5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆天気晴朗ナレドモ波高シ・・・・日露戦争物語★

1 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/23 20:57
傑作です。

脚色も一流で、泣ける。

江川達也は天才だなとつくづく思う。

彼らが、『坂の上の雲』=ロシアを破るまで、
今のテンション・ボリュームでいったら、凄まじい
傑作になるでしょう。

2 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/23 21:02
教師って意外に簡単になれますよね?

3 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/23 21:13
だけど、日露戦争をそして秋山好古を描くなら、
どうしても陸戦、旅順・奉天の闘いを描かなきゃ
ならないし、乃木希典も描かなきゃならないし、
児玉源太郎の苦悩も描かなきゃならないし、
バルチック艦隊の遍歴も描かなきゃならないし、
それはそれは大変な事になると思うけど、
いつものように放り投げるなよ!>江川

4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/23 23:17
明治の武士、カコイイ!

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 15:56
のぼさんって将来何する人?

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 16:09
たるるーと=ドラえもん

7 :7:01/10/24 16:12
>>5
 わざとボケてるのだとは思いますが、一応マジレス。のぼサンは、のちの正岡子規です。

8 :法隆寺:01/10/24 16:18
 俳句とかで有名ですね。従軍記者とかもしてたそうです。

9 :7:01/10/24 16:20
>>8
 フォローどうもです。
 ↓略歴はこちらを。
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%C0%B5%B2%AC%BB%D2%B5%AC&sw=2

10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 20:23
じゃあ、白川義則って何するの?日露戦争で。

今週号で、軍人の学校に執念で合格したみたいだけど。
っていうか、あの極貧、どん底ぶりは、登場当初との
ギャップがありすぎ、激しく泣いた・・・・。

11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 20:48
日露いいね
登場人物に魅力がある

12 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 23:14
知能的に消防・厨房ばかりのスピリッツじゃ、
超傑作『日露戦争物語』は理解できまい。

当時、日本がロシアに勝つと言うことは、
タリバソが、アメリカ軍を破るくらいの
奇跡だったのだ。大げさでなく。

その、立て役者達の活躍を、質の高い脚本・
絵で見せてくれる、江川達也万歳!とか、思わない?
俺は思う・・・・

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 23:15
白川は、陸軍の主流派を外され、予備役に回された白川義則陸軍大将のことです。
何をしたんだ白川大将・・・・最後は爆弾テロに逢い殉職しました。

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 23:20
>>13

情報サンキュ。
でも、薩長閥でない人間が、大将まで上がるというのは、
当時としては最高の出世。だから、何らかの功績はあったはず。

ちなみに、真之の兄、好古は大将に上がったけど、真之は中将止まり、だったけ?

15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 23:23
>>6

それを東京大学物語の中で、村上が分析しててワラタ

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/24 23:28
ぞなもし、萌え♪

17 :  :01/10/24 23:43
>>12
司馬遼太郎のパクリでなければ、ともかく
碌な記録書(民間伝承)を元にましてや、
史実を無視にした絵柄・僕はB級お笑いと呼んでます

まともな知識のアル人間は、江川の張ったり勉強-サイコ----!
光線にやられちまったね。あの人の知識はトンデモ
型ですよ

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 00:35
傑作ですな
僕も愛媛出身なんで。
しかし、のぼさんがあんな弱々しい
キャラで描かれとると(1巻の最後んとこはよかったけんど)
なんか、正岡子規を馬鹿にされたような気が・・・
ま、江川さんにゃあその気はないんでしょうが。
それとなぜか、
「試し読み大歓迎!書店の皆様へ、ビニールシートをかけないでください!」
って書いとったんじゃけど、思いっきり袋に入っておりました。何故だ。

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 00:40
久々の江川信者スレか。

20 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 06:18
>>19

江川信者でもなんでもなないけど、
今、一番楽しみである作品であることは、
間違いない。っていうか、コレが不評なのは、
ちょっと信じられない。

勉強最高っていうか、農民や下級武士のそれまで、
絶対に表舞台に上がらなかった身分の人間達が、自らの
努力と不断の勉強で、軍部・政府の中枢に上がり、当時の
超大国ロシアを破るところが、題材として超アツイのに・・・ね

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 06:54
また馬鹿がクソスレ立てちゃった・・・・
まぁどうでも良いけどな。
下げてやれよ。

22 :5:01/10/25 15:45
>7>8 亀レスすまそ
のぼさん=正岡子規とは知りませんでした マジ
教えてくれてアリガトー (ハアト
厨な私は逝ってきます

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 20:59
うむ。文化の香りのする珍しい展開だな。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 21:52
>14 階級
それで正解。

真之が中将止まりなのは、中将拝命(1917年)直後に病死してるから。
もう数年生きてれば大将になれたろうに。
一方白川が大将になったのは1925年だから、昇進スピードは真之の方
が遙かに上。ちなみに好古の方は1916年に大将になってる。

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 23:24
ああ、そう。
ガムやるよ。

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 23:53
この作品、別に厨房人気は出なくても良いから、
そこそこ、連載が途中打ち切りにならない程度に
人気があって欲しい。

27 :  :01/10/25 23:58
このスレ、ネタだろ?誉め殺しって奴。
中学生以上でマジ誉めしてたら電波警報でるぞ。
俺は司馬遼太郎がそれほど好きじゃないが、
完全に「坂の上〜」のパクリだぜ?

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/25 23:59
俺は面白いとおもったがな。
まぁ、人それぞれだろ。

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 00:03
>完全に「坂の上〜」のパクリだぜ?

っていうか、坂上、読んでた方が楽しめる。
でも、スタートは完全に坂上とリンクしてるから、
違うカタチでも良かったかもとか思う。
いきなり、夏目漱石から始めるとか。
あるいは児玉源太郎とか。乃木希典とか・・・・
何しろ、『日露戦争』物語なのだから・・・

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 06:22
agetoku

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 13:35
田中義一とか石光真清とかはでないの?
即ち諜報部。

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 15:48
エロな展開だけはやめてほしい
でも江川だからな・・・

33 :逆に:01/10/26 15:51
 司馬史観(坂の上)では主人公が賢くてその他がただの馬鹿って演出
かかるけど。こいつはドギツイ背景書いちゃってるから・・・(司馬は家族
を意図的に描写排除してるってのもあるんだが。)誰かのために無償で
なにかするってエピソードでも解釈に家族入れないとあっさりでそれは
それでいいのかもしれない。江川バージョンはそこ描いちゃってるね。

34 :sage:01/10/26 21:32
どうやら本気のようだな>擁護
面白さは人それぞれって隠れ蓑にクソマンガ賞賛するなよ

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 23:13
>面白さは人それぞれって隠れ蓑にクソマンガ賞賛するなよ

何か一つでも論理的意見を吐いてから、批判してね。
じゃないと、この作品が理解できないだけだと思われちゃうよw

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 23:19
いちいちあげんな!
sageでやれ!

37 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 23:20
あげる、ぞなもし。

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 23:29
釣れた!

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/26 23:39
やい、江川!!
小林よしのりの真似して文化人気取ってんじゃねえ!!

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 01:00
>小林よしのりの真似して文化人気取ってんじゃねえ!!

小林と比べたら江川に失礼だよ。
テレビとかで、文化人気取ってるのは似てるけど、
メジャーで顔となるような一線級の作品を描ける
江川は小林とは全然違う。っていうか、日露戦争、
激しく(゚∀゚)イイ!

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 01:02
>メジャーで顔となるような一線級の作品を描ける
?

42 :sage:01/10/27 10:48
>>35
あ?俺に言ってるのか?
(俺は好きじゃないけど)司馬量太郎の「坂の上の雲」」よめや。
エピソードまんまパクリだからさ。
それにこのまんガに論理なんてないよ。江川まんガは落ちこぼれの自分が認められなくて
ベンキョウは大切だっていってるだけだもん。ちなみに私
BE FREE!から仕事柄読んでます。アンケートは最悪ですけど。

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 11:04
日露はおもろいと思うけど、江川氏を賞賛する気にはとてもなれない。
「長期連載で夢オチ(妄想オチ)」という超A級の犯罪者だからね。

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 12:50
>(俺は好きじゃないけど)司馬量太郎の「坂の上の雲」」よめや。

ここにいるみんなは普通に読んでるよ。
読んでなきゃ、『日露戦争物語』批評なんか出来ないだろ?
確かに、スタートは、坂上の〜通りなのは、確かに?だけど、
だんだんオリジナリティが多くなってきていて、明らかにそれとは
違う脚本になってきてるよ。っていうか、バガボンドみたいに原作を
確定させちゃうと、はっきり言って読む気が失せる。今日性っていうか、
楽しみが半減する。今、読む意味ないじゃんみたいな・・・・・

>江川まんガは落ちこぼれの自分が認められなくて
>ベンキョウは大切だっていってるだけだもん

前から、それを一人で主張してるけど、それはかなり特殊な意見だと思うよ。
少なくとも、本人はそんなこと微塵も感じてないと思うし、実際、漫画は売れてたし、
日露は全然そうでもないけど、その気になれば売れる漫画は簡単に描けるし、
絵は、特に女の子は、本気で描けば多分、日本で片手に入る画力だし・・・・・

いずれにせよ、業界人みたいな口振りだけど、東京大学の初期〜中期も評価できないようでは、
なにをか言わんや・・・・・・だね。

日露がアンケート結果最悪なのは、仕方ないと思う。題材が明治だし。色恋モノじゃなく、
立身出世を不断の努力で勝ち取る、アツイ話だからね。厨房には、説教に聞こえても不思議じゃない。

秋山好古の、村上と正反対のカッコ良さみたいなものが江川が描きたい明治の『人物』だからね。
後ののぼさん・真之・白川しかり。

45 :sage:01/10/27 14:37
>>44
それなりに誠実に答えてくれたので俺も文体を改め誠実にレスするよ。
まず、確かに俺は業界関係者(スピリッツみたいな大手じゃない2流だけどね)だ。
だから僻みだ!なんて受け取って欲しくないんだけど、よく日露読んでごらんよ。
ネームなんてメチャクチャだろ?素人の持込原稿モンだぜ。
江川は絵を描くのは早いからな。たぶんトータルで15時間もかけてないんじゃないか?
>>特に女の子は、本気で描けば多分、日本で片手に入る画力だし・・・・・
女の子はどうでもいい。あの話に「萌え」が必要ないのはわかるよな?
しかも、好みは千差万別だし。
>>立身出世を不断の努力で勝ち取る、アツイ話だからね。厨房には、説教に聞こえても不思議じゃない。
これに関しては、それこそなにをかいわんや。あの程度で胸焦がすような作品内容じゃない。
マァ、君にとって大事な作品なら何も言わない。
最後の部分はは煽りっぽくなって申し訳なかったな。
まぁ、好悪は人それぞれだからな。君が好きならそれでいいよ。
ちょっかい出したのはこっちだし、俺ももうここで、文句はいわないからさ。
マターリ進めてくれ。

>>35
こっちは44と違って苛めたいな(w
そっか、俺はあの作品が理解できないのか〜。悪かったな(w

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 14:38
名前にsageと入れてしまった(w

47 :44:01/10/27 15:01
>ネームなんてメチャクチャだろ?素人の持込原稿モンだぜ。

メチャクチャということはないと思う。下手だけど。
でも、江川って下手でも、一撃のインパクトがあるセリフを
画力で補って、格好良く描けるんだよね。
今週号の好古の言葉『裸足で行け』みたく。それって、言語技術的
に洗練された、たとえば『ベルセルク』のネームより、数段高質だ
と思うけど。漫画作品としては。

>女の子はどうでもいい。あの話に「萌え」が必要ないのはわかるよな?

そういう意味じゃなく、『売れる作品』を描こうと思えば、萌え萌えの作品を
江川は簡単に描けるという意味で挙げたまで。
でも、描かずに『日露戦争』みたいな。

>これに関しては、それこそなにをかいわんや。あの程度で胸焦がすような作品内容じゃない。

無意味な文章ですね。司馬遼も言っているし、自分もそう思うんだけど、
この時代の『人間』ってもっとも魅力的で、活力にあふれ、合理的思想を
もっているよ。逆に問いたいのは、君の胸を焦がす作品って何よっ?てこと。
少なくとも、自分にとって『題材的』には、最高の熱をもってるよ>日露戦争
で、今のところ原作である坂の上(じゃないけど)と比肩しても、決してその名を
辱めるような作品でないと。

問題は、真之以外の人間の魅力がありすぎて主人公の影が薄いということかな。

乃木の功績と、才能の矛盾も江川なら上手く描けると期待してる。。。

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 15:21
 元のエピソードが同じだからパクリって言うのは違うよなぁ・・・。
豆腐ほどの札束とか手製花火で大騒動とかマジだからね。正岡子規
との関係もそう。当時の士族系の郷土連帯は強固だから。
 江川は家族書いちゃうから窮乏の理不尽さとかが司馬史観とは
まるで違う。司馬は家族描写はまるで評価出来ない。実生活で
離婚と実子への無責任さから描けなかったという背景があるような
ので意図的に欠落させているだけかもしれないけど。

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 23:21
っていうか、坂の上の曇って、作者も言ってるが、小説として
カタチを成してないような。特に、中盤以降。

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/27 23:42
江川の功績と、才能の矛盾も2ちゃんなら上手く叩けると期待してる。。。

51 :45・46 :01/10/28 01:00
>>44
君誠実で真面目だな(w
いや、悪い意味じゃなくてだぜ。
大体、君の主張は理解できた。俺も誤解してた部分は謝る。
しかし、これで胸焦がす作品ってのはいただけないなぁ。
あの時代の人間は、ぎりぎりまで能力出し切ったからこそ
明治黎明期の小説が面白いだけで、別に江川じゃなくても
「熱い」ものはそこそこかけると思うんだが、如何?
>君の胸を焦がす作品って何よっ?
これはね、実は恥ずかしいんだけど手塚の「陽だまりの樹」だね。
(「アドルフに告ぐ」は駄作だと思う)
自称マンガ通の読み手からは酷評受けてるのは承知の上だし、
時代考証も結構あやふやだけど、登場人物に全てドラマ性を
与えている所が凄いとね、ホントにそう思う。
秋山みたいな天才じゃなくて、市井の人々のスポットを当て
歴史に「轢死」された人物を描くのはやっぱり凄いと。
安易な教訓なんか得られない歴史大河だぜ。
君(44)はどう思う?

52 :37564Dazeeeee!!:01/10/28 03:53
江川の最近の行動

ヤンマガでラストマンよーやく終了。 本人は傑作を描いた気がしてるが誰も展開についていけてなかった。
オールマンで源氏物語始める。    本人の趣味(エロ)を描きながら社会的ステータスも確保できる方法発見。
スピで東京大学物語の連載放棄。   つか打ち切りっぽかった。
スピでモロパクを始める。      社会的ステータス獲得キャンペーンその2開始。
ヤンジャンでワンゼロナイン開始。  エロの無いマンガを描き続けることに飽きたのでバランス取るために趣味に走る。

江川には誰かビシッと言わないと。 

53 :ホウゲン:01/10/28 10:54
別に江川を盲信するわけじゃないけど。日露は面白いよ。とりあえず来週が楽しみだし。

54 :44:01/10/28 11:30
>あの時代の人間は、ぎりぎりまで能力出し切ったからこそ
>明治黎明期の小説が面白いだけで、別に江川じゃなくても
>「熱い」ものはそこそこかけると思うんだが、如何?

それは全くその通りだけど、それを描ける漫画家って殆ど
いないのでは?少なくとも、あの画力レベルで、脚本・脚色
をキチッとするには、それこそ極めて優れた商業的合理性を
持ってないとムリだと思うし。現状では、江川以外にいない
と言っても決して過言ではないと思うよ。

『陽だまりの樹』が名作なのも全く同意だけど、市井の人云々っていうのは、
それこそ『日露戦争』もそうだと思うよ。もともと、秋山兄弟も、正岡子規も
それこそ、明治維新そのものが市井の人というか、極貧階級の奇跡なわけだし。
つまり、何らかの契機で、表舞台に上れたかどうかの差だけだと思う。
その差って、別に天才だからとかじゃなく、たまたま努力が報われただけだと
思うよ。努力が報われず、倒れた天才志士・軍人がいかに多いことか。
司馬遼太郎も言ってるけど、『運がいい』ということは、その人間の
持つ最大の魅力だと。

いずれにせよ、何を成せたかということで、評価を分けるのは意味無いかと。
生き方の過程に魅力があるわけであるから。

>とりあえず来週が楽しみだし

自分も今、一番楽しみな作品。それが一番大切かと。
なぜ、そうなのかと問われると、明確に答えられないけどね(苦笑

55 :45・46 :01/10/28 11:37
>>44
44よわかったよ。
正直釈然としない部分もあるが(←編集失格?)
多数の賛同を得られるような作品を発掘するよ。
マ、こんな時簡易2chやってたらダメだな。
江川より面白いマンガ発掘するから期待しとけよ!

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 14:56
何いってんの?
江川よりおもしろい漫画家なんてそこら中にいるじゃん!
江川よりおもしろくない漫画家が商業誌で連載続けられるとおもってんの?
大体長期連載を夢落ちで終わらせたやつの漫画に何を期待しろと?

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 15:56
司馬の時代はまだ生きてた人間とかいたそうだから
脚色できなかったんだよ。事実の羅列自体が物語り
と成り得るって証明かエピソードと事実の羅列かで
後半の評価分かれるけど歴史モノって不明な部分
が多いほど自由度あるからね。宮本武蔵なんか自称履歴
(しかも出世した養子が勝手に)だからものすごく
自由度が高い。
幕末〜明治って本当に生きていた人間の記録が残ってる
わけだから難しいと思うよ。江川はそれをベースに生き様
を誇張したストレートな主張でコーティングしてる。
それが作者性としていいかはともかく従来と違うのは
事実なんだし。

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 16:09
>>57
司馬は事実を脚色しまくってるよ。
乃木とか(まあ、無能なんだけど)必要以上にドキュソに描かれてたりして、
資料的価値は殆どありません。あくまで「小説」なので当然なんですが。

司馬信者はどの板でもイタイな・・・。

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 16:26
乃木のせいにしてたりするからな〜。大山が東京の意向を無視して
突撃を続けさせたとかそういうの書いちゃうと昭和の関東軍と全く
同じ愚を犯してたことになって司馬的に構築した明治感が崩壊しちゃう
のよね。実際は児玉が修正したんだけど大山ってなにもしないわけじゃ
なくて体面とかそういうこと重視するかなりダメなトップだったりする。
参謀部が会戦の都合でそれにつき合いきれなくなったってのが真相。
江川はどう書くつもりだろ。

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 16:45
>司馬の時代はまだ生きてた人間とかいたそうだから
>脚色できなかったんだよ

坂の上の雲にでてくる人間は誰も生きていなかったと思われ。

61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 16:45
坂の上では
大山の人間的雰囲気は結構出てくるが
有能だとは書かれていない

62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 16:50
>60 あとがきで司馬がやりにくかったって書いてるよ。
乃木がラーメン食ってて眼鏡ドンブリに落としたとか
そういう場面共有してる世代がまだ生きてて困るって
感じで。昭和中期くらいではまだ明治生まれがいっぱい
生存してたのね。対馬沖の日本海海戦も砲声とかリアルで
聞いてた離島の神主見習いとか取材してるし。

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 19:22
おいおい、お前等。なんか勘違いしてねーか?
ここは司馬を叩くスレじゃねーんだよ、江川を叩くスレなんだよ。
そこんとこはき違えんじゃねーぞ。わかったかこのタコ共。

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 20:56
小林よしのりの戦争論に対するアンチテーゼだ、と思うんだけど。
このマンガは。

65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 21:08
>>58
坂本竜馬なんか最たるものだもんな〜
司馬がとりあげたおかげですっかり有名になって、作家や漫画家は
司馬の二次引き孫引きを繰り返してるけど、史実の竜馬はパシリ以上の
ものでなかったという。
>>63
スマソ。

66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 22:18
『この作品を描くために、漫画家やってたのだと思う』BY江川

ここまで言うなら期待してやろうではないか。
今のところは合格だ!
っていうか、そこまで言うなら、他のくだらねえ作品の連載止めて一本で行けよな・・・

67 :名無しんぼ@お腹いっぱい :01/10/28 22:41
いろいろ議論されてるみたいだけど、俺はこの作品は好きだ。特に白川義則が
入隊する回で母親を思い出す場面には感動した。東京大学物語も最初は面白かった
けど途中でエロが多くなってきてからはつまんなくなったからこの作品に
期待するのはエロで最初の頃(つまり今)の作風を犠牲にして欲しくない。
それだけだね。
あと、画力とかについていろいろ言われてるけどジャンプで連載してるよく
休載したり滅茶苦茶な絵のまま連載してる某作家よりはマシな気がする。

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 23:36
>期待するのはエロで最初の頃(つまり今)の作風を犠牲にして欲しくない。

エロになりようがないかと。
俺が心配するのは、乃木とか、大山とか、児玉とか、東郷とかの大物を、江川的に過剰に演出
して、作品そのものの品位を落とす=つまらなくするのではないかということ。

69 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/28 23:46
>司馬の二次引き孫引きを繰り返してるけど、史実の竜馬はパシリ以上の
>ものでなかったという

ぱしりだったかもしれないというだけで、それが証明された訳でわないよ。

70 : :01/10/29 08:55
うん。あそこまで颯爽としてはいなかったらしいが
中々の人物だってことは正式な資料にもあるな。

71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 22:17
なにも残ってなかったら史実の龍馬をそう貶めることできたかもしれない
けど…このひと資料多いからな。ちょっと無理だ。
陸奥宗光が事跡ちゃんと語ってたりするから歴史の証人しだいな面も多いんだが…。

漫画の話題では正岡子規は妙に表情が有名な写真(横顔)に
似てきたようだ。主に視線だな。

72 :  :01/10/29 22:27
面白いよ。今のところ。
この漫画読むためにスピリッツ手にとるし、
それだけの力はある。
最後まで面白くありますように。

73 : :01/10/29 22:34
典型的な英雄史観だけどね。
何か、スゲェ「悪い」ヤツとか出てきて欲しいな。
悪役じゃなくて、「悪さ」があるヤツね。

74 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 22:39
ここ数回1頁見ただけで内容が分かっちゃうよ。
ただの各人のエピソードをつぎはぎしただけでしょ。
漫画の絵を書ける人なら誰でも描けるよ

75 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 22:55
夏目金之助はまだでてこないのか?
正岡子規の友人として秋山と正反対の立場の人物だが
秋山と似たような死に方をしてるんだね。

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 22:59
つーかこれ面白いじゃん。素人目から見てもそう感じるよ。
作者が作者だけに、内容よく読む前に最初からつまらないと決め付けてない?

77 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 23:20
>ただの各人のエピソードをつぎはぎしただけでしょ。
>漫画の絵を書ける人なら誰でも描けるよ

小学生ハケーン。
初期はさておき、最近の脚本は、江川のオリジナルといっても
過言ではない。坂の上よりも、人物描写は数段面白い。

78 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 23:23
少なくとも末期の東京大学物語より40倍面白いよ。

79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 23:24
っていうか、坂本龍馬を貶めるヤツってアンチ司馬で
こりかまった思考停止馬鹿だな。上でも、誰かが言ってるけど、
日本近代史上、最高の外務大臣といわれた陸奥宗光は、西郷よりも
龍馬のほうが数段大きく見えたと言ってる・・・・龍馬が明治の三傑
に入ることは間違いないだろう。

80 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 12:08
南方熊楠と秋山、正岡との面識は史実通りなの?
もし創作だとしたらスゲー不本意なんですけど。あまりに絡ませ方が下手すぎて。
外見男前だけど江川の描く熊楠には魅力をほとんど感じない。
単に秋山と同列か引き立て役のキャラでしかない感じ。
個性があるようで全然没個性キャラに成り下がってる気がするのは私だけでしょうか?

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 12:32
史実かどうかはともかく、当時面識があっても
不思議じゃないと思う>真之&熊楠

82 :  :01/10/30 12:35
>>77
脚本……って、あったっけ?
今の所、殆ど彼独自の展開、物語性はないような………
坂の上の雲とは、全く比較にすら出来ないよ。
架空の人物を出して意味を持たせるとか、そんなことが出来る人じゃなさそうだしなぁ。

83 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 13:03
ちんこいたいぞなもし

84 :名無しんぼ@おなかいっぱい:01/10/30 14:26
登場人物の描き方の違いが顕著に出てるよ。坂の上は
家族描いていないことくらい気付きそうなものだが・・・。
憂鬱な窮乏とかを小説は描写していない。漫画の方は
事実と反応をビジュアルに投影する事で登場人物の
生き方を出せるのでそれが大きい。決意の見せ方、比較。
語らなくても分かるという点では小説は漫画を超える
ことはできないのだ。視覚情報とはそれだけ表現力が
違うのだから。

85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 16:31
そのテーマなら小山ゆうか水木しげるに任せとけば間違いなく大名作になってたのに

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 16:41
あの、すみません一度見かけただけでとても読みたいのですが何処から出てますか?

87 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 16:44
スピリッツ!
小学館!

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 16:57
ありがとうございますー。

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 18:35
背景や通行人は当時の錦絵等をパクッただけでオリジナリティどことろか、アレンジすらも感じられない。
(しているんだろうけど、それが感じられない)

人物と人物のからめかたが下手!同時代の有名人物を出せばいいって感じ。
(悪ガキ時代は少しはまともだが、歴史的なことになると全くセンス無し)

熊楠と是清の回は、自己紹介する前から一目見ただけで分かり、内容も見当がつき、
はっきり言ってただの経歴紹介。
(ゲロはき攻撃は、以外だったがw)

スリの親分の予言が寒すぎ

90 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 18:37
とにかく歴史的センスが全く感じられない。まだ、歴史というものを「モノ」にできていないのだろうね。
史学や歴史学とは言わないから、せめて中学生レベルの歴史センスぐらいは、ものにしようよ。
それなりに勉強しているのは分かるが、
自分の知識以上の物を描こうと、精一杯背伸びしているのが見え見えで、
見ていて痛々しい・・・・
まあ、素人にどうこう言っても始まらないが(ってゆうか2chだし)、
一応給金もらっているんだから(w

おこちゃま素人相手の漫画だからこれで、いいのかな(ww

91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 19:19
江川じゃなければ読んでたのにの〜・

92 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 19:52
まあ、あの勘違い&歴史家気取りのエロ漫画家は、
何言われようが、「蛙のツラにザーメソ」なんだろうが(ププププ

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 19:58
俺は今高校生だけど
正直この漫画読んで日露戦争前後の日本史がかなり好きになったよ。

そういう意味では無知な学生(自分含む)等に貢献している、、、のかも?

94 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 20:06
今更、エロ漫画家にどうこう言っても、所詮2ch(=便所の落書き)だし。
別にどうだっていいやこんなクズ漫画。

95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 20:10
まあ結局は気に入った人は読みつづけるなりコミックス買うなりして
つまらないと思った人は読まなければいい、そういうもんでしょ?漫画って。

96 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 20:14
それを言っちゃあおしまいよ

97 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 20:17
白川義則…(・∀・)イイ!

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 23:20
>>90

正直、日露戦争物語を小説とかの歴史物と比較しようとする視点が厨房。
江川が描きたいのは、あくまで日露戦争を舞台とした『人間』であり、
その『思想・哲学』なのだよ。司馬には、白川のような人間の泥臭さは
絶対に描けないし、その裏にある事情や、家族やしがらみも描けない。

君みたいに物語りの『筋』しか追えない人、またはその至上主義者には、
江川の漫画は読めないと思うよ。

っていうか、この作品が『つまらない』と言える人は、毎週どんな作品を
楽しみにしてるのか?是非問いたい、小一時間問いつめたいw

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 12:05
作品を語りたいのに、異常なまでに作家を語りたがるな。

100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 12:45
早く大学予備門時代まで進んでほしい。
同窓になる夏目金之助(漱石)がどういう描かれ方をするか楽しみ。

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 14:08
江川信者ってまだ生きてたんだ?
もう絶滅したって聞いてたのになぁ。

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 14:38
>>101
あの頃よりも、漫画板に人が増えたからねえ。

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 15:02
知らないんなら手をひいた方がいいぞ。
明治はドラマじゃなくて本当にあった時代だから
考証とか事実の知識差はどうしようもないだろうに。

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 15:56
だから時代考証云々以前に江川に漫画家としての力がないから問題なんだよ!
何だよ?あのひねりも工夫もない年表漫画は!己の理想を主人公にかぶせすぎて
脇に回るキャラがおざなりだったり、その絡ませ方が不自然になったりするから
違和感なの。
江川は他の作家と違って描こうとする偉人を素で己自身と重ねようとする
自意識過剰を通り越した妄想電波なとこを前面に出すからバランスが破綻するんだよ!

105 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 16:16
それは違うな。
意味の取り方は鏡に等しい。

端的に自己主張させることでそれに反発する
かもっともかと思うかって自体がもう演出
なのだから。
破綻しているという風に思うのはそれを認めたくない
という感情を誘われているわけだから江川の術中に
はまっていることになる。
肯定する人物を必ずしもおかないことで余計な説明
セリフをカットしているので描写された行動でどう
感じるかが正解として用意されてるわけではないのだ。

司馬小説などでは肯定役を用意させているので誘導が
極めて巧妙に行われている。それがいいのかは微妙だが
活字ならそれに気付かないだろう。

その手法をとらなかった江川はそれなりに評価できる。
誘導を故意に行わず多数の心理を可能性という点で
描写することで先の展開の伏線となりうるのだから。
判断するのは個々の事例を読む側というわけだ。

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 18:42
ハイハイ、お前は東京大学物語でオナニーしてなさい。

107 :90:01/10/31 21:58
俺の一連のレス見直みると、偉大なる歴史漫画家江川大先生の信者が
怒るのは無理もないな。
インチキ新興宗教の信者だって、教祖貶されりゃムキになるわな<プププ

>>98
誰も小説と比べてないよ。司馬の作品も読んだことないし。
ただ、歴史小説家は非常に勉強熱心だよ(すべてとは言わないが)。
なかには、自分の題材に関する学会(大会・例会問わず)に出向き、
熱心に勉強しているよ。(質問もしている)
こんなクズと比べらたら失礼でしょ。<ワラワラ

厨房相手の小手先漫画に、またレスしちまったい。
ただ『この作品を描くために、漫画家やってたのだと思う』(かなり痛い発言だが)
というからには、歴史を「写す」だけではなく、
「描け」るようになるようにお勉強してください!
今のままじゃ>>104さんが言うように「年表漫画」といわれても仕方がない。

108 :くちゃいくちゃい:01/10/31 22:16
驚くほど稚拙な江川叩きがいなくなったのは数ヶ月前だが
今度はそれに引けを取らない江川マンセー(しかも知的レベルは低い)
がぞろぞろ出てきたな。自称、編集さんよ、何はともあれお前は
嘘で固めてるな、引きこもってないで外へ出ろよ

109 :おそレスなのでsage:01/10/31 23:02
>>40
俺は小林は嫌いだけど、よしりん(wは、この「エロ勘違い珍画家」ほど馬鹿ではないよ。
小林は、自分なりの信念や史観を持っている。(その史観が問題なのだがw)
それに、彼はきっちり取材や考察をし歴史をモノにできている。
一方、この勘違いは、ただ年表を漫画に変換しているだけで、
漫画という文化作品には遠く及ばない。
それでいて、でかい口叩くんだから、始末に悪い。
これだけのいい題材与えれば、同人誌の作者ですら、
引き込まれるような大作を描けるよ。
それができない江川はただのエロ漫画家止まり。<オホワライ

110 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 23:43
agetokuka

111 :_:01/11/01 00:05
このスレ、引きつった笑顔で論争するの、端で見てると怖いんですけど

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 01:00
じゃあ、はっきり言うけど、日露戦争物語は最高の作品である。

江川の作品を執拗に批判するのは、童貞である。以上。

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 01:03
じゃあ、はっきり言うけど、日露戦争物語は最低の作品である。

江川の作品を執拗に賛美するのは、童貞である。以上。

114 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:09
漏れは厨房で難しいことはよく分からんが
フツーにおもろかったぞ!

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:16
『厨房にウケるには江川を見習え』、っと…
メモメモ…

116 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:19
取り敢えず、>>113に同意しておく。

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:46
なんかココ、お利口な馬鹿がいぱーい居るな

118 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 08:29
2chでおもろいって言われてて読んでみたら結構面白かった。

たるる〜とくん以降ロクなの無くって
もう駄目だなこいつと思ってたけど、
なんだちゃんとおもろいの描けるんじゃん。

こいつはエロを描くとキモくなるから
このままエロ無しで行って欲しい。

119 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:11
実を言うとたるるーともクソ漫画。

120 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:18
>>119さん
「たるる〜と」のどういうところが「クソ漫画」だと思ったの?

私は「たるる〜と」は面白いと思うので、
違う考え方を知りたいんです。

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:22
>>120

煽りは無視してね。煽りと荒らしは2chじゃ空気みたいなもんだから

122 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:28
やはり商売するなら、厨房相手だよな〜(しみじみ)
コロッと騙されてくれるからな。

123 :ななし:01/11/01 12:36
深読むしすぎ。

124 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 13:42
つーか、史実で純五郎たんはどうして死んだ
んだっけ?病死?

125 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 14:22
そんなに難しいものでもないよ。
興味持ったのなら坂の上くらいは読んでもよいだろう。
戦争翼賛や軍を美化してる代物じゃないから
むしろ愚かさ加減を誇張しているんでそれくらいが
ちょうどいいかと。
江川は窮乏や家族も描いてるんで評価している。

126 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 21:11
「お〜い!竜馬」の熱狂的ファンの自分としては
どうしてもこの作品に漫画自体の力不足を感じてしまう。
つーかこの内容じゃ「ちょっとコミカルな挿絵付き教科書」止まりだし
歴史を追うだけで「自分の物語」に昇華できてないところが
前述の「竜馬」ほか他の作家の歴史漫画に比べると致命的に弱い、と感じられる。
のぼサンはお気に入りだけど、どうしても江川特有のテキスト目的臭さが仇に
なって物語として入り込めない。着眼点そのものは悪くないだけに本当に惜しい。
てゆうか、どうせお偉方に賞賛されたいんだろ?(w

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)