5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不思議の国の千一夜

1 :花と名無しさん:2001/08/10(金) 23:04
なかデラで連載されてた、そねまさこ原作の「不思議の国の千一夜」
が大好きですー。
むかーし、コミックスを持ってたけど、引越しする時に捨てられてしま
い、探しつづけること10年・・・
やっと、文庫本で発売されました。
内容にこれといった起承転結があるわけじゃないけど、、かなりかなり
ハマりまくり・・・
誰か知ってる人いるかなー。。

2 :花と名無しさん:2001/08/10(金) 23:12
文庫化すると思わなかったから地道にだらけで揃えたなー。
本人がこれの同人誌出してたよね。

3 :花と名無しさん:2001/08/10(金) 23:14
同人誌なんてあるんや・・・知らんかった・・・
どんな内容なんですかねぇ。

4 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:11
すごく懐かしいです〜。とっても好きだった!
そねさんの絵もあのころは華やかできれいでしたよね。今はちょと地味ぎみだけど。
セブランの女装(?)も美しかった。

5 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:14
>>4
あら?当時からちょっと地味っぽかった記憶が…。
大好きだったなー。
あれってやっぱりギャグ漫画なのかしら?

6 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:16
リボンの騎士と似てるなと思って読んでたら
セブランがしっかり男性になってしまって
大変ビクーリいたしました。。。

7 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:19
多分下の方に姉妹いっしょのスレがあったような。
過去ログいっちゃったかな。
この人のコメディってすごく好きだけど、最近は描いてないのかな。
恐怖ものは性格的にのれないのでいまいち。

8 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:19
ブス王女が美人に見える話、あれなんか好きだなー。

9 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:24
ここ見るような人は既にしってるだろうけど、一応。
http://www.netlaputa.ne.jp/~gureko/

10 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:27
近況報告のところにある
>『追跡者〜幻の漫画家・韮沢早を追え!』 取材 竹熊健太郎
>スピリッツ増刊
>IKKI連載(小学館) マンガじゃなくルポですが、
>中で紹介している早すぎたマンガ家 韮沢氏(にらさわ・すぐる氏)のマンガがものすごい。
>全部読んでみたいのでぜひ復刻して下さい.
>これのためにIKKIを買い続けています。
>
はネタだと分かってて書いたのかな。それとも本当にダマされちゃってるのかな。

11 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:28
昔読んで、すごく心がわくわくした作品。
少女漫画読んで「キュン」じゃなくて
「萌え〜」となった初めての漫画。

12 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:29
>>3
同人誌持ってます〜〜〜
連載当時の表紙とか、表紙の下書き、ラフ画とか載ってました。

13 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 00:36
私も持ってる.....。>同人誌。
「不思議の国の〜は私のお気に入りの作品です」、みたいなコメントが
載っていたのが嬉しかった。

たまに自分の過去の作品を「駄作でした。あれは読まないで!」と
言い訳する漫画家がいる中、不思議の国の〜は作者にも
愛されている漫画なんだなあと。感動したよ。

14 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 01:11
懐かしい・・・・
セブランの女装美しすぎる。
ペガサス(名前なんだっけ)の性格の悪さも好きだった。

15 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 01:21
なつかし!懐かしすぎです(*^_^*)
話あんまり覚えていないんだけど、ホントは姫なのに男の子として育てられて
男になるために旅してるんでしたっけ???
あんま覚えてないので違ってたらゴメンナサイ

この頃の少女マンガって、ほんとによかったな〜
今よりもお話を作るのが上手な作家さんが多かったように思います。
そねさんて、呪術者カイシリーズの人だっけ…マリーちゃんが好きです。

16 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 01:24
ヘンデクアトラタン

17 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 03:35
女の子が男装して王子様に…っていう漫画は、
他には「リボンの騎士」と「ウテナ」しか知らないけど、3つとも好きでした。
特にセブランは、ほんとに男になるほど、精神的にも男だったのが、
私にはとてもつぼでした。

18 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 09:26
そうだった! ペガサスはヘンデクだ。

ミルテに、実は女だったって告白して、
その話は置いといて朝食食べちゃいましょ、とか言われるシーン
何故か好きだった

19 :花と名無しさん:2001/08/11(土) 09:43
ミルテのひねくれた弟が、氷の国の王女と文通してたんだよね。
周囲の人は、熱烈に手紙を交わしていると思っているけど、
実は皮肉の応酬をしあっていたという・・・
結局、あの二人ってどうなったんだっけ?

20 :花と名無しさん:2001/08/12(日) 01:29
けっこういろんな童話が下敷きになってますよね。
継母と娘が美しさを競ってる話(白雪姫?)のオチが好き。

21 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 02:32
なつかし〜
ミルテの弟好きだった。頭良いけどひねくれたヤツ。
うろ覚えだけど、美人な性格ブス(実は男)とも
ブスだけど性格美人な姫ともうまくいかないで、
セブランが以前に笑わせることに成功した↑19の
生意気な姫とはケンカしながらもいい雰囲気になれたのに
最終的には姫を怒らせて↑19の結果に・・・
結局最後までそのままだったと思いますよ〜

弟の名前なんだっけ?

22 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 02:56
オルティス

23 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 03:24
>>21
オルティスだったかな、ミルテ姫の弟。

背中にバラをしょった暗殺者イアモンの顔が濃くて笑えたな〜。
脇のキャラもいい味出してたし、悪役キャラもドジな奴が多くて
なんか憎めないんだよね。面白かったな、ホント。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/13(月) 12:12
私もすっごい好きだった〜!
個人的には単行本6巻のアラビアンナイト系の悲恋の話が好きだった。
ところでヘンデク・アトラタンって「堀を越えるもの」って意味で書いてたけど、これって本当にそう意味なのかな?
ラテン語?ギリシャ語?作者の創造語かな。

25 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 13:37
子供の頃、何故か途中の巻1冊だけ家にあったな。
私以外兄弟男ばっかなのに。
それがミルテとの新婚話の頃〜刺客に井戸に放り落とされるの辺り。
話の前も後も気になって気になって…高校になってようやく全巻読んですっきり。
王妃の兄弟たちが好きだったな。

ラストの「子供の名前はあなたが付けてね」ってアレ。
あの時代はOKだったんだろうが、「レイアース」で同パターンED見て鬱になった。

26 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 13:47
あの頃、「子供の作り方」をマジで知らなかったから、セブランが何を悩んでるのかよく分からなかった。
大人になってみて、セブランの大変さがよーくわかった。
大変だったんだね・・・しみじみ。

27 :花と名無しさん:2001/08/13(月) 13:53
>>23
イアモン、大好きでした。
消防だったせいもあるけど、背中に本当にバラを背負った
キャラって彼が初めてだったので、ものすごーくインパクトが
ありました。

あと当時解らなかったネタも、OL頃に古本屋で揃え直したとき
全て解ったのが、なんだか感慨深かったです。
(大人になったなー、と)

28 :花と名無しさん:2001/08/14(火) 04:04
>>25
私も永らく、3巻一冊だけの頃がありました。
あまり漫画を買ってもらえなかったので、
親戚の人が本屋につれてってくれた時にこれを買ってもらって、
大きくなってから自分のおこずかいを貯めて全巻そろえました。
なぜ3巻かと言うと、表紙の絵が好みだったようです。

29 :花と名無しさん:2001/08/15(水) 00:01
ゼブランによくにた元気な黒髪の男の子です。
名前は『      』よろしく。
『』の中、うめました?

30 :花と名無しさん:2001/08/15(水) 13:40
>>29
連載終了時はそこまでおこちゃまじゃなかったので(笑)
ふ〜ん、おもしろいごまかし方したな、なんてめっちゃひねた見方をしておりました。

31 :花と名無しさん:2001/08/15(水) 23:12
単純にゼブランとミルテの子だからミルランとか。
双子だったら良かったのにな、って思ったのはオレだけっすか?

32 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 01:05
あれだけミルテが「黒髪の男の子」がいいて言ってたからね。
でも、この人の作品ってホント両極端だよね。
こんなコメディー描いてると思ったら、ホラー者描いてたりしてたし。
でまたこれが結構怖かったりしたんだよね。
本人は、どっちが好きなんだろう。

33 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 01:09
>32
デビュー作には作者の特徴が顕著に表れるというけど....
曽祢先生のデビュー作を読んだ事がないので何とも(汗)
確か怖い系だったような気が。(?)

34 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 01:19
コメディーだった気が・・・・
(確証はないっす)

35 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 02:51
公式ページでは「手錠はおどる」でデビューって事になってますね。
...コメディか?、ホラーか?読んだ人います?

なんとなくご本人はホラーの方が好きなのかなと想像したりします。
コメディ好きだからもっとコメディ描いて欲しい。
不思議の国の千一夜って文庫板も出てるんですね。

36 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 18:49
この人の作品ってよく猫出てくるよね。犬は殆ど出てこないのに。
猫飼ってんのかな。

37 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 19:24
先生は猫を飼ってたらしいよ。(今は分からんけど、昔は。)
"不思議の国の〜"のあらすじ解説に出てくるほわほわ毛のしま猫は
「チャウチャウ」という愛猫をモデルにしていたらしい.....。

38 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 19:31
自画像は猫だし、ご本人のHPでも、猫の親バカ写真を展示されてますね。
http://www.netlaputa.ne.jp/~gureko/sone8.html

39 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 20:11
手錠はおどるはコメディーでした。

40 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:45
先生のホラー読んだことあります。
題名は忘れたけど、絵がすっごく怖かった覚えが・・・
夜トイレに行けなかったくらい・・(小さかったからかなー)

41 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 02:02
この人の書く漫画で悲劇の物が印象深いです。
「幽霊狩り」「魔女に白い花束を」には泣かされました。

42 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 01:28
どっちかというと怖い作品の作家さん、ていうイメージだったので
「不思議の国〜」の連載始まったときは違和感あった。
でも面白かったので一気にはまった(笑)

43 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 01:41
うわー私も大好きだった!
なつかしいなあ〜。
うう読みたくなってきた・・・でも近所の漫画喫茶には無かったかも。
古本屋いかなきゃ。

44 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 06:31
文庫版なら新刊で手に入りますよ。全6巻
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=0000400721

45 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:06
>44さんの追記。
文庫版には、当時のイラストで再構成したパロディ漫画が
収録してあるのでお買い得?かも....。(同人誌の再録だそうですが、私は結構楽しめました)

46 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 01:52
昔の単行本で揃えていたので
文庫は買わなくても良いやって思ってたんですけど
>>45さんのレス見て、文庫も欲しくなってしまった〜〜ドホシヤウ。

47 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 02:14
ああ!なつかしー。
思い出しました。セブランが女装した時のヘアピースに真珠がついてるのが好きだった。
「妖精旅行」もこの方でしたよね。これも女の子が男装してたような・・。
確か恋人に会いに行く為?バスケットの中が妖精の部屋になるのが良かった。
ジャム好きのあの妖精、名前が思い出せない・・。

48 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 11:07
最近文庫本で再読したのですが、
話も絵も全く古さを感じさせないのには驚きました。
女装のセブランと、金のりんごがある山を教えてくれる人魚姫がすごく可愛い!

49 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 14:52
ヘンデクがドコからともなく本を出すトコが好き(笑

50 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 21:22
「妖精旅行」帽子をかぶった子がちょっと斜め角度でのアップの表紙でしたよね。
表紙は思い出せるのに、内容が思い出せない。

51 :花と名無しさん:2001/08/22(水) 07:07
「妖精旅行」も最近講談社からでていますよ。
「不思議の〜」の中にある広告によると、妖精の名前はアルファルらしい。

52 :花と名無しさん:2001/08/22(水) 10:20
わたしもこの作品大好きです!!
リアル消防の時で、ホント、子供の作り方わかってなかった(笑)

今となればもうわかりまくってますけどね・・・(爆)

53 :花と名無しさん:2001/08/22(水) 21:53
少女漫画界には、男装の麗人や女装趣味の男ならわんさか出てくるけど
本当に男になってしまったお姫様は珍しい。(^^;

遅レスですが、友人に不思議の国〜の同人誌を読ませてもらいました。
連載前の構想(ネームというのかな??)が曽祢さんの言葉で一句一句
丁寧に文章で綴られていて感激しました。欲しいけれどもう手に入らないのかな。
元になったという神馬の昔話も読んでみたいものです。

54 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 01:45
同人誌、富澤南桃堂というところで扱っているみたいですけど、
何処で売ってるんでしょう?

55 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 02:29
うわー。私も「不思議〜」好きでした。懐かしい・・・。
初めて全巻そろえた漫画だったような気がする。
昔の漫画って隙だらけでもパワーだけで面白い作品があったように感じませんか。

そして、全然関係ないんだけどこの漫画でドレープという言葉を覚えましたよー。

56 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 23:21
>>55
3行目、私もそう思う...。
今考えるとツッコミどころ満載だったけれど、夢と憧れにあふれていたよ。>昔の漫画。
今の漫画は絵柄・ストーリー共に超現実的じゃないと速攻で蔑まれるもんねえ。

でも「不思議の国〜」では時々、珍山荘や赤坂プリンスなど固有名詞が出てきた
のも面白かったなー。(ミミズの王の結婚式場選びの場面だっけ)

57 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 23:43
>>56
用法間違ってない……?
超現実的って、「現実からかけ離れているさま。実際にはあり得ないさま。非現実的」って意味なんだけど……。
それを言ったら昔の漫画の方がよっぽど超現実的(笑)

58 :56:2001/08/23(木) 23:44
おおそうですね・・
深く考えずに打ち込んでしまった自分を恥じてsage.

59 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 23:49
このコミックス未だに持ってます。でも最終巻だけ買ってない。今思うと悲しい。ミルテ姫
が天然ボケでかわいかったな〜。スミレ色の瞳というのを何故か覚えています。

60 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 00:09
文庫で出たとき即買いしたわ

61 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 20:38
初めて読んだリア消の頃は
ベルベルが最初に出てきたときの話は、何のことかピンと来てなかったよ。
翌朝のエルナンの目がハート状態も…(笑)
王妃様が何気に男前。

62 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 20:47
>>54
それは即売会で出るときの曽根さんのサークル名です。
 夏コミにもいらっしゃってました。

 千一夜、今読み返しても笑っちゃうんだよなぁ。
 読ませる勢いは今もあせてないと思った。


63 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 03:21
>>55
実はわたしもそうなんです!ドレープ!!
漫画ってこんなふうに何気なく読んでて
知らぬ間に知識(つまらないことでも)がインプット
されてることって多いよねーそして忘れないんだなー
ドレープたっぷりのマント〜

64 :花と七誌:2001/08/26(日) 18:35
懐かしい〜!大好きだったよ千一夜!
あと、二巻しか持って無くて、もんもんとしたのが
魔女に白い花束を・・・だったかな?
凄い衝撃を受けて、主人公がなぜああなったのか
今でも読みたいと思ってる。・・・探すか!(笑)

65 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 19:43
私も全巻持ってるよー。あれはなんか捨てられない。曽根まさことか
松本洋子とか、当時私の周りではとてもはやっていたな。
女装のセブランが好きだった。

66 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 20:05
ははは。昔、女装の男や
女が男になる話にミョ〜な
アコガレが・・・!(爆)

67 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 20:09
>>64
あれは泣いた

68 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 20:16
うん。火あぶり。
恐かった。

69 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 21:17
原作「魔女グレートリ」読みたくて探した事あるんだけど、
見つからなかった

70 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 21:50
>>64
文庫で出たよ〜>魔女に白い花束を
初めて読んだときは消防だったんでいまいち呑みこめて無かったが、
育ちきった今読んだら泣いた。
スティーナの「そうよ私はトーベルホッカーの女!」って叫びが
グレートリとはまた違う意味で救われなくて哀しいなあ。

71 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 21:58
>>70
64ではないけど、「魔女に白い花束を」読んでみたいと思います。
彼女の漫画は好きでたいてい読んでいたけど、この作品だけは何故が
読んだことがなかったので。
あとデビュー作の「手錠はおどる」も。

72 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 22:34
わあ!ありがと!
これで、長年のもやもやも
スッキリしそうです!

73 :花と名無しさん:2001/08/27(月) 01:01
吸血鬼の話無かった?
切り裂きジャックとか出てくるの。

74 :花と名無しさん:2001/08/27(月) 01:14
お母さんが吸血鬼のやつがあったね。
あのラストには驚いたけど。

75 :花と名無しさん:01/08/28 03:04 ID:12Rg/wVc
あれって結局弟も一度死んでるって事だよね。

76 :花と名無しさん:01/08/28 07:30 ID:N3yhjbog
>>75
弟ではないよ。
肝心な所なので、ネタばらしていいものか。
「悪魔の十三夜」のことですよね。
これも「魔女に白い花束を」と同時に文庫化されたね。

77 :.:01/08/30 00:44 ID:OqeBrcaU
「魔女に白い花束を」はほんと名作だしタイトルも秀逸。
大人になって読み返したとき、花束をささげられる「魔女」って
グレートリよりもスティーナのことなんじゃないかと思ってタイトルの
深さを感じてしまった。
(自分の勝手な解釈だけど;)

78 :花と名無しさん:01/08/30 01:20 ID:gBJJKVdk
>>77
私はやっぱりグレートリだと思うし、
漫画家もそれを意識してか、たしか
カラー表紙にグレが花束持ってる絵があった

79 :花と名無しさん:01/09/02 01:48 ID:LLaAaoFs
セブランに萌え

80 :花と名無しさん:01/09/02 01:54 ID:LLaAaoFs
セブランの女装にそっくりの魚の女の子、なんて名前だっけ?

81 :もみょ:01/09/02 04:40 ID:YgVzgs3.
シルリア!シルリアだよん!

82 :花と名無しさん:01/09/02 23:33 ID:OMxFNziE
サイラスはセブランの水浴姿とシルリアにイチコロ。
ダロスもセブランの女装(ファティマ)に惚れた。
顔も性格も似てないが、やっぱり親子なんだなあ。

83 :花と名無しさん:01/09/03 00:09 ID:ue4F.lCo
>>82
ほんとだねえ。

84 :花と名無しさん:01/09/03 00:20 ID:2f59jEfA
セブランが旅に出るときミルテに作ってもらった
お弁当の、ハート型のパンが美味そうで
とっても食べたく思った記憶がある。
しかもそれを石の精にあげちゃうんだよね。
なんてもったいない事をするの〜って当時思った…。

85 :花と名無しさん:01/09/03 02:35 ID:pz5.fKxc
>84
同意!
ハイジの白パン及びチーズに通じるくらいうまそうだった。

86 :花と名無しさん:01/09/03 06:44 ID:PetsMHH6
でもここのお城の人たちって王族なのに、みんな料理手作りしたりしてるよね?
ダンナの食事なんか特に…。なんか庶民的…。
消防の頃、あこがれとなんか違かった…。

87 :花と名無しさん:01/09/03 08:27 ID:jRKse6F6
性同一性障害の患者がちんちんを手に入れて喜ぶ話だよね。確か。

88 :花と名無しさん:01/09/03 16:57 ID:Sjz.Ik0w
87はきっと自分では面白い事を言ったと思ってるんだろうね。

もし呪いで男にならなかったらストーリーはどんなふうに転がっていったのかなあ。

89 :花と名無しさん:01/09/03 22:29 ID:2xnQn0ew
どうなんでしょうね?
それはそれで面白かったかも。
ミルテ姫が可哀想だけど。
ネンネ(死語)だから、こうのとりに子供を貰う方向で一件落着したとか?

90 :花と名無しさん:01/09/03 22:42 ID:xSYF1J3E
「女の子が生まれたら殺す」と言っていたセブランパパも、
セブランが元・女だったと知った時は結構あっさりしてたよね。
女の子のままだったら両親がどっかの国の王子様との結婚話を持ち出しただろうけど、
本人が女の子にときめいてるようじゃ、やっぱりコウノトリさんに
委託するしかないのかな・・。

>87 でも淡白に語るとそういう話なんだよねぇ(^^;

91 :花と名無しさん:01/09/03 23:00 ID:2xnQn0ew
ティムポを手に入れる話っつーのは、考えてみればスゴイ話だ(汗

92 :花と名無しさん:01/09/03 23:44 ID:kV5KVQC.
扱い方に苦労しそうだ<てぃ●●

93 :花と名無しさん:01/09/03 23:50 ID:yWBbNumc
いや〜・・・下半身の問題は結果であって目的ではないはず〜

話の流れとは全く関係ないけど「ミルテ」って名前、可愛いね。

94 :もみょ:01/09/04 00:13 ID:.6/4in/Y
途中から、ミルティア姫(正式名称)とは誰も呼ばなくなったよね。
謎。

95 :花と名無しさん:01/09/05 07:08 ID:97ZwWPy.
各巻の人物紹介でも、「ミルテ姫」オンリーになってる。謎。

96 :花と名無しさん:01/09/05 15:29 ID:U9uEHKO6
それより作者がこの作品を「ヘンデク」と呼んでいるのが謎。
相手に事情を説明するためにコミックスの既刊を読ませるというギャグのときも、
表紙には「ヘンデクKC」と書いてある。
たしかに正式タイトルは「不思議の国の千一夜 〜ヘンデク・アトラタン物語」みたいだけど。

97 :花と名無しさん:01/09/05 21:17 ID:MeNJWD92
実は壮大な構想があったりして。
神馬の寿命は当然、人間より長いわけだからゼブラン達の子孫が主人公で
やっぱりヘンデクがいる物語へと続く....とか。

98 :花と名無しさん:01/09/05 23:11 ID:IrqLNsag
>>97
と、私も思ってました。
あの作品大好きだったから続き読みたかったなぁ

99 :花と名無しさん:01/09/06 00:41 ID:kXs8zZco
天才バカぼんみたいなものでは?
最初はヘンデクが登場以降はヘンデクをクローズあぷするはずだったのに、
セブランが動きまわるのでーとか。

100 :花と名無しさん:01/09/07 02:19
バカボンかあ(笑

101 :花と名無しさん:01/09/07 16:07
いっしょに旅する馬がすきだった。

102 :花と名無しさん:01/09/07 16:15
厨房の頃リアルタイムで読んでたら
先日文庫になってるのを発見して、衝動買いしました。
親子で読んでます。
だってあの程度なら親も安心して「よんでいいよ」って言える。
貴重な作品だ。

103 :花と名無しさん:01/09/07 23:07
ゼブランがバカボンのパパ?(笑)

104 :花と名無しさん:01/09/07 23:13
>102
逆に、子供が親に安心して貸せる漫画でもある....。
私は最近母に読ませてしまいました。(^^;ゞ (感想は聞いてないですが。)

105 : :01/09/09 22:51 ID:JPAOcT.c
むかーしちょっと読んでたので、ここみたらとっても懐かしく
なって文庫1.2巻、まずは買っちゃいました!
面白かった!ほのぼのというか、母性で包まれてるような感じで、
安心してどっぷり浸かれる世界でした。
曽袮先生の持ち味なんでしょうね。

106 :花と名無しさん:01/09/10 01:39 ID:kd9.0.jQ
オルティス好きでしたー。
どっかの姫に「豆腐のかどに頭をぶつけて死んじまえ!」
とか手紙に書かれてるシーン、すごい笑った。
本編ではミミズ嫌いの私を震撼させた、地底の国のエピソードが忘れられません。

107 :花と名無しさん:01/09/10 03:27 ID:YKS5rhKA
あーあの美形なミミズさん達ね。

108 :花と名無しさん:01/09/10 07:21 ID:A9pA/gCc
叔父さんの頭の中に入ったら、いろんな部屋があって、
セブランの死体がいっぱい・・・・
ブラックネタだったけど、印象に残ってる。

109 :花と名無しさん:01/09/10 17:40 ID:7kkJZq3s
「ミミズは雌雄同体」とか、妙な科学的でもあった。

110 :花と名無しさん:01/09/11 05:59 ID:0T9a17qk
ファンタジー小説にミミズを出すのって画期的だった気がする。
どうみても相容れないもんな。

111 :花と名無しさん:01/09/14 09:02 ID:SCkTOp4Y
小じわの気になる王妃様age

112 :花と名無しさん:01/09/15 03:17 ID:UkxaOMcw
オルティス王子マンセー!あげ

113 : :01/09/15 04:14 ID:ad3ciwIw
ヘンデク&セブラン大好き〜〜〜。
そんな私は「ナイトライダー」のナイト2000(しゃべる車)と
マイケルの会話もすき。

114 :花と名無しさん:01/09/15 04:24 ID:.DmhTqh2
リアル消防の頃に単行本そろえていまだに手元にあります。
文庫もソッコー買ったから、もう処分してもいいかな。
でも思い入れがあってねぇ〜

遅レススですが
>>29消防の頃の自分、しっかり名前書き込んでやがりました(恥)

そね作品の中では「金の糸銀の針」だっけ(??)
あの話が印象強いです。姉妹の話。
あと「○○の微笑」とかいう話、性格悪い女の子が人形に酷い扱い
してたら自分も…って話。ラストが衝撃だった。
うろ覚えばっかでスマソ

115 :花と名無しさん:01/09/15 12:05 ID:9UkygU2s
>>114
ジェニーの微笑ですね。
今読んでも怖いラストですよね。
でも単行本だから小さいので怖さ減少かな。
なかよしのときは、大きく載っていて怖すぎてあのページ開かないように
してました。

116 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:01/09/15 18:28 ID:2.DhhF6Y
今思えば(読めば)下ネタ満載の少女マンガだった・・・。
七年目の数え歌と一緒の作者とは思えない位ほのぼの。

117 :花と名無しさん:01/09/15 20:16 ID:l2tDvabE
少女漫画の梅図かずおの称号を...って全然違うか。

118 :花と名無しさん:01/09/15 21:46 ID:BoGtkfBs
楳図かずおは少女漫画家だったと思うけど・・・(笑)
少なくともある時期までは。

119 :花と名無しさん:01/09/18 12:58 ID:G6Wji6KU
国際政治についての記述も秀逸であったと思うが、どうか。

120 :花と名無しさん:01/09/18 15:27 ID:BVklm1aI
曽祢先生のホラーって、地に足の着いた怖さなんだよね。
なんていうか、背筋に這い上がってくるような・・・。

私も不思議〜はバイブルです。
初めて買った少女まんが(それまではうる星とか奇面組とか少年まんがばっかりよんでいた)が
「王様は猫がきらい」でした。
不思議〜は何故か8巻だけがどこに行ってもなくて、古本屋をまわったなぁ。
講談社にまで手紙で問い合わせたリア消時代(w
ベッドの下から出してこようかな

121 :花と名無しさん:01/09/18 19:12 ID:dSMu72kA
オルティス王子とリゼラ姫は最後ちゃんとくっついてほしかったな。

122 :花と名無しさん:01/09/19 02:33 ID:aLeMmozs
不思議の〜、ここ見て急激に記憶がよみがえりました。
当時リア消防…でも今読んでも楽しめるんだろうなぁ。
古本屋であまり見かけなかった(気がする)けど、けっこう巻数出てるみたいですね?
早速探してみようっと!

>>114
そうそう!「金のベールに銀の針」じゃなかったです?
私もこれと「ジェニーの微笑」が印象深かったです〜!!
これらって、どのへんの単行本に収録されてるんでしょう?

123 :花と名無しさん:01/09/19 03:07 ID:iKS6BMfM
なんか聞いたことあるなまえやねんけど!
思い出せん・・・

あらすじキボンヌ

124 :花と名無しさん:01/09/19 08:32 ID:/gqPld82
あらすじ、金のベールに…、ですね
仲の良い美人姉妹がいて、どちらかをその国の王の妃に、
という話が持ち上がる。
姉は金(の糸だかベールだか)を思わせる落ち着きの有る美人。妹は銀(の針)を思わせる利発な美人
2人に会った王は迷いつつも、姉を妃に決める。
寂しいながらも諦める妹。
結婚後、姉に会いに城に遊びに行くが、二人きりで庭を散歩中、ふとしたアクシデントで姉が池に落ちる。
最初は助けようとした妹。
しかしそこで魔がさし、結局溺れる姉をそのまま見殺しに。
結果、姉の後釜として妃に選ばれ喜ぶ妹だが、その結婚披露宴の時、なぜか全てのドレスに・・・、ってな話でした。
(長くなってごめん&わかり難かったらごめん)

ありがちなストーリーではあったんだけど…
ラストが妙に物悲しい雰囲気で今でも覚えてたりする。
昔の?曽祢先生のってそういうの多かったですよね。
また読みたいです〜。

125 :花と名無しさん:01/09/19 08:37 ID:CRKvYCzQ
>>122
金のベール・・・なかよしミステリー読みきり傑作集の文庫に入ってます。
オムニバスで他に高階良子・松本洋子・星川とみ等入ってます。
ジェニー・・・朝日ソノラマだったかな、「扉の向こうには…」と言う
単行本に入ってます。これは廃刊されていて、古本屋でもなかなか無いです。
オークションでも、あまり出品されていませんね。
私は何ヶ月もかけて探しました。

126 :122:01/09/20 08:52 ID:82BZ03bM
↑ おぉっ!そうでしたか〜!
125さん、とってもご親切にありがとうございます!
古本屋行った時など、たま〜に思い出してはチェックしてたんですけど、そうだったのかぁ…。
なかなか見つからないはずですね。
にしても、読みきり傑作集の方は他にも当時懐かしい作家サン満載ですな♪
改めて捜索してみますぅ。ほんとにありがと!!

127 :花と名無しさん:01/09/21 10:47 ID:9raiAX/.
ナーダ(ラモンの奥さん)って和田慎二キャラに絵が似てませんか?
他の部分で曽祢まさこと和田慎二の絵が似てると思ったことは一度もないんですが。
私はミルテはもちろん可愛いけど、ベルベルと王妃様が好き。

128 :花と名無しさん:01/09/21 10:50 ID:r85W.jbo
身分の貴賎があやふやな所がこのマンガいいよね〜。
(本来だったらベルベルとか絶対ダメじゃん?)

129 :花と名無しさん:01/09/21 18:55 ID:os6ipjGI
>128
同意!
召使とか蔑まれてないし、すごくほほえましい。

130 :花と名無しさん:01/09/22 00:57 ID:Myygq9zw
>128
てゆーか、王族もすごく庶民的!
ほのぼのしてていいよね〜!

131 :花と名無しさん:01/09/22 23:13 ID:j4XL0R56
ダンナの食事は奥さん各自手料理だしね〜。

132 :花と名無しさん:01/09/26 17:37 ID:b4xYfYE2
そうそう、その庶民的なところがこの漫画の
良いところなのよね。
ミルテだって初めてセブランと会った時、
村の娘と勘違いされていたし。
普通だったら、お姫様は庶民の服を着なさそうだよね。

133 :花と名無しさん:01/09/26 17:50 ID:kJOn3K0g
オレンジ色に光る憎いやつ

134 :花と名無しさん:01/09/26 21:16 ID:YWrAqA52
王妃様、セブランが女だってばれたら殺されちゃうから男のふりさせて、
王様が亡くなったらセブランを女に戻すつもりだったみたいだけど、
王様が死ぬの待つよりも、男の子が産まれるまで
子供がんがん産んじゃう方が早いと思ったんだけど・・・。
やっぱり王様とエッチするのがもう嫌だったのかな?

135 :花と名無しさん:01/09/26 23:48 ID:Pu3dP0Bg
>134
そういえば…”王女が生まれたら殺す”と脅されて、こそこそ性別を隠し
続けた割には、主導権は王妃のほうにあったような気がする。
王妃って王様に「はやくくたばればいいのに」とまでつぶやいてたよね(^^;
何気にひでぇよ王妃〜…(汗) 仮にも夫…。

136 :花と名無しさん:01/09/26 23:51 ID:FV3oHABA
そもそも、男を産めるってだけで嫁さんに選ばれたんじゃね〜

137 :花と名無しさん:01/09/27 00:16 ID:bnSkeJTA
ことあるごとに夫(王)のいうことにたてつく王妃〜

セブランの女装を見て、王が「男にしとくにはもったいない」
とかいうシーンありましたよね。王妃がそれを聞いて激昂しちゃう。
ほのぼののなかに男と女の有り様が浮き彫りにされてて考えちゃった。

138 :花と名無しさん:01/09/27 00:33 ID:6RKhfN52
文庫でそろえて読み返してたら、ベルベルとかお色気系キャラも
思ったよりスリムサイズ。Bに羨望のまなざしを向けるミルテ姫…

139 :花と名無しさん:01/09/27 02:05 ID:5fhXsldM
>>138
何というか、時代ですな。(笑
今じゃBなんてアンダーにもよるけど貧乳・・・・。

140 :花と名無しさん:01/09/27 13:15 ID:ywzQ2V1Y
「不思議の国の千一夜」は連載中から楽しみにしてた漫画だけど、
(さすがにいい歳だったんで単行本の新刊を待っちゃ購入してたわ。)
やっと文庫で完結した「幽霊狩り」はリアル消防時に読んだだけあって
思い入れが深いですね。2は、最近の作者の絵柄で充分
慣れていたとはいえ???なダニエルとアーサーでした。
あれはあれでいいんだろうけど。友達か恋人ができていればもっと・・・なんて。
絶好調の時に描いて欲しかったな。

141 :花と名無しさん:01/09/28 14:07 ID:ITMoOqPI
たしか、昔愛蔵版にもなった気がする<曽祢先生の作品
幽霊狩りとか、魔女に白いとか。
魔女に白いの原作の魔女グレートリは私がリア厨のころは
すでに絶版でした。読みたかった。

142 :花と名無しさん:01/09/28 19:26 ID:FP/mVgWQ
魔女グレートリの方を先に読んでた私って・・・消防から本が好きで読みまくって、
図書館の棚本を順番にかたっぱしから借りてたらー。
どっちでも泣いた記憶がある。。昔の漫画って不条理に終る話が多くて
(主人公達が悲恋だの死んでしまうだの)
志摩さんの「白夜のナイチンゲール」なんか
純朴リア消防には切なすぎてたまらなかったわ。

143 :花と名無しさん:01/09/29 18:55 ID:.GHF.fug
「魔女に白い花束を」
・・・私が消防の時読んで、すごい衝撃を受けた作品。
いつのまにかコミックどっかいっちゃったんだけど、古本屋でも
なかなか見つからないのよね・・・。
文庫板は嫌いな主義なのです。
ネットなら見つかるかなあ・・・。

144 :花と名無しさん:01/09/29 19:13 ID:FHSvBO7A
この間文庫本出たばっかじゃん>白い魔女

145 :花と名無しさん:01/09/29 19:17 ID:FHSvBO7A
ああ、文庫嫌いなのかスマン。
私も出直した大きいサイズのやつ持ってたんだけど、何処いったのか解らんくなったので、
文庫買いなおしました.。
ほんと救いの無い話だね…

146 :花と名無しさん:01/09/29 19:19 ID:y4fTC18w
>143
私も、文庫版は嫌いというほどでもないけど小さくて読みづらい。
不思議の国〜は文庫で集めてしまいましたが、KC版を古本屋で
探しているところです。

147 :143:01/09/29 19:30 ID:.GHF.fug
不思議〜も根性でコミックで揃え直しました。
運良く全巻セットで売ってました。
ホント珍しい・・・。

148 :花と名無しさん:01/09/30 16:12 ID:7zXBzLZ.
不思議のコミック全巻持ってるけど、
1巻の表紙が、なぜか線と色が全部ずれてる。
買う時は気付かなかったのよね・・・・

149 :花と名無しさん:01/10/01 19:01 ID:dAskqQzY
コミックはヤフオクに結構出てるよ。

150 :花と名無しさん:01/10/01 19:46 ID:0F.Z0qRc
曽祢さんすごいね。絵もあまり変わらないし。はずれがないし。

151 :花と名無しさん:01/10/01 20:59 ID:YcfHAuiM
「2人目の神話」ってヤバっぽくなかったっけ?
え?打ち切り?って感じの終わり方で。
最初から、どう収集つけるんだろう?この設定って思ってたけど。
案の定、解決全然しないの。

152 :「魔女に〜」ちょっとだけネタバレです。:01/10/02 09:12 ID:QOjH4dEM
ここや前スレ(曽祢&志摩スレ)で名作と評判だった「魔女に白い花束を」を
先日文庫本で購入しました。実に漫画を新刊で買ったのは5年ぶりくらい!
(普段は漫画喫茶、ごくたまに古本購入)
曽祢まさこ全盛期のなかよし&なかデラはずっと読んでたつもりだったのに、
これはまったく記憶になかった。
しかし、実はまだ3分の2しか読んでいません。
このお話は相当やるせない終わり方をする、という話だったので、
どうも鬱っちゃいそうで、続きが読むのが怖くて苦しくてしかたありません。
こんな事、ホラーでもないのに・・・。

153 :花と名無しさん:01/10/02 11:07 ID:IQcmvzbY
曽祢さんの漫画でエスペラント語の存在を知りました。
ミ・アーマス・ヴィン・・・愛している(でしたっけ?うろおぼえ)

154 :花と名無しさん:01/10/02 11:38 ID:kr5XgUC.
>153
私も同じだわ。<エスペラント語を知った
「氷の城」だっけ?
今思うとあのお母さんって、かなりワガママ。
精神的虐待親だな〜

155 :花と名無しさん:01/10/02 11:45 ID:XwrgyFc6
曾根さんので、クリスマスツリーに爆弾がしかけられて・・・って話
のがあって、理由はわからないけどなぜか好きでした。
なんてタイトルかどなたかご存知ですか?

156 :花と名無しさん:01/10/02 11:45 ID:WrFj5B6Y
私は「二人めの神話」好きだったよ〜。
近未来SFな設定がとってもツボだった!
(中国の一人っ子政策が元ネタ?日本はいまや少子化なので、
あの設定には危機感全くナシだけど^^;)

社会的なテーマだったから、簡単に解決する
問題じゃないよなーって思って読んでました。

不思議の国とは関係ないのでsage

157 :花と名無しさん:01/10/02 15:49 ID:nWCX.DX2
>>156
でもあの2人目の子の将来を考えるとどうすんのさ?って感じ。
あのまま一生閉じ込められて暮らすの?

158 :花と名無しさん:01/10/02 17:24 ID:UNtyfJZg
セブランよりもサイラスに萌えていたひねくれ小学生は私だけですか?(笑

159 :花と名無しさん:01/10/02 18:03 ID:hUjpHjLk
セブランは正直いまいちだからねえ・・。

160 :花と名無しさん:01/10/02 18:06 ID:nTKPR6G.
「ふたりめの神話」は打ち切りだったみたいなことを
曽祢さんがサイトで言ってたと思う。
でも最近ブクオフで買って読んだけど面白かった。
当時のなかよしにはちょっと受け入れられない内容だったんだろうなって思う。
>155さんのは「闇に消えたクリスマス」かな?

161 :花と名無しさん:01/10/02 18:24 ID:hUjpHjLk
>>160
やっぱり打ち切りだったんだ・・・。
あの終わり方は釈然としないもんね。
リーネちゃん(2人目の妹)がもっと成長したら可哀想・・・。

162 :花と名無しさん:01/10/02 18:25 ID:ik4rz/L2
いつか読みたいと思ってここまで来てしまいました。

163 :155:01/10/02 21:57 ID:vou/aKzk
>160
ありがとうございます! 今度探してみよっと。

164 :花と名無しさん:01/10/03 08:33 ID:0gSDUyZ2
>158>159
セブランは女装の方がステキ〜!もっとあぶない小学生だったかも<自分

165 :花と名無しさん:01/10/03 11:59 ID:3reuKAI.
ブクオフに文庫があったから今ならお買い得だ。買わなくては。

166 :花と名無しさん:01/10/03 22:16 ID:puodZK1k
>158
私もあなたと同じひねた小学生(笑)でしたが、育ちきった今
文庫版を読み返したところ、イアモン・サイクロン萌え〜の
物好きな大人になった自分を発見しました。

167 :花と名無しさん:01/10/03 23:32 ID:i7SWcy5.
>166 氷の女王だっけ?
イアモンの氷像が癖になったの・・・私もあんな気分がわかるような(笑)

168 :花と名無しさん:01/10/04 01:14 ID:g5su0dUI
セブランってファッションが地味だったよね〜。
たくさんいるおじさんたちの中で、金髪長髪芸術家タイプの
人が好きだった。

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)