5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サウンドノベル4「ハッピーエンド」帝国の章

1 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 13:59 ID:XjCYTG6t
オリジナル長編ストーリーの第三部です。
あなたの選択によって物語は変化していきます。

サウンドノベル「娘切草」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10014/1001482983.html
サウンドノベル2「むすめたちの夜」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10019/1001989242.html
サウンドノベル3「街れす」
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1003141616/
サウンドノベル4「ハッピーエンド」旅立ちの章
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1004755292/
サウンドノベル4「ハッピーエンド」勇者の章
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1006563009/

2 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:00 ID:XjCYTG6t
(プロローグ)
彼女との出会いで、平凡だった私の人生が大きく変わったんだ。
本当は臆病で怖がりで泣き虫のくせに、皆の前ではいつも強がって、
自分の身を犠牲にしてでも、誰かを助けようとする思い。
そんな彼女の覚悟に、私は少しずつ変えさせられていった。
私は彼女に勇気という名の決意を教わった。
だから、私は彼女を助ける。
たとえ世界中の全てがそれを認めようとしなくても、私は止まらない。
もう一度彼女に会うんだ。
もう一度彼女の笑顔を見るんだ。
だって、約束しただろ・・
一緒に8段アイス食べに行こうってさ。

3 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:00 ID:XjCYTG6t
自分でもわからない。
どうしてあんな事をしたのだろう。
気が付いたら、体が勝手に動いていたんだもん。
「いまのうちににげるのれす、あいぼん!」
「重〜い、てめえ離れろ!」
「はやくいくのれす、あいぼん!」
「お前を置いて行ける訳ないやろ、のの!」
「どけーコノヤロー!」
「あいぼんをたのむのれす、よっすぃー。」
「のの・・やだよ、私。」
「勇者は死なねーのれすよ。」
「はなせ、はなすんや、よしこ、ののを見殺しにするんか!」
「のの〜!」
よっすぃーがあいぼんを抱えて逃げていく。
これでいいんだよね、私はよっすぃーもあいぼんも死なせたくないから。
私一人が犠牲になって二人が助かるんだから、これでいいんだよね。
これで私、少しは勇者に近づけたかなぁ・・
ねえ、よっすぃー?

4 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:00 ID:XjCYTG6t
将軍矢口は体を振り回し、しがみ付く辻を振りほどいた。
「このデブ、重いんだよてめえ!」
「デブって言わないでくらはい。」
「うるせえ、おいらにこんな真似してただで済むと思うなよ!」
あお向けに地面に転がる辻に向かって、あの構えをとる。
「セクシービーム!」
避ける暇もない程の近距離でのセクシービーム、当然直撃だ。
辻は死んだ。
そう矢口は判断していた。
だから死体を確かめることもせず、急いで吉澤と加護の後を追っていった。
だが辻は生きていた。
セクシービームが直撃したのは、辻の腹だった。
バイ〜ン!
セクシービームは辻の腹に衝撃を吸収され、遥か上空へと跳ね返ったのだった。
吉澤達を追うためすぐに振り返った矢口はそれに気付かなかった。
こうして辻は一命を取り留めたのだ。
だが、のんびりはしていられない。二人に危機が迫っている。
そして勇者ののは再び立ち上がったのだ。

5 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:01 ID:XjCYTG6t
「よっすぃーーーー!」
加護の悲鳴が風の吹きすさぶ荒野に響く。
「これで邪魔者はいなくなったね、キャハハ!」
矢口の笑い声がその悲鳴を掻き消す。
辻が殺され、吉澤までもが断崖絶壁に叩き落とされた。
加護亜依は一人きりになってしまった。
「さてさてアイちゃん、一緒に来てもらえるね。」
「うっさいボケ!誰がお前なんかと一緒に行くか!」
生まれた時から孤児として育ち、幼くして盗賊に身を落とす。
盗賊団のリーダーになっても、心から信頼できる相手等いなかった。
誰もが自分の保身だけを考え平気で周りを蹴落とす様な奴等ばかりだった。
いつしかうちも、それが当たり前だと思う様になっていた。
あいつ等に出会うまでは・・
ののとよっすぃーは、自分の身を犠牲にしてうちのために戦ってくれた。
初めてできた、心から信頼できる仲間だった。
「初めての仲間やったんや!それをお前は!許さん!絶対許さへんで!」
気丈な加護が、誰にも見せた事のない涙を流した。
ダガーを手に反抗の意志を剥き出しにする。

6 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:01 ID:XjCYTG6t
「しょうがないね、力ずくで来てもらうよ。」
腕の一本でも奪えばおとなしくなるだろう、と矢口はあの構えをとる。
狙いを定め腕だけに当るように焦点を絞りこんで、セクシービームを放つ。
その時、小さな影が矢口と加護の間に入りこんだ。
バイ〜ン!
なんと、セクシービームが矢口目掛けて跳ね返ってきた。
間一髪で避け、矢口は前方を見上げる。
殺したはずの辻が、威風堂々と立ち尽くしていた。
「のの!」
加護は生きて舞い戻ったライバルの姿に狂喜の声をあげる。
「嘘だろ、どうして生きてんだよ!」
信じられない事態が矢口に混乱を招いた。
何より信じ難い事が、自分の決め技が跳ね返されたことだ。
あらゆる魔法の中でも最大の威力を誇るこの魔法に、矢口は絶対の自信を持っていた。
あの勇者なっちや大魔導師飯田すらも一目おいていた魔法だ。
それが、このトロそうなガキには効かない。
初めての遭遇する未知の相手に、矢口は不覚にも恐れを抱いた。
一度引いて体勢を立て直した方がいい、そして矢口はそう判断した。

7 :辻っ子のお豆さん:01/12/14 14:08 ID:XjCYTG6t
「覚えてろ、次はこうはいかないからな!」
捨てぜりふを残し、矢口は姿を消した。
助かった。辻と加護はその場にへたり込んだ。
だが、すぐに大事な事を思い出し顔を見合わせた。
「よっすぃーは!?」
「崖の下や!」
辻と加護は大慌ててで崖を降りる道を見つけ、吉澤を探すため駆け下りた。
しかし、吉澤の死体はどこにも見当たらなかった。
「ろういうことれすか、よっすぃーは死んらんれすか?」
「いや死体が一人で歩くはずないで、いないゆうことは・・」
「生きてるんれすね。よっすぃーも無事なんれすね。」
辻はまるでお願いする様に、加護に迫った。
「そうゆうことや。」
そうだよね、あのよっすぃーが死ぬ訳ないよね。

1.まだ近くにいるはず、この辺りを徹底的に捜そう。
2.当初の予定通りハロプロ城を目指そう。
3.とりあえずはらへったのれす。

8 :ねぇ、名乗って:01/12/14 14:12 ID:ZRKadP94
\(^▽^)/新スレおめ!
3かな

9 :のてせ:01/12/14 14:12 ID:7rNhkN1X
新スレおめ(略
体調と影武者には注意してね(w

自分もおなか空いている現状なので「3」。

10 :ねぇ、名乗って:01/12/14 14:16 ID:fiMn+rqa
\(^▽^)/新スレおめでとうございます♪
なるほどぉ〜。こうやってののは助かった(?)のですね。
恐るべし!ののぽんぽん!

んで、3で♪

11 :名無し募集中。。。:01/12/14 15:19 ID:osaRrNqR
新スレおめ!
ってゆーか、昼から泣かせて笑わせてまた泣かすんじゃねー、ゴルァ!

こういう選択肢のときはシチュエーションに関係なくこれを選ぶのれす。
3で。

と書こうとしたら鯖落ちしてたよ。
ついでに復活おめ!

12 :名無し募集中。。。:01/12/14 15:31 ID:zDzcgZLo
3!
( #´D`)<ぽんぽんでふぇんすはおなかがへるのれす
@ノハ@
( ‘д‘)<モリモリ食べてパワーアップや!

13 :名無し募集中。。。:01/12/14 15:39 ID:enmqn5w/
3でよろしくお願いします。
お腹で跳ね返すなんて、ちょっとほのぼの。

14 :ねぇ、名乗って:01/12/14 15:46 ID:BwCg95p6
1で

15 :名無し募集中。。。:01/12/14 16:04 ID:5dX92xXF
2

16 :ねぇ、名乗って:01/12/14 16:31 ID:bNBVF2Wl
辻腹最強だね!3で!

17 :名無し募集中。。。:01/12/14 16:39 ID:EDWXIEI8
空腹を満たさねば・・・3

18 :ねぇ、名乗って:01/12/14 16:43 ID:ZhgM1qBz
ッシャー! 新スレ来たぁー! 待ってましたよ。
つーことで3

19 :ねぇ、名乗って:01/12/14 17:04 ID:DOrCRczI
では三

20 :ねぇ、名乗って:01/12/14 17:47 ID:ckAUETXQ
っしゃあ!待ってました、このノリ。
ののたんサイコー\(^O^)/

当然3です。

21 :名無し募集中。。。:01/12/14 17:52 ID:t1h/d5Sh
新スレおめ!
1で。

22 :名無し募集中。。。:01/12/14 18:28 ID:WfueaMKc
う〜ん…シナリオ上無事だとわかっていてもよっすぃ〜を
ほっておいて飯なんて食えないっす。
1で、ぶりんこはよっすぃ〜の無事を確認するまで頑張って探すのだ。

23 :ねぇ、名乗って:01/12/14 18:28 ID:X50qaKrD
3がいいれす。

24 :23:01/12/14 18:29 ID:X50qaKrD
sage忘れスマソ

25 :夢幻夢:01/12/14 19:34 ID:UDItyDk4
新スレおめ!
1でお願いします。

26 :ざわ…:01/12/14 19:38 ID:0DIGnep3
2〜

27 :ねぇ、名乗って:01/12/14 19:48 ID:z9P9CcYv
やっぱりまずは腹ごしらえでしょう。
3で。

28 :ねぇ、名乗って:01/12/14 20:15 ID:MPHWMdVX
( ´D`)<不覚にも偽物のほうに投票してしまったのれす
てことで3で

29 :ねぇ、名乗って:01/12/14 20:59 ID:9KIew0ek
「街れす」に続いて大活躍の辻の腹(w
当然3

30 :ねぇ、名乗って:01/12/14 21:13 ID:6jGZJ1HX
1。

31 :ねぇ、名乗って:01/12/14 21:33 ID:/bPpRAyh
本物さんですね〜!新スレおめです。
1でおねがいします

32 : ◆RINMakiE :01/12/14 21:56 ID:5vz6p6aI
辻豆さん新スレおめ。
ハマミエも弾いたあの腹は健在だった訳ですね(w
ん〜ここは3しかないでしょ。

33 :ねぇ、名乗って:01/12/14 22:22 ID:xjN+RAdY
新スレおめでとうございます。
しかし、辻の腹も凄いが、「威風堂々と立ち尽くす」って表現も凄いよな。W)
普通、威風堂々としてたら、立ち尽くさないだろ。立ちはだかるとかさぁ。
しかし、辻にはこの表現が妙に似合うんだよな〜。

というわけで、名刀ハマミエも効かないのではないかと期待のふくらむ辻の腹を
もっとふくらましましょう。3で〜。

34 :ねぇ、名乗って:01/12/14 22:58 ID:osaRrNqR
今日はお昼かららったんれすね〜。
今夜は更新されるんれすかぁ?
とっても楽しみなのれす〜。
3れ。

35 :辻っ子のお豆さん:01/12/15 01:02 ID:RgGE7Vqo
「とりあえずはらへったのれす。」
「お前なぁ、吉澤がこんな時に何言うとんや、急いで探すで!」
「いやなのれす、はらへってうろけないのれす!」
辻はダダッコみたいに手足をジタバタさせた。
「(いや、めちゃめちゃ動いてるがな。)」
加護は心の中でつっこんでおいた。
「しゃーないな、近くの町か村探して飯にしよか。」
「アーイ、あいぼんらいすっき♪」
辻は加護を抱きしめて、ほっぺにチュッってした。
「やめい、何すんねんボケ!」
真赤な顔して加護は辻から逃げるように離れた。
なんでうちがこないドキドキせなならんのや。
「ほら、行くならとっとと行くで!」
照れを隠す為に、加護はわざと大声で呼びかけ歩き出した。
辻はポンとお腹を叩いて後に続いていった。
無理に探さなくても、よっすぃーとはきっとまた会える。
そんな不思議な確信が辻の中にはあった。
らって離れていても私達の目的は同じなんらからね。

36 :辻っ子のお豆さん:01/12/15 01:02 ID:RgGE7Vqo
三日後、帝国との国境近くの町ミラコーに二人の姿があった。
「も、もう駄目や・・」
「腹へって死にそうなのれす・・」
路地の壁にもたれかかり、瀕死の状態に陥っていた。
二人は所持金0である事をすっかり忘れていたのだ。
もう丸三日、何も食べていない。
「おなかとせなかがくっつきそうれす。」
勇者ののの物語に幕が下りようとしていた。
「あかんあかんで、うちらが死んでどないすんねん!」
加護は死力を尽くし立ち上がった。
「待ってろや、のの、うちがなんとかしたるわ!」
「あいぼん、たのむのれす。」
痩せ細った辻が地べたに伏せて、か細く答える。
加護はよろめきながら、表通りへと出ていった。
吉澤が地下牢獄で絶望に陥っていた頃、辻も絶望の中にいたのだ。
「待って、返してくださーい!」
表通りに出た加護は、一人のおかしな娘を見つけた。
それは、半泣きでノラネコを追いかける紺野だった。

37 :辻っ子のお豆さん:01/12/15 01:03 ID:RgGE7Vqo
谷で襲われた時は、加護は直接紺野の顔を見てはいなかったので、
まさかそれが帝国将軍とは夢にも思わなかった。
「笑ってないで、誰か捕まえて下さい。」
どうやら、魚を盗まれて困っている様だ。
こいつは使える!加護の頭が素早く回転を始めた。
「あいぼんの前でケチな盗みは許さへんで〜。」
加護は得意の盗み技で、ノラネコから魚を奪い取った。
「ほら、あんたの魚やで、今後は気ぃ付けろや。」
そして涙ぐむトロそうな娘に手渡して、天使の様に微笑んだ。
「お助け料1000モニや。」
「え?え?でも・・あの・・」
「まいどあり〜!」
紺野の財布から勝手に1000モニ奪い、加護は走り去った。
「やったで、のの、金やで、これで飯食えるで!」
路地裏に戻って来た加護は、大はしゃぎで辻に1000モニ札を見せびらかした。
「く、食えるんれすか・・!?」
朦朧とした意識の中で辻は飛びついた。
「コ、コラ!のの!お札を食うんやない!やめろー!」

38 :辻っ子のお豆さん:01/12/15 01:03 ID:RgGE7Vqo
なんとか一命を取り留めた二人は、食堂で今後の事について話し合った。
「やっぱ世の中ゼニやな。」
「れすね、身にしみて感じたのれす。」
また丸々とした体に戻った辻が、お腹をさすりながら応じる。
「しゃあない、仕事探そか。」
「へい。」
二人は仕事を求め冒険者のギルドへ向かった。
現在行なう事ができる仕事のリストを見上げる。
「のの、ええ仕事あるか?」
「これがいいのれす。」

1. ピョーン洞窟のお宝探し
2. とある大富豪令嬢の護衛
3. オット山脈に巣食う魔物退治

39 :ねぇ、名乗って:01/12/15 01:06 ID:WC+Vk0Ka
令嬢が気になるので、2。

40 :ねぇ、名乗って:01/12/15 01:19 ID:2C6CHu/S
辻豆さんのののは最高だね。
就寝前にスレをチェックして良かった…。
おかげで、いい夢見れそうです。

あいののペアなら、3がいいなぁ。

41 :名無し募集中。。。:01/12/15 01:44 ID:mhny13HM
令嬢って誰だろう・・・?
2で。

42 :名無し募集中。。。:01/12/15 01:50 ID:mvTRVY31
新キャラ登場に期待して、2。

43 :名無し募集中。。。:01/12/15 01:52 ID:leSaPozw
2で。

44 :ねぇ、名乗って:01/12/15 01:57 ID:RaFxCtHC
3は…ねぇ。
だから「2」でおねが―いふらっしゅ!

45 :加護っ子のお豆さん:01/12/15 02:00 ID:2i9jR9T7
新スレおめでとうございます。
2かな。

46 :ねぇ、名乗って:01/12/15 02:01 ID:3e7hsOd5
1で

47 :あ名無し娘。:01/12/15 02:12 ID:Hu0h6prf
死ぬ心配が無い今としては
3かな

48 :ねぇ、名乗って:01/12/15 02:14 ID:LCRMS0Er
誰が出てくるか期待しつつ、2!

49 :ねぇ、名乗って:01/12/15 02:49 ID:rf7dPeck
1で新たな力を

50 :ねぇ、名乗って:01/12/15 05:14 ID:yq+0LHcw
辻っ子さんのザッピング・テクニック大好き♪巧すぎです。
ってなわけで、2がおもしろそうれす。

51 :名無し募集中。。。:01/12/15 05:32 ID:rnRKdPJB
( ´D`)ノ<Aれ!

52 :名無し募集中。。。:01/12/15 06:27 ID:vZlpcJm2
2で。
辻にはやせほそったままでいてほしかった。
でもそうすると鉄壁の腹が…。難しい。

53 :名無し募集中。。。 :01/12/15 07:19 ID:sS07EZ3t
確かに2が、より楽しめそう
ってことで弐。

54 :名無し募集中。。。 :01/12/15 07:20 ID:sS07EZ3t
すまん。あげてもうた。

55 : ◆RINMakiE :01/12/15 07:27 ID:tOwzrDjC
2を選ぶと面白くなりそう。

56 ::01/12/15 07:42 ID:a0L1Dnc/
2でお願いします

57 :名無し募集中。。。:01/12/15 08:55 ID:SJfZEyC8
1で

58 :のてせ:01/12/15 09:38 ID:Oow9DbN5
まずは「2」。
(1は2が片付いてからでないと勿体無い気が)

59 :ねぇ、名乗って:01/12/15 10:28 ID:Wx/VjZFn
3で♪
前章での「紺野VSノラネコ」選択は間違っていなかった!!

60 :ねぇ、名乗って:01/12/15 11:57 ID:rzb2vcqP
3

61 :ねぇ、名乗って:01/12/15 12:22 ID:phhbECN3
2でいこう

62 :ざわ…:01/12/15 12:23 ID:273ZBnsh
2で

63 :ねぇ、名乗って:01/12/15 14:17 ID:Bab+NnAc


64 : ◆Fuchu5X6 :01/12/15 14:37 ID:Rer/GJUe
( ´D`)<辻豆さんしんすれおめでと〜なのれす!
      2でいくのれす

65 :ねぇ、名乗って:01/12/15 17:22 ID:8Ktvy46o
2でおねがいします。
令嬢って誰だ。

66 :夢幻夢:01/12/15 17:28 ID:jNYAxUk1
アークザラットでも大富豪の令嬢はおもしろかった。
よって2。
でもオット山脈の魔物ってあの二人じゃないですよね?

67 :ねぇ、名乗って:01/12/15 17:53 ID:4nC4ioLQ
どっちにしろ金になるなら2で。

68 :加護っ子のお豆さん:01/12/15 18:20 ID:RnbaR2B4
ようやくRPGの画像の方、数枚うぷしました。
今回はこういう感じで作ってますよって報告程度で。

ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/001.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/002.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/003.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/004.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/005.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/006.jpg
ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/007.jpg

P.S
8段アイスの画像作ってくれる人がいたらうれしいです。

69 :プリンス@羊:01/12/15 19:10 ID:uwMRlviw
1

70 :ねぇ、名乗って:01/12/15 19:53 ID:n+fwW4yM
2。加護豆さんのRPGもがんばれ!

71 :あ名無し娘。:01/12/15 21:27 ID:8oajU0ve
>>68
ちょっと〜
良い出来なんじゃないのぉ
これぇ

72 :ねぇ、名乗って:01/12/15 21:52 ID:XHUidfl+
>加護豆さん
すばらしいですね。期待していますよ。

73 :ねぇ、名乗って:01/12/15 22:25 ID:B9CNHdPd
2で新キャラ期待!

>>68
おぉ〜!面白そう!!
マジ期待しちゃう♪頑張ってね〜

74 :ねぇ、名乗って:01/12/15 22:54 ID:SRQTUNDb
2

75 :ねぇ、名乗って:01/12/15 23:09 ID:Uk719MLJ
頼むから、あげないでくれ、、
期待してみてしまう。。。。

2で。

76 :ねぇ、名乗って:01/12/15 23:39 ID:XWpbjtQ5
2で願いします。

77 :ねぇ、名乗って:01/12/16 00:16 ID:/Au7nnGI
2でよろしゅ〜。
加護豆さん頑張ってね〜楽しみにしてるよ。

78 :ねぇ、名乗って:01/12/16 01:55 ID:/BFMQ2KK
>>68
うわっ。すごっ。
なんか、いいね〜、こういうの。
最近ゲームやってないから、すげぇ懐かしい。
加護豆さん、頑張ってください。

とりあえず、1かな。

79 :ねぇ、名乗って :01/12/16 02:32 ID:8z6xXqbm
∋oノハヽo∈ ポンッ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´D`),∩))  < 2がいいのれす
  /   ⌒ヽ     \_______
  (人___つ_つ

80 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 02:38 ID:mx44NwrK
>>68
うおー、すげーよ加護豆さん。(軽く興奮気味)
こんなドキドキ初めてだ。本当に自分の小説がゲームになってる。
おもしろそー!(自分で言うのも何ですが)
あらためてよろしくお願いします。

本編の方も今から更新します。
ちょっと強烈な新キャラ出てます。
一部問題発言もありますがご了承下さい。

81 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 02:38 ID:mx44NwrK
辻は、大富豪令嬢の護衛を選んだ。
冒険者ギルドに登録し、しばらく待つと金持ち風の親子が現れた。
大富豪令嬢は辻加護を見て不機嫌そうに罵った。
「あんだよ、こんなチビどもで護衛なんてできんのかよ!」
「まかせてくらはい。」
「(なんや、口の悪い女やな。)」
彼女こそ大陸一の大富豪アミーゴ財団の一人娘、鈴木あみその人であった。
アミーゴ財団の当主でもある、あみの父親が二人を脅した。
「君達、もしあみに何かあったら裁判起こすからなゴルァ!」
「うるせー!親父は黙ってろ!ゴルゴ13のごとく黙ってろ!」
「(なんれすかこの人達は、頭いってるのれす。)」
「(まあまあせっかくの金ヅルや、とりあえず話合わせとこ。)」
あみの口から直接、依頼の説明が始まった。
父親はハードボイルドで固まっていた。
依頼の内容を要約すると、彼女が親元を離れハロプロ城下町にある別荘で、
一人暮らしを始めるからそこまでの護衛を頼みたいという事だった。
「つー訳だ、私の美貌に傷の一つでもつけたら海沈めるかんな!」
金もらったらこいつ沈めようと誓った辻と加護であった。

82 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 02:39 ID:mx44NwrK
のの、あいぼん、ヤンジャ・・いやアミーゴの旅が始まった。
緑広がる草原を歩く美少女三人。
「おいハゲ、てめえだよ弟顔、暇だからなんか芸でもしろ。」
「(あーうっとしいわこいつ、ほんましばきたいわ。)」
「ちょっと待てデブ、黙ってると思ったらさっきから何食ってんだよ!」
「プハーうまかったのれす。」
「それ私の昼飯じゃねーか!なんでお前が平らげんてんだよ!」
「あみちゃんの分、ちゃんと残しておいたのれす。」
「パセリと黒豆だけ残してんじゃねーよ!私は残飯処理かよ!」
「安心せい、うちはちゃんと残さず平らげたで、お前の夕飯。」
「さすが、あいぼんはえらいのれす。」
「本当えらいね、じゃねー!そういう問題じゃねー!勝手に人の弁当食うな!」
「らって、うまそうらったんらもん。」
「うるせー!ほっぺにご飯粒付けて炉利心くすぐってんじゃねえよ!」
「なあなあ、明日の分の飯はどこや?」
「まだ食う気かよ!お前等自分の腹見たことねーの・・オボッ」
あみは辻加護の腹に挟まれて圧迫死しかけた。
こんな感じで私達はあっという間に仲良しになったのれす。

83 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 02:39 ID:mx44NwrK
「もう冷蔵庫からっぽやで。」
「めしもっれこ〜い!」
「いいかげん出てけよ、いつまでうちに居座る気だよ!」
無事、ハロプロ城下町にあみを送り届けて1週間が過ぎた。
辻加護は寄生虫の様にあみ宅に居座っていた。
「alone in my roomじゃ寂しいやろと思った優しさやないか。」
「にぎやかなほうが楽しいれすよ。ビートゥゲーザビートゥゲーザ」
「全然楽しくない、頼むから出てってくれ〜!」
「まだ仕事の報酬もらってへんもん。」
「てめえ等、一日五食おやつ付きで一週間も滞在してまだ金取る気か。」
「嫌ならしかたないのれす、払うまでいるのれす。」
「わかった、払うよ、払うから出てってくれ。」
あみは泣く泣く二人に報酬を渡した。
(私なんで弁当とられて部屋荒らされて金払ってんだろう・・?)
その後しばらくの間、鈴木あみは対人恐怖症に陥ったという。
「やった、1万モニもせしめたで。」
「冒険者の仕事って楽なもんれすね。」
すっかり自信のついた二人であった。

84 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 02:44 ID:mx44NwrK
あみの家を出ると、街中がやけに慌ただしかった。
「なんやろ、兵士達が駆け回っとるで。」
「お祭りでもあるんれすかね?」
つんく暗殺計画当日だなんて、当然二人は知る由もない。
「どうしよか、のの?」

1.「お城に行ってみるのれす。」
2.「あそこの女の人に事情を聞いてみるのれす。」
3.「メシにするのれす。」

85 :名無しさん:01/12/16 02:45 ID:OazHepMc
3

86 :ねぇ、名乗って:01/12/16 02:48 ID:4IUmgOWq
やったーリアrタイム!新キャラ期待の2で!

87 :あ名無し娘。:01/12/16 02:48 ID:PMdIufmI
2かね

88 :ねぇ、名乗って:01/12/16 02:50 ID:mexNzBRq
食えば食うほど強くなる、3で

89 :新参:01/12/16 03:07 ID:J9M9kKHi
2で。

ところで、ヤングジャパン?て何?

90 : ◆Fuchu5X6 :01/12/16 03:13 ID:ra9ujQlq
( ´D`)<はらがへったのれ3がいいのれす

91 :名無し募集中。。。:01/12/16 03:24 ID:nhAl1TZQ
>89
これを読みなさい。

http://www.ah.wakwak.com/~yosk/meicos/bob/index.html

あ、2でお願いします。

92 :名無し募集中。。。:01/12/16 03:53 ID:a1XRsGUv
2でお願いします。

93 :名無し募集中。。。 :01/12/16 04:19 ID:2Eby5jk2
出会いがありそう・・・弐で

94 :ねぇ、名乗って:01/12/16 06:17 ID:7Z9J+IEy
鱸あみとのやりとりはげしくワラタ
てことで2

95 :のてせ:01/12/16 06:22 ID:/cxFBh3i
シングル2曲がさりげなく…(w
今回ほど「ヤラレタ」と感じたことはかつて無かったよ>作者

そういや、ふたりはレベル上がってるのかな?
「らって、くってるらけなんらもん(w」
…あみに関わってる場合では無かったのかもしれん!
もう戻れないことを悔やみつつ「3」。

96 :ねぇ、名乗って:01/12/16 08:48 ID:uOngCe2K
また新キャラ追加してほしいから「2」で
しかし…辻豆さんもBobスレ読者だったとは(藁

97 :名無しさんって優香:01/12/16 09:21 ID:jEi3cBJh
ボブネタ面白い
ヤンジャンの出番はこれで終わり?

とりあえず話を聞こう。
2で。

98 :ねぇ、名乗って:01/12/16 09:57 ID:qDgobYa3
ヤンジャン最高!
2で

99 :プリンス@羊:01/12/16 12:37 ID:GCUx3fgS
前スレの鬱憤を晴らすかのように鈴木あみ登場



100 :ねぇ、名乗って:01/12/16 13:04 ID:8a+/BnUS
辻豆さんヤンジャンをご存知だったとは…2で。

101 :夢幻夢:01/12/16 13:51 ID:9x1hpV0A
2de

102 :名無し募集中。。。:01/12/16 13:57 ID:R9WVJaS4
2で

103 :ねぇ、名乗って:01/12/16 15:01 ID:QX07ZKs0
2で♪

104 :ねぇ、名乗って:01/12/16 15:04 ID:jbl1zk8W
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   ここはAで!   |
 |__________|
∋8ノノハヽ.||
  ( ´D`)||
  /   づ Φ

105 :ねぇ、名乗って:01/12/16 15:10 ID:YNkVfDMP
いや、次にはよっすぃ〜の危機を救わねばならないので、
とりあえず腹を満たしておかねば心許ない。
3だ。

106 :ねぇ、名乗って:01/12/16 16:15 ID:5LfLXeW6
3で

107 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/16 17:11 ID:WqSQQYwC
@ノハ@
( ‘д‘)<ここは2やね

108 :名無しさん:01/12/16 19:14 ID:Ixwe6hGt
2です!

109 :ねぇ、名乗って:01/12/16 19:33 ID:MT7hVEAX
参だな。

110 : ◆RINMakiE :01/12/16 20:33 ID:8TBmIgIX
2で。

111 :ざわ…:01/12/16 21:14 ID:RnvFOlvw
2〜

112 :ねぇ、名乗って:01/12/16 21:33 ID:ft9U5xC+
3DE.

113 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 22:07 ID:7EOFXWm/
「あそこの女の人に事情を聞いてみるのれす。」
辻と加護はカフェテラスで食事をとっている女性に近づいた。
彼女のテーブルには、十人分はあるかという皿の山が積まれていた。
「あ、あれ全部一人で食べたんやろか?」
「すごい量なのれす、ののよりすごいかもしれないのれす。」
するとその声に気付いて彼女が振り向いた。辻はその顔を見て驚きの声を上げた。
「ふぁ、勇者なっちさんれす!」
「え、この人があの有名な!ほんまか、のの!」
「なーに君達、私のファンだべか?」
「へい、ののもなっちさんみたいな勇者をめざしてるのれす。」
「フーンそうなんだぁ、がんばんな、ちっちゃい勇者君。」
「アーイ。」
勇者なっちは最後の皿を平らげて、満足そうに微笑んだ。
二人も同じ席に座り、話しをすることにした。
「なっちさん、今日どうして街がこない騒がしいか知ってますか?」
「う〜ん、実はなっちも詳しい事はわかんないべさ。でも・・」
「でも、なんれすか?」
なっちが空を見上げる、二人もそれに合わせて顔を見上げた。

114 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 22:08 ID:7EOFXWm/
厚い雲が空一面に広がっていて、太陽は姿を見せていない。
「邪悪な空気が流れている、嫌な予感がするべさ。」
「空気?うちにはいつもと同じに感じるで。」
「フフフ、これが勇者と凡人の違いれすよ、あいぼん。」
「ウソツケ、お前もわからへんやろ!」
「てへてへ。空気は食べれないから分からないのれす。」
「兵士達がお城を中心に配置されている所をみると、
 何かが城を襲撃に来るんじゃないかって私は予想しているべさ。」
「なんやて、そりゃ一大事やがな。」
「大変なのれす。のの達も戦わなきゃいけねーのれす。」
「そうだね、さすが未来の勇者さん。」
その時、巨大な影が上空を横切った。
「な、なんやあの怪物は!」
「でっかい化け物なのれす!」
「暗黒竜!嘘でしょ、信じられないのが来たよ。」
驚く三人を尻目に、暗黒竜はハロプロ城の右壁に突撃していった。
城、そして街全体が一気にパニックに陥る。
難攻不落のハロプロ城に最大の危機が訪れた。

115 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 22:08 ID:7EOFXWm/
この事態に、二人の勇者が立ち上がる。
「いくらここの騎士団といえど、あいつの相手は荷が重すぎる。」
「勇者の出番れすね!」
「ちょっと待てー、うちも行くでぇ〜!」
安倍、辻、加護はハロプロ城へと駆け出した。
「おかしいな、左側が静かすぎるべさ。」
「ろうしたんれすか、なっちさん?」
「これは罠かもしれない、辻ちゃん加護ちゃん二手に分かれよう。」
「罠やて、ほんまか!」
「おそらく反対側に真の敵がいるはずだ。君達はそれを頼む。」
「よっしゃ、了解や。」
「暗黒竜は私がなんとかしてみるよ。」
「大丈夫れすか、あんな化け物相手に・・」
「たぶんね、一応経験者だし。そっちこそ頼むよ。」
「勇者は負けねーのれす!」
辻は笑顔でVサインをして、加護と共に駆けていった。
勇者なっちはその後ろ姿を見て物憂げに呟いた。
「(・・それは嘘だよ。)」

116 :辻っ子のお豆さん:01/12/16 22:09 ID:7EOFXWm/
「道に迷ってしまったのれす。」
「この城広すぎやでぇ!」
二人はお城の中で迷子になっていた。
「真の敵ってどこにいるんやろなぁ、なあのの?」
辻の返事はない。
「どうしたんや急に立ち止まって。」
「今、よっすぃーの悲鳴が聞こえたのれす。」
「ハァ、こんな所に吉澤がおる訳ないやろ。」
「あれはよっすぃーの声れす。まちがいないのれす。ののにはわかるのれす!」
辻は走り出した。
よっすぃー、待っててね、今行くからね。
そして、その光景が辻の瞳に写し出される。

1. 知らない奴によっすぃーがいじめられていた。
2. 梨華姫がトイレから出てきた。
3. 外で雪が降っていた。シロップかけて食うとおいしいのれす。

117 :ねぇ、名乗って:01/12/16 22:12 ID:7Z9J+IEy
リアルタイムや〜2はしないので
1で

118 :ねぇ、名乗って:01/12/16 22:21 ID:skbQd/mo
新ネタが(w

3で

119 : ◆Fuchu5X6 :01/12/16 22:32 ID:ra9ujQlq
( ´D`)<よっすぃ〜をたすけるのれ1なのれす!

120 :名無し募集中。。。:01/12/16 22:51 ID:j1LY1PyB
こういうのリアルタイムで読めるのは実は凄いことなんじゃないかと気付いた今日このごろ。
おい、過去ログで読んでる奴、羨ましいだろ。ニャハハハハハハハ!
ふぅ。ところで、選択は3で。

121 :ねぇ、名乗って:01/12/16 23:33 ID:g7UTSGVy
なっち、生きてたのか!?
・・・松浦に負けたのか??
ちょっと頭が混乱中
3にしたいけど、ここは真面目に1

ちなみに、しないよ

122 :あいぼんあぼーん :01/12/16 23:35 ID:kglXj+ar
ここは真面目に1で。

123 :ねぇ、名乗って:01/12/16 23:41 ID:2JZZ6OQz
ね〜。辻豆さんってすごいリアルタイムネタ入れてくれるからすごいと思う。
この間の石川アイロンネタとか今日のミュージックスネタとか。

ところで選択肢は・・・真面目に1かな?

124 :ねえ、名乗って:01/12/16 23:43 ID:QzTY3hqP
3で。らっておいしいんらもん

125 :あ名無し娘。:01/12/17 00:14 ID:d8plIvPc
2ニしよう

126 :名無し募集中。。。 :01/12/17 00:25 ID:nKVHoup8
3にしたいが、やっぱり2で

127 :ねぇ、名乗って:01/12/17 00:27 ID:UUSPBrGH
2で

128 :名無しさん:01/12/17 01:05 ID:1V36a2lH
1でお願いします!

129 :ねぇ、名乗って:01/12/17 01:15 ID:WGfyVO2z
昨日のMUSIXで、雪にシロップなんつっちゃってるののたん見てて、おいしいネタだよなぁとは思いましたが、
やっぱきましたね。
ここはネタが早いからなぁ。W)

当然3です。
ご馳走様でした。

130 : ◆RINMakiE :01/12/17 01:34 ID:U5NQnlXJ
>>129
そういう事ね。
地方の俺にはどれがそのネタなのか分からなかった。

1でよっすぃーをきゅうえ。

131 :名無し募集中。。。:01/12/17 02:54 ID:+HQp4Cib
落し穴みたいな選択肢なんだけど、穴に落ちてみる。
3で。

132 :ねぇ、名乗って:01/12/17 02:57 ID:wExauZSV
俺と同じ感覚を受けた人たぶん多いと思うんだけど、最近このスレ(シリーズ)
知ったのね。どっぷりハマって毎晩シリーズを一つ読むのが楽しみになってた。
だんだん読んでいく内にカキコ時間がリアルタイムに近付いてきて、なんか
辻豆さん(&娘達)を追いかけている様な錯覚に陥っていた。過去の記憶の中
を走りぬけてるような。そしてようやくリアル辻豆さんに辿りついた時、思わず
感慨にふけってしまったよ。応援してますので、これからも頑張って続けてくださいね。

では・・・2で!!

133 :名無し募集中。。。:01/12/17 04:04 ID:fAY5ALQ6
2にしたいけど、正統派な1でおねがいします。

134 :名無し募集中。。。 :01/12/17 04:33 ID:HDH7IMzi
時間の飛び方が急な気もするけど・・・
なっちは生きてたんだね。
3で。

135 :ねぇ、名乗って:01/12/17 06:23 ID:VzXkS5oC
( ´D`)ノ<3!

136 :加護っ子のお豆さん:01/12/17 06:49 ID:MhmBnu7A
1で。
MUSIX見逃したから
氷ネタには気づかなかったよん。

137 :ねぇ、名乗って:01/12/17 10:11 ID:Rf/23wgZ
3にしたいけど、ここは1で♪

138 :ざわ…:01/12/17 10:41 ID:A2uEPcAN
2で

139 :ねぇ、名乗って:01/12/17 10:49 ID:OkExvaLo
やっぱ2でしょ。
うんこかな???

140 :ねぇ、名乗って:01/12/17 11:18 ID:Blm3WoxL


141 :ねぇ、名乗って:01/12/17 12:27 ID:xM3guNk6
さっきの四択で、めしを喰いっぱぐった分、何か喰っとかないと不安じゃないかっ!
3だぁっ!

142 :名無し募集中。。。:01/12/17 12:37 ID:I9xaSeFY
1で

143 :ねえ、名乗って:01/12/17 14:16 ID:m4c2YBIE
3で

144 :名無し募集中。。。:01/12/17 15:43 ID:AssSsB91
迷うけど1で

145 :プリンス@羊:01/12/17 16:39 ID:N5O8gtHk
3

146 :ねぇ、名乗って:01/12/17 17:06 ID:WGfyVO2z
3

147 :ねぇ、名乗って:01/12/17 17:42 ID:3R5EzzlY
2です!

148 :ねぇ、名乗って:01/12/17 17:52 ID:RpWGWD+H


149 :辻っ子のお豆さん:01/12/17 18:30 ID:8Qo5bD5i
主な技・魔法一覧
セクシービーム(矢口)強大な破壊力の単体攻撃魔法
アチョー(矢口)自ら敵に突撃する打撃技
ねえ笑って(飯田)敵全体を笑わせて行動不能にする
ねえ眠って(飯田)敵全体を眠らせる
ねえ燃えて(飯田)敵全体を炎で燃やす攻撃魔法
チュッビーム(保田・石川・加護・松浦)威力中の単体攻撃魔法
ウインクA(保田)水属性の全体攻撃魔法
ウインクB(保田)緑の腐食で敵全体にダメージ
ホイッ(石川)初歩的な回復魔法
かっけー(吉澤)攻撃力を上げる
うらやますぃー(吉澤)防御力を上げる
飛行機(吉澤)素早さを上げる
とんずら(吉澤・辻・加護)確実に戦闘から脱出する
ばい〜ん(辻)あらゆる技・魔法を跳ね返す
盗む(加護)敵のアイテムを奪う
100回のDEATH(松浦)極悪の全体攻撃魔法
ぶりんこう○こ(辻&加護)禁呪

150 :ねぇ、名乗って:01/12/17 18:35 ID:8QX+fwPE
なっち偽者?「それは嘘だよ」ってのが気になる

3

151 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/17 18:36 ID:cow9XHF0
@ノハ@
( ‘д‘)<何か起こりそうな3やね

152 :ねぇ、名乗って:01/12/17 18:51 ID:N18b6Z48
ばい〜ん(辻)あらゆる技・魔法を跳ね返す

( ´D`)ノ むてきなのれす、1で。

153 :ねえ、名乗って:01/12/17 19:07 ID:SFgG0VfB
3で

154 :名無し募集中。。。:01/12/17 22:06 ID:PidIEyhA
ぶりんこの禁呪だけはリアルにしすぎないでください(w
せめて例の物はアラレちゃんにでてくるようなあの程度で…

選択肢は1です。

155 :辻っ子のお豆さん:01/12/17 23:07 ID:Sl1M52i+
外で雪が降っていた。シロップかけて食うとおいしいのれす。
イチゴにメロンにレモンにみぞれ、うっ、食べ過ぎて頭がツーン。
ああ、もうすっかり冬れすね。
吐く息も白いのれす。まるで綿菓子みたいでおいしそう・・
「アホかーのの、んなことやっとる場合やないやろ!」
「ほえ?」
あいぼんに怒られて私は我に返った。
「あ!そうらったのれす。よっすぃーが危ないのれす。」
私は窓から再び城内へ戻り、声のした方へ走った。
「よっすぃー!無事れすかー!」
廊下の奥に一人の娘がいた。その足元に吉澤ひとみが転がっていた。
「遅かったね、お嬢ちゃん達。」
「嘘やろ・・よしこ。」
よっすぃーはすでに殺されていた。
私が、のん気に雪を食べたりしていたからだ。
大切な幼なじみを、かけがえのない相棒を、私は失ってしまった。

THE END

156 :名無しさん:01/12/17 23:11 ID:FkzS5DUf
あらあら。やはり食べ過ぎは良くないのね。

157 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:11 ID:N18b6Z48
( ;´D`)ノ おわってしまったのれす・・・

158 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:12 ID:qyZVbYH8
あぁよっすぃ〜・・・・(涙)

159 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:17 ID:ol1Oqua3
だから1だっていったのに…

160 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:20 ID:cS0joqeq
やはり2を選ぶべきだったか〜。
それにしても福田明日香、強いのに必殺技も無しとは地味すぎる。

161 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:28 ID:RFHJdJrI
2にしておけば、こんな事にはならなかったのに。

162 :ねぇ、名乗って:01/12/17 23:38 ID:kiS8/Q/F
よっすぃ〜が・・・
辻豆さーん1で続き書いてくれますよね!?

163 : ◆RINMakiE :01/12/17 23:46 ID:aL5Dfzko
もう一回言うぞ。

1でよっすぃーをきゅうえ。

164 :名無しさん:01/12/17 23:58 ID:Y/ZTU/Q/
食うだけでなんもしてないじゃん。
もっと前の分岐点からやりなおさなあかんのじゃない?

165 :加護っ子のお豆さん:01/12/18 00:00 ID:3YZKVMHL
おや、技、魔法一覧が。
早速反映させていただきます。

166 : ◆MCq/r89. :01/12/18 00:03 ID:vnHNU/yj
本物ですか?

167 :プリンス@羊:01/12/18 00:05 ID:XT6RYYU3
>>149
ゲーム用ですね

この物語バッドエンドいらないような気がしてきた、
みんなバッドエンド気にせずに「面白そうな選択肢」を選んでるみたいだし・・・。

168 :ねぇ、名乗って:01/12/18 00:34 ID:7zDqRtK2
>>167
確かに。お遊び系の選択肢ばかり選ぶのって
作者さん的にはどうなのかなあ?

169 :あいぼんあぼーん :01/12/18 00:44 ID:gNEiBj1a
げ、バッドエンドになっとる・・・。
辻豆さん、お願いだから続き書いて〜。

170 :3を選んだものだが:01/12/18 01:09 ID:8H+x3bI1
悔いはない。
>>155の頭4行は名文だ。

それに、サウンドノベルはバッドエンドが醍醐味だろ。
バッドの無いノベルなんか味気ないぞ。

だが、バッドエンドはリトライあってのもの。
頼む。いつものように、もう一度やり直しを願う。

171 :ねぇ、名乗って:01/12/18 01:27 ID:vdcC82nt
おりょ。バッドになってるよ。

エーッ!だって、勇者の章のラストで助けてたじゃん。
よっすぃ〜をいじめる奴は許さねーんじゃなかったのか?

172 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 01:34 ID:GNbkZb7/
知らない奴によっすぃーがいじめられていた。
今にもとどめをさそうとしている、そんなの許さない!
私は全体重を乗っけて、そいつに後ろから思い切り体当たりした。
流石の福田もそれには不意をつかれ、廊下の端に弾き飛ばされた。
「よっすぃーをいじめる奴は許さねーのれす!」
怪我を負ったよっすぃーが虚ろな目で私を見上げる。
まるで私が生きていたのが信じられないといった感じだ。
「勇者は死なねーのれすよ。」
別れ際に言ったあのセリフをもう一度言う。
今まで辻は吉澤に嘘を付いた事は一度もない、そして今も。
「生きてたの・・?」
「へい!」
私は大きくピースマークを作って返事した。
「うちもいるでぇ〜。」
私の後ろから、あいぼんもひょっこりと顔を出した。
「あいぼん!」
もう我慢できなかった。ずっと平気なフリをしていたけど本当はね、
本当は会いたくて、寂しくてしょうがなかったんらよ、よっすぃー。
私は感極まって、よっすぃーの胸に飛び込んだ。

173 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 01:35 ID:GNbkZb7/
旅を始めて成長したとはいえ、ほんとはたった14の少女だ。
愛に続いて最後の親友までも失うかもしれなくなって、怖くて仕方なかった。
でも加護に心配かけたくなくって、ずっと我慢していた。
小さな体に、でっかなでっかな悲しみを押え込んでいた。
加護やあみの前では、無理して作り笑いやイタズラなんかをしてごまかした。
ホントの自分を隠して強い勇者を演じていた。
そんな辛さや悲しみが、よっすぃーの腕の中で泡になって消えていく。
もうはなればなれはいやなのれす。るっといっしょにいるのれす。
辻はずっと堪えていた涙を吉澤の服に擦り付けた。
その気持ちは、加護も吉澤も同じだった。
「良かった、本当に良かったよ・・」
三人は抱き合って泣いた。
しかし、再会の感動に浸れる時間はそう長くはなかった。
「皆殺しだ!」
不意打ちをくらい、弾き飛ばされた福田がゆっくりと起き上がる。
その顔は激しい憎悪の色に変わっていた。
喜ぶのはまだ早い、あいつをやっつけてからだ。
私は立ち上がり敵を見据え、大声で叫んだ。
「勇者は悪い奴には負けないのれす!」

174 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 01:36 ID:GNbkZb7/
「勇者は負けない?そんなのは何の根拠もない戯言だ。」
3対1という状況になっても、福田にはまだ余裕すら感じる。
「嘘じゃないのれす!ののも勇者なっちさんも負けないれすよ!」
「勇者なっち?アハハハハハハハハハハハ!」
これまで冷静な口調を続けていた福田が突然笑い出した。
吉澤達には、その笑いの意味がわからなかった。
「なにわらってるんれすか!」
「ハハハ・・いやいや、なんでもねえよ。」
なんなんだ、こいつが勇者なっちの何を知っているというのだろう?
吉澤が考えを巡らしていると、堪えきれず辻が動き出した。
「ののはともかく、なっちさんをバカにするなー!」
雄叫びをあげながら、こん棒を振り上げ突っ込んでいく。
また、福田は避ける気配すらみせない。
辻の会心の一撃が頭部にヒットした。真っ当な人間なら即死する一撃だ。
だが、破壊されたのは辻のこん棒の方だった。
「え?」
「死ぬのはお前からか、自称勇者ちゃん。」
福田の目つきが変わった。殺る気だ!

175 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 01:36 ID:GNbkZb7/
ののが危ない。
この女は違うんだ、普通じゃないんだ。
先の格闘で吉澤はそれを身を持って痛感していた。
福田の軽いジャブ一発で、あの辻が大きく吹き飛ばされた。
「ののー!」
加護が身を呈してクッションとなったおかげで、辻は壁への激突を免れた。
「あいぼん、助かったのれす。」
「へへ、後で飯おごれや。」
「後はない、お前達はここで死ぬんだ。」
福田明日香が静かにそう言い放つ。
それは重く、深く、絶望として三人の心に染み込んで行く。
冗談じゃない、せっかく再会したってのにいきなり殺されてたまるか。
でも、どうする。このままじゃやられる。

1. 三人同時に攻撃を仕掛ける。
2. 逃げ足なら負けない!
3.その時、あのペンダントがわずかに揺れた。

176 :ねぇ、名乗って:01/12/18 01:44 ID:DI3ANWba
3で〜

177 :ねえ、名乗って:01/12/18 01:45 ID:A/efIf4M
わーい。3で

178 : ◆UFA/1agI :01/12/18 01:48 ID:Lo3ri9so
やっぱ、この場面は泣けるぜ。
3でよろしく。

179 :ねぇ、名乗って:01/12/18 01:51 ID:XrF1dTnu
同じく3。

180 : ◆Fuchu5X6 :01/12/18 01:53 ID:DjcP/Uen
( ´D`)<3がいいのれ〜す!

181 :加護っ子のお豆さん:01/12/18 02:01 ID:3YZKVMHL
3で。
この危機を乗り切るには未知の力やで。

182 :ざわ…:01/12/18 02:05 ID:HD7ZbbW8
3〜

183 :ねぇ、名乗って:01/12/18 02:10 ID:/H/6Tb4J
わくわく。
3でよろしく。

184 :ねぇ、名乗って:01/12/18 02:15 ID:erbKZ6iR
って言うか、この辻豆さん本物?
一回やられたから疑ってしまう
と言いつつ3

185 :ねぇ、名乗って:01/12/18 02:17 ID:OQFAL2KE
脱線選択によるバッドエンドを見るたび、「娘切草」のことを思い出さずにはいられない。
今は辻豆さんがストーリーやり直してくれるからいいけど、
あのときは、脱線選択が本当に怖かった(w
「むすめたちの夜」とか、ビビリまくりながら選んでたっけ・・・
そういえば、今やシリーズの名物キャラ「松浦」も、
元はと言えば脱線から生まれたんですよね。

3. ずっと気になってたんです、このペンダント

186 :ねぇ、名乗って:01/12/18 02:21 ID:8n4rEtXZ
なんか福田はまずいな。
ここは確実に戦闘から脱出できる「とんずら」で。
2。

187 :ねぇ、名乗って:01/12/18 02:34 ID:RrdJIjS0
やはり3で。・・・わくわく。

188 :名無し募集中。。。:01/12/18 08:17 ID:LOXzphKa
3でお願いします。
>>170
確かにすごく可愛らしく、ほのぼの感漂う文章ですね。

189 :ねぇ、名乗って:01/12/18 09:17 ID:9WHOzBbw
三身一体攻撃という事で1
でも3に勝てないだろうな。

190 :名無しでごめんね:01/12/18 09:30 ID:t60c6CV6
わーい! 3でよろしくです〜

>>185
だよな。いつの間にか殺し屋に変身しちゃったし(w
娘切草〜むすめたちの夜のあの緊張感はなかなか楽しめたよ、うん
この作品はRPGチックってこともあっておちゃらけ選択肢選んじゃう
風なとこがあるよね

191 :ねぇ、名乗って:01/12/18 10:04 ID:wsJYaAXE
3で♪

192 :のてせ:01/12/18 13:06 ID:2VwcpS3S
ノベル4では初のバッドエンドか…
立ち合えなかったのが残念(w

他力本願だけど
無意味に揺れはしない、と信じて「3」。

193 :ねぇ、名乗って:01/12/18 13:56 ID:/Dbc8ieB
3で

194 :名無し:01/12/18 16:42 ID:QN0XcsZD
3de

195 :名無し:01/12/18 16:43 ID:QN0XcsZD
sagewasure,sumaso

196 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/18 17:29 ID:f71QLmnU
@ノハ@
( ‘д‘)<しもたことしてしもた バッドエンドを選んでしもた…
       頭がツーンで必殺技でも編み出すかと思たんやけどな…

       ほな気を取りなおして…ここは3やね

197 :ねぇ、名乗って:01/12/18 17:37 ID:7bPwuMNm
3

198 :ねぇ、名乗って:01/12/18 17:56 ID:L2xp4BV8
3かな。

199 :プリンス@羊:01/12/18 18:27 ID:Rrqh0PK/
おとなしく3を選んでおこう・・・。

200 :ねぇ、名乗って:01/12/18 19:01 ID:2Sv+7ZoE
無難に3

201 :ねぇ、名乗って:01/12/18 19:46 ID:tcPjTuPT
3じゃのぅ

202 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:13 ID:NzZYmm76
うーん。あえて2を選んでみる。

203 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 20:44 ID:oxjgUUG4
その時、あのペンダントがわずかに揺れた。
だがあまりに小さな揺れなので、吉澤はそれに気付く事はなかった。
この微かな揺れはペンダントの奇跡が起きた証。
ペンダントの向こう側で、一部始終を見ていた娘がいたのだ。
石川梨華は自室で目を覚ました。
「た、た、た、た、た、た、大変!よっすぃーが!」
梨華は起きてすぐ部屋を飛び出した。
このままじゃよっすぃーと見知らぬ子供二人が殺されちゃうよ。
早く助けにいかなくちゃ。
でも、私が行った所でどうにもならなそうだし・・
そうだ、お父様の部屋にカオリンがいるはず、カオリンならきっと助けてくれる。
考えをまとめた私はお父様の部屋へ走った。
「あれ、梨華姫じゃない、どうしたのあわてて?」
だが、王の間の前には市井さんの姿しかなかった。
「カオリは?知りませんか?」
「ああ、あいつなら今頃、暗黒竜と戦闘中だよ。」
「市井さんでもいいです。よっすぃーを助けて!急がないと殺されちゃうの」
「なんだって?」

204 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 20:45 ID:oxjgUUG4
石川は走りながら、市井に見た事を説明した。
「なんてこった、こっちに本命がいたとはね。」
「あ、見えました、あそこ、よっすぃー!」
窮地に陥っていた吉澤の耳に救いの声が聞こえた。
「梨華ちゃん!それに市井さん。」
「よくやったね、後は私に任せな。」
市井が槍を構え福田の前に立ちはだかった。
「あんたが帝国将軍の福田明日香か。ここからは私が相手よ。」
「市井?貴様があの、おもしろい、雑魚の相手は飽き飽きしてた所だ。いくぞ!」
福田は吉澤辻加護の三人から市井の方へと体を向ける。
「・・と言いたい所だけど、残念ね。」
そのまま後ろに大きく跳び窓のへりに乗りかかった。
「もう目的は終ったみたいなんでね。」
「!」
「どういう意味だ!」
吉澤は大声で問い掛けた。
「かしこいお嬢ちゃん、私もオトリとまでは頭が回らなかった様だね。」
吉澤、石川、市井に衝撃が走る。事情を知らない辻加護は頭を傾けた。
そして福田明日香は城の外へと姿を消した。

205 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 20:48 ID:Wp29pdNN
吉澤も市井も飯田も、今、王の間の前には誰もいない。
「しまった、戻るぞ!」
市井さんを先頭に全員が走り出す。
すると廊下の反対側から飯田さんと石黒さん、そして勇者なっちがやってきた。
「おい、何を、している?」
「向こうに将軍が現れたんだよ、そっちはどうした?」
「紗耶香、暗黒竜が急に逃げ出したんだべさ。まるで目的を終えた様に・・」
「え!?」
私は、死んだと思っていた勇者なっちが生きていたことに少し驚いたが、
市井さんはまるでそれが当然の様に普通にしゃべっている。
もっとも、今はそんな事で驚いている場合ではないが。
「まさか、お父様が・・」
梨華の言葉に、全員の背筋が凍る。
「そんなはずはない、私がここを離れたのはほんの数分だよ!」
市井の反論をよそに、涙ぐんだ梨華が王の間の扉に手をかけた。
扉の向こう側から血の匂いがした。
重々しく玉座に座る姿はいつものつんく王、そのままだった。
ただ、その胸を一本の刃が貫いている事を除いて。

206 :辻っ子のお豆さん:01/12/18 20:49 ID:Wp29pdNN
「いやああああああああああぁ!!!」
梨華の悲鳴が城内をこだまする。
「王ぅーーー!!!」
石黒さんと飯田さんが、玉座にもたれかかるつんくに近寄る。
脈をとる飯田さんが静かに首を振る。
つんく王が殺された。
安倍も、市井も、飯田も、石黒も、辻も、加護も、吉澤も、誰も、守れなかった。
つんく王の暗殺を防ぐことができなかった。
梨華の鳴咽の声だけが、その場にいつまでも流れていた。
ハロプロ王国史上最悪の一日はこうして終りを告げた。

1. 福田、闇の凱旋
2. 後藤、孤独な戦い
3. 新垣、新たな旅立ち

207 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:50 ID:9yhd/tNJ
やった!初リアルタイム!
ここは1で

208 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:51 ID:AjJ7R5zH
2でお願いします

209 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/18 20:51 ID:R9XUlBjr
@ノハ@
( ‘д‘)<2のごっちんやね

210 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:54 ID:rg4//Rpg
初めてリアルタイムに読めたよ。ここはあまりふれてない後藤で。3

211 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/18 20:55 ID:R9XUlBjr
>>210
@ノハ@
( ‘д‘)<何か間違ってへんか?

212 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:56 ID:lhn7KeOY
( ´ Д `)<んあ〜、2がいいなあ

213 :名無しさん:01/12/18 20:56 ID:ym+gptAI
>>210
RPG板いけ!

214 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:57 ID:rg4//Rpg
>>211ごめんなさい間違いです。改めて2で。

215 :ねぇ、名乗って:01/12/18 20:58 ID:AvLYcCLj
3が見たい

216 :名無し:01/12/18 20:58 ID:2oHCATUW
2で

217 :かぼ師匠 ◆KABO/ZnI :01/12/18 20:59 ID:R9XUlBjr
>>210=>>214 >>216
@ノハ@
( ‘д‘)<sageんかい!

218 :名無し:01/12/18 20:59 ID:2oHCATUW
wasure

219 :ねぇ、名乗って:01/12/18 21:19 ID:/Dbc8ieB
1で

220 : ◆RINMakiE :01/12/18 21:30 ID:r0LbINPZ
久々にごっちんの出番だ。
2 しかないっ!

221 :ねぇ、名乗って:01/12/18 21:41 ID:2Sv+7ZoE
中澤側も見てみたいけどやっぱりゴチーン
2

222 : ◆Fuchu5X6 :01/12/18 22:22 ID:DjcP/Uen
( ´D`)<13がいいのれ〜す!

223 : ◆Fuchu5X6 :01/12/18 22:23 ID:DjcP/Uen
( ;´D`)<ウワーン!3のまちがいなのれす・・・

224 :ねぇ、名乗って:01/12/18 22:38 ID:tcPjTuPT
誰が王を?・・・
だがゴチーンで 2

225 :ねぇ、名乗って:01/12/18 22:48 ID:8xFLlWji
どうやってつんくを殺したのか知りたいので、1。

…まぁ、3じゃなきゃどっちでもいいけどね。

226 :プリンス@羊:01/12/18 23:06 ID:0dFkIP9s
2

227 :ねぇ、名乗って:01/12/18 23:14 ID:4DF8wAOi
つんく王は誰が殺したのか…ちょっとだけ「娘たちの夜」な雰囲気ですね。

2で♪

228 :ざわ…:01/12/18 23:16 ID:HD7ZbbW8
2で

229 :あいぼんあぼーん :01/12/19 00:18 ID:SLCXwzHU
私も3で。

230 :ねぇ、名乗って:01/12/19 00:25 ID:g2H+aMba

2で

この物語にどう絡んでくるか楽しみ

231 :ねぇ、名乗って:01/12/19 00:26 ID:Jw0sEeas
殺したのは誰か想像つくね。
だから2のごっちん逝ってみよう

232 :ねぇ、名乗って:01/12/19 00:37 ID:5Z31ksrD
2。

233 :ねぇ、名乗って:01/12/19 00:39 ID:XJ3kRoh0
( `.∀´)2よ!2!

234 :( `.∀´):01/12/19 00:42 ID:XJ3kRoh0
2よ!

235 :ねぇ、名乗って:01/12/19 01:28 ID:4BUNSztz
( ´D`)<2れす!後藤さん…

236 :ねぇ、名乗って:01/12/19 01:42 ID:S/HGAxkm
1

237 :名無し募集中。。。:01/12/19 02:21 ID:lh8+mgFN
2でお願いします。

238 :ねぇ、名乗って:01/12/19 02:29 ID:585MEk/J
2で〜

239 :ねぇ、名乗って:01/12/19 02:38 ID:e366FSiP

出てくるのは、前章から後藤が追っていたあの人か?

240 :のてせ:01/12/19 07:41 ID:AhKq06B1
さよなら、つんく…
真犯人(?)がわかっちゃうと勿体無いので
「2」にします。

241 :ねぇ、名乗って:01/12/19 08:10 ID:fvT0VAEG
2で

242 :ねぇ、名乗って:01/12/19 09:09 ID:s9xbFX/E
たぶん帝国側に寝返った新垣が……ってことで、3。

243 :名無し:01/12/19 11:52 ID:rLDOJ/wS
3で

244 :ねぇ、名乗って:01/12/19 17:14 ID:I3JwhChi
3で。

245 :ねぇ、名乗って:01/12/19 17:30 ID:q8wK0zZp
2!

246 :ねぇ、名乗って:01/12/19 21:04 ID:wxm3FMq1
新垣はこれ以上みたくないので、「1」で

247 :ねぇ、名乗って:01/12/19 21:05 ID:+mVk78d7
sageでいけよ!

248 :ねぇ、名乗って:01/12/19 23:53 ID:zo8I13gL
3もいいけどやっぱ一かな…。一で。

249 :名無し:01/12/20 00:17 ID:KDrlmBRc
2で!!

250 :事務 ◆UFA/1agI :01/12/20 00:35 ID:mTQHwAaV
何か可哀相だからBで

251 :加護っ子のお豆さん:01/12/20 00:36 ID:pJvbcjrl
1でお願いしまっす。

252 :辻っ子のお豆さん:01/12/20 01:06 ID:MplXctSS
後藤真希は一人、荒野を走っていた。
ようやく奴の居所を掴んだ。この機会を逃す訳にはいかない。
あいつは普段その気配を完全に消し去っているので、探すこともできない。
戦闘体勢に入るわずかな時間にだけ、あの邪悪な気を発するのだ。
光の末裔である私だけがそれを知ることができる。
闇を打ち滅ぼす事のできる唯一の武器、聖剣ハマミエだけが私の味方。
たった一人の孤独な戦い、それも今日までだ。
今度こそ、全てを終らせてやる!
真希は目をつぶり、戦いに向け精神を統一させた。
ゴッチ〜ン!
「きゃ!」
「痛ったーい!」
目をつぶったまま走っていたので、誰かとぶつかってしまった。
「んあ〜ごめんなさい、ボーっとしてて・・」
「このマリーにぶつかっといて、ごめんで済むと思うの!?」
真希がぶつかった相手、それは帝国将軍矢口真里であった。
「あの、急いでるんで通してくれませんか。」
「やーだね、フン!」
この人なんか怒ってるよ、相手してる暇ないのに、困ったなぁ。

253 :辻っ子のお豆さん:01/12/20 01:07 ID:MplXctSS
矢口はいつまでたっても加護を見つけることができず、イライラしていた。
「マリーは今機嫌が悪いの、あんたでストレス発散しよーかなー。」
「な、何でですか、嫌ですよ。」
「ずいぶん立派な刀持ってるじゃない、いーなーマリーも欲しいなー!」
「これは駄目です。触らないで!」
真希は刀に近づく矢口の手を払った。
「フーン、そういう態度ななんだ。それならマリーにも考えがあるピョーン。」
矢口が例の構えをとる。セクシービームの構えだ。
「辞めて下さい、私は貴方と戦う気はないです。」
「そんな立派な物持っててよく言うよ、抜きな。」
矢口が真希を挑発する。しかし真希に刀を抜く気はなかった。
「これは人を斬るために使う物ではないです。」
「キャハハ、何よ御料理にでも使うっての、冗談は辞めてよね。」
「私は冗談は言わない、本気です。」
真剣な表情の真希に、矢口のイライラは頂点に達した。
「ああそう、じゃあいいよ、勝手に死ね!」
セクシービームが真希に向かって一直線に放たれる。
真希は静かに目を閉じた。

254 :辻っ子のお豆さん:01/12/20 01:07 ID:MplXctSS
高速の抜刀術によってセクシービームが真っ二つに裂かれる。
真希の後ろで大きな二つの爆発音が響いた。
カチン
光を帯びた日本刀が再び鞘に戻る。
「名刀ハマミエに斬れないものはないよ。」
その一振りで、矢口はこの娘がただ者でないことに気付いた。
「お前何者だ、帝国の者じゃないね、ハロプロ王国の手先か!」
ようやく目を開けた真希が、静かにそして強く答える。
「帝国とかハロプロ王国とか、そんなの関係ない。」
「は?何よそれ?」
「本当の敵は別にいる、誰も気が付いていないだけ・・」
「キャハハおもしろい話ね、どこのどいつよ紹介して欲しいわ。」
「案外あなたの近くにいるかもね。」
「え?」
その言葉を最後に後藤真希は再び走り出し、あっという間に姿を消した。
「矢口さーん、遅れてごめんなさい、またおかずを盗られ・・うわ!」
反対側から走り依ってきた紺野が石ころに引っかかって転ぶ。
地面にうずくまる紺野を見下ろして矢口は思う。
「(まさかこいつ?・・な訳ないよなぁ。)」

255 :辻っ子のお豆さん:01/12/20 01:08 ID:MplXctSS
結局この時後藤は、矢口に邪魔されたおかげで間に合うことができなかった。
後藤真希、その孤独な戦いの終焉はまだ見えない。
だがこの誰にも心を開かない少女にも、後に運命を共にする仲間ができる。
すれ違うもう一つの光、吉澤ひとみ。
彼女にも一つの転機が訪れようとしていた。
舞台は再び、ハロプロ城へと戻る。
つんく暗殺のその翌日・・
早朝、目が覚めてすぐに吉澤は市井の元へと向かった。
「市井さん、ちょっといいですか。」
「ああひとみちゃんか、おはよう、どうした?」

1.「私を弟子にして下さい!もっと強くなりたいんです。」弟子入り
2.「私を勇者なっちのパーティーに入れて下さい。」辻を捨てる
3.「一緒に犯人を探しましょう。」推理編スタート

256 :ねぇ、名乗って:01/12/20 01:11 ID:zX3oC2Ow
とりあえず3で。。。

257 :のてせ:01/12/20 01:13 ID:NHVWZWK8
楽しそうなのって「3」だよね(w

258 :ねぇ、名乗って:01/12/20 01:30 ID:1V5Y0RRG
3で〜

259 :ねぇ、名乗って:01/12/20 01:37 ID:InYS6o/T
3で

260 :加護っ子のお豆さん:01/12/20 01:37 ID:pJvbcjrl
1で。

261 :ねぇ、名乗って:01/12/20 01:37 ID:b3V7NmU5
正統派なんで1で

262 :ねぇ、名乗って:01/12/20 01:59 ID:ipANp/y1
1。いいかげん強くならんとヤヴァイだろー

263 :ねぇ、名乗って:01/12/20 02:43 ID:4BKB6gl+
ここで推理しちゃったら加護豆さんはどうなるんだろう?1で。

264 :ねぇ、名乗って:01/12/20 02:48 ID:DBJRrybU
犯人がわかっても、今のままでは勝てないだろう
1で

265 :ねぇ、名乗って:01/12/20 02:51 ID:1eTarxYq
実力伴わなければまたバッドエンドの予感…
1でよろしう

266 :名無し募集中。。。:01/12/20 02:52 ID:hTOH9uRo
3だー

267 :ねぇ、名乗って:01/12/20 03:39 ID:IrpOY4hB
やはり周りの人を守るためには…。
1で。

268 :名無し募集中。。。:01/12/20 03:48 ID:AtAWhdhO
3もすてがたいが、話の方向性が変わるとおもうので、
1でお願いします。

269 :SHIIMA:01/12/20 04:27 ID:8+ZlFcSc
新スレおめでとうございます1。

270 :名無し募集中。。。:01/12/20 07:45 ID:RvSuRP+E
ぶはは!後藤がぶつかってゴッチ〜ン!だってさ(w
これってわざとしこまれた子ネタっすよね?

選択肢は1で
以前後に師弟関係になるということだったからそろそろ。

271 :ねぇ、名乗って:01/12/20 08:54 ID:dVpAYfA8
@ノハ@
( ‘д‘)<4番「さーやかっ、SEXしよっ!」で。

272 :ねぇ、名乗って:01/12/20 10:05 ID:wnYS4Bpx
1で♪

273 :ざわ…:01/12/20 10:56 ID:oKHrXbFX
1で〜

274 :ねぇ、名乗って:01/12/20 12:02 ID:143wIAVm
楽して強くなるには2だ!!

275 :ねぇ、名乗って:01/12/20 12:09 ID:OWPz/arK
1で

276 :ねぇ、名乗って:01/12/20 12:17 ID:0U+i8sF+
「何でですか」は、うたばんのときの?
何となく犯人はわかった気がするので 1

277 :ねぇ、名乗って:01/12/20 14:22 ID:CWsuZwiT
>>268
どうせ、脱線してももどるだろ。
どうせなら、おいしいネタは総ざらいしておきたいもんだ。
3でより道。

278 :ねぇ、名乗って:01/12/20 16:44 ID:UuGqIV7x
>>277
またバッドエンドになるかも
1で

279 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/20 17:14 ID:6+WWKUrL
@ノハ@
( ‘д‘)<いち

280 :ねぇ、名乗って:01/12/20 17:17 ID:Ct9WvS+n
壱で

281 :ねぇ、名乗って:01/12/20 17:42 ID:q8laM2y/
推理系好きなんで。3。

282 :ねぇ、名乗って:01/12/20 18:00 ID:xz9K0LsE
絶対「1」で

283 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/20 18:01 ID:6+WWKUrL
@ノハ@
( ‘д‘)<>>282さん sageろや!ゴルァ!!!!

284 :名無しさん:01/12/20 18:28 ID:DhrFkeqG
先が気になるので1で

285 :ねぇ、名乗って:01/12/20 18:42 ID:RnCWPHGT
推理したいから3で。

286 :ねぇ、名乗って:01/12/20 19:06 ID:5LPX8f8f
やっぱ辻豆ノベルには推理がないと!!
絶対3でしょ!みんな立ちあがれ!このままじゃ1に負ける

287 :ねぇ、名乗って:01/12/20 19:25 ID:b3cJrEqx
1で

288 :ねぇ、名乗ってぇ:01/12/20 20:41 ID:tzWg4Gyc
1で、

289 :ねぇ、名乗って:01/12/20 21:07 ID:cLzg0Qwh
1だろ

290 : ◆Fuchu5X6 :01/12/20 21:19 ID:YpKuBEqa
( ´D`)ノ<1がいいのれす!

291 :ねぇ、名乗って:01/12/20 22:45 ID:MXuYIzNU
3

292 :ねぇ、名乗って:01/12/20 23:32 ID:aXfnnl8q
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ノハヽヽ _  < 1しかねーのれす
    ( ´D`)(・>   \_____
    (  つ||
  ( (___)  ̄ ̄)
  (_________)

293 :ねぇ、名乗って:01/12/20 23:39 ID:XcaPKn1A
3で

294 :辻っ子のお豆さん:01/12/21 00:54 ID:WwI+tKEr
「私を弟子にして下さい!もっと強くなりたいんです。」
吉澤は市井に頭を下げ、弟子入りを申し込んだ。
「どうしたの急に?」
突然の申し出に市井は戸惑いを見せた。
「私が強ければ、つんくさんが殺されることもなかったんだ!
 市井さんの助けなしで一人で戦うことができたら、つんくさんは・・」
吉澤はつんくの死は自分の責任だと、自責の念にかられていた。
地べたにしゃがみ込んで頭を下げる吉澤を見て、市井の心も痛んだ。
「ひとみちゃんだけの責任じゃないよ、悪いのは私の方だ。」
市井もまた同じ気持ちでいたのだ。
「わかったよ、顔を上げな。」
市井が槍を構え歩き出す。
「先に言っておくけど、私の修行は厳しいよ。手加減しないからね。」
向き直り構えをとる市井の姿に、吉澤は顔をほころばせた。
「はい、市井さん。いや、師匠!」
戦闘の未熟者吉澤ひとみが偉大な先輩にご指導を願う。
「そもさん!」
「せっぱ!」
こうして、吉澤の修行は始まった。

295 :辻っ子のお豆さん:01/12/21 00:55 ID:WwI+tKEr
一方その頃、城の会議室では重い空気が流れていた。
あってはならない現実に直面し、城の重鎮や大臣の誰もが困惑していた。
ハロプロ王国の全てをプロデュースしていた指導者が消えたのだ。
その被害は想像を絶するものである。
一向にまとまる気配のない会議に業を煮やし、石黒は部屋を退出した。
廊下で近衛騎士のりんねとあさみが、石黒を待っていた。
「会議はどうでした?」
「話にもならん、皆当惑するだけで解決策の一つも出ん。」
石黒は顔をしかめ苛立ちを露わにした。
「それより、梨華様の様子はどうだ?」
梨華の侍女でもある二人は、顔を見合わせ首を横に振った。
「相変わらずです。未だ泣き止んでいません。」
「そうか、今度ばかりは無理もないか。」
ただでさえ落ち込みやすい娘だと言うのに、今度の一件はあまりに重すぎる。
幼い頃に母を失い、そして妹の亜弥がいなくなり、
最後の肉親であった父のつんく王までもがこの世を去ってしまった。
この若さで天涯孤独の身となってしまったのだ。
嗚呼、可哀想・・

296 :辻っ子のお豆さん:01/12/21 00:55 ID:WwI+tKEr
「騎士団の士気も落ち込んでいます、今帝国に攻め込まれたら・・」
あさみの指摘は石黒も理解していた。
国中の士気を取り戻すには新しい王を立てるしかない。
しかし王族の血を継ぐ唯一人の娘は、今とてもそんな重荷を背負える状態ではない。
「くそっ、王国はどうなってしまうのだ!」
八方塞の状況に、石黒の苛立ちも積もるばかりである。
それは、あの飯田が昨日から部屋に篭もり、姿を見せない事も原因の一つであった。
あいつまで落ち込んでいるというのか、こんな時に・・
「あ、そういえば団長・・」
場のムードを変えようと、りんねが別の話題を出す。
「あのガキの姿が、昨日の夜辺りから見えないんですけど。」
新垣、彼女の事を思い出し、石黒はさらに気分がわるくなってきた。
「ほっとけ、怖くなって逃げ出したんだろ!」
どうせならこのままいなくなってくれと石黒は切に願った。
ハロプロ王国に落日の影が射す。
人々は悲しんだ、偉大なる王の死を・・
人々は恐れた、残虐な帝国の侵略を・・
人々は望んだ、救国の英雄の登場を・・

297 :辻っ子のお豆さん:01/12/21 00:56 ID:WwI+tKEr
石川梨華、彼女の小さな肩を重い責任と使命が押さえつける。
敬愛する父の死、その悲しみはあまりにも深すぎた。
城内の庭園にあるベンチに座り、未だ泣き続けていた。
こんな時いつもはげましてくれた飯田も吉澤もそばにはいない。
飯田は部屋に閉じこもり、誰にも姿を見せない。
吉澤は責任を感じ、修行に明け暮れていた。
たった一人、梨華の孤独と悲しみは増すばかりであった。
「私、死にたいよ・・」
顔を膝と膝の間に押し付けて、梨華は小さく呟いた。
「死ぬなんて言うもんじゃないべ。」
その声に気付き梨華は蹲っていた顔を上げた。
隣に、あこがれのあの人が座っていた。
「なっちさん!?どうして?」
「謝りに来たの、御父上を救う事ができなくて、本当にごめんなさい。」
安倍が、梨華に向かって静かに頭を下げる。
「やめて、あなたが悪い訳じゃないから!」
顔を上げたなっちが大きな瞳で梨華を見詰める。
「梨華姫、それと一つ忠告をしに来ました。」

298 :ねぇ、名乗って:01/12/21 00:56 ID:1wcxDpTJ
修行の成果は究極天技かよ。

299 :辻っ子のお豆さん:01/12/21 00:58 ID:WwI+tKEr
人気のない庭園のベンチに二人の影が伸びる。
「貴方はもう人々の前で悲しい顔を見せてはいけない。」
「え!?」
「貴方は王となる人、王は常に毅然と振る舞わなければいけません。」
「無理だよ、私が王になるなんて・・」
梨華は思った。
勇者なっち、彼女の様な英雄こそが王に相応しいと。
なっち様と私がケコーンすれば、それが実現する。
今ここで、その想いを全て打ち明けてしまおうか。
神様、私に勇気を下さい。
「なっち様…」
「え?」
「あ、あの、私…」

1.「私、あなたが好きです。」
2.「私と結婚して下さい!」
3.「や、やっぱり何でもないです。」

300 :名無しさん:01/12/21 01:02 ID:pKY1K9Rt
3de

301 :アニマル濱口 ◆2ggkL5EU :01/12/21 01:03 ID:HFCutiEA
1で

302 :ねぇ、名乗って:01/12/21 01:03 ID:CT/9OwH1
3!!
なっちとはイカン、イカンぞ・・・

303 :ねぇ、名乗って:01/12/21 01:04 ID:o+nbLtX1
なっち婿養子ってことで2

304 :のてせ:01/12/21 01:05 ID:Bmy6yEW/
モノには順序…
まずは「1」から。

305 :ねぇ、名乗って:01/12/21 01:07 ID:PbxLgaKd
1ですね。

306 :ざわ…:01/12/21 01:28 ID:IIfygY5F
1かな

307 :( ●´ ー `● )>2だべ!:01/12/21 01:32 ID:OwBgtW2h
( ●´ ー `● )>2だべ!

308 : ◆Fuchu5X6 :01/12/21 01:52 ID:z3x7eChn
( ´D`)<なんかあやしいのれ3でいくのれす

309 :名無し募集中。。。:01/12/21 02:16 ID:8SRQLcsU
1で

310 :名無し募集中。。。:01/12/21 02:40 ID:WXCY4nlR
1人で強く生きるのだ。
3で。

311 :名無し募集中。。。:01/12/21 02:55 ID:4k4BZlMF
2でお願いしたい。なっちはどう反応するんだろう?

312 :ねぇ、名乗って:01/12/21 03:52 ID:5Wi1ZPbj
3が捨てがたいけど・・・りかっち的には1で。

313 :ねぇ、名乗って:01/12/21 04:32 ID:yLrzNwsw
悩むところだが・・・3

314 :ねぇ、名乗って:01/12/21 05:03 ID:iYnA1Bbn
2で

315 :ねぇ、名乗って:01/12/21 05:34 ID:B5tXKlCI
1からはじめましょう

316 :ねぇ、名乗って:01/12/21 05:40 ID:3usGpbuF
飛躍して2。

317 :ねぇ、名乗って:01/12/21 05:51 ID:ZGqRwUeJ
2

318 :事務 ◆UFA/1agI :01/12/21 06:25 ID:MbeUSqkY
2でナッチの反応を見たい

319 :ねぇ、名乗って:01/12/21 09:21 ID:mDCG0vFt
梨華にはコクる勇気はないでしょ…3で

320 :ねぇ、名乗って:01/12/21 09:23 ID:lXL6kTwL
嗚呼、可哀想・・になりそうだけど、1で♪

321 :ねぇ、名乗って:01/12/21 09:27 ID:efn3o94T
3で〜

322 :ねぇ、名乗って:01/12/21 11:17 ID:MAwqzRr3
3でしょう

323 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/21 11:53 ID:UsOxFRg6
@ノハ@
( ‘д‘)<断られるやろうけど2

324 :ねぇ、名乗って:01/12/21 12:01 ID:ukSdTVnC
安倍は何なんだ?本物なの?

とりあえず1

325 :ねぇ、名乗って:01/12/21 12:01 ID:ukSdTVnC
上げちゃった
スマソ

326 :名無し:01/12/21 15:43 ID:U0mZI/jB
1で。

327 :名無し募集中。。。:01/12/21 15:59 ID:WikjHY+u
1でし。

328 :名無し:01/12/21 18:24 ID:S5rITN9g
いしごまが(・∀・)イイ!!から3!



と初めは思ったけど、1じゃないと書きにくそうなので1

329 :ねぇ、名乗って:01/12/21 18:53 ID:QIljzkpE
2

330 :ねぇ、名乗って:01/12/21 19:17 ID:RgZtEBb6


331 :ねぇ、名乗って:01/12/21 20:11 ID:6BNqC92T
2

332 :ねぇ、名乗ってぇ:01/12/21 20:18 ID:6WLBOYas
断固3!

333 :名無しmusume:01/12/21 21:00 ID:iGkbJHhI
辻豆さんはどうも今まで読んできた感じよしごま・いしよし推しみたいなので
なっちに断られると思う。だから1

334 :名無し:01/12/21 21:01 ID:czwEzsdr
1de

335 : ◆RINMakiE :01/12/21 21:31 ID:SYj7BsHc
3だろ

336 :プリンス@羊:01/12/21 22:23 ID:n7FZuzel
3

337 :ねぇ、名乗って:01/12/21 22:41 ID:yJJ0RLU+
3
石川強く生きろ

338 : :01/12/21 23:10 ID:JvJMxSbj
3

339 :名無し:01/12/22 00:18 ID:cU2SRsii
1

340 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 00:28 ID:GyeIoeSG
「私、あなたが好きです。」
私は精一杯の勇気を振り絞って、愛しの王子様なっちに告白した。
ドキドキ・・怖くて顔が見れないよ。
一体、勇者なっち様は今どんな顔をしてるのだろう。
やっぱり迷惑かな、いきなりこんな事言うなんて・・
梨華が俯いて返事を待っていると、なっちは何も言わずベンチを立った。
「なっち様!」
「悪いけど、今の私にその返事をする資格はないべさ。」
え、それはどういう意味?
「だけどこれだけは約束するよ、貴方の父上の仇は私が絶対にとってみせる。
 勇者なっちの名に掛けて中澤帝国は倒す。そしてそれが実現した時こそ・・」
勇者は振り返り、悲劇の王女の手を取った。
「その返事をする為に、貴方の元に帰ってくるべさ。」
「は、はい。」
梨華は感動で、また涙が出そうになった。
「だから、それまで泣かないで待ってて。君は一人じゃないから、ね。」
「うん、待ってる。梨華、待ってるから。」
私は一人じゃない。よっすぃーが、城の皆が、そしてなっち様がいる。
勇者なっちの励ましで、梨華の心にまた勇気と希望が戻った。
なっちありがとう( ●´ ー `● )

341 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 00:29 ID:GyeIoeSG
そうだよもう泣いてられない、私は生まれ変わるんだ。
もう弱虫の梨華とはお別れするんだ。強い梨華になるんだ。
なっちと別れた梨華は走り出した。
「あれ、お姫さんやないか?」
「そうれすよ、元気になったみたいれすね。お〜い。」
すると、城門付近で小さな女の子二人が声を掛けてきた。
「あ、こんにちは。えーと、あなた達は確かよっすぃーの・・」
「へい、よっすぃーの幼なじみの、ののれす!」
「あいぼんやで〜、こんちわ。」
石川は、以前吉澤に話を聞いていたので、二人のことを知っていた。
「こんな所で何してるの?」
「せっかく会えたのに、よっすぃー修行れあそんれくれないのれす。」
「せやから、またヤンジャンでもからかって遊ぼ思てな。」
「へーそうなんだ。(ヤンジャンって何?)」
「姫さん、あんたも来るか?」
「きょ、今日は忙しいから、また今度ね。」
「ふぁい、まらこんろいっしょにあそびましょう!」
辻と加護は元気に城下町へと駆けていった。

342 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 00:29 ID:GyeIoeSG
そして、つんく暗殺の日から一週間が過ぎたある日。
ついに中澤帝国の軍勢がハロプロ王国に進軍を始めたとの情報が入った。
予想していたより遅い動きだったが、それでも脅威に違いない。
ハロプロ城の皆に緊張が走る。石黒を中心に騎士団出撃の準備が始まった。
この時梨華の心の中にある決意が生まれていた。
そして同時刻、城の裏手の空き地では、
「どうやら、相手できるのは今日が最後になりそうだね。」
「今日であなたを越えますよ、師匠。」
「ぬかせ。」
二人の修行もいよいよ最終段階へと入っていた。
吉澤の成長率は、師である市井の予想を遥かに上回るものであった。
まさに最強の超上昇志向娘である。
「よし、今日中に新しい技をマスターしてもらう。」
「新技っすか、待ってました!」
そして、その技とは・・

1. 威力極大の単体攻撃技「よっすぃー乱舞」
2. 効果不明の召喚魔法「サンタさ〜ん!」
3. その他(募集します)

343 :加護っ子のお豆さん:01/12/22 00:53 ID:NjwVYkI+
この時間に30分ぐらいレスつかないなんて珍しいですね。
みんな悩んでるのかしら。
なんか魔法を学ぶのも変な感じなので1で。
でもいいのがあれば3かな。

344 :名無しさん:01/12/22 01:04 ID:p29FRo0x
んづぁ、3で。「どっす〜ん」で。

345 :ねぇ、名乗って:01/12/22 01:22 ID:6t90hObg
武闘家が魔法に頼っちゃーいけません
でも適当な技も思いつかないから
1ってことでごめんなさい

346 :名無しさん:01/12/22 01:24 ID:nQiZ1JUF
2でどうです?

347 :あいぼんあぼーん :01/12/22 01:42 ID:11BZzzK0
何か凄い展開ですね(藁
2でお願いします。

348 :ねぇ、名乗って :01/12/22 01:51 ID:/iGnMUOw
Bでパイルドライバー

349 :名無し募集中。。。:01/12/22 01:53 ID:29cR7gU0
3でかわず掛け

350 :ねぇ、名乗って:01/12/22 01:59 ID:k439D8Fj
Bでねりけし

351 :名無し募集中。。。:01/12/22 02:33 ID:3DVfi8gS
結構悩みますね。3で「シャウト」なんて如何かと・・・
(アオッ!ってやつ)

352 :ねぇ、名乗って:01/12/22 02:34 ID:Z2N2qHMB
3.ロックンロールアクション
(AU!の掛け声と同時に連続攻撃。周りの声援で攻撃力アップ)

353 :事務 ◆UFA/1agI :01/12/22 02:35 ID:SMbop1aN
3で「コロッケボム」。

354 :352:01/12/22 02:35 ID:Z2N2qHMB
>351
ネタかぶっちゃいました。すみません

355 :名無し募集中。。。:01/12/22 02:42 ID:6iCmqB8e
3の巨大コロッケ
ところでモーニング娘がサンタになった日っていつ放送??

356 :351:01/12/22 02:53 ID:3DVfi8gS
>>352
かぶるくらいが良いと思います。レスの数で決定する訳ですし。

357 :ねぇ、名乗って:01/12/22 03:45 ID:LrGndFsp
3.でもって被りまくりだけどミスムンのアオっでなにか…
(敵を全部虜にするとか?)

358 :ねぇ、名乗って:01/12/22 04:31 ID:4MowsUbU
3、ちょこラブ伝授。これ最強。

359 :加護っ子のお豆さん:01/12/22 04:59 ID:NjwVYkI+
少し考えた結果3。
秘技「プッチモニダイバー」で。
プッチを脱退した市井から新たに加入した吉澤に
引き継がれるのにふさわしい。
ちなみにV1からV3まで進化する。
どんな技かは使うときまでのお楽しみ(藁
ていうか秘技披露の時までに考えて。

360 :ねぇ、名乗って:01/12/22 05:14 ID:4MowsUbU
あ、ついでに市井の最強魔法はちょこっとloveだと思ってみたりして…

361 : ◆RINMakiE :01/12/22 08:06 ID:NJMIS6rO
>>359
面白いね。俺も加護豆さんの技に賛同。3で。

362 :ねぇ、名乗って:01/12/22 08:29 ID:z//V+R1f
>>358
おもろいってことでおれも3ちょこラブ伝授で

363 :のてせ:01/12/22 08:37 ID:/ZrhR3i3
問い詰めてみること7時間(気絶中断4時間を含む)
結局、良案は浮かばず。
「加護豆さんの3」を選ぶことにします。

自前で浮かんだ「YO!チェケラッチョ」
…吉澤愛欠乏症と診断(w

364 :ねぇ、名乗って:01/12/22 10:12 ID:pnHeFptK
1

365 :ねぇ、名乗って:01/12/22 10:20 ID:wJUjFJn8
加護豆さんに同意〜

366 :名無し募集中。。。:01/12/22 11:27 ID:+oJudr36
3でちょこラブ2001

367 :ねぇ、名乗って:01/12/22 12:41 ID:dSWuqa53
1de

368 :ねぇ、名乗って:01/12/22 14:29 ID:CPDnIt9q
(0^〜^0)ξ⊃<3でハァハァ
もとい、加護豆さんに禿同。

369 :ねぇ、名乗って:01/12/22 14:33 ID:tijmhE2l
3で♪
超高速抜刀術その名も「チラッ!」はどうでしょう。

370 :プリンス@羊:01/12/22 14:50 ID:trJSI48o


371 :最強好き厨房:01/12/22 16:30 ID:unwsn5Vy
3ホクロスターダスト。。
星のような(数)ホクロを素粒子に変換し敵に飛ばしつける。
その強さは神をも凌駕する。

372 :リッキーマール:01/12/22 17:24 ID:E1QB4Tqh
3で
「スターライトサンバ」
サンバお踊りながら、無数の星で攻撃する。

373 :ねぇ、名乗って:01/12/22 17:41 ID:KvrA5uv6

「あちーんだよくそがぁ!!」
で、氷山が降ってくる。

374 :名無し募集中。。。:01/12/22 17:52 ID:ki2kzIn1
>>372
あげんな!

それとごまもやすも居ないのにちょこっとLOVEはどうかと。。。

といいたい事だけ言って帰る。

375 :ねぇ、名乗って:01/12/22 18:06 ID:TUYo1iGG
>>374
そう!それが問題だ。1人でワンフレーズ、3人がけで全体殺戮魔法?保田…?

376 :375:01/12/22 18:13 ID:TUYo1iGG
プッチを今更引きずり出すのはストーリー的に無理があるかな…?

377 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/22 18:16 ID:Elp91XKv
@ノハ@
( ‘д‘)<加護豆さんに賛成
       でもダイバーはV3になって退化したけどな(w

378 :ねぇ、名乗って:01/12/22 18:30 ID:4r0yNuyD
3で飛行機

379 :ねぇ、名乗って:01/12/22 21:41 ID:uVasmFu8
3、秘技「にゅうてこなん」

380 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 23:16 ID:Uc84pqlJ
「私の最終奥義プッチよ」
「プッチ?何すかそれ。」
「今お手本を見せてあげるわ。少し離れてて。」
言われた通り数歩下がり、市井さんの動きをじっくりと観察する事にした。
槍が高速に回転し、それがいくつもの円を生む。
「まる、まる、まるまるまる!」
市井紗耶香最終奥義プッチ、バージョン1『ちょこラブ』発動!
複数の円が無造作に乱れ飛び、周りにある全ての物を切り刻んでいく。
「す、すげー、かっけー!」
そのあまりの破壊力に私は驚きの声をあげた。
「これがあなたに伝授する技、さあやってみて。」
「はい、やるぞー。奥義プッチ!」
ズドーン!
すると私の拳から強烈な衝撃波が、まるでショットガンの様に飛び出した。
「あれ、できたけど、なんか師匠のと違いますね。」
「プッチは使い手によって異なるの、それがあなたのプッチみたいね。」
「私のプッチ・・」
吉澤ひとみ最終奥義プッチ、バージョン3『恋にKO!』修得。

381 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 23:17 ID:Uc84pqlJ
「これでもう私が教えれることはないよ、後は自分で腕を磨くことね。」
「はい、ありがとうございました師匠。」
吉澤ひとみの修行が終った。
「もう終ったべか、紗耶香。」
何時の間にか勇者なっちが、陰で私達を見ていた様だ。
「うん、待たせてごめんね、なつみ。それじゃあ行こうか。」
市井と安倍が並んで歩き出す。
「なっちさん、師匠、どこ行くんですか?」
「帝国を倒しに行くべさ。」
勇者なっちはまるで散歩にでも行く様に、あっけらかんと答える。
「え、え!?」
「吉澤さん、それまで梨華ちゃんを守ってあげてね。」
「は、はい。」
そして二人はハロプロ城から旅立っていった。
城に戻ると、騎士団の出陣が行われていた。
団長の石黒を先頭に、騎士団総動員での行軍であった。
そして吉澤の心にも決心がついた。私も旅立とう、帝国へ。
愛は私の手で助けるんだ!

382 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 23:17 ID:Uc84pqlJ
「よっすぃー!」
呼ぶ声に振り返ると、そこには梨華ちゃんが立っていた。
「あ、梨華ちゃん。もう大丈夫なの?」
「うん、ごめんねいつも心配ばかりかけて。」
「平気平気、そんなの気にすんなよ。」
「ありがと、それでね一つお願いがあるの。」
「お願い?何?」
「よっすぃー帝国へ行くんでしょ。お願い、私も連れてって。」
その内容に私はびっくりした。
今回は以前とは事情が違う。彼女は国の頂点に立つ立場なのだ。
「え、だけど、お城の人が許してくれないよ、きっと。」
「いいの、もう待ってるだけは嫌なの、自分の力で生きたいの。」
「危険な旅になると思う、生きて帰れないかもしれないよ。」
「わかってる、それでも・・」
「梨華ちゃん。」
「こんな事頼めるの、よっすぃーしかいないから。」
その言葉に私は少し胸がドキッとした。
「わかった、一緒に行こう!」
私は梨華ちゃんの手をとって、城下町へと走り出した。

383 :辻っ子のお豆さん:01/12/22 23:18 ID:Uc84pqlJ
「あいつら、どこ行ったのかな?」
私が修行に明け暮れている間、ののとあいぼんの姿はずっと見ていなかった。
「あ、そう言えばヤンジャンとか、なんとか言ってたけど。」
「ヤンジャ・・?何それ?」
「さあ、私もよくわかんない。」
相変わらず困った奴等だ、置いてく訳にもいかないし・・
途方に暮れていると、しかめっ面の女の人が向こうからやってきた。
「ちくしょう、なんで俺がアイツ等のために買い出ししなきゃなんねーんだよ。」
なんかぶつぶつ言っている。
「100段ケーキだぁ?売ってる訳ねーだろ、んなもん!」
ん、どっかで聞いた事ある様な?
まさか、この人?

1. 声を掛けてみよう。
2. 危なそう、近寄らないでおこう。
3. こっそり後を付けてみよう。

384 :ぼかあねえ:01/12/22 23:18 ID:lnFXBfRx
1で。更新お疲れさまどすぇ。

385 :ねぇ、名乗って:01/12/22 23:22 ID:fDJ5SoSR
1で。
ヤンジャンと絡んでくれ。

386 :あ名無し娘。:01/12/22 23:27 ID:7ZuGqouG
3で

387 :プリンス@羊:01/12/22 23:37 ID:5QB3Y6aO
3.
100段ケーキの番組すごく面白くなかったね。

388 :ねぇ、名乗って:01/12/22 23:46 ID:CPDnIt9q
( `▽´)<1にしてよ!>(0`へ´0)
クリスマスSPの2人のけんかが面白かったのでこんな感じにしてしまいスマソ。
(本当は辻加護の方が面白かったけど)

389 :名無し募集中。。。:01/12/22 23:54 ID:t2TxENOe
3でお願いします。

390 :ねぇ、名乗って:01/12/23 00:15 ID:hygm0pNX
とりあえず3で様子見、その後絡みキボンヌ

391 :ねぇ、名乗って:01/12/23 00:18 ID:KDV23z1U
1で

392 :加護っ子のお豆さん:01/12/23 00:41 ID:nDnbFmz7
おお!!すごく上手にまとめましたなぁ。
正直すごいと思いました。
バージョン2の使い手はもちろん(略。
今回は3で。

〜久々のRPG進行状況〜

ハロプロ王国の全体マップ等作ったりしました。
もう少しで一応バグチェックを兼ねて
キリのいいところまでうぷしたいと思います。

393 :名無しさん:01/12/23 00:49 ID:XMRhjogl
平穏に旅立ちたいかも・・・2

394 :ねぇ、名乗って:01/12/23 00:50 ID:IVBJYt7Y
3.
こちらのヤンジャンも、現実のヤンジャンも大変みたいで・・・

395 : ◆Fuchu5X6 :01/12/23 01:17 ID:AbmuOgpT
( ´D`)<3がいいれ〜す!

396 :加護っ子のお豆さん:01/12/23 01:41 ID:nDnbFmz7
まだ何にもありませんが
一応RPG用のHP立ち上げることにしました。
RPGの方はどうなったんだと思ったときのぞいてください。

ttp://homepage3.nifty.com/uttyimoni/index.html

明日までにはBBSぐらいは設置しようかとおもとります。

397 :sage:01/12/23 07:29 ID:1D9iQTjY
徹夜で娘切草から読んでやっとここまできたよ。
初めての選択は1で。

398 :397:01/12/23 07:30 ID:1D9iQTjY
うう、sageミスった。
逝ってくる・・・。

399 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/23 10:24 ID:HS/nMIU5
@ノハ@
( ‘д‘)<1

400 :最強好き厨房:01/12/23 11:33 ID:HI9ZUaNi
3

401 :ねぇ、名乗って:01/12/23 11:43 ID:Klr7Ff/5
1で。
過去ログのリンクで“ヤンジャン”の由来は判ったけど、
なぜ、“ヤンジャン”なの?

402 :ねぇ、名乗って:01/12/23 12:38 ID:9w1naQRb
3で。
よくヤンジャンのグラビアやってたからやろ?

403 :ねぇ、名乗って:01/12/23 12:49 ID:tVFKT6Of
オーソドックスに3。

404 :ねぇ、名乗って:01/12/23 15:16 ID:WEpzFurU
1で♪
今度はSO●Yレコードと争うみたいね。<ヤンジャン

405 :辻っ子のお豆さん:01/12/23 16:19 ID:QW1rBhJy
こっそり後を付けてみよう。
「あの人がどうかしたの、よっすぃー。」
「しっ、もしかしたらあいつがのの達を監禁してるのかも。」
「えー!」
「大声出しちゃ駄目だって、尾行してみよう。」
そいつはやけに食べ物ばかり入った袋を抱え、とある家へと帰っていく。
「あそこが犯人のアジトか。」
「へへっ、なんだか刑事さんになったみたいだね。」
「よし、現行犯で取り押さえよう!」
鈴木あみはため息をついて、玄関の鍵を廻していた。
「そこまでだ誘拐犯!」
すると、突然後ろから二人の娘が飛び掛かってきた。
「うわー何だ何だ!」
「お前がののとあいぼんを誘拐したんだな、返せ!」
「はぁ?誘拐だぁ?訳わかんねーよ!イテテ離せこのホクロ七星!」
「うるさい、お前はもう死んでいる。」
吉澤のアームロックは完全に決まっていた。
「いやシャレならんて、マジ死ぬ、マジ死ぬって、ギブギブ!」
修行明け復帰第一戦を、吉澤ひとみは見事勝利で飾った。

406 :辻っ子のお豆さん:01/12/23 16:19 ID:QW1rBhJy
「えー、勘違いですか!」
あみに事情を聞いて、私達はようやく勘違いに気付いた。
「そうゆうこと、あんたアイツ等の保護者ならとっとと連れてってくれよ。」
「はい、どうもすみません。二人は元気ですか。」
「元気すぎだよ、今も仲良く遊んでるんじゃねえか?」
すると、家の中から二人の怒声が聞こえてきた。
「いる!」
「おらへん!」
私達は顔を見合せた。
「喧嘩してるみたいですね。」
「みてえだな」
「いや、二人とものん気にしてないで、早く止めに行こうよ!」
私の呼びかけでやっと二人もそれに気付き、部屋へと駆け込んだ。
「いるもん!」
「おらへんよ!」
部屋の中では、あの辻と加護が互いに睨み合っていた。
「まあまあ、二人とも落ち着けや、一体何がいるのいないの?」
あみが二人の間に入って、喧嘩を止める。

407 :辻っ子のお豆さん:01/12/23 16:23 ID:GZwLGPf0
「芸能界にアミーゴなんてアイドルおらへんよ!」
「いるもん、ソニーに訴えてるもん!」
「おらへんて!」
「いるもん!」
あみの額から徐々に血管が浮き上がってくる。
「いい加減にしろゴルァ!世界観の違うネタで揉めてんじゃねー!」
見かねた石川も止めに入る。
「そうだよ辞めなよ二人とも、正確には“いたもん”だよ。」
「しゃくれ三兄弟の長女は引っ込んでろ!中三コンビとまとめて串さすぞ!」
「いたもんれすか。」
「そうやな、いたもんやな。」
こうしてなんとか辻加護の喧嘩も収まった。
「あ、よっすぃーなのれす。」
「おっす、そろそろ出発しようと思って呼びに来たよー。」
「やっと旅も再開っちゅう訳か、待ちくたびれたで〜。」
「それでね、梨華ちゃんも一緒に行く事になったんだけど、いいかな?」
姫さんがいれば金に困る事はあらへんな。加護の頭が瞬時に結論を弾き出した。
「オッケ〜!」
辻と加護は振り付きでOKサインを現わした。

408 :辻っ子のお豆さん:01/12/23 16:23 ID:GZwLGPf0
「ありがとう、辻ちゃん加護ちゃん、よろしくね。」
「こちらこそよろしくなのれす。」
「よろしゅう頼むわ(金銭面で)」
三人は互いに握手を交わす。新しい仲間の誕生だ。
「話まとまったんなら、とっとと出てけ。」
「ヤンジャンも一緒に来るれすか?」
「ぜってーやだ!」
「じゃあねヤンジャン、帰ったらまた来るで〜」
「いや、二度と来ないで下さい。」
吉澤、辻、加護、石川、4人の旅が始まった。
目的地は中澤帝国、待ち構えるのは強大な敵の軍団。
でももう迷う事はない。捕らわれの少女高橋愛を助け出すんだ。
さて、まずはどこへ向かう?

1. 帝国との国境近くの町ミラコー
2. お宝いっぱいピョーン洞窟
3. モーコーの町まで戻る

409 :ねぇ、名乗ってぇ:01/12/23 16:24 ID:f/LnzqC8
とりあえず2かな?

410 :名無し:01/12/23 16:25 ID:nInciFZB
2がいい

411 :ねぇ、名乗って:01/12/23 16:30 ID:hygm0pNX
2。いい感じのお宝見つけて、よっすぃー以外もある程度戦えるようにしたほうがいい

412 :( `.∀´):01/12/23 16:33 ID:abqdg2ZJ
2ですね。2

413 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/23 16:45 ID:bU1p1qmP
@ノハ@
( ‘д‘)<2

414 :ねぇ、名乗って:01/12/23 16:46 ID:1e8f/TZu
2かな?
4期メンオンリーだね。

415 :あいぼんあぼーん :01/12/23 16:48 ID:q3vjXmUF
金には困らないんだから武器は梨華姫に買って貰えばいいでしょ。
先の展開が見たいので1でお願いします。

416 :ねぇ、名乗って:01/12/23 17:49 ID:Klr7Ff/5
>402
なるほど。
ありがとう。

417 :ねぇ、名乗って:01/12/23 17:50 ID:yLqgqanT
2でいこう

418 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/23 18:07 ID:mb+edUj0
>>415
@ノハ@
( ‘д‘)<金では買えない(略

419 :ねぇ、名乗って:01/12/23 20:25 ID:X390tYVJ
2かな、やっぱり。

420 :最強好き厨房:01/12/23 21:20 ID:DrwuZyzM
3で!
ウチ的には小川ヒットなんだよなー

421 :ねぇ、名乗って:01/12/23 21:39 ID:LdnKFm1W
武器を手に入れよう。ついでに経験値も高めて…っと
3で。

422 :ねぇ、名乗って:01/12/23 21:48 ID:MldupMd8
ヤンジャンさようなら、最後まですげー笑えたよ(w

せっかく修行したのだから、物語を進めよう 1で

423 : ◆RINMakiE :01/12/23 22:30 ID:GRAjW0lm
2だ。

424 :プリンス@羊:01/12/23 23:09 ID:Sh7MzUVX
激しく面白かった。


425 :ねぇ、名乗って:01/12/23 23:47 ID:ZvdlGavq
そういえばミラコーには小川いるんだな
俺も3

426 :ねぇ、名乗って:01/12/23 23:54 ID:OQv5A0KH
2で

427 :ねぇ、名乗って:01/12/24 00:24 ID:+fy0E5Ax
1de

428 :加護っ子のお豆さん:01/12/24 03:49 ID:Vuf2RuBg
1かな。

ttp://hpcgi3.nifty.com/uttyimoni/lbbs.cgi

掲示板一応借設置しました。
ぜひ一言残していってくださいね。

429 :ねぇ、名乗って:01/12/24 03:53 ID:MjG5YPcx
辻豆さん的にはしんどそうだが、加護豆さん的には新キャラやアイテムが出た方がよさげなので


430 :ねぇ、名乗って:01/12/24 04:02 ID:ZY9yLY4T
>>38で行きはぐったぴょーん洞窟に是非!!
2で。

431 :名無し募集中。。。:01/12/24 04:14 ID:pCRdKQZG
新たなイベントってことで、2でお願いします。

432 : ◆Fuchu5X6 :01/12/24 04:25 ID:dfSk5S11
( ´D`)<2がいいのれ〜す!

433 :ねぇ、名乗って:01/12/24 12:59 ID:qePTTzUI
2で♪
ヤンジャンにはまたどこかで出てきて欲しいですね。

434 :辻っ子のお豆さん:01/12/24 13:51 ID:xzxNXVe+
お宝いっぱいピョーン洞窟へ行く事になった。
帝国に行く前に、良質の武器集めと腕試しを兼ねてだ。
ハロプロ城を出て真っ直ぐ北北西へと進むと、山間地帯にその洞窟はある。
その狭い入り口を私達は一列になって進んでいった。
「う〜ん、盗賊の血が騒ぐでぇ〜。」
あいぼんが一番やる気になっていた。
「ののも新しい武器がほしいのれす。」
辻がずっと使っていたこん棒も、先の福田戦で壊れてしまったのである。
あいぼんを先頭に、のの、梨華ちゃんの順番で、私は最後尾に付けた。
入り口で人の足跡らしき物をいくつか見つけた。
誰か先客がいるのだろうか?私は静かに気を引き締めた。
「梨華ちゃん、こうゆうダンジョン初めてだろうけど大丈夫?」
「うん平気、ほらトット洞窟でお泊りしてたから慣れちゃったみたい。」
「あーそっか。」
以前私が倒れた時、トット洞窟のソニンに世話になったことがある。
意外な経験が意外な所で役に立つ物だ。
そういえば、ソニンの奴元気にしてるかな。リベンジの約束をしたのだった。
私も強くなったからな、今度も絶対負けないぞ。
吉澤は知らなかった。すでにソニンは松浦の手によって殺害されていたことを。

435 :辻っ子のお豆さん:01/12/24 13:51 ID:xzxNXVe+
「お宝発見!」
前を行く加護と辻が嬉しそうに声をあげ走り出す。
「おーい、あんまり慌てて転ぶなよ。」
注意しながら、私と梨華ちゃんも二人の後に続く。
だが、二人の顔は一転して暗くなっていた。
「空っぽなのれす。」
どうやらすでに、先客に宝箱の中身を奪われていた様だ。
「まあまあ、まだ奥にはきっと残ってるよ、ポジティブポジティブ。」
梨華ちゃんが落ち込む二人を励ます。
「そやな、姫さんの言う通りや、よっしゃほな行くで〜」
気を取り直して、私達は洞窟のさらに奥へと進んだ。
ところが、次の宝箱もその次の宝箱も中身を奪われた後であった。
「おのれー、どこのどいつや!許さへんで!」
あいぼんの怒りも頂点に達しようとしていた。すると梨華ちゃんの呼ぶ声が、
「みんなー、この宝箱は中身が入ってるよ!」
「ほんまか!でかしたで〜!」
私達は一斉に梨華ちゃんの元へ駆け寄り、宝箱の中を覗きこんだ。
「じゃーん、なべのふた!」
コケタ。

436 :辻っ子のお豆さん:01/12/24 13:52 ID:xzxNXVe+
きっと先客もいらないから置いていったのだろう。
「ええよそれは、姫さんの好きにしな。」
「ほんと、ワーイ。」
石川はなべのふたを手に入れた。
「しかし本当に誰だろうな、ここまで根こそぎに奪ってったのは?」
「このままらムダアシになるのれす。」
「愚痴っててもしゃーないで、こうなったら急いで奥まで行こうや。」
「そうだね。」
私達はさらに奥へと進んでいった。
「おなかすいたのれす。」
さらに小一時間程進んだ所で、辻が空腹を訴えてきた。
「我慢せいのの、もうちょっとで奥まで着くんや。」
「・・へい。」
普段は一緒になって欲求する加護も、今回はお宝優先であった。
「待って、何か聞こえない?誰かの話し声?」
梨華ちゃんが私達以外の人の気配に気付いた。
「ようやく先客に追いついたゆう訳か、お宝奪い取ったる。」
あいぼんがダガーを構え走り出す。私達もその後に続いた。

437 :辻っ子のお豆さん:01/12/24 13:54 ID:xzxNXVe+
ピョーン洞窟最深部は巨大な部屋になっていた。
そして最後のお宝を前に、異国の戦士が三人佇んでいる。
「お前等が、うちのお宝全部持っていったんかぁ!」
姿を見るなり、あいぼんが大声で怒鳴りつける。
すると私達の存在に気付いた奴等の内の一人が何かを投げつけてきた。
私は前に出て、黄金の爪でそれを弾いた。
「何だこれ、手裏剣?」
鎧兜を着込んだ異国の戦士は三者三様の武器を取り出し、戦闘モードに入る。
「上等や、相手になってやるで!」
あいぼんがダガーを、ののは素手、梨華ちゃんはなべのふたを構えた。
さて私は誰の相手をする?

1. 鎖鎌のミカ
2. 手裏剣のレファ
3. 日本刀のアヤカ

438 :ねぇ、名乗って:01/12/24 13:58 ID:+Fy0iUAG
1で

439 :名無し募集中。。。:01/12/24 13:58 ID:NGoOh95W
3で

440 :ねぇ、名乗って:01/12/24 13:59 ID:8J0uTrEX
3で

441 : ◆RINMakiE :01/12/24 13:59 ID:AnqVb0QI
鎖鎌が厄介そうだ。1で。

442 :ねぇ、名乗って:01/12/24 14:14 ID:6UHW4wN5
いちばん強そうなアヤカと戦おう 3.

443 :あ名無し娘。:01/12/24 14:22 ID:Y990ChLY
3de

444 :プリンス@羊:01/12/24 14:25 ID:1u5U0HES
絶対に宝箱から江頭出てくると思ったのにな・・・。

バガボンドで宍戸バイケン格好よかったので1で。

445 :ねぇ、名乗って:01/12/24 14:47 ID:QEM81Dxp
ミカ強そうなんで、1で!

446 :あいぼんあぼーん :01/12/24 14:57 ID:BhU5kXaE
ダニエルはいないのね・・・。
鎖鎌VS黄金の爪面白そうなんで1。

447 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/24 15:22 ID:A+ZAfimn
@ノハ@
( ‘д‘)<3

448 :ねぇ、名乗って:01/12/24 15:49 ID:m0iB8XQ9
>446
ダニエルは徴兵されちゃったからねぇ。
とりあえず、1。

449 :ねぇ、名乗って:01/12/24 16:15 ID:vKdz8XVK
近付いちゃえば勝てそうな2

450 :ねぇ、名乗って:01/12/24 16:58 ID:4NDhVjwx
強そうなのはアヤカか?3で

451 :ねぇ、名乗って:01/12/24 17:08 ID:+fy0E5Ax
「3」がかっけー。

452 :かぼ師匠 ◆KABO.XX. :01/12/24 17:08 ID:A+ZAfimn
@ノハ@
( ‘д‘)<sageましょう

453 :ねぇ、名乗って:01/12/24 17:22 ID:x7T4ERhC
3ね。

454 :ねぇ、名乗って:01/12/24 17:30 ID:/9ahmGsv
3!

455 :ねぇ、名乗って:01/12/24 17:44 ID:TEm9Az8V
ポン刀じゃなんじゃってことは、後藤とつながりが・・・?ないよね。
しかしなんで毛唐があえて和の武器なんだ(w

で、3で。おもろそう。

456 :名無しののぼん:01/12/24 18:31 ID:acYW91nU
3で♪
近距離決戦が面白そう。

457 :名無しののぼん:01/12/24 18:32 ID:acYW91nU
ageてしまいました。
すみません。

458 :ねぇ、名乗って:01/12/24 18:34 ID:BDdizj2q
アヤカ萌え〜3。

459 :ねぇ、名乗ってぇ:01/12/24 18:49 ID:oa717BJg
最終奥義プッチって飛び道具ですよね?
それなら2で!

460 :ねぇ、名乗って:01/12/24 20:42 ID:DAwXFZnq
3で

461 :名無し募集中。。。:01/12/24 22:26 ID:7PK7OZDW
更新おつかれさまです。3でお願いします。

462 :ねぇ、名乗って:01/12/24 22:39 ID:FrUHEz9M
俺もバカボンド萌えなので、1。

463 :最強好き厨房:01/12/24 23:21 ID:CQlL0NIb
3

464 :ねぇ、名乗って:01/12/24 23:59 ID:q0C+7nQa
今日更新があるかで辻豆さんが彼氏or彼女持ちかが・・・(w
3で。

465 :ねぇ、名乗って:01/12/25 01:32 ID:Qe0lcB7O
あ、更新なさげ?
1。

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)