5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DV】小泉首相の離婚原因は家庭内暴力か!?【疑惑】

1 :【DV】小泉首相の離婚原因は家庭内暴力か!?【疑惑】:02/11/06 19:33 ID:cSb3zoil
以下は、「変人宰相・小泉氏に『精●病』の重大兆候?」より抜粋、月刊「ファイヤー」02.9号【洋泉社】所収
【小泉首相は人格破綻者か?】
…。実を言うと、小泉首相は総理になる前から、精神的に危ない面があったとされる。
小泉首相をよく知る、関係者が耳打ちする。
「小泉さんに離婚歴があるのは有名ですが、その原因はDV(家庭内暴力)だったらしい。
前妻の佳代子さんに、殴る蹴るの暴力を働いたと聞いています。
暴行の理由は2説流れています。
一つは、佳代子さんが友人との会合で遅くなって深夜に帰宅したために浮気を疑った、という説。
もう一つは、佳代子さんが子供を私立幼稚園に入れるための予備校に通わせようとしたり、
外車が欲しいなどとわがままをいうようになったから、という説ですが、これは小泉サイドが流している説です。…」
佳代子さんは大手製薬会社の創始者の孫。
タレントとして活躍中の長男・孝太郎と次男・進次郎が生まれ、三男・佳長がお腹の中にいた頃、二人は離婚している。
このDV説が本当なら、小泉首相は身重の女性を殴ったり蹴ったりしたということになる。
小泉家をよく知るジャーナリストはこう語る。
「離婚の背景には、実姉・信子さんの存在も大きかった。よくある嫁と小姑との確執だね。
これに耐えられず、佳代子さんは離婚したとも。
彼女に小泉がかけた最後の言葉は『君子、去る者は追わず、来る者は拒まずだな』だったと聞いている。
血も涙もない。目の前で涙する女性にかける言葉じゃない」
…。また、親族の葬儀で三男・佳長とニアミスしておきながら、結局、その場では一言も会話を交わすことはなかったという。
「長男の孝太郎には、芸能界デビューをバックアップするほどの溺愛ぶりなのに、三男とは一度も会おうとしない。
おそらく勝手に佳代子さんの不義を思い込んで、わだかまりを解いていないのでしょう」
小泉純一郎という人物の精神構造には、元々情緒不安定でファナティックな歪みがあったのかもしれない。
「…。『小泉ブーム』に乗って、マスコミもはやしたててきたが、
我々は非常に危険な人物を首相に据えているわけです。…」(政治評論家)
その本性がようやく明らかになってきた小泉首相。
「去る者は追わず」という言葉が、彼に向けて放たれる日は、意外に早く訪れるかもしれない。

2 :無党派さん:02/11/06 19:35 ID:nffSIdef
月刊ファイヤーってなに?

3 :無党派さん:02/11/06 19:37 ID:RVegIr3h
うわ長い1さんだね

長男・孝太郎の顔が佳代子さんソクーリで
三男・佳長が純一郎ソクーリだよね

4 :無党派さん:02/11/06 19:39 ID:cSb3zoil
>>2
(株)洋泉社という出版社が発行している雑誌。
現在、「週刊特報」と名前を変えて、週刊誌になっている。




5 :無党派さん:02/11/06 19:42 ID:nffSIdef
>>4
http://shukan-tokuhou.jp/
「列島縦断SEXの秘境」「お嬢さん1万円で脱いで下さい」でっか...
まともにとりあうのも...

6 :・・・:02/11/06 19:45 ID:0PAzzSkc
ほっといてやれよ。
よその家庭よりも、自分の家の心配しろよ。
離婚の原因なんて、当人どうししかわからないだろうが。

7 :無党派さん:02/11/06 20:03 ID:cSb3zoil
>>5
洋泉社自体は固い本も出している普通の出版社だけどな。

洋泉社の週刊特報は、講談社の週刊現代のようなもの。

http://www.yosensha.co.jp/

8 :無党派さん:02/11/06 20:16 ID:nffSIdef
>>7
映画秘宝のトコロか。
あの、別宝のパクった形式でムック本出しているトコロだね。了解っ

9 :無党派さん:02/11/06 21:08 ID:/Oaaeg+L
去年の参院選の頃のネタじゃん、これ。
真偽以前に、古すぎる。

10 :小泉の「家庭内暴力」醜聞(「アサヒ芸能」02.5.23):02/11/08 04:50 ID:HAK02A2L
…略…。「俺(鈴木宗男)は政権が吹っ飛ぶ爆弾を持っている」
…略…。さる政界関係者はこう明かす。
「宗男氏は、3月の証人喚問前後に『俺は小泉総理に関して4つか5つの爆弾を握っているんだ』と放言していました」
関係者によれば、この「5つの爆弾」発言で真っ先に思い出したというのが、
昨年4月の自民党総裁戦時に宗男氏が、番記者の前でも、しばしばオフレコの名目で語っていた、
小泉総理個人に対する「人格攻撃」暴言だ。
それはこんな調子だったという。
「女子供に暴力を振るうような人間は、誰が何と言おうと総裁にふさわしくない!」
関係者が続ける。「この発言は、以前から永田町に流れていた小泉家にまつわる『ある噂』を指しているのは明白です。
それは、小泉総理が約20年前に別れた前妻(45)に家庭内暴力、いわゆるドメスティック・バイオレンスを行っていて、これが離婚の直接の原因だというものです。
しかも、前妻との間に、小泉総理は3人の男子をもうけていますが、離婚時、前妻は三男を身ごもっていた。
そして親権を前妻に譲った三男と小泉総理は、そのあと一切会おうとしなかったことから小泉総理が暴力を振るった原因にもさまざまな憶測が飛び交っていたんです」
さらに宗男氏は、当時、小泉総理と親交のあった飲食店関係者との「ただならぬ関係」を断定するような発言を連発…ムネオ情報網を駆使して数々の「醜聞」を吹聴していたというのだ。
…略…。さらに小泉政権発足後、しばらくしたころ、宗男氏はここ数年間に、小泉総理に女性関係のトラブルがあったことを周囲に示唆していたという。
「そのうえで『俺がカネでトラブルを解決してあげたんだ』と言っていた。
この時期がどうやら官房副長官時代で、カネの出所というのも官房機密費を指しているらしい。
事実ならきわめて強力な『爆弾』になるでしょう。
一部で報じられた小泉総理の私設秘書の公共事業を巡る口利き疑惑についても詳しい情報を握っているようです」(政治部デスク)
こうなると、小泉総理に関する「醜聞爆弾」は優に5つを上回りそうだ。以下、略。

11 :    :02/11/08 05:46 ID:TDCyRbeR
>>6

かあちゃんの マンコがガバガバだった なんて口が裂けても言えんよな


12 :無党派さん:02/11/11 06:14 ID:GrZ9zoRR
★衝撃!「元妻への暴力…」「シスコン…」(「噂の真相」01.6号より引用)★
小泉には、ある怪文書が出回っていて、
そこには新橋の芸者との関係や、
元妻への暴力、
さらには実姉との関係などが書かれている。
中でも実姉の部分は噂になっていて…、
実際小泉は何でも姉の言いなりに動く凄いシスコンだからね。
総裁選出馬も姉にハッパをかけられた結果だよ。(政治部デスク)

13 :無党派さん:02/11/14 07:22 ID:YUgO0dNp
★衝撃!小泉首相の「ロンドン遊学」の真相は、ある女性に対するハレンチ行為をもみ消すためか!?★
森「オットセイ」氏(森前首相)の弟子の小泉首相の暗い影を英米の諜報機関は握っている。
小泉首相の「ロンドン遊学」の真相は、
ある女性に対するハレンチ行為が警察ざたになるのを恐れて、
父親の防衛庁長官(当時)が英国にほとぼりがさめるまでと逃がしたものらしい。
(ニューヨーク市立大教授霍見芳浩氏)
http://gendai.net/contents.asp?c=022&id=135

14 :無党派さん:02/11/17 11:17 ID:D87w6EB7
関係者は告白してほしいな。

15 :無党派さん:02/11/18 09:28 ID:1D/hjCXV
関係を持った者は告白してほしいな。

16 :無党派さん:02/11/20 15:19 ID:38+7xL3t
★「小泉首相の愛人と隠し子」−「怪文書」第二弾が永田町で流れる−★
by「噂の真相」02.11
…9月初旬には、小泉正也(小泉首相の実弟)の(東京地検特捜部への)
「供述内容」が書かれた例の一問一答形式の怪文書の第二弾まで登場している。
「首相就任直後、実は兄貴(小泉首相)の女の所に突如、
鈴木宗男から花が届き、我々は心臓が止まるほどビックリした。
特に兄貴は慌てて、その日のうちに彼女を別のアパートに移し、花を返却させた。
これを契機に彼女と、兄貴の間に生まれた5歳の息子の、母子二人の転々とする生活が始まった。
それに法外なカネがかかったのは事実だ」(原文ママ)
小泉の「愛人と隠し子」についてまで怪文書に書き、
あげくに七光りタレントの息子・小泉孝太郎やその所属事務所社長まで
ヤミ献金疑惑に絡ませているのである。以下、略。

17 : :02/11/20 15:55 ID:rdT/XtUb
小泉の元嫁は創価学会なんだよ。あとは推測しろ。

しかしまぁ、いわゆる『抵抗勢力』も必死ですね。

18 :無党派さん:02/11/20 15:58 ID:YX0LEkdi
2ちゃんも舐められたもんだなぁ。
こんなんで扇動できると思ってんのか>1

19 :無党派さん:02/11/20 16:01 ID:38+7xL3t
>>17
はあ?(w
それが事実なら、確たる根拠を示せよ(w
すくなくとも、ソースくらい示せよ(w

しかしまぁ、いわゆる『小泉狂信者』も必死ですね(w。

20 :無党派さん:02/11/20 16:03 ID:38+7xL3t
>>18
はあ?(w
「扇動」?(w

21 :無党派さん:02/11/20 16:30 ID:YX0LEkdi
プッ。
キモッ。

22 :無党派さん:02/11/20 16:59 ID:38+7xL3t
>>21
キモイ奴だなあ(苦笑。

…なんだ下等な煽り房か(プッ

23 :無党派さん:02/11/23 15:38 ID:J09Pu1gn
【衝撃の内幕】「訪朝」も「改造」もこの3人で決めた
淋しき小泉純一郎「女帝と執事」がすべて(1)
「ジュン、森さんにできなかった訪朝をあなたがやるのよ」

■松田賢弥と本誌取材班

■「女帝と執事」の予言通りに
■「見せてやる、これが政治だ」
■「オレの言葉は小泉の言葉だ」
■「世論って、そんなものよ」

湧き上がる怨嗟の声。
ワンマンな小泉純一郎が、独断で内閣改造人事を決めてしまった――そういうことになっている。
しかし政界関係者は、気付き始めている。
「考えることが嫌いな小泉が、重大な局面で決断を下せるわけがない」。
その予感は正しい。
国政を弄もてあそぶ「女帝と執事」の姿が透けて見えてきた
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/top_news/20021019/top_1/main.html

24 :無党派さん:02/11/28 04:32 ID:a1gESZce
淋しき小泉純一郎「女帝と執事」がすべて
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/top_news/20021019/top_1/main.html
本誌はこれまで、政権の人事や政局を動かしているのは、実は小泉ではなく、
小泉が気を許す二人の人間だと報じてきた。一人は飯島、そしてもう一人が小泉の
政策秘書であり実姉の小泉信子(64歳)である。この1ヵ月、政治は小泉訪朝と
内閣改造という二つの事件に大きく揺れた。そこでも二人は大活躍をしている。

 今回の改造人事に、当然二人は口を出した。改造の目玉となった経済閣僚人事に
ついて、すでに夏休み前から周囲に、こうほのめかしている。
「経済閣僚をどうするかだわね。アッと驚くことが、あるかもしれないわよ」(信子)
「金融庁の持っている金融政策立案部門を、金融庁から引き剥がして、財務省に
兼務させたい。金融庁に権限を持たせておくことはない」(飯島)

 二人が予言した通り、直前まで留任と思われていた柳沢伯夫金融担当相は更迭され、
竹中平蔵経済財政担当相が兼務する人事となった。
 小泉ブレーンの一人はこう言う。
「小泉が信用する側近は、一に信子、二、三がなくて四が飯島だ。身内政治なんだ。
特に信子は、小泉自身が決めなければならない政治の重大な局面にくると必ず、口を
出している。信じがたいことだが、この国を動かしているのは、あのオンナなんだよ。
彼女は常に陰で存在感を発揮する不気味なオンナだ」

 小泉の私生活の面倒を見る傍ら、政局を決める最終的なゴーサインを出す「女帝」信子が
首相公邸(現在は東京・品川区の仮公邸)の主。一介の「執事」に過ぎないはずなのに、
官僚を顎あごで動かす飯島が首相官邸の主。そしてこの二頭立て馬車に、自分では
何ひとつ決めることができない小泉が乗っかっている「トロイカ体制」が、この国の政まつりごとの
正体だ。二人がいなければ、小泉は首相はおろか、政治家として存在できたのか、はなはだ疑問だ。

週刊現代 10月19日号 10月7日発売

25 :無党派さん:02/12/03 06:16 ID:RjpKZL/X
【小泉の「愛人」が「自殺」!(新橋芸者「小はん」の謎の死)】(参考:「噂の真相」「FOCUS」等)
●小泉の「愛人」の不可解な「自殺」(新橋芸者「小はん」の謎の死)●〔修正版〕
★「ハマコー」こと浜田幸一元衆議院議員が、小泉氏を公の席で「この芸者殺し野郎!」と罵倒★ (「噂の真相」より)
かつて、小泉が郵政大臣に就任する直前、彼の愛人と噂された新橋芸者が自宅のマンションで不可解な自殺を遂げた。
31歳の若さで自殺を遂げたこの新橋芸者の源氏名は「小はん」。
小泉が所属した旧福田派のアイドルともいわれた花形芸者だ。
当時、この「小はん」の自殺を報じた複数のマスコミに対し、小泉は彼女との関係を否定した。
しかし、「ヤジ将軍」ともいわれたハマコーは、小泉を公の席で「この芸者殺し野郎!」と罵倒した…。
真相は闇の中だが、小泉の不気味な素顔を垣間みた気にさせるエピソードだ。

26 :無党派さん:02/12/03 09:37 ID:/iVsCvaX
●亀井激白、与党も99%が小泉NO!  年内にも総決起?!  (一部省略)

 夕刊フジでは、国を憂えて提言を続ける自民党の亀井静香前政調会長にインタビューを敢行し、
末期的な経済の現状から北朝鮮問題、今後の政局を語ってもらった。

 −日経平均株価が一時8000円台、自殺者3万人、戦後最悪水準の企業倒産数や完全失業率。
まず、この現状をどう見るか。

 「完全な失政だ。ただ、首相はウソを言ったわけではない。『2−3年はマイナス成長』『痛みを我慢
して』といい、それを国民の9割が支持した。物事の本質を見ないで、表面上だけで判断するという
『長野(田中康夫県知事)現象』が日本全国を覆っている。国民が冷静な判断をできなくなっている」

 −マスコミが真実を伝えていない?

 「首相が高支持率のため、『批判記事を書くと読者や視聴者が離れてしまう』と恐れて迎合している。
首相はそれに自信を持ち、間違った政策を進めている。長野県民のように国民はマスコミの影響を
受ける。悪循環でグルグル回っている」

 「国民はそれほど賢明ではない。切り捨てられている地方ですら、テレビや新聞を見て首相に拍手
しているのだから。実際、自分たちの生活は締め付けられ、すぐ後ろは断崖(だんがい)絶壁で突き
落とされそうなのに…。笛吹童子(ハメルンの笛吹き?)の怪しき笛の音に踊らされて、ネズミの大群
が海に飛び込むような状況だ」

 −「これではダメだ」と思っている与党議員はどのくらいか。

 「圧倒的。99%」

http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_10/3t2002102105.html


27 :無党派さん:02/12/06 04:26 ID:+jvoWrn0
★付録T:自民党の小泉総裁(現首相)をめぐる疑惑(新聞・雑誌等より)(ほんの一部)★
●旧厚生省汚職(岡光事件)贈賄側関連団体からの資金提供
●石油卸商泉井氏からの資金提供疑惑(泉井ヤミ献金疑惑−自民党の山崎幹事長らと共に名前が上がる)
●機関誌収入年間1800万円(ここ10年間で総額1億8000万円)のうち8割が政治資金規正法の「抜け道」としての広告料よる収入
●政治資金集め&税金対策目的のペーパーカンパニー疑惑、
そしてこのペーパーカンパニー疑惑に関連して新たに口利き疑惑(あっせん収賄容疑&あっせん利得処罰法違反容疑&偽計入札妨害容疑)が発覚!
●秘書給与詐取(ピンハネ)疑惑:姉を「政策秘書」として採用(年間給与1400万円)。
仕事の実態はせいぜい「私設秘書」
●献金強要疑惑:銀行を使って、中小企業から献金を強要したとの疑惑
●付き合っていた女性の不可解な「自殺」(新橋芸者「小はん」の謎の死)

28 :無党派さん:02/12/06 04:29 ID:QQ+KtxER
小泉はホモじゃないの?

29 :無党派さん:02/12/06 13:29 ID:yFEmoo89
>>19
毎日新聞が出してる週刊誌(サンデー毎日)で
秘書の弟のインタビューで書いてあった。
バックナンバー当たれ。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)