5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●▽【復活希望】保田圭がそばにいる生活△●

1 :名無しさん:01/10/07 15:28 ID:yg6R5JuA
朝、駅の向かい側のホーム、
毎日、同じ時間、同じ場所で同じ電車を待っているあの人、

それが保田

952 :さんに:01/12/03 01:43 ID:KAdwYHK7
新スレ建てられないよう
会員3000人ぐらいしか居ないローカルISPなのに…

953 :名無し娘。:01/12/03 02:05 ID:XHUvsYrA
午前1時。
明日ある古典のテストの勉強を終え、風呂に入ろうとした時、俺の携帯にメールが。

『テスト勉強終わったか〜!?
 あたしはもう終わったゾ!
 ま、赤点にはならないようにね!

 ポイントは、活用形を覚えること!』

ほんとに、お前にはかなわねぇな。
活用形、勉強して無かったよ。
赤点取らずに済みそうだ。

『ありがとよ』
それだけ返信して、俺はまた机に向かう。

『がんばれ』
それだけまた帰して来る。
律儀なヤツ。


それが保田。

954 :名無しさん:01/12/03 03:07 ID:mvqAfTTo
「もう帰ろっかな。いいでしょ?」
いつもの君の口ぐせ。
そう言っては、僕を試してる。

「…もう少しいようよ」
「なんで?」
「まだ、こうしてたいんだ」
僕は後ろから、君の背中を抱きしめる。

哀しくなるくらい君で満たされてるのに、それでいて満足しきれない。
これ以上君のそばには寄れないのに、何だかもどかしい。

体をすりよせてきて、君は呟く。
「あーあ、もう帰ろうか…」
君の言葉を、直接唇で受け止めた。

本当は君が一番帰りたくないくせに。
ふさがれた口で、そんなことを言ってみる。


それが保田

955 :名無しさん:01/12/03 03:16 ID:mvqAfTTo
今日一日にあったことを、毎晩メールしてくれる彼女。
君のことなら何でも知りたいから、どんなつまらないことでも送ってね。


それが保田

956 :名無しさん:01/12/03 03:19 ID:mvqAfTTo
君が作ってくれたお弁当を、初めて会社に持っていった。
おいしかったけど、海苔で書いた「LOVE」は、恥ずかしかったな。
でも、また作ってね。


それが保田

957 :名無しさん:01/12/03 03:23 ID:mvqAfTTo
小学生の頃は泣き虫で恥ずかしがりやの、大して目立たない子だったのに、
中学に入ったら、クラスのベスト5に入るくらいかわいくなっちゃったあの子。


それが保田

958 :名無しさん:01/12/03 03:39 ID:mvqAfTTo
よく冷えたスイカを、二人で分け合って食べた夏の日。
お腹が苦しくなったけど、君と食べてるのが楽しくて、結局半分ずつたいらげた。

「スイカのタネって食べる?」
「子供の頃、タネ食べたらお腹からスイカが生えるって言われなかった?」
「タネ無しスイカがあるなら、タネばっかりスイカがあってもいいよね」
下らないことを話しては一日中笑ってた、あの頃が懐かしい。


それが保田

959 :名無しさん:01/12/03 03:47 ID:mvqAfTTo
芝生の上に寝転んで、ただ空を見上げてる日もあった。
ぼんやりと、雲がちぎれてはくっつくのを、飽きずに見ていたっけ。
無為に過ごす快楽に、僕らは満たされていた

それはそれで充実した17歳の1ページ。
どこで何をしていても、君とつながってることだけは確かだったから。


それが保田

960 :名無しさん:01/12/03 03:50 ID:mvqAfTTo
大して関心も無かった天文部に入ったのは、あの先輩が勧誘してきたから。
夜中に先輩と星を見る、そのシチュエーションに憧れたんだ。
今度の泊まり込みでもっと先輩と親しくなるには、どうしたらいいかな?


それが保田

961 :名無しさん:01/12/04 00:04 ID:tOKMBzBm
ほっぺたふくらまして怒る君の顔がおかしくて、また笑っちゃった。
「マジで怒ってるのに、なに笑ってんの!?」
君のまん丸の大きな眼が、たまらなく愛しくなる。

僕は君を抱きすくめ、耳元で
「怒った顔もかわいいよ」
と囁いた。

君の体から力が抜け、柔らかくまとわりついてくるのもいつものこと。
だましてるつもりなんかないけど、こんなに素直な君にちょっと悪い気がする。
僕みたいな良心的な男が、君のこと大好きで良かったね。
こうやって君を抱いてる間、僕は少しだけうぬぼれる。


それが保田

962 :名無しさん:01/12/04 00:19 ID:tOKMBzBm
にぎやかな街で、二人静かなデートをした。
君は深い緑色のマフラーを取り出すと、僕の首に巻いてくれた。
「センパイの色をプレゼントするね」
そう言うと、君は柔らかく微笑んだ。

僕の色をしたクリスマス・ツリーは、様々な色や光を従えて輝いていた。
僕を深く染めてくれた、君とのクリスマス・イヴ。


それが保田

963 :名無しさん:01/12/04 00:26 ID:tOKMBzBm
凍えるくらい寒いけど、部屋をあったかくして冷たいビールを飲もう。
ほどよく火照った体にビールは最高さ。

少しだけ酔いが回ったら、チーズとワインで乾杯。
ちょっと早いけどケーキも用意してるから、飲みすぎないでね。

21世紀最初の年に21歳を迎えるんだね。
改めて、おめでとう。


それが保田

964 :名無しさん:01/12/04 00:52 ID:tOKMBzBm
信じないならそれでも構わないよ。
うん、信じてくれなくたって別にどうってことないもん。

君のこと、前から好きだったんだ。
こんなこと、ウソ言ったってしょうがないでしょ。だから本当。

信じなくってもいいけど、僕のことどう思ってるかだけ、訊いてもいいかな…。


それが保田

965 :名無しじゃん!:01/12/05 00:02 ID:i1DY2PZM
高校通学の第一日目。
玄関を開けると門扉の外に、小学生の時以来の姿があった。
「おはよう!今日からまた一緒だね!!」
独特のぎこちないピースを出している、一つ年上の幼なじみ。
そして、僕の進学志望動機。



それが保田

966 :名無しさん:01/12/05 01:10 ID:zeT2BAg4
冬の始まりに訪れるという、Indian summer。
こんないい天気の日曜なのに、君はアルバイト。

オレンジ色の温かい陽射しが、僕の心をブルーに染める。
君がいない日曜日なんて、雨でも降ればいいのに。
温かいのは、君の身体だけで十分だよ…。


それが保田

967 :名無しさん:01/12/05 01:11 ID:zeT2BAg4
黙って腕を組んできたら、「キスして」の合図。
恥ずかしがりの僕らは、デートで手をつなぐことにさえまだ慣れてない。
お互い緊張しっぱなしで、震えながらキスをしてる。

こんなことも、あと半年もしたらいい思い出になるのかな。
でもキスする時は、やっぱりドキドキしてたい気もするよ。


それが保田

968 :名無しさん:01/12/05 01:13 ID:zeT2BAg4
俺の授業を、いつも一番前に座って聞いてくれる塾の生徒。
正直、テストの出来はそう良くもないんだけど、一生懸命聞いてくれてると思うと、予習頑張っちゃうんだ。
授業が終わった後、分からなかったことを最後まで聞いてくるのもあの子。

2学期も終わりに近づくにつれて、あの子が俺の心を占める割合が多くなってきたみたい。
志望校に合格したら、映画にでも誘ってみようかな。


それが保田

969 :名無しさん:01/12/05 01:13 ID:zeT2BAg4
今までたくさんの人とすれ違って、追い越されて、追い越してきたけれど、
君とだけは一緒に歩いてきた。

僕が疲れた時は、君も立ち止まってくれた。
君が走り出したら、僕もそれについていった。
休む時もふたり一緒。

あの日、そのまますれ違うはずだった君を呼びとめ、同じ方角へ歩き始めた。
いつの間にか二人の脚は結びつけられて、肩を組むようになっちゃったみたい。
これからも転ばないで、一緒に歩いていきたいね。


それが保田

970 :名無しさん:01/12/05 01:20 ID:zeT2BAg4
君を動物に例えるなら、たぶん猫になるんだろうな。
見た目が似てるって? まあ、眼の大きいとこなんかね。
あと性格的にもさ、人見知りするところなんかそっくりだよな。
で、慣れてくると甘え放題…。

みんな見てるのに、そんなにくっついてきたら恥ずかしいのにな。
ちょっとわがままな子猫を、いつも連れてるようなもんだね…。


それが保田

971 :名無しさん:01/12/05 01:21 ID:zeT2BAg4
遠い未来は揺らぎつづけ、僕ひとりの手には負えない。
だから、僕と一緒に未来を探そうよ。
君がいてくれたら、きっと見つかる気がするんだ。


それが保田

972 :名無しさん:01/12/05 01:21 ID:zeT2BAg4
渋滞に行く手を阻まれた、夕方の高速。
もう1週間も会ってない君のことを、ふと思い出した。
君の匂いが、僕の鼻先に蘇る。

この渋滞を抜けだして、今すぐ君に会いたくなった。
また、朝まで抱きしめててもいいかな。


それが保田

973 :名無しさん:01/12/05 01:23 ID:zeT2BAg4
朝一番に教室に入ったら、泣きはらした眼をして、ぽつんと独り座っていたクラス・メイト。
「おはよっ。随分朝早いんだね」
「…あ、あぁ。おはよう」
から元気が痛々しかった。

「どうしたの?」と訊くほどの仲でもないあの子を、自然と目で追うようになった。
こんな恋の始まりもあったんだな…。


それが保田

974 :名無しさん:01/12/05 01:24 ID:zeT2BAg4
僕らは今夜また、暗く深い大洋に溺れる。
静かな海の底で、めまいがするほど熱いキスをした。

海面に映る満月を目指して、高く高く昇りつめる。
水から上がった魚たちは、どんな月を見つけるんだろう。

君の海は激しく荒れ、僕を深い陶酔へと導いてくれる。
いつしか僕らは錯乱の中に、二人だけの頂点を見つけだしていた。


それが保田

975 :名無しさん:01/12/05 01:25 ID:zeT2BAg4
バーバリーのマフラーをリボン結びにして、制服のスカートは短め。
勉強は嫌いで、彼氏は欲しいけどなかなか出来ず、カラオケが大好き。

そんなどこにでもいそうな君が、かけがえのない存在になってしまった。
君じゃないとだめなんだ。


それが保田

976 :名無しさん:01/12/05 01:26 ID:zeT2BAg4
冷たく夕陽が死にかける夕方、僕は目覚める。
君を連れて、夜の向こうに突き抜けていくんだ。

選りすぐりの一等星で、君の胸もとを飾ろう。
凍てつく夜にこそ、僕らは生きていることをひしひしと感じる。

夜がまた深い眠りにつくなら、僕らもそれに従おう。
白んだ夜に輝く星たちに、さよならを言いながら。

夢の中でも、また夜に遊ぼうよ。
夜は僕らを解き放ち、自由にしてくれるから。


それが保田

977 :名無しさん:01/12/05 01:28 ID:zeT2BAg4
君と一緒の班になって決めた、修学旅行の計画。
どこに行くかなんて、全然気にしてなかった。
君を見ていられるなら、どこに行こうと構わなかったから。


それが保田

978 :名無しさん:01/12/05 01:29 ID:zeT2BAg4
静かに雪の降る夜。
こんな日は二人体を寄せ合って、次の日曜日の計画でも立てようか。


それが保田

979 :名無しさん:01/12/05 01:31 ID:zeT2BAg4
水が低い方へと流れるように、自然に君を求めていた。
誰にもやましいことなんてないさ。
君が全部欲しいんだ。それがすべて。
こんな素直に、それでいて神聖な気持ちで君を抱いていること、分かってくれるよね。


それが保田

980 :名無しさん:01/12/05 01:32 ID:zeT2BAg4
つまんないことでケンカして、こじれたまんまの僕らの関係。
どっちも謝るタイミングを伺ってる。
「ね…。触っても、いい?」
君は頼りなく小さな声で呟くと、おずおずと僕の手に触れた。
僕の心は止めどなく溢れ、君の乾いた唇に口づける。

「…いつもケンカばっかりして、バカみたいだね」
君の声が震えて、僕も少しだけ涙ぐむ。


それが保田

981 :名無しさん:01/12/05 01:33 ID:zeT2BAg4
「桜並木の葉が全部落ちる前に出来た恋人は、4年間別れることはない」
どこの大学にだってありそうな噂。
でも僕と君に限ってみれば、本当だったよね。


それが保田

982 :名無しさん:01/12/05 01:35 ID:zeT2BAg4
ちょっとの間君と離れちゃうけど、これでさよならじゃないよ。
どんなに遠くても、いつも君のことを想っているから。
僕らはこの高い空でつながってるってこと、忘れないで。

またここから、新しい君への愛が始まるんだ。
離れ離れでも、二人で一緒に歩いてゆこう。


それが保田

983 :名無しさん:01/12/05 01:36 ID:zeT2BAg4
誰も君の魅力に気づかない。
はっとするくらいかわいい君を、時折見つけてるのに。
君を独り占めしてるのは、ちょっと嬉しいけどね。

なかなか陽のあたらない君が好きなんだ。
あとは僕に振り向いてくれたなら、完璧なんだけどな。


それが保田

984 :名無しさん:01/12/05 01:37 ID:zeT2BAg4
僕たちの間には、まだ溝があるみたい。
こういうのって、良くないと思うんだ。
今夜、この距離をなくしてみようよ。
僕は君の手をとって、そっと君に囁いてみる。

まだ夜は浅いから、きっとうまくいくよ。
朝までは、たっぷり時間があるからさ。
あとは、君の勇気一つだけ。
僕に、その柔らかい身体を投げかけてきてよ…。


それが保田

985 :名無しさん:01/12/05 01:38 ID:zeT2BAg4
「ね、いいこと教えてあげようか」
「…何だよ」
「あのさ、何日か前に、『好きな人暴露大会』やったんだよね。女子でさ」
「ふーん」
僕は期待に胸を高鳴らせる。

「でね、梨華ちゃんにも訊いたんだけど」
「梨華?」
「あぁ、石川さんね。で、訊いたらさ」
「うん」
「アンタのこと、好きなんだって! 文化祭のあたりから」
「……」
「よかったじゃん。あんなカワイイ子に好かれてんだよ。うらやましいなぁ」

ちょっぴり苦い気持ちが、僕の中で広がる。
石川さんは確かにかわいいよ。けど…。
本当に僕が好きなのは、オマエなんだけどなぁ。

そんな気持ちも知らないで、石川さんのいいところを一生懸命教えてくれるアイツ。
オマエのそういうところがたまらなく好きなんだよ。このお人よし。


それが保田

986 :名無しさん:01/12/05 01:40 ID:zeT2BAg4
たぶん、君がいてくれたからだと思う。
立ち止まってくすぶってるのには、いいかげん飽きたんだ。

君の言ってくれた一言で、何かが動き始めた気がするよ。
見なれた世界が美しく色づき始めたのも、きっと気のせいじゃないはずさ。


それが保田

987 :名無しさん:01/12/05 01:42 ID:zeT2BAg4
一緒に走ろう。
わきめもふらず、ひたすらに。

走り続けてこそ、見えてくるものがあるはずさ。
君と僕だけに見えてくる何かを、見つけに行こう。


それが保田

988 :名無しさん:01/12/05 01:46 ID:zeT2BAg4
これまで書いたもの
保田
>>38 >>40-41 >>43-45 >>47 >>49-50 >>53 >>57 >>60 >>90 >>95
>>106-107 >>110-111 >>113 >>117 >>120-121 >>125-126 >>131 >>135
>>137 >>139 >>141-144 >>146-147 >>150 >>152 >>155-156 >>159-161
>>174-187 >>192-194 >>196-200 >>221-224 >>226 >>228 >>232-236
>>238 >>242 >>244 >>247-249 >>253 >>255-256 >>258 >>294-303
>>324-329 >>344-350 >>378-387 >>389-390 >>394 >>402-406 >>409
>>411-412 >>415-420 >>427 >>440 >>442-445 >>448 >>452 >>454-457
>>461-462 >>471-475 >>481-482 >>492 >>497-498 >>501 >>504-506

989 :名無しさん:01/12/05 01:47 ID:zeT2BAg4
保田(続き)
>>522-523 >>528-532 >>534 >>542-546 >>555-557 >>560 >>564-565
>>569 >>573-576 >>578 >>585-587 >>590 >>592-595 >>597-598
>>602-606 >>610-614 >>621-624 >>626-630 >>643-647 >>649-655
>>658-659 >>661-665 >>670-671 >>673-674 >>679-683 >>689-690
>>693-694 >>700-703 >>706-707 >>716-717 >>722-723 >>726 >>728
>>730 >>736-737 >>739 >>741-746 >>750-752 >>761 >>779 >>789
>>791 >>800 >>808 >>822 >>842 >>875-877 >>889 >>892 >>907 >>909
>>918-919 >>931-932 >>936 >>938-941 >>946-951 >>954-963 >>966-987

990 :名無しさん:01/12/05 01:48 ID:zeT2BAg4
後藤
>>494-496 >>566 >>589 >>760

飯田
>>493 >>558 >>572 >>678

矢口
>>508 >>583 >>596

石川
>>521 >>559 >>570 >>588 >>672

吉澤
>>527 >>567

安倍
>>625 >>660

My favorite pieces
>>167 >>170 >>214 >>260

991 :手コキ梨華 ◆1uZeEEEs :01/12/05 01:49 ID:zeT2BAg4
僕は本当の君を知りたいんだ。
君への想いをつづっていったら、いつかわかるような気がしてる。
それとも君は「全然違うよ」って言って、笑うだろうか。

…いいよ。
笑うなら、わかるまで書いていくから。


それが保田。
それが娘。たち。

992 :ねぇ、名乗って:01/12/05 01:53 ID:vF5zdMM4
992?

993 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:00 ID:08qPne13
んじゃ993!

994 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:04 ID:08qPne13
九九四 

995 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:06 ID:08qPne13
コソーリ1000泥棒でもするか・・・995

996 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:07 ID:08qPne13
5!

997 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:11 ID:08qPne13
4! 

998 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:12 ID:08qPne13
3!                  

999 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:12 ID:08qPne13
2!                     

1000 :ねぇ、名乗って:01/12/05 02:13 ID:08qPne13
1000!!!!                     

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

292 KB
>>741-746 >>750-752 >>761 >>779 >>789
>>791 >>800 >>808 >>822 >>842 >>875-877 >>889 >>892 >>907 >>909
>>918-919 >>931-932 >>936 >>938-941 >>946-951 >>954-963 >>966-987 get="_blank">>>481-482 >>492 >>497-498 >>501 >>504-506 ../test/read.cgi/charaneta/1015699589/10" target="_blank">>>10>>11>>12>>13>>14>>15  
/test/read.cgi/ainotane/1002436106/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)