉めて屋内へ逃げこむ擬音です。
「抜けたら」とは茶壷行列が通りぬけたら、の意味です。

以上は確実。後は忘れた。隠れ家の中でお医者さんごっこでもしていることを
歌っているんじゃないかな?

403 :○怖くなくてスマソ:02/08/02 21:47 ID:ho0GC9eZ
さて、分かっている人は既に分かっているとは思うが、バカチョン議論に補足させていただく。

オートフォーカス(自動合焦)とオートアイリス(自動露出)は別物だ。
オートフォーカスカメラ(Konica C35 AF=ジャスピンコニカ)は、1977年に登場するが、
オートアイリスカメラはそれよりも16年ほど先に世に出ていた。
(さらにそれ以前のカメラは、はっきり言って馬鹿には使いこなせない)

オリンパス PEN EE
******************
Pen EEはPen EEシリーズのトップバッターとして1961年に製造開始されたモデルです。
そもそもの開発意図は当時のカメラは男の道具であり,写真撮影という行為自体が高度
な知識と技量を必要とする、といった考え方を払拭して女性でも子供でも(女性や子供を
バカにしているのではありません。当時の一般的な観念を示しているだけです)写真撮影
を楽しめる、そんなカメラを目指したものです。 したがってシャッタースピードだとか絞り
などといった露出に対する知識を不要とする、押せば写る夢のカメラ(米谷さんはこうい
うカメラをボタンカメラと呼んでいます)を目指して開発されました。
http://isweb26.infoseek.co.jp/photo/penworld/camgal/ee01.htm#TOP

↓ちなみにこのHPでは、PEN EEを「バカチョンカメラ」と紹介しています。
http://homepage1.nifty.com/olympuspen/zatsugaku/ee01.htm#Z01

404 :390:02/08/02 22:55 ID:rv+4BvXB
>>402 自分も書き込んでから幾つか検索の結果、同様の知見を得ました。
スレタイとは少しズレて余り怖い由来ではありませんでしたね.Resありがとうございました。

405 :朝まで名無しさん:02/08/02 23:27 ID:TDhZlxs4
バカチョン、マタキタ━━━━━(・∀・)━━━━━━!

406 :朝まで名無しさん:02/08/03 00:36 ID:d/hp0Esx
つうか井上順とか弘田三枝子とかアグネス・チャンとか、懐かしすぎ(W

407 :朝まで名無しさん:02/08/03 01:02 ID:0r6CvhK1
u

408 :朝まで名無しさん:02/08/03 02:09 ID:MAJHgDnZ
>>406
40歳代でつか (´¬`)

409 :朝まで名無しさん:02/08/03 02:22 ID:kxT+HAEx
>>17
>口に入れて、グチャグチャになるまで噛んでね

>しばらくすると口内細菌?の働きでアルコールが
 生まれて、それがお酒になったわけです。

遅レスですが
正確に言うとちょっと違います、米を口に入れて噛むのはでんぷんを
ブドウ糖にするためです、これは唾液の中の酵素がしてくれます。
壷に入れたあとに酵母がアルコールに変化させます、
酵母は米の表面などに付着しているはずです。

410 :朝まで名無しさん:02/08/03 09:39 ID:AEgTAVJx
>>409
麦芽糖と思われ

411 :朝まで名無しさん:02/08/03 12:50 ID:6LDlyZE1
初代バカチョンカメラが登場したのが1961年!
弘田三枝子のVACATIONが大ヒットしたのが1962年!
これはもうほぼ同時期といっていいよな。
(なんと>>217説は正しかったのか!)

つまり問題のバカチョンCMは、1962-1966年の間ぐらいに発売された可能性が高いっつうこった。
多分1961年から数年の間に同社から後継機も出たろうし、他社からも似たものが続々と出たろう。
これは同時に、Vacationという言葉もある程度世間に定着しつつ風化しないぐらいの時期とも言える。

初代バカチョンカメラそのものがいきなりバカチョンCMを使ったとは考えにくいので、
翌年〜翌々年ぐらいに出たカメラが怪しいと思う。

ただし・・・・・ミッシング・リンク「萩本欽一CM」には残念ながらまだつながっていない・・・・。
あと・・・・・・カ○ラのドイのCMにもうまいことつながらん・・・・・・鬱だ。

412 :411:02/08/03 12:51 ID:6LDlyZE1
連続スマソ。

バカチョンCMを使ったカメラは未だ特定できていないわけだが、
初代バカチョンカメラ=オリンパスPEN EEの開発者の米谷さんは、
差別語生みの親として(不当に)叩かれた過去を持っていると確信する。

漏れにこの確信を抱かせるのは、>>403のカメラ紹介文に漂う雰囲気だ。
単純明快な成功談のはずなのに、何故か妙な雰囲気が感じられないか?
このカメラの狙い自体は手放しで素晴らしいのに、なんで弁解がましいんだろう?

しかも「ある言葉」を意図的に避けているような気もする。
なんで聞かれもしないカテゴライズ・ワード(ボタンカメラ)を答えているのだろう。
なんでそれがしかも「ボタンカメラ」などという聞いたことも無いような言葉なのだろう?

どうだ、発売後に差別語の生みの親として不当に叩かれた悲哀が滲んではいないか?
↓特にこの辺に。

>(女性や子供を バカにしているのではありません。当時の一般的な観念を示しているだけです)
>(米谷さんはこうい うカメラをボタンカメラと呼んでいます)

413 :大天才様1号:02/08/03 13:24 ID:3Koq5pVS
>>409
なるほど!勉強になったよ。
噛むのは糖分にするためなんだね。

ただ、細かいことを言うようだが、唾液がでんぷんを分解してできるのは
麦芽糖だべさ。

414 :朝まで名無しさん:02/08/03 13:29 ID:fGu0SmmG
>>413
プライドの高いあんたの事だから、一ヶ所でも突っ込みたい気持はわかるが
外出だぞ>麦芽糖

415 :朝まで名無しさん:02/08/03 15:26 ID:xo/88BfU

 欽 ちゃ ん を 小 一 時 間 問 い 詰 め た い (W

416 :朝まで名無しさん:02/08/03 16:42 ID:XHP0dwMB
ビルゲイツが、妻と初夜を迎えたときだった。
コトが終わった妻が、彼に言った。
「貴方が何故、マイクロソフトと名付けたか分かったわ」


417 :朝まで名無しさん:02/08/03 16:53 ID:IZTHaA2n
なんと素晴らしく上品な小話なんだろう! >>416

418 :名無しさん@3周年:02/08/03 17:53 ID:AEgTAVJx
>>416
ワラタがこちらへドゾ(w
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news2/1021635386/l50

419 :187:02/08/03 18:12 ID:iPyDSuBm
久しぶりにバカチョンカメラの話題がでたのでちょと書き込み
ワシは43才
>バカチョンCMは1962-1966年の間ぐらい
ワシ4才から8才

リアルタイムではあるけれど
かなり若い

もう少し年上の人はいませんか?

420 :朝まで名無しさん:02/08/03 18:46 ID:2EWXcjjL
○勿来の関(福島県いわき市)

5世紀に作られたこの関所は、同時代に作られた白河の関、念珠ヶ関とならんで
”奥州三古関”と呼ばれている。”来る勿れ”という意味を持つ地名は、この地が、
古代蝦夷人たちが住んでいた蝦夷地への入り口であったことを今に伝え、現在も、
関東と東北との境となっている。


「毛人(縄文人?)は来るな。」の意味。
いや、別に怖くはないけど。


421 :朝まで名無しさん:02/08/03 18:53 ID:vrG4G7pN
416>・・マイクロソフト・・
Great!、まるで旧ソ連のレジェンド(小咄)のようだ。
中国語ではMSは”微軟”らしいな。


422 :朝まで名無しさん:02/08/03 19:32 ID:AI/VBtC+
ビルゲイツ小咄ページのパクリじゃん。

423 :朝まで名無しさん:02/08/03 20:44 ID:m8QhZAEv
おいおい、久々に来てみたら・・・
チョン=チョソン(朝鮮の半島読み)というのは無視されていまだに戦後発祥説なのか?
江戸時代からチョンと呼んでたんだよ!

それじゃ悪い意味ないじゃん、というのはそのとおり。
元々はちょっと音が滑稽っぽかったので面白げに使う程度の語だったわけ。
悪い意味が付き始めたのは朝鮮への干渉をはじめた頃なんだろうね。
ロシアについても強大な国というイメージだった頃は露助なんて馬鹿にした言い方はしなかったわけだが、日露戦争のあたりから蔑称が広まったようだ。




424 :朝まで名無しさん:02/08/03 22:04 ID:ktTv+xTV
バカチョンスレ立てろ!バカチョンが!

425 :朝まで名無しさん:02/08/03 22:09 ID:PEfZQqC1
このスレがバカチョンスレの隠れ蓑!

でも俺はバカチョンの話はもういいと思っているんだけれどな

>>424
ネタふれってください。


426 :朝まで名無しさん:02/08/03 23:07 ID:RQbqg/no
昔は 栄養状態、その他で 子供が大きくなるのは
本当に大変な 事だったらしい

「七つの子」とか 七五三 雛祭り
上げるとキリがない


427 :朝まで名無しさん:02/08/04 00:54 ID:aGIqwgrn
>>423
明白に「朝鮮人」を指すと分かるような文献を示してくだされ。
文献には無い、というのであれば、申し訳ないが信用する訳にはいかない。

今と違って江戸時代の本は、差別語・蔑称・隠語・放送禁止用語のオンパレードだった。
チョンが「朝鮮人」という意味で使われてたのなら、必ずどこかの本に記載があるはずだ。

ところが私の知ってる限り、いかなる文献にもそのような例は無い。
あるのはチョン=僅かな・愚か者等という使用例のみ。
とてもじゃないが「朝鮮人」とは全くつながらん。かすりもしないぞ。

貴殿は今一度、自らの「思い込み」を検分なされた方が宜しいのでは。

428 :朝まで名無しさん:02/08/04 03:04 ID:VY5Iwrsq
>>423>>427
なんか白熱してるようなので、軽く調べてみますた。
李氏朝鮮時代から別の蔑称はあったみたいだね。ってことは14世紀頃からあったってことかな?
朝鮮人に対する蔑称のうち、戦前から存在すると思われるものは以下の2つしか発見できなかったれす。

       【ヨプチョン】【葉銭】
       ○(1)[古]李氏朝鮮時代に流通していた、使い古されて枯れ葉のように穴の空いた貨幣のこと。
       ○(2)[朝](転じて)朝鮮人の蔑称。

       【ヨボ】
       ○[差別語]朝鮮人を馬鹿にした言い方。

ソースの[私立PDD図書館/百科事典]には【チョン】の項自体が無かった。広辞苑には朝鮮人以外の意味だけのってる。
つうか少なくとも70年代以降は明らかに朝鮮人=チョンと読んでるんだから、そろそろのせた方がいいのでわ?(w
あとハンチョッパリ(半日本人)とかぺッチョン(日本でいう穢多に相当)とかの朝鮮語は、朝鮮人どうしの差別に使われるも
ので日本人は使わない、つうか使っても意味的に罵倒になりませんしね(w。

429 :朝まで名無しさん:02/08/04 03:24 ID:VY5Iwrsq
なんかチョン議論に加担してしまって申し訳ないので、ちょびっと怖い話。
物の名前の由来じゃないけどね。
昔の、といってもつい20年程ぐらい前までの話だが、産婆さんは手の小さい人しかなれなかった。
なんでかっつうと、難産の時に体内に手を入れて赤ん坊の頭をコネコネして細長くしてやる為らしい。
そうするとツルッと出て来るそうな(w
んで赤ん坊の頭はまだ頭蓋骨が柔らかいので、出産後に数日かけて元の形に戻してやるのだそうな。

漏れ的にはすげー怖い話ですた。

430 :朝まで名無しさん:02/08/04 03:29 ID:yfyF3cy6
Marlboroは
マン オールウェイズ リメンバー  ラブ
ビコーズ オブ ロマンス
だったかな

ごめん英語できなくて

431 :なんでもしってる:02/08/04 03:58 ID:q1mnM7vV
チョンガーのいみは、イギリス紳士を良しとした、戦前日本の上流階級、なんばーすくーる生
等から広まった。chamber(個室持ち=bachelor)=独身貴族。から来ています。

だから、博多に単身赴任するお父さんなどを、昔は博チョン(博多のチョンガー)=博多の独身貴族
と読んでいたんだよ!

432 :朝まで名無しさん:02/08/04 04:05 ID:DbqenGn8
>>430
すんまへん、二文字斜読みしちまいました。
んー、でもなんで女性器のことそう言うんだろ?
子供万人産むっちうことなのかな?

433 :朝まで名無しさん:02/08/04 04:43 ID:VY5Iwrsq
すげーHP発見してしまいますた!>バカチョンマニア

なんと80歳の現役記者だそうです!生き証人です!(w
なんか本気で[バカチョン]という言葉を追いかけたみたいっす。
彼によれば、[バカでもチョンガレでも(どっちも仏教用語)→馬鹿でもチョンでも]、らしい。ただしこれには学術的な
決定打はないと認めてますが。

[チョン]単独については、豊富な経験と人脈を使って調べた結果、少なくとも敗戦時までは
朝鮮人の蔑称ではなかったという結論。ただし戦後に[朝鮮人]という意味が出てきたと言ってます。

あと[バカチョンのチョンは朝鮮人を馬鹿にしている]という誤解の生まれた原因は、バカチョンカメラと同時期に、
週刊誌などで[札幌に住んでる独身者]のことを[札幌チョンガー→サツチョン]と呼んだりした時期があり、これが誤解に
拍車を掛けたのではないか、と指摘してます。これは>>431さんの言ってることとも見事に一致してますねー。

興味ある方は読んでみてくださーい。ではオヤスミ。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8868/bangai1.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8868/bangai2.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8868/bangai3.html

434 :朝まで名無しさん:02/08/04 05:20 ID:tiGCOKv3
レスタイからずれてるね

435 :朝まで名無しさん:02/08/04 05:21 ID:tiGCOKv3
間違った
スレタイだ

436 :朝まで名無しさん:02/08/04 05:48 ID:Dp4dnWVk
>「永久」戦犯

どっちにしろ東条英機は自殺したんじゃなかろうか
自殺することで英雄化されるのもアメリカは阻止したんだろう
乃木大将も明治天皇の崩御で自殺したくらいだし

って違う?

437 :朝まで名無しさん:02/08/04 05:51 ID:Dp4dnWVk
英雄化はされないかスマソw

438 :こぴぺ:02/08/04 07:45 ID:Bp3mDUBj
名前じゃないけど・・・

かのダグラスマッカーサーもフリーメーソンの一員で、戦後日本を裏で操作するために送り込まれた人物だ。
フリーメーソンといえばアメリカ合衆国。俺を入国拒否した憎き国(爆)←逆恨みかっ!
アメリカはフリーメーソンが作った国だ。大統領のほとんどがフリーメーソンで、表番長と裏番長という感じ。
もちろん裏番の方が強くて権力もある。アメリカの1ドル紙幣の裏に書かれているピラミッドの中に目がある
奴がフリーメーソンのシンボルマークだ。超有名な常識。
もっと言えば、日本の5千円札だ。裏に書かれる天皇家の菊紋を真っ二つにし、間にシンボルの目を入れ、
さらには富士山が湖に映った姿と見せかけ、自分たちのユダヤ教で有名なシナイ山を描いている。ひっくり
返して見るとよく分かる。富士山とは別の山だという事が。これらは日本をフリーメーソンで支配するという
暗示や予告と言われているらしい。キャバクラで使えそうな小ネタなので是非オネエチャンとのトークに
使用してみてください(笑)
そういえば、アメリカもフリーメーソンだらけだけど、アメリカが中心になって作った国連もフリーメーソンの巣窟
らしい。国際連盟設立時の事務局次長だった新渡戸稲造はフリーメーソンに染まっていたという噂も・・・
よく考えたら当時マイナーだったが5千円札の顔になるっていうのは子供ながらに不自然さを
感じたのを覚えている。今思えば、こういう背景から採用されたのかもしれない。

439 :朝まで名無しさん:02/08/04 11:49 ID:ZApJHY2i
>434
っていうか、スレタイが限定的過ぎる。
「本当は」「怖い」「物の名前の由来」って、ピッタリ一致するネタは少ないだろ。
レスも止まりがちで当然。


440 :朝まで名無しさん:02/08/04 11:52 ID:bz8m7gh1

新札発行の背景についての情報を求む!
果たしてフリーメーソンマークは消えるのか?!


441 :朝まで名無しさん:02/08/04 11:56 ID:buOuWgWM
フリーメーソンってイギリスの商業者組合から発展した物じゃないの?

442 :朝まで名無しさん:02/08/04 12:40 ID:ZApJHY2i
「物の名前の由来」か・・・・・・・。では怖くないのをひとつ。

夏になると浴衣がいいですね。ところで「浴衣」は何故「ゆかた」と読むのでしょう。
明らかに漢字と読みに関連が無いですよね。

昔は浴衣は「湯帷子(ユ-カタビラ)」と言ったのだそうです。
湯上りに着る帷子(一枚物の着物の総称)という意味ですね。
これが後にできた別の語である「浴衣(ヨクイ)」の読みの座に、
何故か無理やり収まってしまったのだそうです。

言葉同士の自然淘汰・弱肉強食の世界にある、稀有な共生の例でした。
いやあ、言葉って本当に怖いものですね!

443 :アメリカの1ドル札:02/08/04 12:43 ID:oP17stPm
アメリカの1ドル札を見た事あるか??
厨房、高房には未だ見た事無い奴がいると思うが・・・・。

1ドル札にはピラミッドの絵が入っている!! 
アメリカにはピラミッドなんて無いし、歴史も無い!!
なぜピラミッドの絵が札に・・・。

その理由は、アメリカ経済はユダヤ人が握っています。
ピラミッドはユダヤ教の象徴の一つだからです。
アメリカ合衆国とアメリカ経済はユダヤ人のものだったのだ。

444 :朝まで名無しさん:02/08/04 13:05 ID:hyCcmc5W
ロシアのウラジヴォストーク(ウラジオストック)

これはロシア語で東を征服するという意味です
日本は征露丸を正露丸に改めましたが、
ロシアは依然として日本を征服しようとしてるんかい

445 :朝まで名無しさん:02/08/04 13:13 ID:MP1PAXdn
>>444
全く同じ文章が>>315にあるけど・・・。

446 :朝まで名無しさん:02/08/04 13:14 ID:3TPyFre+

 ロ シ ア 必 死 だ な 〈藁

447 :朝まで名無しさん:02/08/04 13:18 ID:Gtp3ajSZ
>>445
このスレを24時間監視してる呉血英が、
自分の著書がパクられた時に貼る抗議のコピペなんだよ(W

448 :朝まで名無しさん:02/08/04 17:32 ID:g3RUxjXN
ばかちょん マタマタキタ━━━━━(・∀・)━━━━━━!

語源の謎が少しずつ解ける過程がおもしろいので期待して見てます

449 :朝まで名無しさん:02/08/04 18:58 ID:EaGFiDYz
>>431-433
朝鮮語のチョンガーもそのまま独身男って意味なんだが(漢字だと總角と書くらしい)、
もし英語起源なら日本→朝鮮と伝わったのかな?
俺はずっと朝鮮語起源だと思ってたんだが(;´Д`)




と微妙に話題をリンクさせてみるテスト

450 :朝まで名無しさん:02/08/04 20:44 ID:ivV8TtWa
443>・・1ドル札にはピラミッドの絵が入っている・・
うろ覚えの記憶だが、米1buckのピラミッドは仏人レセップス由来
ではなかったか? 

451 :朝まで名無しさん:02/08/04 22:24 ID:Z4XdbDkn
日本の停滞がその政治体制の疲弊にあるというのはもはや常識。
ゆくゆくは道州制に、などという議論もされている。
さらに地方自治が進めばより独立した州の連邦制へと移行する事になるだろう。
そうなった時、日本は正式名称を日本合州国連邦となる予定なのだが、英語名は当然United States of Japanだ。
しかし日本が再び力を取り戻す事を恐れたアメリカの陰謀でUniversal Studio Japanが略称USJを登録してしまい、将来日本はUnited State of Japanの略称としてUSJを使えなくなった。



452 :朝まで名無しさん:02/08/04 22:28 ID:43hCjWI7
>>451
わらた!(・∀・)
でも国号は登録商標など超越しているはずなので心配はイランじょ。

453 : :02/08/04 22:29 ID:d/PM1FX8
フリーメーソンだろピラミッドと目。
>>449
あなたが正しい。

454 :朝まで名無しさん:02/08/04 22:53 ID:RRl3Rz2n
フリーメイソンって
ライオンズクラブとか
ロータリークラブのような活動している団体だろ?
規模がやたらでっかいが。

悪の秘密結社なんておもっているのはフィクションの読み過ぎ。

455 :朝まで名無しさん:02/08/04 22:56 ID:43hCjWI7
>>454
あなたも正しい。
つうか電話帳にも日本支部載ってるし。(W

456 :朝まで名無しさん:02/08/04 23:28 ID:T62H4Qtt
フリーメイソンの陰謀は世界的に有名です。
それを暴いた本は多数出版され、いずれもよく売れています。
もはや常識といってよいでしょう。

にもかかわらず、そういう本の著者が消されたとか、
何か危害を加えられたという例は皆無です。
何故だかわかりませんが(笑)

457 :朝まで名無しさん:02/08/04 23:30 ID:UVse9C6I
>>456
わらた!腹痛え〜!

458 : :02/08/04 23:47 ID:ApuH50Hh
>>451
そーかあ、USJの水の汚染も、賞味期限切れの
食材使用も、日本の国力回復を恐れたアメリカの
フリーめーソン日本支部の陰謀だったのか。

459 :50・・・:02/08/05 00:27 ID:euy/jx00
なかなかの良スレで楽しんでますが、何も出せない・・・。
代わりに休憩ネタを

弘田三枝子のバケーションという歌は元があって
http://isweb3.infoseek.co.jp/misc/hmika/oldies_mid.htm
ここの「vacation」を聞いてみてね。
ついでに「You are My Destiny」を聞くと驚くよ。

460 :朝まで名無しさん:02/08/05 00:58 ID:VDkF/tql
>>459
V-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun !
いいですなあ。癒されちゃう漏れ。
おもわずお気に入りに登録しますた。

461 :朝まで名無しさん:02/08/05 01:05 ID:VDkF/tql
VACATIONついでにバカチョン関連情報を提供します。

>>217さんが言ってるカメ●のドイのCMのキャプチャ画像です。
磯崎亜紀子タンがV・A・C・・・ってやってますです。そんだけです。はい。
http://www.2001otakara.com/ga-cm/cm242.html

462 :50・・・:02/08/05 01:32 ID:euy/jx00
>>460さんはおいくつ?
私の半分くらいかな(藁
語尾をちょっとだらしなく延ばすところが良いでしょ。

463 :朝まで名無しさん:02/08/05 01:47 ID:Xxets58h
つうかコニー・フランシス知らない人の方が多いのか?このスレ。
vacationがカバーだってのは暗黙の了解だと思ってたが。

464 :朝まで名無しさん:02/08/05 02:18 ID:3L6cyrNb
>>462
漏れは32歳れす。ひょっとしてこのスレでは若造の部類?
オールディーズはかなり好きれすよ。

>>449
朝鮮語のチョンガー(総角=丁年未満の独身男性)の正確な発音はチョンガックですね。
日本で同じ意味で使われているチョンガーのイントネーションは、なんと英語のchamberと完全に同じです。
起源が朝鮮発祥であるのはおそらく間違いないですが、明治末〜昭和初期に日本に定着する際に、
同じ意味で使われていた英語のchamberのイントネーションが混ざってしまった、という可能性もあると思います。

465 :チョソ:02/08/05 02:49 ID:zzwZBuNj
フリーメイソンねたで盛り上がっていたので、
正式名称は「フリー・アクセプテッド・メイスンリー」で
誰でも受け入れると言う意味。
秘密結社どころか、誰でも入団出来る非営利団体です。
また内部では、政治的、宗教的活動は禁止されているので、
集団で陰謀を企てる事など出来ません(W
全然怖く無いよ−

466 :朝まで名無しさん:02/08/05 03:14 ID:6raafvK+
沖縄料理のブタの耳ってなんだっけ?

467 :朝まで名無しさん:02/08/05 03:19 ID:s0No0slB
ミミガー

468 :朝まで名無しさん :02/08/05 03:20 ID:FQ5qHhFi
>>466

みみがー?

469 :朝まで名無しさん:02/08/05 06:49 ID:CO8qeWs9
>>377
あの曲って南北戦争時のどっちだかの軍の軍歌だったとの
70年代少年ジャンプのジャンプ放送局的コーナーで
見た覚えがある。
だからあの曲を軍歌とした軍と敵対した地域に行ってその歌を歌うと
睨まれるということではなかろうか?

470 :朝まで名無しさん:02/08/05 08:21 ID:s0No0slB
>>469
Battle Hymn of the Republic (リパブリック賛歌)
ものの本によりますと、今日知られている「リパブリック賛歌」の歌詞は、
1862年、女性作家で改革家のジュリア・ワード・ハウという人が書いたそうです。
このハウというひと、もともとは、南北戦争中、北軍の兵士が口ずさんでいた
「ジョン・ブラウンの体」という歌を聴いて感動し、
これに新しい歌詞をつけて愛国歌にしようと考えたそうです。
当時新聞の一ページにハウの歌詞が付けられた
「リパブリック賛歌」が大ヒットを飛ばし、
今日まで、独立記念日には欠かせない歌となっています。
日本では、なぜか「おたまじゃくしは蛙の子」とか
「ごんべさんの赤ちゃんが風邪引いた」という歌詞で知られております。
1923年には「リパブリック賛歌」の替え歌、
「ジョン・ブラウンの赤ん坊が風邪を引いた」という替え歌が、
アメリカで出版されたそうですが、
ではなぜジョン・ブラウンさんが「ごんべいさん」になったのか、
私も、さすがにそこまでは分かりません。

・・・・とのことです(どっかのサイトからコピペ)
アメリカでも替え歌やってるみたいね。

471 :朝まで名無しさん:02/08/05 09:34 ID:WyZ6LJrv
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1028507371.mp3
よどばし

472 :朝まで名無しさん:02/08/05 19:18 ID:VW0cnIEV
>>471
安くて何でも揃ってる!(W

473 :朝まで名無しさん:02/08/05 19:29 ID:mvANalVS
三重県
杖衝坂を登るとき、日本武尊の足が三重に折れ曲がった、
というのが三重県の三重(みえ)の由来である。

474 :朝まで名無しさん:02/08/05 19:41 ID:VW0cnIEV
>>473三重に折れるってボキボキじゃん!(´д`)怖いYO!

じゃ、俺も怖いのを軽くひとつ。

思慮が足りないことを「あさはか」って言うよね。
これは漢字で「浅墓」と書くんだって。
めんどくさいからって墓穴を十分深く掘らないで死体を埋葬したら、
数日後に酷い状態になるってこと。
コワーーーーーーイ!

475 :朝まで名無しさん:02/08/05 20:31 ID:RM+f5zZg
>>474
ひどい状態って野犬とかが食い荒らす、ってこと?

476 :朝まで名無しさん:02/08/05 20:59 ID:Prjrm6ny
そうそう、犬で思い出した。
野犬はヤケン。子犬はコイヌ。
母犬もハハイヌ。狂犬はキョウケン。

そう、日本は漢字を取り入れたとはいえ、支那人そのものは野蛮だと感じていたのだ。
だからキケンでヤバンなものの名は音読みなのである。


477 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:08 ID:ato78ZDl
>>476
野良犬は?
捨て犬は?
犬鍋は?

478 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:19 ID:ez8+cMRj
「バカ」の語源は、「鹿をさして馬と為す」から?

479 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:22 ID:BVyVqOZX
クワバラ クワバラ
ってのは、桑原さんの関係なん?

480 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:23 ID:phG0zieZ
アホは阿房宮からきてるんだろ

481 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:24 ID:qym9wQEf
わたしコケシの話しは、大学の民俗学の講議でおそわりましたけど。
このスレでは嘘だってことになったんですか?

482 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:24 ID:phG0zieZ
>>479

1)菅原道真の領土が桑原でそこだけ雷がおちなかった
2)桑畑に逃げ込むと雷がさけられる

2説あり

483 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:27 ID:phG0zieZ
「チョン」というのも歌舞伎の拍子木からきていて
本当は差別用語ではない

「片手落ち」の「手」も”方法”という程度の意味で
たんに「方法がない」くらいの原意だった
いつの間にか差別用語に・・・・

484 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:29 ID:ato78ZDl
>>479
>>482

民話の地名に由来します。
http://www.hyogokenshin.co.jp/discover/Sanda/Sanda2/


485 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:30 ID:8QYluBTz
>>483
>「片手落ち」の「手」も”方法”という程度の意味で

そのうち「一手」とかも差別用語扱いされるかもね。

486 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:33 ID:sgikzp3x
>>473
「三重」の地名は、古事記から
 「古事記」には、父景行天皇の命を受けて東国平定に赴いた倭健命(やまとたけるのみこと)は、
鈴鹿の能褒野(のぼの)で亡くなったと示されています。桑名郡尾津の浜から能褒野に向かう途中、
しだいに弱ってきた命は「わが足三重の匂(まか)りなして、いと疲れたり」と語り、
以後その地を三重と呼んだということです。
 

487 :朝まで名無しさん:02/08/05 21:40 ID:uW/07n31
>>481
いや、だから・・・・・・
分かってる人が>>394で「こけし業者必死だな〈藁」って言ってるじゃん。

業者達の生活の糧なんだから、大人気ないことはやめようよ。な?

488 :朝まで名無しさん:02/08/05 22:32 ID:TpDeLq+z
焼肉のコブクロってのも考えてみりゃちょっと恐いよな。

489 :前橋:02/08/05 22:34 ID:ef8aiFIP
>>479
>クワバラ クワバラ
ってのは、桑原さんの関係なん?

桑原というのは 地名というのが 一般的
で、その背景ですけど
諸説ある中、 平安時代 菅原道真が大宰府に左遷され
失意の中 亡くなった
その 怨念が京の都に 落雷その他で 晴らしたといわれるが
道真の領地であった 桑原にだけは落ちなかったといわれる
それで ここは 「桑原」ですよと言えば 雷が落ちないと

もう一説
神があやまって農家の井戸に落ち、農夫にすばやく蓋をされて天に帰れなくなった時、
「俺はクワの木が嫌いだから、桑原桑原お唱えれば、二度とおまえのところには
落ちない」と答えたことによる、という (どっかの)





490 :朝まで名無しさん:02/08/05 22:50 ID:cGg4o6ZM
間引きなどということは、実際には行われることはなくて、ガキを脅かすため
あるいは、坊さんの法話(これも村人をびびらせるため)としてでっち上げられた
都市伝説と聞いたことがある。ソース忘れました。
確かに間引きなんかせんでも、飢饉のときはほっときゃ死ぬもんね。

491 :朝まで名無しさん:02/08/05 23:03 ID:uW/07n31
ほっとく事も間引きなんだよ。>>490

492 :50・・・:02/08/05 23:08 ID:YLKilCJs
>>490
>都市伝説と聞いたことがある。

こういうのは都市伝説というより田舎伝説だね(笑)

493 :朝まで名無しさん:02/08/05 23:11 ID:cGg4o6ZM
いや、通常間引きというのはもっと積極的に手をかけるものを言うでしょ。
仏画で母親が赤ん坊の首を絞めてるのを見たことがある。後ろでお地蔵さんが
泣いているやつ。怖いぞ〜。

494 :朝まで名無しさん:02/08/05 23:23 ID:BVyVqOZX
>>489
そでしたかー、どうもありがとう

495 :朝まで名無しさん:02/08/05 23:27 ID:uW/07n31
>>494
井戸の話は>>484に詳しく載ってるよ。

496 :朝まで名無しさん:02/08/06 00:46 ID:8IB6cu8m
その仏画マジで見たい!>>493

497 :朝まで名無しさん:02/08/06 07:32 ID:gtrUPkZj
ピースサイン

諸説あるが、チャーチル元首相が発案した、というのが最も説得力あり。
Vサインは以前からあったが、チャーチルは、それを
「広島と長崎への原子爆弾」
と説明。
つまり、二つの爆弾によって戦争を終わらせ、平和をもたらしたから、
「これは、ピースサインだ」
と語った、という。
それがきっかけとなり、いまや被爆国の日本ですら、写真をとるときには
「ピース、ピース」
と口にするようになった。
原爆投下を正当化する政治的デマゴギーということも知らずに・・・。

498 :朝まで名無しさん:02/08/06 09:06 ID:j0bDf6Ja
ピースサインといえば、一番最初のころのピースってのは、人差し指と中指のお腹とは
反対の、背中? 側を見せるというのを聞いたことがある。

499 :朝まで名無しさん:02/08/06 12:08 ID:wQBWnj8t
>>498
イギリスにいた頃、「2個下さい」って意味で
背中側のピースサインだしたらすごく怒られた・・・
その形はとてつもなく相手を侮辱する形らしい・・・

500 :朝まで名無しさん:02/08/06 12:23 ID:5cIGuxW8
>>497
捏造くせー

501 :朝まで名無しさん:02/08/06 13:42 ID:VGMzT2Wb
いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつみな
らむうるのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ちりもせす

最後をならべると「とかなくてしす」
トガ(罪)もないのに死んでいく・・・
無実の罪で捉えられた人の読んだ歌という説があるそうです。

502 :朝まで名無しさん:02/08/06 14:24 ID:RVCNDDL9
名前ではないけど、

サッカーの起源は、戦争で取った敵将の首を蹴り合ったことから。


503 :朝まで名無しさん:02/08/06 14:25 ID:RVCNDDL9
凛と、凛々と
とはいまはよい表現としてつかわれるが、
元々は男根が屹立した様子をあらわす言葉。

NHKのドラマのタイトルにもなってたけどねー

504 :朝まで名無しさん:02/08/06 14:26 ID:9qKu12wq
サッカーの起源は韓国にだ

505 :朝まで名無しさん:02/08/06 14:27 ID:RVCNDDL9
>>504
残念ながら朝鮮は戦争で敵国の将の首をとったことなどないので却下

506 :七子さん:02/08/06 14:37 ID:mHqXApSR
下ネタつながりでひとつ。

「ほとぼり」は「女陰(ほと)・熱(ぼり)」ではあるまいか?
という説を自作してみたのだが、いまだ専門家からは賛同を得られていない。

ちなみに広辞苑によると
>ほとぼり【熱】
>(古くは清音)
>#熱気。ほとおり。また、余熱。神代紀下「―を避さりて居ましますときに」
>#感情・興奮などのなごり。また、事件などの後の、世間の関心・うわさ。「―がさめる」
「感情・興奮などのなごり」ってのが怪しいとにらんでるんですが。

507 :朝まで名無しさん:02/08/06 14:41 ID:2H+kW9Tp
やっぱり「本当は怖い」がないと、ただの俗語源スレに。。

508 :朝まで名無しさん:02/08/06 15:54 ID:4BEaxEG/
>>501
いちぢく外出し


509 :朝まで名無しさん:02/08/06 17:05 ID:r7wQraiZ
指切りは、昔女郎がなじみの客に自分の指を切って贈ったことが語源。

510 :朝まで名無しさん:02/08/06 20:51 ID:az6sAl6g
聞いた話なので確信にかけるのだが、フランスでは親指と人差し指
を丸めて見せる"OK"は女性器を連想させるので、大変下品と聞いた
が・・、実際どうなの?

511 :朝まで名無しさん:02/08/06 20:51 ID:Fxoocf55
>>509 そんなもん贈られてもなー(W

512 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:16 ID:JTblmy+a
こけしで堕胎ができると思っている童貞がいるのはこのスレですか?

513 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:32 ID:EmBcLIOp
水着のビキニは太平洋ビキニ環礁での原爆実験から。
これも被爆国の人間が使うのはいかがなものかと。

514 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:38 ID:haDvBS0i
>>506
おお、なんとなくアリそうな感じ。
稲妻という名前は田んぼに落ちると稲が実るという信仰によるそうだねえ。
田んぼの神様+雷の神様による抱合で米が実る。つまり稲の妻だそうな。
まあ日本の神代のお話はそういう下の話題が多いし、アリかもよ、その説。

515 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:39 ID:Fxoocf55
>>512さすがにそんな奴はいないと思われ。

>>506漏れは賛同してもいいぞ。雰囲気的にいい味出してるし。

516 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:44 ID:WRcdIhhO
>>1
飢えてるのにセックスするか、バカ

517 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:47 ID:Fxoocf55
>>516
歴史を見れば、餓えるほどスルものだということは、議論の余地がないと思うのれすが。

518 :朝まで名無しさん:02/08/06 21:57 ID:uSjcHdzO
>>516
肉体が危機的状態にあるとき、種族保存の本能が働く。
疲れてるとき、やりたくなるだろ?

519 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:02 ID:NN5d+UcT
513>・・水着のビキニは・・原爆実験から
水爆実験では・・、名前の由来は”大ショック”の意味でその
地名由来と聞いている。
そういえば、今日は広島に原爆が投下され、多くの人が犠牲と
なった日、また、ビキニ諸島で犠牲が出た「第5竜神丸?」
なった方も日本人。
尊い犠牲に心からお悔やみ申し上げます。

520 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:05 ID:Fxoocf55
>>518
過酷な生活を続けていると、女性側の受精確率も格段に上がると聞いたことがあります。

飢餓状態では、男女両方とも子作り体勢に入るのかもね。

521 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:08 ID:hu3JT+PX
>>519
第五福竜丸 ですね

522 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:24 ID:MioVVzXH
>>519
●ビキニ豆知識
水着のビキニの由来は、1946年7月5日にフランス人のデザイナー、
ルイ・ルアールが発表し、その4日前にアメリカがビキニ環礁で原爆実験をしたから。

だそーです。4日前なら確かにセンセーショナルだな。
まあ「あの水着とかけて水爆ととく。そのココロは、大ショック!どう?インパクトあるでしょ?」って
感じでついたネーミングでしょうか。(不謹慎な奴だなー)
本来の「ビキニ諸島」の名前の由来は、また別にあるとみた。

工房の頃読んだジェイムズ・ティプトリーJrの短編の最後に「ビキニの語源は君への宿題だ」
ってあったんだけど、すっかり忘れてたよ・・・・・・・・・。

523 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:27 ID:NN5d+UcT
521>ありがとう。
そういえば、船名につける”丸”って、麻呂の転化と聞いた。
丸シップと言えば、70年代は造船業の趨勢と呼応して世界を
席巻していたものだったが。
ところで、この”麻呂”って、何の意味?

524 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:31 ID:MioVVzXH
(喜多川)歌麿→(桂)歌丸

525 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:31 ID:swXA9Eax
>>523
自分のことを指す、自称名詞だよ
僕とか私って言う意味

526 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:41 ID:jANx4hK/
フリーメーソンに関しては、渋澤龍彦の「秘密結社の手帳」を読むといい。

527 :朝まで名無しさん:02/08/06 22:41 ID:NN5d+UcT
524-525>麻呂 got it!

528 :朝まで名無しさん:02/08/06 23:22 ID:xPh6tC/z
ここまでメジャーな秘密結社の秘密って一体・・・

529 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:20 ID:VoEtlJO4
>>506
似た話ですが、九州を始めとする西日本では驚くことを「たまがる」と言います。
びっくりすると「●玉が上がる」ことから「玉が上がる」、転じて「たまがる」となった。

というのは嘘で「魂消る(たまぎる)」→「たまげる」 が本当。

530 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:26 ID:eSkhTPah
>>506
もしかして・・・・・「ほとばしる」とかも・・・・・いや・・・・どうかしら・・・・・
どばぶわぁ〜っっと!(いやん)

531 :不謹慎な!:02/08/07 01:29 ID:VoEtlJO4
ひょっとして
「ほとけ」は「ほと」+「け」?

532 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:31 ID:pSrGqIil
仏ほっとけ

533 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:38 ID:VoEtlJO4
ぶつぞー どうぞー

534 :七子さん:02/08/07 01:40 ID:QJepO/iQ
>>514, >>515 賛同ありがとう。

高校時代に考え付いた説で、かれこれ20年にもなるが、
「専門家からは賛同を得られていない」のも当然で、実は
恥ずかしくてここで初めて発表したのであった。

535 :本当に怖いのはコレ:02/08/07 01:41 ID:YoTGkWch
■ ■ ■     ■
■ ■ ■ ■■■■■■■
  ■     ■
■■■■  ■  ■■■■
 ■■■  ■   ■    ■
■ ■ ■ ■ ■■■■■■■
■ ■ ■ ■   ■    ■
■ ■ ■ ■ ■■■■■
■ ■   ■
■ ■  ■   ■■■■
  ■  ■   ■    ■
  ■ ■     ■■■


  ■■■■■■■■■
  ■          ■
  ■■■■■■■■■
  ■
  ■    ■   
 ■     ■   ■■
 ■ ■■■ ■ ■
 ■    ■■■
 ■    ■■■
■    ■ ■ ■
■   ■  ■  ■
■ ■■   ■   ■■■


536 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:44 ID:5f5leIkJ
>>490
間引きは実際に行われてたらしいよ。
和紙を水に濡らして赤子の顔に貼るのが一般的。


537 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:46 ID:++2MvGV+
>>536
ソースキボン
こけしの歴史は200年だそうなので、その頃の文献でも可

538 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:47 ID:eSkhTPah
いや確かに糖尿は怖いけど。>>535

もしかして18世紀の医者が「ごくっごくっ!うむ!甘い!糖尿と名づけよう!」っていう怖さ?

539 :朝まで名無しさん:02/08/07 01:55 ID:eSkhTPah
つうか間引き自体は、今でも世界中でやってるってば。
近代以前の日本で行われてたって、なーーーーーーーーーーーーーーーんの不思議もないぞ。

つうかほれ、こけし製造業者のお父さんお母さんもクリーンなイメージが欲しいんだからさ。
200年でクリーンって事にしといてやろうよ。

540 :朝まで名無しさん:02/08/07 02:44 ID:5gCrxEUF
営団南北線および都営三田線に白金高輪駅という駅がある。
割と最近開業した駅だが、ここは清正公前と名づけられる予定だった。
清正公とは、豊臣秀吉の家臣で猛将として知られる加藤清正のことである。

しかし、民団(総連だったか?)の圧力で現在の名前になった。


541 :番組の途中ですが名無しです:02/08/07 03:35 ID:4d1e29fa
http://www05.u-page.so-net.ne.jp/gc4/roti-rot/u_legends/u_led/rumor/rumor_11.html

本来は昔に飢饉があった村で子供を間引きする際に行った行事だと聞きます。 村長を真ん中にして子供が周りをグルグル回る。 そして、歌の終わった時点で村長の真後ろにいた子供が 間引きされたと言う噂です。


542 :朝まで名無しさん:02/08/07 03:37 ID:OOCLTZ9S
>>537
間引きは行われていたみたいだよ。
>>493でガイシュツだけど、子殺し絵馬というのが残っているらしい。
NHKブックスの「絵馬探訪」に写真載っているのを見た。
子供の首を絞める母親(角が生えてる)がシルエットになっててお地蔵さんが涙を流してるの。
いつの時代と書いてあったかは忘れたんだけど千葉の方のお寺だったような。

この本おもしろかったんで私は山形の山寺までムサカリ絵馬を見に行きました。

543 :七子さん:02/08/07 04:03 ID:M4TxzXmT
>>542
「子殺し絵馬」とはこれのことですね?
http://www.town.yoshida.saitama.jp/kiku01.htm

544 :朝まで名無しさん:02/08/07 04:04 ID:tlCnp41L
つかさー、古典での用法がどうあれ、日常の日本語として定着しているものは
「(比較して)小さなデッパリ」でしょ?

「ちょん髷」=「(頭と比較して)小さなデッパリの髷」
「(頭を)ちょん切る」=「(胴体と比較して)小さな頭を…」
「(習字など)ちょんちょん」=「(文字と比較して)小さな点点を打つ」

転じて「小さなデッパリをつつくこと」または「ちいさなモノでつつく」

で、簡易カメラは、(露出など複雑なことをしなくても)チョンと(小さなデッパリのボタン)
押すだけで撮れる専門知識のいらないカメラ。
小さなモノででつつく例としては「急いでこっつんこのアリさんの歌」

545 :七子さん:02/08/07 04:10 ID:M4TxzXmT
んー、542さんのとは構図がちょっと違うか。

546 :542:02/08/07 04:42 ID:OOCLTZ9S
>>543
物自体は違いますね。
絵師が書いた華やかな物ではないです、詞書きもないですし。
私が見た写真は地元民が奉納したような素朴なものでした。
白黒写真だったせいも有るんでしょうが、地味で鬱になってしまうような。

でも各地でこのモチーフはあるんですね。
関東以外のこういう物知っている方いませんでしょうか?

547 :朝まで名無しさん:02/08/07 06:29 ID:wDGb3yyw
>>539
確かに間引きは現代日本でも行われていますね。産婦人科、水子地蔵は間引き産業
といってよいと思います。
しかし、それと先般より議論されている共同体の人口調節のための間引きとは
意味合いが180度異なると思います。
確たる根拠はないのですが、やはり言うことをきかないガキをおとなしくする
作り話と考えたほうが正しいような気がします。
楢山節考は真実か?(ただし映画見てない)


548 :朝まで名無しさん:02/08/07 08:20 ID:9TPBIYeV
>>498-499
イギリスは戦争中(中世かな?)、
戦線復帰しても弓を引けないように、捕虜の指を落とした(人差し指と中指。片方かも)。
つまり、その指を見せるのは「未だコチトラ、弓引けるんやぞ。射抜いたろかゴルァ?」
ぐらいの意味になる…と聞いたような。

逆に、イギリス人捕虜が、(自慢のロングボウを引けないように)
指を落とされたんで「お前の指落したろかゴルァ」って意味だったかも…

549 :朝まで名無しさん:02/08/07 15:28 ID:w5W5Qyzp
麻呂(麿)は男子の呼称あるいは人名につける接尾語が先だよ。
それが平安時代後期から一人称としても使われるようになったらしい。
さらに動物、たとえば猿なんかにも親しみを込めてさるまろと言ったりしたらしい。
だから船の〜丸の麿は人名・愛称の方だと思うよ。



550 :朝まで名無しさん:02/08/07 21:54 ID:7BUpHJkr
船の丸は、「牛若丸」みたいな感じのニュアンス?>>549

551 :朝まで名無しさん:02/08/07 22:07 ID:7BUpHJkr
>>544
>「ちょん髷」=「(頭と比較して)小さなデッパリの髷」

ちょっと修正させてくれ。
頭の大きさと比較してと言うよりも、他の髷と比較して小さいということでは。

島田髷
http://www.shizuoka.isp.ntt-west.co.jp/wnn-c/ikidane/iki_0009/img/yumioka10.jpg

ちょん髷
http://www3.ocn.ne.jp/~nin-pro/echizens.jpg

552 :朝まで名無しさん:02/08/07 22:15 ID:7BUpHJkr
お!コレかな?(ちょっと華やか過ぎるかな)>>546

【徳満寺間引き絵馬】
http://www.net-ibaraki.ne.jp/edu-tone/yanagida.picture/m.4.JPG

553 :朝まで名無しさん:02/08/08 00:50 ID:pdL1FE4q
>>473
さっさと訂正せんかいこのヴォゲ


「三重」の地名は、古事記から
 「古事記」には、父景行天皇の命を受けて東国平定に赴いた倭健命(やまとたけるのみこと)は、
鈴鹿の能褒野(のぼの)で亡くなったと示されています。桑名郡尾津の浜から能褒野に向かう途中、
しだいに弱ってきた命は「わが足三重の匂(まか)りなして、いと疲れたり」と語り、
以後その地を三重と呼んだということです。

554 :朝まで名無しさん:02/08/08 00:54 ID:zlJfAqmK
>>553
>>486で激しくガイシュツなんれすけど・・・・新ネタ振ってけれ。

555 :朝まで名無しさん:02/08/08 01:42 ID:r/VxRsUI
日本では、子供を叱るとき
「悪いことしてると、おばけが出るぞ」
(まぁ、地方によってはいろいろあるだろうが、、、ナマハゲとか)
というのが、ある程度一般的だと思われるが、韓国では

「耳を取られるぞ」
と言うらしい。

語源は、なんだか日本の軍が係わってると聞いたことあるのだが、、、そんなコトしたっけ?
いかにも、日本に当てつけたようで、やな感じ。


556 :名無しさん:02/08/08 01:46 ID:lQherJ/u
>>555
秀吉のときだろうな。
武将がころした人間の首をとるのはあまりに沢山有りすぎて運べないので、
耳だけ殺ぎ落として桶に入れて運んでたとか。
そんでまぁ耳の数だけ敵を倒したってことだからそれだけ恩賞がもらえるって寸法よ。
あ、でもかなり曖昧な記憶だから不正確かもしれませんが。

557 :朝まで名無しさん:02/08/08 01:48 ID:E/48cJ4c
もったいないおばけ

558 :朝まで名無しさん:02/08/08 01:49 ID:CwPgU+6F
>>556
京都、豊国神社前に耳塚があります。
鼻や、耳を塩漬けにして運びました。


559 :朝まで名無しさん:02/08/08 05:51 ID:JBO5AlC5
わが日本民族は首刈族の末裔であります。

560 :七子さん:02/08/08 08:46 ID:MM/KR8PE
耳じゃなくて鼻だよな。
鼻ならひげの部分まで付いてくるので、「成人男性一人殺した」
証拠になるけど、耳じゃ老若男女の区別つかん。

なぜ「耳塚」と呼ばれているかは知らんが。

561 :朝まで名無しさん:02/08/08 08:56 ID:QYSYIK6M

猫虐殺の男を逮捕、起訴 福岡地検

猫のしっぽや耳を切り殺害した画像がインターネット上に公開された事件で、
福岡地検は7日ま でに、動物愛護法違反の疑いで、広島県呉市焼山西、
無職、松原潤容疑者(26)を逮捕し、同日、 同法違反の罪で起訴した。

地検によると、1999年の動物愛護法改正後の起訴は極めて珍しい。
また、書類送検後、松原 被告が猫殺害を否認したため、地検が独自に逮捕した。

地検には「猫がかわいそう」「厳罰にして」などの内容の手紙やメールが、
多い時で1日に100通 以上も寄せられた。
地検は「社会的な影響が大きかった」としており、
こうした世論に配慮して起訴 に持ち込んだとみられる。

起訴状などによると、松原被告は5月6日深夜から翌日未明にかけて、
福岡市東区の当時の自 宅で、猫の尾と左耳をはさみで切り、ひもで首を絞めて殺した。

同被告は猫をデジタルカメラで撮影。
動物を嫌う人向けのホームページに画像を投稿して公開 し、
それを見た人の求めに応じて次々に虐待を加えていったという。
地検は「虐殺しただけでなく ネットで公開したのは残虐性が大きい」としている。

562 :朝まで名無しさん:02/08/08 08:58 ID:cQUFsJT1
>>25
糞遅レスだがな。

あれは飯のラッパだ。
尤も、自衛隊となった今では、かなり違うが。

563 :七子さん:02/08/08 09:50 ID:MM/KR8PE
>>555
同じような脅し文句に、わが国では「むくりこくりが来る」
があります。「むくり」=蒙古(モンゴル)、「こくり」=
高句麗(朝鮮)で、元寇の時の恐怖体験が元になったと言わ
れています。「むごい」も同じ語源です。

また、青森の子守唄の「ねんねば 山がらもっこが 来るァね」
の「もっこ」も蒙古のことでしょう。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5066/goroku/mugen.html
私はこの唄を音楽の教科書で知りましたが、今の自虐教科書では
たぶん抹殺されているでしょう。

564 :fldfk224131.incl.ne.jp:02/08/08 11:04 ID:+dg/ZiIA
チョビン、ゲーム化
http://www.roomyroo.com/~myroom/cgi-bin/uploader/source/208.png

565 :クレイジー名無し:02/08/08 11:51 ID:GFWxqXoU
薔薇族の薔薇は蕾が亀頭に似ている、開花すると使い古した肛門に
似ているからと聞いたことあるがほんまかいな。

566 :朝まで名無しさん:02/08/08 17:32 ID:Q2xPTot6
>>565
嘘だろ。

が、おもしろい。

567 :朝まで名無しさん:02/08/08 18:20 ID:pXkuW5ry
鯖は泳ぐものですか
飛ぶものですか
落ちるものですか

568 :朝まで名無しさん:02/08/08 18:37 ID:yLc6ptvd
ハンガー
今でこそ 洋服を掛けるものだが
かつて tetsuya takedaという 日本の警察 兼 格闘家が
武器にしていた。

すみません

569 :ぽんすけ:02/08/08 18:43 ID:m3kAF7qa
腕枕 
というのは、死んだ妻の腕を切り落として、7日間寝る
遊郭の主の習慣からきたもの。


570 :朝まで名無しさん:02/08/08 18:49 ID:93B9MBCn
いろは歌ネタですが、その起源が涅槃経だというのはガイシュツじゃないよね?

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす

いろは歌は「涅槃経」の"諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽"を和訳した物。
「有為の奥山 けふ越えて」の部分については、有為=迷いの世界
という事から「迷いと苦しみの山々を今日越えて」という事らしい。

571 :朝まで名無しさん:02/08/08 18:58 ID:OUexZuE2
>>569
ちうことは膝枕は下半身を...?




572 :朝まで名無しさん:02/08/08 19:53 ID:Rru+1bOE
>>570
「ういのおくやま」は初々しい処女の奥山・・・
と全体を艶っぽく読めなくもない。。。

573 :朝まで名無しさん:02/08/08 19:53 ID:Rru+1bOE
それで、あめつちの解説キボン


あめ(天)
つち(地)
ほし(星)
そら(空)
やま(山)
かは(川)
みね(峰)
たに(谷)
くも(雲)
きり(霧)
むろ(室)
こけ(苔)
ひと(人)
いぬ(犬)
うへ(上)
すゑ(末)
ゆわ(硫黄)
さる(猿)
おふ(生)せよ
え(榎)の
え(枝)を 
な(馴)れ
ゐ(居)て


574 :朝まで名無しさん:02/08/08 21:57 ID:93B9MBCn
アフリカで大飢饉の予感・・・・・・鬱。
http://www.sankei.co.jp/news/020808/0808kok021.htm

575 :本当に怖いのはコレ:02/08/09 00:12 ID:QXNZ1I5b
           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /         \
     /|||  ⌒   ⌒  ||||
     |||||  (・)  (・)  |||||
     6|----◯⌒○----|9   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |/ _|||||||_\|  < いたずらばかりしおって!
      \  \_/ /     \________________
        \____/
        / ∨ \
       />| 11 |<\
      6_/ L__」 \_d
         |―、__」
         |  |ヽ |
         〉 .ノ | |
         { /  U
         L_ノ


576 :朝まで名無しさん:02/08/09 10:32 ID:JmtMg8Mk
>>560
髭は鼻からは生えんぞ

577 :七子さん:02/08/09 20:43 ID:EYH/7p81
鼻から上唇にかけてってこと。
鼻だけ切り取ったわけじゃない。

578 :朝まで名無しさん:02/08/10 02:12 ID:zjWs1rQ6
お盆ネタ。
「お陰様で・・」のお陰って、草葉の陰に眠るご先祖様のことと聞いた。

579 :朝まで名無しさん:02/08/10 02:30 ID:5A6UZ6/c
>>560
一応、秀吉が鼻塚と名付けたことになっていますが、
鼻塚でも、耳塚でも良いと思います。
各地に、どちらの名前の塚も残っています。
実際、耳、鼻だけでなく、指、などもあったようですし。

耳の名前が出てきたのは、元々日本に敵の耳を供養すると言う例もあったそうで、
それから取ったのではないかとも思います。

580 :今夜も名無しさん:02/08/10 04:02 ID:p5jwITQb
>>555
沖縄でも「泣き虫の子供は耳を切っちゃうぞ」という歌がありますね。
「耳切リ坊主(ミミチリボウジ)」
 大村御殿ヌ角ゥナカイ
 耳切リ坊主ヌ立ッチョンドー
 幾体幾体立ッチョガヒー
 三体四体 立ッチョンドー
 何トゥ何トゥ持ッチョガヒー
 イラナン(鎌)シーグン(小刀)持ッチョンドー
 泣ッチュル童ヤ耳グスグス
 ヘイヨーヘイヨー泣ーカンドー
(対訳)
 大村御殿の角の方に
 耳切り坊主が立っているよ
 何人、何人立っているの?
 三人、四人も立っているよ
 何と何を持っているの?
 鎌と小刀を持っているよ
 泣き虫の子供は耳を切っちゃうぞ
 さあさあ、だから泣くんじゃないよ

まぁ、地理的にも近いしね。


581 :暗黙の了解ではあるのだが:02/08/10 22:02 ID:M8AeSgwg
二十四の瞳(壷井栄)
   ↓
二億四千万の瞳(郷ひろみ)

582 :朝まで名無しさん:02/08/10 22:09 ID:2e6ggwXZ
"いろは"をテーマにした写真集

ttp://www.erotism.com/iroha/index.html

583 :朝まで名無しさん:02/08/11 18:35 ID:qEO+pFTq
お盆ネタ
お盆はサンスクリット語で「ウランバーナ」で、さかさまにつるされた
苦しみという意味らしい。
これを取りのぞくのがお盆の発祥らしい。

墓参りで見る、卒塔婆もサンスクリット語でストゥーパで塔の意らしい。

584 :朝まで名無しさん:02/08/11 20:03 ID:Ce23d24t
>>583
今日の読売新聞の編集手帳によると、
仏教の「盂蘭(うら)盆教」に由来するらしい。
これの語源のサンスクリット語が「ウランバーナ」なのかもな。
(でも「逆さまに吊るされた苦しみ」ってどういうこと?もしかして地獄?)

585 :朝まで名無しさん:02/08/11 20:04 ID:Ce23d24t
>>583
今日の読売新聞の編集手帳によると、
仏教の「盂蘭(うら)盆教」に由来するらしい。
これの語源のサンスクリット語が「ウランバーナ」なのかもな。
(でも「逆さまに吊るされた苦しみ」ってどういうこと?もしかして地獄?)

586 :朝まで名無しさん:02/08/12 01:14 ID:s4NgvszB
>>430
今さらだけど、マルボロは、
men always respect ladies because of romance only.
だと聞いたことがある。
単に当て字という気がするけど。

587 :朝まで名無しさん:02/08/12 01:35 ID:PlQI/TcT
卒塔婆といえば、中華料理のトンポーローももとは「とうばにく」といって
卒塔婆と関係があったと思う。確か。
いや、関係ないかも。

588 :   :02/08/12 01:45 ID:SYXQ1ZOY
「お彼岸」
三途の川の向こう側

589 :朝まで名無しさん:02/08/12 01:56 ID:wmsG+XGK
このスレ読んでたら怖くて眠れなくなったぞヽ(`Д´)ノ

590 :朝まで名無しさん:02/08/12 02:16 ID:7aEfMRXk
>>583>>584>>587
なんと「卒塔婆」には兄弟がいる模様。
某神道系HPからのコピペですが、人類文化の連携に驚愕しますた。

>卒塔婆の語源は、いうまでもなく古代インドのサンスクリット語の
>「ストゥーパ」であるが、これがヨーロッパへ伝わって、立像を意味
>する「スタチュー」や、地位を意味する「ステータス」の語源になっ
>たのだから、人類は、よほど「立つこと」に関心があるらしい。

591 :朝まで名無しさん:02/08/12 02:18 ID:s4NgvszB
>>581
   ↓
二十三の瞳(筋肉少女帯)


592 :朝まで名無しさん:02/08/12 02:55 ID:7aEfMRXk
奇数はチョッと意味深ですね。>>591

593 :朝まで名無しさん:02/08/12 04:59 ID:RoeBo6LN
民という字は目に弓矢をさしている所からきている
目を見えなくさせれば簡単に導けるからね
そうなると漢字発祥の国中華人民共和国っておそすうぃ〜
そう言えば皆殺し専用の漢字もあるみたいよ中国

594 :バカチョンカメラの由来:02/08/12 05:46 ID:livKDYcF
www.wshin.com/essay/20.htm
www5d.biglobe.ne.jp/~gtm/bakatyonkamera.htm


595 :朝まで名無しさん:02/08/12 07:50 ID:l9FnXkot
>>593
妾の文字をメカケ(目欠け)と読んだ、我が国だってすごいよ。

596 :朝まで名無しさん:02/08/12 09:40 ID:IJwshD5Z
>>595
目をかける、じゃなくて?

597 :朝まで名無しさん:02/08/12 10:55 ID:hDw6me/+
>>538
世界で最初の糖尿患者はルイ16世と聞いたことがある。本当かどうか分からんが。

598 :朝まで名無しさん:02/08/12 11:07 ID:ULBhj5NM
「めかけ」は>>596の「目をかける」が正しいような気が。
つうか「目をかける」の更なる語源が気になる。



599 :597:02/08/12 11:09 ID:hDw6me/+
今、調べたらもう紀元前1500年のエジプトでもう発見されたらしいです。
ちなみに日本での第一号は藤原道長。

600 :朝まで名無しさん:02/08/12 12:25 ID:wg2SxpzE
>>593
中華といえば「南京大虐殺」を「南京大屠殺」と書くね。
なんとなく「・・・・・家畜?」と感じてしまう漏れ。

>>594
このスレのバカチョン議論に比べると、かなりレベルが低いなあ。

601 :朝まで名無しさん:02/08/12 12:42 ID:GK02t+rb
>>593
みなごろしって「鏖」←コレ?

>>595
「めかけ」を「目欠け」って想像した貴方の方が凄いよ…
古来、妾にされる女子は、逃げ出さないように片目を抉られた…
とかいうグロい言い伝えでもあるならまだしも、何故「目が欠ける」?

602 :朝まで名無しさん:02/08/12 13:02 ID:wg2SxpzE
>>601
女が逃げ出さないようにって言えば、支那には「纏足」ってのがあったね。
普通の人はあまり知らないのだろうが、
あれは逃亡防止の他に究極のオナホールとして使うのだそうな。
具体的にどういう体位で使うかは知らんが。

603 :朝まで名無しさん:02/08/12 13:27 ID:IJwshD5Z
>>602
あれはニホヒでいっちゃうんじゃなかったっけ?

604 :朝まで名無しさん:02/08/12 13:29 ID:IJwshD5Z
>>598
めかけ 3 【▼妾/目掛け】

(1)〔(2)の意から〕正妻のほかに、妻のような関係をもち扶養する女性。
二号。側室。てかけ。そばめ。 「―を囲う」

(2)目をかけること。世話をすること。


まんまやね。


605 :朝まで名無しさん:02/08/12 16:45 ID:buxBIf1c
スタチューはすごいね!
インドってすごくても何げなのがいいね。


606 :朝まで名無しさん:02/08/12 18:43 ID:OU0ZO+zz
「めかけ」を「目欠け」って想像した貴方の方が凄いよ…
すいません、聞きかじりの話をそのまま信じて・・、ごめんなさい。

607 :朝まで名無しさん:02/08/12 21:32 ID:GNLHbpcc
>>606
いや、超無理やり「怖い話」に持っていく系のネタも、面白ければ歓迎なのだ。
分かる人にはすぐにネタだと分かるし。突っ込み係も常に待機してるし問題なしなのだ。

あと世間に広まってる「根も葉もない誤解」っていうものも、別の意味で興味深いし。
世の中には、そういう誤解の総体の上に成り立ってる文化というものもあるのじゃ。

608 :朝まで名無しさん:02/08/12 21:55 ID:bmIoPzAZ
大学生の頃、ゼミの先輩に「舌切り雀」の本当の物語というのを教わった。

なんでも雀というのは「若い娘」のアナロジーなのだそうだ。
ノリを舐めたというのはもちろんセクース(爺との)のことで、つまりは爺と娘の浮気・不倫だと。
で、娘は婆に復讐されるわけだが、
ここで「舌きり」というのは、「下切り」つまり、娘の性器切断なのだそうだ。
雀(娘)は大事なクリや小陰唇をばっさりと切り取られ、泣く泣く去っていったということなのだそうだ。
この物語の教訓は、もちろん「浮気はダメヨ」なので、あとのつづらがどうのというのは付け足しだそうだ。

うへぇ〜こわいなあ!と当時の俺は思ったが、その後いくら調べても、こんな解釈は見当たらない。
ネット上でも見当たらない(俺の知る限り)。
先輩の創作だったんじゃないかって思い始めているのだが。




609 :朝まで名無しさん:02/08/12 22:20 ID:4RpcfWiY
「色」という漢字は、ナニのバックスタイルから来ているらしい。
う〜ん、見えないこともないけど・・・

610 :朝まで名無しさん:02/08/12 22:24 ID:GNLHbpcc
>>608
舌切り雀の話は日本各地にあって、微妙にストーリーが違うのだそうだ。
なんと津軽地方の舌切り雀は、婆さん=善玉、爺さん=悪玉、なんだと。
面白いねえ。エキゾチック・ジャパンだねえ。

http://www.kumon.ne.jp/kodomo/ukiyoe/kanew/k420100j.htm


611 :朝まで名無しさん:02/08/13 08:27 ID:hojsG7ai
>>610
学生のころ、文化人類学の講義で聞いたのだが、”伝説の伝播”というのが
あるそうだ。
日本各地にもある「小夜の夜泣き石」伝説、
・・旅人が路傍で婦人からお金を差し出され、米やその他の購入依頼を受ける。
依頼のとおり購入して再び戻ると、婦人の姿はなく石塚に刻まれた婦人と子の名
がある・・の主旨だったと思うが、この伝説は中国で生まれ、形やシチュエーシ
ョンを変形させ、日本・朝鮮・ベトナムにも各地に点在するそうな。
伝説は商業活動や戦乱等での移住でバリエーションを増やしつつ伝播した、との
講義内容だったと記憶している。(口裂け女に似てるな・・)

612 :朝まで名無しさん:02/08/13 16:53 ID:vOiRgHYP
>>611
ノアの洪水伝説なんかも、そういった部類かもね。
世界各地で同じ様な洪水伝説あるみたいだし。
聖書やインドの古代叙事詩なんかと日本の神話にも類似点多いらしいしね。

613 :朝まで名無しさん:02/08/13 22:32 ID:3dEK93Kw
インドの話題があったけど、インドのムガール帝国の名はチンギス・ハーンの
モンゴル帝国に由来だよね。
インドでも「むごい」由来の形容詞ってあるのかな。



614 :朝まで名無しさん:02/08/14 00:43 ID:x8Qs8Vhn
>>610
エキゾチックジャパンつーことで奇習の語源ネタ。

【ナマハゲの語源】
ナマハゲの語源はナモミハギなどの言葉の転訛ともいわれる。
冬,長く暖をとっているすねなどに生じる火斑のことを,この辺り
ではナモミ,ナモミョウ,ナマモなどと呼んでいる。
ナマハゲという呼称はナモミを剥ぐ,つまり怠け者を罰する意味
を持っている。


615 :朝まで名無しさん:02/08/14 13:03 ID:evRtwqLt
上げとく..

616 :朝まで名無しさん:02/08/14 15:16 ID:cZtD1i2q
ちょいと補足
ラッキーストライクは横のインディアンの絵がミソ。
横にすると爆発してるように見える。

617 :朝まで名無しさん:02/08/14 18:37 ID:QJO3DXyx
お盆ネタ
草深い田舎に帰る意味で”薮入り”

618 :朝まで名無しさん:02/08/14 21:22 ID:7Mf85ooY
なんかテレビで、どっかの国の人が戦時中に日本兵に耳切られたって話してて、
敵兵を打ち取った証として死者の左耳を切って持ち帰る習わしがあったのだが
手柄をでっち上げるために生きている民間人の耳を切って行くヤツもいて、
中には両耳切られた人もいた(どうせそんなに詳しく調べないから)ってな内容だったよ。


619 :前橋:02/08/14 22:51 ID:I2HB2+kn
婚約指輪等が 足枷の名残だと 聞いた覚えが

620 :朝まで名無しさん:02/08/15 00:31 ID:RDLHDpsK
>>616
それ一昔前のパッケージね。
今は横にしてもなにもならん。

621 :朝まで名無しさん:02/08/15 12:00 ID:mCcpk1Zl
>>618
また中共か朝鮮のでっち上げだろうよ。

622 :朝まで名無しさん:02/08/15 12:23 ID:p2czAuyP
「刺身」ってのもあるね。
関西では嫌って「造り」て言ってたけど最近は刺身の方が多いね。

623 :朝まで名無しさん:02/08/15 12:25 ID:zYKLJiT3
「こけし」

水子霊を祀るものとして使われてきた。
「子消し」と漢字で書くのが正しい。

624 :朝まで名無しさん:02/08/15 12:27 ID:QoHo6CqL
>>623よ。
>>1読んだのか?
釣りか?

625 :朝まで名無しさん:02/08/15 12:40 ID:GB6VFleN
マールボロは英国貴族の名前です。

626 :朝まで名無しさん:02/08/15 15:13 ID:lAvyMWWv
桜の名前の由来。
サクラ=サ+クラで、古代日本語でサは田んぼの神様「たのかんさ」のこと。クラは鞍で座る場所のこと。
つまり、桜の木には田の神の鎮座するところっていう意味がある。やっぱり桜は日本人には特別な木なんだなぁと。
アイヌ語の由来とか知りたいが、誰か?

627 :朝まで名無しさん:02/08/15 15:15 ID:bs9K/HNY
チンコを必要としないから「子消し」なんじゃないの?

628 :朝まで名無しさん:02/08/15 15:18 ID:RyXfJy3Q
お盆だからこのスレ上がって来たんだろーな。

629 :朝まで名無しさん:02/08/15 16:00 ID:Dezv8VED
>>627
名人賞

630 :朝まで名無しさん:02/08/15 17:00 ID:gjmULk73
解題プリーズ


631 :朝まで名無しさん:02/08/16 00:47 ID:rE/a+URy

九州、四国、奥州、坂東、近畿、は言葉から意味は推測できるが、

中国地方の中国ってなんで中国なんだい?


632 :朝まで名無しさん:02/08/16 07:07 ID:mfYcETzx
>>631
坂東…。

633 :朝まで名無しさん:02/08/16 07:42 ID:VnZ/1JGW
じゃぁぁ、電動コケシは避妊具ということでよろしいか?
申請します。

634 :朝まで名無しさん:02/08/16 08:47 ID:biNlyUnh
>>622
関西限定じゃなくて、料亭やすし屋で醤油をむらさきと呼ぶのと同じだと思う。


635 :朝まで名無しさん:02/08/16 08:51 ID:VnZ/1JGW
>>631
検索して調べ炉や。

636 :南京虐殺はプロパガンダだ:02/08/16 09:04 ID:7YNCN16D
鼻⇒花
目⇒芽
葉⇒歯
身⇒実
血⇒地
首⇒茎
膿⇒海
氣⇒木
髪⇒神
からだの部分と共通の自然会の名称て結構あるよね
ほかにもあるかな?


637 :朝まで名無しさん:02/08/16 09:06 ID:BoevJeA6
>>636
それと本スレはなんら関係ない。

638 :南京虐殺はプロパガンダだ:02/08/16 09:08 ID:7YNCN16D
>>637
無駄な書き込みやな
ほな 無視しよったらええがな


639 :朝まで名無しさん:02/08/16 10:21 ID:zZiIOPn2
いろは歌は隠岐へ配流になった後後鳥羽上皇が詠んだ歌で既出の「とがなくてしす」の意味をこめたと学校で習いました。

640 :朝まで名無しさん:02/08/16 10:31 ID:fCalbqFl
>>639
あれは誰が作ったかってまだ論争中じゃなかったっけ?
山上憶良とか柿本人麻呂とかいろんな説があったような…

641 : :02/08/16 12:56 ID:Cft4iDxw
「はないちもんめ」はあんまり盛り上がりませんね
箪笥ながもち♪とか出るから、嫁入りの話だと思ってました

642 :朝まで名無しさん:02/08/16 16:02 ID:rI+C+0Xj
江戸の語源は穢土

浄土たる京に対立するものに対して呪を掛けるため、
朝廷が家康を誘導してこの名称にした


643 :朝まで名無しさん:02/08/16 20:02 ID:SLZ5YDdJ
>>637
636のなかみ、このスレにカキコしたらなんか怖いで。

644 :前橋:02/08/17 14:05 ID:sAK/vtB3
家康が入った 魔界都市 江戸を開放したのが
南光坊天海

家康の初対面の時に まるで 長年の友人のように
語り合ったと言われているが 本当は 光秀じゃないのか

645 :朝まで名無しさん:02/08/17 14:20 ID:Kf/cYN0H
>>618
でっち上げ。

俺だったら、生きたままだと暴れるから、頃してから削ぐ。

646 :朝まで名無しさん:02/08/18 09:46 ID:aEOoSEEw
今朝読んだ本ネタ。
「商業」の”商”の文字の本来の意味は”高”と似た意味で、古代
中国の殷国の住居が、河川の氾濫を避けるための、高く明るい丘の住
居地の意味だとか。
亡国の殷人が生活のためはじめたこと、”商”の人の業で商人・商業の
言葉ができたとも。
英語の商人を意味するMarchantも”火星”のmarseに由来するかと
おもったが、どうだったろう。

647 :朝まで名無しさん:02/08/18 10:25 ID:4DHqeh0Y
商の字は女の人が股開いて寝ている様子をとった象形文字です
女の股から子供がパカパカ生まれるほど繁栄するという意味で商(殷)という国名が付けられました

商という字は女陰という意味もあったわけで、商売とは買春の事であったろうと言われています


648 :朝まで名無しさん:02/08/18 10:55 ID:ox2irN/r
>640
いろはうたの「とかなくてしす」は柿本人麻呂がつくったと教わりました。
「人麻呂の暗号」っていう本もありましたよね。

>642
それにはちょっと疑問。家康は江戸城を改築したんでしょ?
ということは、家康が着く前に江戸という地名があったはず。
さらに、家康を関東へ転封したのは秀吉じゃなかったっけ?
確かに秀吉は関白なので朝廷の人間といえなくもないが。
勉強不足かなぁ。

649 :朝まで名無しさん:02/08/18 11:11 ID:J9mMkhqK
>>648
太田道灌が、長禄7年(1457年)江戸城をつくりますた。



650 :朝まで名無しさん:02/08/18 11:45 ID:N2I1I6Vz
ネタ?英語の商人はmerchantだとおもうが?
これは、ラテン語のMerx(商人)に由来する。
火星が一枚かんでるかどうかは知らん。
あと、英語の火星もMarsでこれはラテン語もこうだった気が(うろ覚え)

651 :朝まで名無しさん:02/08/18 11:45 ID:N2I1I6Vz
>>650>>646

652 :朝まで名無しさん:02/08/18 12:57 ID:TzMVhekz
>>1よ、このスレとはあんまり関係なんだけど、
昨日、母の葬式に出たんです。享年54歳。
そしたらなんか自分、涙が一滴もこぼれないんです。
で、よく見たら会ったこともないような親戚のおばさんですら泣いているんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
俺な、親の死を目の前にして放心してんじゃねーよ、ボケが。
目の前に人が死んでるんだよ、母親が。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で葬式か。ほんとありがとう。
パパは息子さんに挨拶してくるから車で待ってなさい、とか言ってるの。いい親父だな。
俺な、親が死んでんだからもっと泣けと。
葬式ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
死に化粧をみた瞬間いつ涙があふれてきてもおかしくない、
泣くか叫ぶか、そんな雰囲気が普通なんじゃねーか。オレ、なんなんだよ。
で、やっと葬式が終わったかと思ったら、なんか次々と母のことが思い出されるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、今さら思い出したところで意味ねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、今度の休みには帰るよ、だ。
俺は本当に休みに帰るつもりだったのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
俺、適当に親との距離をとりたかっただけちゃうんかと。
親不孝者の俺から言わせてもらえば今、若者の間での最新流行はやっぱり、
反抗期、これだね。
親ってのはいつまでも生きているもんだと思っている。これがガキの考え方。
親の期待をかなえたつもりで一人暮らし。そん代わりコミュニケーション少なくなる。これ。
で、「少しだけ仕送りいれといたから」 「ああ、無理すんなよ」。これ最期の会話。
今になって後悔ばかりが思い出される、諸刃の剣
まあお前ら若いもんは、ほんの少しでもいいから親孝行しなさいってこった。

653 :朝まで名無しさん:02/08/18 13:20 ID:H7stDTWm
んな事昔から何遍も何遍も言われてきてるさ。
 いつまでもあると思うな親と金。
 親の忠告と冷酒は後で効いてくる。
普段は笑い話だけど、死に目に遭った時初めてわかるのさ。漏れもソだった。

654 :朝まで名無しさん:02/08/18 13:45 ID:+VbqyLwU
>>652
ば〜〜〜か。
人様の文章借りてんじゃねーよ。素直に書けや、この親不孝者。
自分を表現するに何を恥じるか、故人が草葉の陰で泣いてるぞ!











とっ、怒りに任せて書いたけど少しだけフォロー。
故人へ想いを残すことが多い人ほど泣くそうだ。
良い息子(娘?)だったんじゃないの652は。
御愁傷様です。

655 :朝まで名無しさん:02/08/18 15:08 ID:vgIctJFm
>>646
>>650
商人=merchantは、火星=Marsではなく、水星=Marcuryに由来してます。
Marcuryはギリシャ(ローマ)神話で商売の神様です。


656 :朝まで名無しさん:02/08/18 15:16 ID:WcUQyqr5
>>652
悲しすぎて、心が空虚になるときはある。
俺も最愛で、妻になるはずだった女性の訃報を聞いて、記憶がなくなり
ある駅のそばで呆然としていたことがあった。
通りがかりの人が「顔が真っ青ですよ・・」と声をかけてくれて、我に
帰った状態であった。
俺は涙が出る状態を越えて、意識が崩壊していたのだと思う。
本当にご愁傷様、母君の安らかな成仏を心からお祈り申し上げる。

657 :では失なわれた諺シリーズということで:02/08/18 15:32 ID:zVms6D02
親の言葉となすびの花は千に一つも無駄がない


658 :朝まで名無しさん:02/08/18 15:39 ID:Kh0KCOdi
なんか意外とみんないい人ですね。(泣

>>657
親の言葉ってのは分かるんだけど、なすびの花はどうして「無駄が無い」の?
実は庭でナスを育ててるんだが、ときどきその諺を思い出して「?」ってなる漏れ。

659 :朝まで名無しさん:02/08/18 17:42 ID:r/+sf2Eg
>>658

>なすは自家受粉の植物。従って、花が咲くと全部が実になることから出た譬え。
http://www.tokyobbs.or.jp/ykk/proverb.htm

660 :朝まで名無しさん:02/08/18 19:44 ID:8U6MygpR
ほほう!>>659

661 :朝まで名無しさん:02/08/19 02:21 ID:AqxM3wvK
一富士二鷹三茄子も同じようなことなのかな?

662 :朝まで名無しさん:02/08/19 03:30 ID:dEvZykxh
>>584
地獄ではなく餓鬼道の苦しみのこと。

盂蘭盆経には釈迦の弟子の母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを
供養して救うという説話がのっており、そこで餓鬼道がどれほど苦しいかを
逆さまに吊されたようだと例えていることからきているらしい。

663 :朝まで名無しさん:02/08/19 08:44 ID:/XupBBv9
俺さ、正直、このスレというか2chに来てから初めて、秀吉が韓国(朝鮮)に対して何を行ったか知った。
何となく気になって、いろいろ自分で検索したさ。
耳塚にしろ、出兵にしろ・・・

この無知さ、確かにやられた側である韓国人の反日感情を煽るのも仕方ない。

俺だけかも知れないけど。

664 :朝まで名無しさん:02/08/19 09:08 ID:YOoQAhyn
>>663
さらにもう一歩踏み込んで「世界の歴史」を広く知るようになると、
正直言って秀吉程度で反日になる韓国のほうが異常粘着だと分かってくるはず。

まずは世界史板を半年ほどROMってみることをお薦めする。おもしろいよ。

665 :朝まで名無しさん:02/08/19 09:12 ID:BlDo4qsF
>>663
朝鮮に攻め込んだのは何年前の話だよ
日本は元寇でモンゴルを恨んだり謝罪しろ発言繰り返したりしたか?

それに韓国は金のためにベトナムに侵攻してるけど
ベトナムが韓国にことあるごとに謝罪を要求したりしないだろ

666 :⊂(-_- ⊂~⌒⊃:02/08/19 09:53 ID:P4BZXbHu
>>663
「壬申倭乱」を「白村江の戦い」だと思って朝鮮人の人と話した事あるよ。
あの時は全然噛み合わなかったね(苦笑)。

667 :朝まで名無しさん:02/08/19 12:19 ID:9x/2XGTY
>>661
「高いものと言えば?」
「富士山でございます」
「その次は?」
「鷹は天高く飛びます」
「その他には?」
「近頃、茄子がとても高いです」

668 :222:02/08/19 13:02 ID:C8ibXJF1
江戸の穢土説ってのは本当か?
江戸って地名はもっと前からあるから可能性としては平将門が京都で斬首
された首が大手町まで飛んでいったらしいから、そのころ命名されたってなら
説得力があるけどなあ。

669 :朝まで名無しさん:02/08/19 13:32 ID:ROosDCoM
>>667
ありあとやんす。
もしかしてそれ落語?

670 :朝まで名無しさん:02/08/19 13:35 ID:6e+UQI25
かごめかごめ (ユダヤの民よ、ユダヤの民よ)

かごの中のとりは (バビロンの虜囚を受けた者達を救う預言者は)

いついつでやる (一体いつ出現されるのだろうか?)

夜明けの晩に  (新しい時代の始まりには【ユダヤにおいては1日の始まりは夕方とされていた】)

鶴と亀がすべった (別々の路をたどったもの同士が、約束の土地へ引き寄せられるだろう)

後ろの正面だぁれ (失われた支族の行方を、今こそ解き明かすのだ!)


671 :朝まで名無しさん:02/08/19 20:28 ID:OCbleZ7o
逆にワラタ!>>670

672 :朝まで名無しさん:02/08/19 20:52 ID:3gTCvuQe
絶対このスレ落研いるぞ。

673 :暗黙の了解なわけだが・・・・:02/08/20 00:05 ID:DdPTAt4Z

 東條英機 → 西条秀樹

674 :朝まで名無しさん:02/08/20 00:35 ID:1Sz4NQUm
6


675 :暗黙の了解な訳だが・・・・・・:02/08/20 00:37 ID:BecrSi8C

 バスター・キートン → 益田キートン → マスター・キートン

676 :朝まで名無しさん:02/08/20 01:17 ID:T/OTRK4n
マイク・タイソン → 前田太尊
薬師寺、海老原、鬼塚・・・その他大勢(以下略)

ていうか、漫画は反則だなぁ、そればっかありすぎて。

とりあえず一個
枢斬暗屯子(すうざんあんとんこ)
この由来になった、スーザン・アントンってのは、俺が昔勝手に予想してたのは、ゴツイ男。
実は、美人女優だったんだね、知ったのは近年。
全ての記憶と知識を破られた思い・・・とまではいかないが、思いを覆されてびっくりした。

http://www.eririn80.com/remember/susananton.html


677 :朝まで名無しさん:02/08/20 01:20 ID:diHSuNoM
掛布→ハゲフ

678 :暗黙の了解な訳だが・・・・・・:02/08/20 01:21 ID:hu7zhdQI
アントン子ワラタ!

679 :朝まで名無しさん:02/08/20 01:22 ID:Zi5//T1B
>>668
それは本当だろうね。
北条氏が開拓するまでは人の住めない湿地だったらしいし。

680 :朝まで名無しさん:02/08/20 01:31 ID:FZaCITWD
半村 良→イーデス.ハンソン
双葉亭四迷→くたばってしまえ


ログを読まずにカキコ。ガイシュツだったらスマソ

681 :朝まで名無しさん:02/08/20 01:38 ID:Zi5//T1B
久石譲⇒クインシー・ジョーンズ
俺も全部読まずにカキコ。

682 :もちこ:02/08/20 02:24 ID:WFvDxaFb
がっこで聴いたのだが、大阪の梅田ってのは、
墓場だったんだって。死体を埋めた=梅田に置き換えたとか。
埋立地って意味もあるみたいだけど、死体が埋まってた方が
ネタとしては良いかと。スレ的にも。

683 :今夜も名無しさん:02/08/20 02:25 ID:frGftfcx
>>680
江戸川乱歩→エドガー=アラン=ポー

つーのは有名だが。作家にはこの手の名前多いんじゃない?

684 :朝まで名無しさん:02/08/20 02:31 ID:HCpoOJQd
まあ日本人作家はちょっと洋物にかぶれ過ぎかも知れんな。

(作家系は狙って作られた名前なのでこのスレ的にはあまり面白く
ないかも。。。)

685 :朝まで名無しさん:02/08/20 02:41 ID:T/OTRK4n
青森県にある戸来村(へらいむら)の由来は、ヘブライと言われてる。
ここには、キリストの墓がある。

キリストはゴルゴダの丘でよみがえった後、日本まで渡ってきて、この村で一生を遂げた・・・

ということだが、村民自身ほとんど信じてない。
特に、観光名所としてPRもしてないし。

まぁ、キリストはともかく、宣教師は間違いなく来て、何かしら伝えて行ったんだろうな。



686 :朝まで名無しさん:02/08/20 02:49 ID:O50mRqWg
岸辺露伴→岸辺シロー(タレント)+幸田露伴(作家)

687 :朝まで名無しさん:02/08/20 09:45 ID:x7ng0jxW
大阪は元々逢坂だったのが(和歌にも逢坂の関とか出てくる)、
大坂になり、坂では「土にかえる」という意味で字が悪いと、大阪になった。

688 :朝まで名無しさん:02/08/20 09:46 ID:x7ng0jxW
江戸川コナン→江戸川乱歩+コナン・ドイル

689 :朝まで名無しさん:02/08/20 12:36 ID:hk+b8ZgG
富士山アイヌ語起源説っての聞いたな〜。
確か火を吹く山とかそんな意味だったような。誰かしらないですか?
自分の地元の川もアイヌ語で「水の無い川」の意味だと教わったし。
変な地名ってアイヌ語起源ってありそうな気がする。

690 :朝まで名無しさん:02/08/20 12:46 ID:GJXoFepH
>>8 10 12
スレの主題と違う上にスゲー遅レスだけど、ベトナム戦争でレーションの中身のタバコが
「ラッキーストライク」だった場合縁起が悪いとその場で踏み潰された。
どうにも砲弾がストライクという連想からくるものらしく、戦場ではジンクスを
信じる兵士も多いみたい

691 :朝まで名無しさん:02/08/20 13:49 ID:QbSCrmLY
口(くち)という字は、祝詞を収める箱の形。
右は祭司がそれを右手で捧げるところからくる。
ナの部分は手の形。
工は工具なんだけど、祭具を意味する。
左は祭司が左手でそれを捧げるところ。
右と左をあわせて尋。ヨと寸はもともと手の形をしている。

賢。という字の貝をのぞいた部分、臣又。
臣は目の形。中の口の部分が黒目。
又は手の形。
目を傷つけ盲目にすることで、異界を見ることができた。

692 :朝まで名無しさん:02/08/20 13:49 ID:nbMCkMCM


http://www.honjo-daiichi.jp/

693 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:00 ID:1NdI2nbB
>>689
火はアイヌ語で「アペ」だから違うんじゃあ・・

奈良が朝鮮語の「ナラ」=都 から来ているという説があるが、これを言うと反韓の
人たちが騒ぎ出しそうだな。

694 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:13 ID:3gJWDN2I
>>689
かぐや姫が置いていった不死の薬を
火口に投げ捨て燃やしたから

なーんてね

695 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:21 ID:x7ng0jxW
>>693
あの時代は大陸から渡ってきたものはたくさんあったんだし、
そういう可能性があってもおかしくないとは思う。

太秦の秦は渡来人の姓だし。

ウドンもオデンも語源は朝鮮らしいしね。モノはかなり違うらしいが。


696 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:23 ID:x7ng0jxW
>>689
カムイ → 神

697 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:48 ID:uv/Ao/SL
折れは、酒田市で生まれたんだけど、
シャコタン(アイヌ語)、シャカタ、砂潟、酒田ではないかと考えている。
それに、新潟あたりをその昔、越と言っていたけど、これ日本列島の腰のあたり
にあるから、コシ→越って大昔は言っていたんじゃないか...なんてね。
アイヌは縄文の正当子孫と聞くから、アイヌの言葉って相当残っているような気がするな。

698 :朝まで名無しさん:02/08/20 14:51 ID:sKNwuke/
春駒=うままら

699 : :02/08/20 14:55 ID:zpAbbh59
>>1
コケシは分かった、次、カゴメカゴメの話の説明を求める。



700 :朝まで名無しさん:02/08/20 15:29 ID:J+8020bG
加護め、加護め、
加護なんか(調子に)乗ってるわ、
何時?何時にやる、
夜明けの晩に、
鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ

「夜明けの晩」・・・ゴマキ(夜明け=人気No1脱退)が脱退した直後と言う意味。
「鶴と亀が滑った」・・・鶴・亀=初期メンバー市井・中澤を指し、2人のソロ活動が滑った事を指す。
「後ろの正面だあれ」・・・後ろのは子泣き爺(保田)、正面(負ぶっているのはお前だ!!加護!!

加護って最近、調子乗ってない?
一発かまさない?
何時?何時にやる?
ゴマキが脱退した直後にしようか。
「市井・中澤もソロで滑ってるの見てるだろう!
保田と一緒に脱退するか!(゚Д゚)ゴルァ!!」

なっちが最近調子に乗ってる加護に、一発かましてる所を歌にした。

701 :朝まで名無しさん:02/08/20 18:09 ID:YdDTiXDN
>>700
うまいねぇ


702 :朝まで名無しさん:02/08/20 18:22 ID:aNNS8g2W
「むすんでひらいて」とは、ロッキード事件を予言した歌だったのか?

結んで    (戦闘機を売り込むための契約が結ばれた)

開いて    (裏金を日本に持ち込むための銀行口座が開設された)

手を打って (新聞記者たちにも多くの金が渡った)

結んで    (ついに秘密保持そのものさえ別契約となった)

また開いて (金はますます多額に使われてゆく)

手を打って  (政府高官さえ必死に対策を講じた)

その手を上に  (だが悪事はいつか露見するものである)

206 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)