5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事板 書評スレッドII

1 :勝手に作った君:01/12/28 09:00
つくったよーヽ(´ー`)ノ

781 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/09/03 22:58 ID:???
>>780
 とにかくビジネス系の奴は避けた方が良いかと……

 私は、岩波だったかの文庫の奴が好きだったなぁ……

782 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/09/05 00:19 ID:???
実家から宅配便が届きました。
親の本棚を整理したら見つけたそうです。
「あんたの本やと思うから、送るわ」という有り難い親の手紙付で…。

取扱注意・昭和33年5月 航空幕僚監部 「誘導兵器便覧」

…お、おやじ、アンタって人は。

各国の状況(開発体制とか歴史)があって、一般として、用語、誘導方式、
精度、価格から推進薬、誘導弾の搭載機、搭載艦一覧、弾道弾の弾道の軌跡図、
そして、当時最新鋭の誘導弾の一覧などが掲載されています。
人工衛星も誘導弾の一種として取り上げられているのが何とも時代です。

ソ連のミサイルの詳細データとかもあり、なかなか得難い資料です。

…親父、有り難う。

783 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/09/07 22:23 ID:???
給料日まで緊縮財政。

グリーンアロー出版のアメリカ陸軍軍用機集1908〜1946を購入。
ライト複葉機からXB-36まで。
豊富な図版と写真が掲載されている。
第一次大戦〜戦間期の機体は資料が少ないから、結構参考になると
思う。

784 :執事:02/09/10 09:50 ID:???
蒋介石秘録で全15巻と改訂版上下二冊の違いはあるのでしょうか?
古本屋なんかでは全15巻の方が値が張っています。
同タイトルだけど中身はまったく別物なんでしょうか?

785 :名無し三等兵:02/09/11 06:51 ID:???
>>780
金谷治・訳注 『孫子』 岩波文庫
 新版が2000年に出た。旧版は、最近でてきた竹簡が反映されてい
 ない。神経質になることはないと思うが、買うなら新しい方がいいだ
 ろう。訳は忠実で、良いものだ。

浅野裕一・訳注 『孫子』 講談社文庫
 訳文には訳者の解釈(というより既に解説)が入っているが、原文、
 読み下し文がついているので心配することはない。その解釈も、
 著者の真意かどうかは別としておもしろい。

上の二冊が一般的な選択だろう。もっと高額なものもある。だからと
いって内容が比例するわけではない。。

その他歴史本
 孫子と銘打ったものでなくてよいなら、中国史の中での孫子という本、
 孫子の思想に触れたものはある。が、軍事的関心からのものは見当た
 らない。残念だ。

加地伸行・編 『孫子の世界』 中公文庫
 これも軍学というより『孫子』という本の歴史を扱った論文集。
 唯一、浅野裕一「二人の孫子とその時代」に一読の価値がある。

チープな解説本
 本屋の店頭で見つけると溜息が出る。

786 :海の人●海の砒素:02/09/11 10:30 ID:???
 アメリカ軍が将校向けに仕入れてる「The Art of War」というのも結構面白いです。
 Shambhala pocket classicsで$6.00

787 :名無し三等兵:02/09/13 02:51 ID:???
ジョン・トーランド 「朝鮮戦争:勝利なき戦い」光人社
結構細かいことまでかいてます。

ジョージ・フリードマン「戦争の未来(The Future of WAR)」
ザ・カミングウォー・ウィズ・ジャパンの著者による兵器のパラダイムシフトに
関する概論。タイトルと違い戦艦と空母から説き起こし、兵器の発達を
その根本的な存在理由から説明している。オススメ



788 :名無し三等兵:02/09/13 22:03 ID:???
戦略論体系また遅れるらしい…


789 :名無し三等兵:02/09/13 22:30 ID:???
プロメテウスの墓場 小学館文庫
なかなかいい。

ロシアの核管理の無茶苦茶さはほとんどギャグマンガの境地。
原子力燃料をポッケに入れて持ち帰ろう!
核弾頭は15万ドルで買えるよ!

790 :名無し三等兵:02/09/13 22:33 ID:???
キノコ狩りに逝ったら行方不明だった核燃料を見つけました。昇進きぼんぬ

791 :名無し三等兵:02/09/14 09:05 ID:???
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1002993045/l50
このスレで出ているような空力の話が読めるいい本ってあります?

792 :名無し三等兵:02/09/14 14:24 ID:ztAK+m1w
防衛年鑑で、一番最後に「各国の主要装備の現状とすう勢」
(陸上装備、艦艇、航空機、ミサイル)が掲載されたのは、
何年号まででしょうか。
宜しくお願い致します。

793 :名無し三等兵:02/09/14 23:58 ID:???
>>792
何回同じ質問かけば気がすむのかなぁ?誰も答えていないと言うことは誰も知らないって
事だよ…

本当に必要な情報なら防衛庁の広報に電話して聞く事ぐらいしろよ…。

794 :名無し三等兵:02/09/15 04:55 ID:???
>>792
国会図書館、防衛庁図書館で古い順に見て行けば良い、
あと都道府県立図書館にあるかもしれないので調べたら良い、
防衛庁図書館HP↓
http://www.jda.go.jp/j/info/dal/



795 :名無し三等兵:02/09/15 10:56 ID:PkADnml+
フリードマン、戦争の未来は、興味深かった。
ただ、あそこに描かれているような「天罰」兵器体系が実現するかどうか、とは思うけど。

796 :名無し三等兵:02/09/17 02:19 ID:hu2DCkpF
すいません、ベトナムのカンボジア侵攻の理由は
何だったのでしょうか。ポル・ポトが怖かったから?
カンボジア侵攻に関する良書等あったら教えてください




797 :名無し三等兵:02/09/17 03:49 ID:QOrMG5Sp
「SSガイドブック」新紀元社
コレ、いつごろ絶版になったですか?
おしえて、プリーズ。

798 :名無し三等兵:02/09/17 04:11 ID:???
>796

17世紀以前、メコンデルタはクメール族の土地だった。領土奪回を掲げる
クメールルージュは何度もメコンデルタに侵入し、結果ベトナム人民
50万が難民化。


799 :名無し三等兵:02/09/17 04:20 ID:???
度重なる領土侵犯。外交による対話の拒否。
そして1978年のクリスマス、ベトナム軍が侵攻を開始。

デービット・P・チャンドラー 『ポルポト伝』
(原題"BROTHER NUMBER ONE") 山崎寛訳 株式会社めこん


800 :名無し三等兵:02/09/17 04:45 ID:hu2DCkpF
>>798−796
夜中にありがとうございます、その本読んで見ます。

801 :名無し三等兵:02/09/17 06:15 ID:???
>794
だから国会図書館や防衛庁図書館は厨の逝くところじゃないんだって。
まず、近所の公共図書館に逝け。

802 :名無し三等兵:02/09/17 10:45 ID:???
>>801
リアル厨房と単なる「厨房」を区別せよってことやね。
確かに、国会図書館や防衛庁図書館は、実年齢上のお子様は使用できま千円。

803 :ぶんぞ:02/09/19 01:10 ID:???
たとえば私は野原氏の唱えた飴色説の中の「ニス塗り」説等は、実際、かなり良い
所を突いている考察ではないかと考えています。N氏の最も反論を集めた点の一つ
ですけれども、汲むべきもののある考察だと思っています。私も最初の数年はニス
塗り説に否定的でしたが、その後の調査の中で間接的にそれを示唆するような記録
文書が現れましたのでそう考えているのです。彼の名を挙げて声高に否定する前に、
間違っていると思える点があったら、まずはそれをベースに自分自身の思考を深め
て行けば良いのではないでしょうか。そしてN氏に対する反論を唱えるK氏の説を
そのまま信じるのではなく、自分自身の考えによる自分の言葉での批判が生み出せ
た時、初めて野原茂氏を越えた事になるのだと私は思います。

804 :ぶんぞ:02/09/19 01:22 ID:???
793の毛沢豚さん、本当に空技報0266を読んでいらしゃるなら、その解説文
もよくお読みください。私はそれを書いた時点と大きく見解を変えていません。
解説中で、飴色という言葉が文書中でどう扱われているか、ワニスを塗布したと
いう説は疑わしい、といった事は既に触れています。その上でN氏説にも見るべ
き点があると申し上げているのですが、聞く耳を持たない様子ですね。しかし、

>私は私のペース・レベル・方法でしています。 貴殿にとやかく言われる筋合いではない。

とおっしゃるのであれば、事実関係が異なる事や当時の状況が明らかになって来ている以上、
早々に「犯罪だ」などという行き過ぎた言葉など、訂正すべきは訂正して、詫びるべきは詫び、
感情的な態度を改めては如何でしょうか。それからお話しましょう。

805 :名無し三等兵:02/09/19 01:29 ID:qKsfGcc6

韓国は日本人がつくった―朝鮮総督府の隠された真実

ISBN:4198615063 徳間書店 黄文雄【著】

第1章 韓国の独立と主権を確立したのは日本だった
第2章 「醜い韓国人」はいかにして生まれたか
第3章 李朝崩壊の混乱を防いだ日韓合邦
第4章 「日帝三六年」は朝鮮人の命を救った
第5章 「日帝」による近代化教育とハングルの普及
第6章 創氏改名と皇民化政策の真実
第7章 飢餓の国を近代農業国に変身させた日本
第8章 朝鮮半島の近代化に尽力した日本
第9章 韓国が日本に絶対勝てない理由

親日家のための弁明と併読するといい。


806 :793:02/09/19 21:19 ID:???
>自分自身の考えによる自分の言葉での批判が生み出せ
>た時、初めて野原茂氏を越えた事になるのだと私は思います。

どういう思考をしたら、そのような結論に達するのでしょう。
 私の発言の何処に斯様な意見・考えが書かれているのでしょうか?
 私の主張するところは一つ、此処は此処であり、他のところの話を持ち込む
事に意味も意義も見出せないという事です。

「ある本を読んだらこう言うことが書いてありました、どう思いますか?」
 こう書かれて、どういう反応をしろと仰るのです。
 まずはソースとなる文面を明らかにするのが議題提唱者の義務ですよね。
 更にそれが掲示板で行われているならば、自らの発言・質問機会は与えら
れているのですから率直に尋ねれば、それで解決です。それは会員制であっ
ても同様でしょう、発言・質問したいなら会員になれば良いだけのことで、
その労を支払いたくないなら、その程度の事に此処を巻き込まないで下さい。

807 :名無し三等兵:02/09/20 10:05 ID:???
坂井 三郎氏の本って、やはり実体験に基づいた、良いものなのでしょうか?
買うかどうか迷っているのですが・・・

808 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/09/20 20:40 ID:???
>>807
「自伝に書いて有る事は、三割差っぴけ!」と云う言葉を君に贈ろう。

 事実に基づいてるけど、誇張や、自分に都合の悪いことを省略したりする事が、
まま有るっす。

809 :名無し三等兵:02/09/21 03:07 ID:???
>>808
ありがとう( ´∀`)。
確かにそうですな・・・

810 :名無し三等兵:02/09/21 15:03 ID:???
丸メカニック
「スピットファイア・ランカスター」のような英国機のが出てなくてちょっとショック

811 :名無し三等兵:02/09/21 17:36 ID:???
>>807
自分の体験したことについては一応信じるとして(話半分という言葉もあるが)、
それ以外のことについては「後知恵」が含まれたりするので読むに値しない。
と考えてます。
だから、坂井氏の本は初期の物しか持っていない。他は捨てました。

812 :名無し三等兵:02/09/21 21:35 ID:???
>>811
なるほど。体験談は、資料性には疑問点が付き物ですね…。
そのことをふまえて、一冊だけ買ってみようと思います。
ありがとうッス。

813 :名無し三等兵:02/09/21 22:07 ID:???
ミリエアが今月号で休刊だってさ。
先月売りの十月号でFB-22みたいな記事をのっけたのが原因だったりしてな。


814 :名無し三等兵:02/09/21 22:13 ID:IqGxsGww
War Birdsからのコピペ止めれ!

815 :ベタ藤原 ◆MNjfnp0E :02/09/22 07:43 ID:???
>812
 シュペーアの自伝(『第三帝國の神殿にて』)と『ヒトラーの共犯者』の上
を読み比べてみると面白いよん。

816 :名無し三等兵:02/09/22 10:06 ID:???
>>806
 随分と礼儀のわからん方ですな。そんなにここで議論したいのであれば、要点だ
けでいいから、貴方の考え方及び根拠、並びにそれに対する某掲示板で出たと言う
反論意見列挙してくださいよ。そして、ここはその某掲示板とは無関係の場であり、
そこで出た意見あるいは某掲示板自体を中傷するようなことは断じて避けていただ
きたい。それなりの論拠示されるのであれば、きちんとした反応が返ってくると思
いますが。
 あまつさえ、喧嘩を売るような「馬鹿ですか」などと言う発言は、火に油を注ぎ、
ご自分の品位を落とすだけですが、エキサイトしてて議論が出来るとお考えでしょうか。
もう一度良くお考え下さい。

817 :名無し三等兵:02/09/22 10:41 ID:???
>>803-804

あなたが誰なのかは判っています。こういう場所で人のハンドルを騙るのは恥か
しく愚かなことだと思います。私は間違った発言があれば容赦なく批判しますし、
その事で貴方が恥を掻く事に対しても責任はありません。その辺を履き違えないで
戴きたい。無論、一派を形成すること等あり得ませんし、そのような物に頼る事も
ありません。また、個人名を出してのこのようなレスをつける事も卑劣な行動だと
思います。人間は恥の感覚を麻痺させたら最期です。ウソをつくのも、人を誹謗
中傷するのもいい加減にしないと失うものが多いと思いますよ。

818 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/09/22 11:22 ID:???
>816-817
アフォですか?
脳内に蛆虫わいてませんか?
喧嘩なら他のところでやっていただきたいものですがね。

スレのタイトルをよく見てくださいな。
場違いなのがわかりませんね。

819 :名無し三等兵:02/09/23 05:21 ID:oDYvQYbi
純軍事的に、古代から現代までの戦闘のことを書いたものが読みたいのですが、
なにかお勧めはありませんか?
地図が豊富にあれば尚良いのですが。

820 :名無し三等兵:02/09/23 15:16 ID:???
ここで議論(クソレス)はやめてくれ。
ハー、最近はブックオフにいってもなかなか掘出物がないよ。

821 :名無し三等兵:02/09/23 15:32 ID:FO1BQiLp
>819
範囲が広いなあ。入門用にとりあえず思いつくのが、学研M文庫の世界戦史1,2.
専門書はわかんない。

822 :名無し三等兵:02/09/23 15:42 ID:???
>818
只のコピペ荒らしでしょう。元ネタはたぶんWB。
放置かレス削除依頼が妥当かと。

823 :名無し三等兵:02/09/24 12:24 ID:???
再販でもいいから、欧州戦史についてもっと邦訳出して欲しいと思う。
日本人が書く欧州戦記ものはどうも情緒的でつまらない。やはりその国
の人間の生の声がいい。D・アーヴィングの著作がもっとよみたい。

824 :名無し三等兵:02/09/24 12:34 ID:???
スコードロン/シグナルの写真集の絶版モノを再版してほすぃ。

825 :名無し三等兵:02/09/24 16:19 ID:???
いろいろ叩かれるけど、阿川弘之の「米内光政」は面白いね。
予備知識が無いと、海軍マンセー陸軍氏ねって気持ちになるのもわかる気がする。

826 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/09/24 22:08 ID:???
>819
図版メインならタイムズアトラスに世界歴史地図とかがあったし、図版を
考えないなら、世界戦争事典あたりかなぁ。
但し、めちゃんこ高いけど(福沢諭吉さんが集団で飛んでいくかも)。

平凡社ライブラリーからちょっと前に出た本の紹介。

その昔、徳間から出ていた「大塚康生16歳の車の画帖―終戦直後の
日本の路上にて」のリメイク版、大塚康生著 「ジープが町にやってきた」

著者14歳の時に描いた敗戦直前から1951年にかけて、山口にて、占領軍が
持ってきた各種車両、日本軍が使用していた車両などを丹念に描いたもの。
著者はこれが元で、MPに呼ばれスパイ容疑で取り調べを受けたとか。
この際、画帳は押収されたが、その後も描き続け、進駐軍の兵士もその絵を
大切に保管してくれていたそうな。

そのうちの数枚は軍用車両を扱った洋書にも掲載されているもの。
幾ばくかのデフォルメはされているが、雰囲気はよくつかめると思う。

日本軍関係では、九八式牽引車、九四式自動貨車改造の水素缶車、百式
動力作井車搬水車、九八式指揮官車、一式六輪自動貨車、探照灯車、九五
式牽引車、九五式小型四輪起動車など、普段お目にかかれないソフトスキン
車両が多く描かれ、中国地方が英連邦軍の占領下におかれていたことから、
英連邦の車両も多く掲載されている。

827 :名無し三等兵:02/09/25 01:54 ID:5Ty/Bdi6
CWニコルが「盟約」(文春文庫上下巻)て小説だしたね。

前作「勇魚」の大地捕鯨の主人公が建軍期の日本海軍に入り〜日本海海戦〜大正の金剛購入
あたりまでイングランド、日本と舞台を手広く広げ活躍する歴史小説

ちょっとよさげだった

828 :今日の新刊:02/09/25 02:03 ID:5Ty/Bdi6
あと評判今一つだったジャンジャック=アノーのスターリングラードの原作(「鼠たちの戦争」)者が
WW2第3帝国崩壊を主題にした小説だしたね。
シュペーアがワグナー演奏させ脱出させたベルリン交響楽団のチェリストとか
キュストリン高地の戦闘とか、ぜんたいにコーネリアス・ライアン風のエピソードが
あったよ

【今日の新刊】
デイヴィッド・L. ロビンズ 「戦火の果て」上下巻 新潮文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102219234/ref=pd_rhf_p_2/249-6041704-0532340
C.W.ニコル 「盟約」上下巻 文春文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416766111X/ref=pd_rhf_p_3/249-6041704-0532340

829 :名無し三等兵:02/09/25 02:21 ID:???
海軍軍人の家庭について書いた本はありませんでしょうか?
長い航海で家に居ない父親・夫と家族はどう接していたのか、と
いうことに興味があります。艦上から妻にラブレターを書いたりしていたのか?
子供は父親が居なくてグレなかったのか?とか。

亡くなった祖母の最初の夫は海軍軍人だったそうで、
ふつうの海軍の軍人の家庭の雰囲気について知りたいのです。

830 :名無し三等兵:02/09/25 03:36 ID:???
>829
阿川弘之「戦艦長門の生涯」新潮文庫かなあ。
フネの上からの視点がメインだけど,家族絡みのエピソードも
あったはず。


254 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★